夏のレディースサイクルウェアの選び方は?半袖と長袖、どっちもあり?

  • 2020/08/14 (金)
  • 2022/03/11 (金)

サイクリングは一年を通して楽しめるスポーツですが、一日中屋外で過ごすことになりますので、気温の高い夏は注意が必要です。夏にサイクリングを楽しむには、より快適に過ごせるサイクルウェア選びをしましょう。

レディースの夏のサイクルウェアについて、また女性におすすめのサイクリングに役立つアイテムも紹介します。

夏のサイクルウェアの選び方


夏のサイクルウェアの選び方を紹介します。

サイクルウェアは、基本的に汗を吸い取りやすく、通気性が良く、自転車に乗る体勢で苦しくなりにくい設計になっているものが多いです。

ですが、夏はとくに汗をかき、紫外線も強くて気温も高く、体力を消耗しやすい季節です。熱中症予防のためにも、快適に過ごせるサイクルウェアを選びましょう。

特に吸汗速乾機能があるもの、通気性が良いもの、UVカット機能のあるものがおすすめです。
実際に試着してみて、不快に感じないサイクルウェアを探してみてください。

また夏でも、汗をかいたあとは体が冷えます。朝方や夕方、下り坂では、風が冷たく感じるでしょう。
そんなときのために、ウィンドブレーカーの用意を忘れないようにしましょう。折りたたんで気軽に携帯できる軽量タイプがたくさん登場しています。

そのほか、日焼けが気になる方は日焼け止めアイテムもチェックしてみてください。

夏用インナー・アンダーウェアも大切

夏はサイクルウェアだけでなく、インナーやアンダーウェアも欠かせません。吸汗速乾機能のあるインナー、アンダーウェアを選べば、サイクルウェアだけを着用するよりも快適にサイクリングを楽しめます。
冷感機能があるインナーやアンダーウェアもたくさん登場しており、夏場でも涼しく過ごせるでしょう。

高機能のアンダーウェアは、夏だけでなく一年を通しておすすめです。体の作り、筋肉の形に沿って立体的に設計されているアンダーウェアは、サイクリングの動きを支えてくれます。
「無理なく体を動かせる」「無駄な筋肉の動きを減らせる」など、さまざまな役割を担っているアンダーウェアを、ぜひ取り入れてみましょう。

夏のレディースサイクルウェア、おすすめコーディネート


レディースの夏のサイクルウェアのコーディネートを紹介します。
夏は半袖と長袖、どちらのサイクルウェアを選べば良いのか迷う方もいるでしょう。
ぜひ参考にしてください。

半袖サイクルウェア+サイクルパンツ

夏のレディースサイクルウェアの基本は、半袖サイクルウェアとサイクルパンツです。夏を快適に過ごせるインナーもプラスして、涼しくサイクリングを楽しめるようにしましょう。

半袖のサイクルウェアは種類が豊富です。夏向けの通気性が良いもののなかから、好きなデザインを選びましょう。
通気性が良く吸汗速乾性に優れたサイクルウェアは、夏以外にも重ね着を工夫すれば長いシーズンで着こなせます。

サイクルパンツはショートパンツ、ハーフパンツ、ロングパンツがありますが、快適に涼しく過ごしたいなら丈の短いものを選ぶと良いでしょう。

汗で張りつかず、自転車に乗るときの姿勢を支えてくれる、サイクリング用のパンツを選んでください。

日焼けが気になるという方は、UVカット機能のあるアームカバーがおすすめです。転倒した際のけがを防ぐために、専用のサポーターをつけておいても良いでしょう。

長袖サイクルウェア+サイクルパンツ

日焼けが気になる方には、長袖のサイクルウェアがおすすめです。
長袖のサイクルウェアでも、通気性がよく吸汗速乾機能があり、薄くて涼しげなウェアはたくさんあります。
UVカット機能のある素材を利用した長袖サイクルウェアを選びましょう。

メッシュ素材など、夏でもさらっと羽織ることのできるウィンドブレーカー、パーカー、ジャケットなどの長袖アイテムを取り入れるのもおすすめです。

夏以外の季節でもコーディネートに取り入れやすいでしょう。
サイクリング用の、風の抵抗を受けにくい長袖アウターを選んでください。

夏は日焼け・熱中症対策も重要


夏はサイクルウェアだけでなく、日焼け対策、熱中症対策アイテムも揃えることをおすすめします。
性別に関係なく熱中症対策は万全にしておきましょう。それぞれに役立つアイテムを紹介します。

日焼け止め

日焼けを防ぎたい方は日焼け止めを忘れないようにしましょう。サイクリングをしていて汗をかくと日焼け止めも流れてしまい、効果が弱まってしまいます。

休憩のたびに、こまめな塗り直しを徹底してください。スポーツやマリンレジャーで役立つ汗や水に強いタイプの日焼け止めや、簡単に塗り直すことができるスプレータイプの日焼け止めもおすすめです。

