レディースのスウェットにはどんな種類がある?おしゃれコーデのコツや選び方

スウェットは、アウトドアやスポーツをするときに着るという女性も多いのではないでしょうか。しかし、レディーススウェットは1着あると普段着としても重宝し、おしゃれなスポーツミックスコーデには欠かせないアイテムの1つでもあります。

そこで今回は、レディーススウェットの種類や選び方、コーディネートのコツなどを紹介します。スウェットをコーディネートに取り入れてみたいと考えている人は参考にしてみてください。

スウェットとは?

スウェットとは、綿をメリヤス編み(ジャージー織り)したニット生地のことで、ストレッチ性が高く、頑丈かつ汗を吸収しやすいという特徴があります。

スウェットの表地は編み目が細かく滑らかな質感で、裏面はタオルのようなパイル地と起毛感のある素材の2種類があり、春夏は吸汗性の高いパイル地、秋冬は保温性の高い起毛素材というように、季節に合わせて選ぶのがおすすめです。

スウェットはよくトレーナーと混同されますが、スウェットとは生地名を指し、トレーナーはトップスの種類を指す言葉です。

スウェット生地を使ったトップスとしては、トレーナーやパーカー、カーディガンなどがあり、ボトムスとしてはパンツ、スカートがあります。

また、スウェット生地を使ったワンピースもあり、スウェットはさまざまなアイテムに取り入れられていることがわかります。

レディーススウェットは、おしゃれなスポーツミックスコーデに欠かせないアイテムとして人気がありますが、ラフさのある見た目から、部屋着のような印象を抱かれることもあるため、選び方やコーディネートの仕方がとても重要です。

レディースのスウェットにはどんな種類がある?

レディースのスウェットには、主にプルオーバーやフード付きパーカー、ジップ付きパーカー、スウェットパンツなどの種類があります。

それぞれの特徴について紹介しますので、コーディネートに取り入れるうえで参考にしてください。

プルオーバー

プルオーバーとは、前後にボタンやジッパーなどがないタイプのトップスで、頭から被って着るタイプの洋服のことです。

スウェット生地で作られたトレーナーやパーカーをはじめ、ニットやコットン生地、前の開かないワンピースなどもプルオーバーの1種です。

プルオーバータイプのレディーススウェットはカジュアル感が強いイメージがありますが、タイトスカートやジャケットと組み合わせることで、きれいめコーデにも取り入れることができます。

パーカー

パーカーとは、フードが付いた上着(防寒着)のことを指していますが、日本ではフードが付いたスウェットのことをパーカーと呼ぶことがあります。

レディースのパーカーはそのままで着ると子どもっぽいイメージになりやすいアイテムですが、フェミニンなロングスカートと合わせたり、テーラードジャケットやMA-1といったジャケット類と重ね着をしたり、組み合わせるアイテムによっておしゃれなコーディネートに仕上がります。

ジップ付きパーカー

ジップ付きパーカーとは、前面をジッパーで開閉できるパーカーのことです。
脱ぎ着がしやすく、シャツやニットなどのアウターとして春や秋のコーディネートに取り入れられることが多いアイテムです。

また、レディースのジップ付きパーカーは、ジッパーを開けた状態でロングワンピースの上に羽織ったり、ジャケットの下に重ね着をすることで、幅広くコーディネートに取り入れることができます。

スウェットパンツ

スウェット生地を使用して作られたスウェットパンツは、全体的にゆったりとしたデザインのものが多いですが、最近は細身で裾がリブ編みで絞られたジョガーパンツが人気です。

また、レディーススウェットのボトムスとしては、パンツ以外にも、スウェットスカートやスウェットワンピースなどもあり、スウェットの動きやすさと温かみのある素材感、日常使いでもスポーティーに着こなせる万能アイテムとして注目されています。

おしゃれなレディーススウェットの選び方

レディーススウェットはおしゃれアイテムとして取り入れる人も多いですが、ただ着るだけではラフになりすぎて、部屋着感が出てしまいがちです。ダサくないスウェットの着こなしをしたいなら、選び方が重要です。

続いては、おしゃれなレディーススウェットの選び方を紹介します。

スポーツブランドから選ぶ

レディーススウェットは、人気のスポーツミックスコーデには欠かせない定番アイテムです。

スポーツミックスコーデに取り入れるスウェットは、スポーツブランドから選ぶのもおすすめです。
スポーツブランドのスウェットはシンプルで、他のアイテムとの着回しもしやすいデザインが多くあります。

組み合わせるアイテムによっては、オフィスやアウトドアでもおしゃれなコーディネートを楽しめるでしょう。

また、スポーツブランドのさりげないロゴがコーディネートのポイントとなり、無地のスウェットに比べておしゃれに着こなすことができます。

機能性の高さで選ぶ

レディーススウェットは機能性が高いものがおすすめです。
元々スウェットは、1着あれば普段着として楽に着られるだけでなく、アウトドアウェア、スポーツウェア、通勤着としてなど、あらゆるシーンで着回すことができる万能アイテムです。