サングラス

サングラスは目を強い日差しから守ってくれます。目も日焼けをすることがありますし、眩しくて視界が狭くなれば事故やけがの原因になってしまいます。

スポーツ用の、顔の形に沿ったデザインのサングラスを選びましょう。
UVカット機能があるもの、クリアに見えるものを選べば、夏のサイクリングも心おきなく楽しめます。目が悪い方は、度が入っているものを選んでください。

冷却スカーフ(ネッククーラー)

冷却スカーフやネッククーラーは、暑い夏に活躍するアイテムです。首元を冷やして、長時間のサイクリングで火照った体をケアできます。

休憩時に冷却スカーフやネッククーラーを利用すれば、さらに軽快な走りができるでしょう。身に付けて走行したい場合は、苦しくならないデザインのもの、落としてしまわないデザインのものを選んでください。

保冷ボトル

保冷ボトルに冷たい飲み物を入れておけば、いつでも簡単に体を冷ましつつ水分補給ができます。サイクリング用、スポーツ用の保冷ボトルが各スポーツブランドから登場しているので、ぜひチェックしてください。

飲み物の温度が変わりにくい、片手で持てるコンパクトなサイズ、負担にならない軽量タイプの保冷ボトルを選びましょう。自転車にドリンクホルダーをつけておけば、走行中でもさっと水分を摂取できます。

アームカバー・レッグカバー

日焼けが気になる方にはアームカバー、レッグカバーがおすすめです。
UVカット機能があり、通気性が良いメッシュ素材のものを選ぶと良いでしょう。気軽に取り外せるので温度調整もしやすく、半袖のサイクルウェアとのコーディネートも楽しめます。

通気性の良いヘルメット・サイクルキャップ

ヘルメットやサイクルキャップは万が一のけがや紫外線対策をしてくれる、サイクリングをする方にとって欠かせないアイテムです。

ですが、夏は蒸れやすく、不快に感じることもあります。ヘルメットやサイクルキャップの蒸れが気になる方は、通気性の良いヘルメット、サイクルキャップを選びましょう。

デザインも豊富なので、自分好みのヘルメットやサイクルキャップを取り入れて、ファッションアイテムとしても楽しんでください。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
【入門・サイクリング#3】クロスバイクに乗って、初めてのツーリング!

手に入れたばかりのクロスバイクにまたがって、念願の“ツーリング”へ!横浜の街を自転車で巡る男女に同行して、その魅力や、初めてのツーリングで押さえておきたいポイントを探ります。歩くのとも、車で出かけるのとも違う、その醍醐味とは? サイクル[…]

【入門・サイクリング#3】クロスバイクに乗って、初めてのツーリング!
関連記事
【入門・サイクリング#2】ロードバイクorクロスバイク?専門店が薦める、初めてのスポーツバイク

ニューノーマルな暮らしや電動自転車の活況に背中を押され、今、自転車がアツい!でも、どんな自転車に、どう乗れば良いの?そんな疑問を胸に、サイクルライフをスタートするためのヒントをさまざまな角度から探っていきます。第2弾の今回は、スポーツバ[…]

【入門・サイクリング#2】ロードバイクorクロスバイク?専門店が薦める、初めてのスポーツバイク
関連記事
伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ

ここ2年ほどで、移動手段はもっぱら自転車になりました。短距離の移動が手軽なうえに、運動不足の解消にもなる。都内なら車や電車より早く移動できることもあります。自転車にのめり込むと、おしゃれな周辺グッズも集めたくなります。そこで試してみたのが[…]

伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ
関連記事
サイクリング用パンツはルコックスポルティフがおすすめ!コーデュラ素材と取り外し可能なパッドが魅力【GetNaviの語らせて!】

最近、趣味でサイクリングを楽しむ人たちが急増していますが、実はこれ、世界的な傾向で、自転車業界では車体だけでなくさまざまなパーツが品薄になっているほど。ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプの自転車に乗るとき、何を着たら良いのか迷[…]

サイクリング用パンツはルコックスポルティフがおすすめ!コーデュラ素材と取り外し可能なパッドが魅力【GetNaviの語らせて!】
関連記事
【入門・サイクリング#1】自転車を愛する7人に聞く、始めたきっかけと続ける理由

通勤・通学用に毎日乗る。体を動かすために週末だけ乗る。趣味のカメラやサーフィンを、より楽しむために。仕事道具の1つとして…。自転車に乗る理由や目的は、10人いれば10通り。ニューノーマルな暮らしや電動自転車の活況にも背中を押され、自転車熱[…]

【入門・サイクリング#1】自転車を愛する7人に聞いた、始めたきっかけと続ける理由

夏のサイクリングは日焼け・熱中症対策を念入りに


レディースの夏のサイクルウェアについて、紹介しました。
日差しが強く、日焼けや熱中症対策を万全にする必要がある夏のサイクリング。サイクルウェアや周辺アイテムをチェックして、インナーや小物など、必要なものを揃えていきましょう。

レディースサイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。