ストレッチ性が高いものや、保温性や防風性にも優れたもの、吸汗速乾性の高いものなど、機能性が高いスウェットを選ぶことで、より快適に着用することができるでしょう。

素材で選ぶ

レディーススウェットの裏面には、「裏毛」と「裏起毛」の2種類があります。裏毛と裏起毛は、肌触りと保温性、着心地に違いがあるため、季節や用途によってどちらの素材にするかを選ぶと良いでしょう。

裏毛とは、裏面がタオル生地のように小さな繊維の輪が無数に並んでいる生地です。吸水性に優れているため、汗をかきやすいスポーツ時やアウトドア用のウェアに適しています。

一方、裏起毛とは、裏毛の裏面を起毛させた生地で、空気をため込みやすいことから保温性に優れています。寒さを感じる秋冬は、保温性の高い裏起毛を選ぶと良いでしょう。

サイズで選ぶ

レディーススウェット選びでは、サイズやシルエットにも気を配りましょう。サイズやシルエットによっては、おなか周りなど体型の気になる部位が目立ってしまったり、部屋着感が出てしまったりすることがあります。

例えば、トップスにゆったりとしたオーバーサイズのスウェットを選ぶなら、ボトムスは細身のスキニーパンツを合わせてメリハリのあるシルエットにすると、トレンド感のある着こなしができます。

また、ボトムスがふわっとしたロングスカートの場合は、ジャストサイズのトレーナーやパーカーを着るとおしゃれに決まります。

トップス、ボトムスともに大きめサイズを選んでしまうと、ラフな印象が強くなってしまうため、スウェットのサイズとシルエットは、手持ちの洋服とのコーディネートを考えながら、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

デザイン性の高さで選ぶ

レディーススウェットはいろいろなコーディネートにもなじむスポーティーなアイテムです。しかし、無地のスウェットは普段着に取り入れやすい反面、無難さからパッとしないコーディネートになってしまうこともあるでしょう。

無地の定番スウェットが上手くコーディネートできないという人は、柄ものや鮮やかなカラー、ロゴやライン、ポケットが付いたものなど、デザイン性に富んだスウェットを選ぶのもおすすめです。シンプルなボトムスと合わせるだけで、おしゃれコーデが完成します。

コーディネートのしやすさで選ぶ

レディーススウェットをさまざまなシーンで着回したいなら、手持ちの洋服と合わせやすいスウェットを選ぶようにしましょう。

シンプルなデザインや定番カラーのスウェットを選べば、オン・オフ両方で着回しやすく活用シーンも増えるため、1年を通して着ることができます。

関連記事
レディーストレーナー(スウェット)の選び方とは?かわいく決まるコーディネートも紹介

レディーストレーナーは、ラフなカジュアルコーデやスポーツミックスコーデ、きれいめコーデなど、さまざまなコーディネートに活用できる万能アイテムです。今回は、レディーストレーナーの選び方やおすすめのコーディネートを紹介します。レディーストレー[…]

スウェットをおしゃれに着こなすレディースコーデのコツ

ルコックスポルティフ、スウェット
せっかくお気に入りのスウェットを見つけても、ただ着るだけではダサくなりかねません。

続いては、スウェットをおしゃれに着こなすレディースコーデのコツについて紹介します。どんなアイテムと組み合わせるかが大事なポイントです。コーディネートに自信がないという人は、ぜひ参考にしてください。

通勤コーデはきれいめカジュアルに

通勤コーデとしてレディーススウェットを取り入れるなら、きれいめカジュアルでおしゃれに決めましょう。

選ぶスウェットは、シンプルなデザインのものがおすすめです。ベーシックなベージュやブラウンなどのカラーを選ぶときちんと感が出るため、通勤コーデにも適しています。

スカートやパンプスと合わせると、フェミニンな通勤コーデに仕上がるでしょう。

モノトーンカラーで大人っぽく

レディーススウェットコーデは全身を白や黒、グレーといった無彩色のモノトーンでまとめることによってスウェットのナチュラル感を消すことができ、スタイリッシュで大人っぽく決まります。

例えば、白のスウェットと黒のタイトスカートを合わせて靴やバッグもモノトーンにすると、統一感のある大人な雰囲気を演出することができるでしょう。

また、モノトーンだけでは物足りないという人は、ウエスト部分にチェックのシャツなどを巻くとアクセントが足され、カジュアルなおしゃれを楽しむことができます。

人気のスポーツミックスもおしゃれ

最近では、メンズライクなスポーツミックスコーデも人気があります。

スポーツブランドのロゴ入りスウェットプルオーバーを選び、細身のスキニーパンツやテーパードパンツ、タイトスカートなどきれいめなボトムスと合わせれば、簡単でこなれ感たっぷりのスポーツミックススタイルになります。

また、大きめリュックサックを合わせて持つと身体を華奢に見せてくれるため、スウェットを着ていても着やせ効果が期待できるでしょう。

パンプスやブーツでフェミニンに

スウェットにはスニーカーしか合わないと思われがちですが、レディーススウェットコーデをするなら、ぜひパンプスやブーツを取り入れてみてください。

足元を変えるだけでフェミニンな印象になり、おしゃれコーデが完成します。

コーディネートに自信がないという人はまず、スウェットをシンプルなボトムスと合わせ、パンプスやブーツ履いてみましょう。

ボトムスに合わせて丈の長さを変える

レディーススウェットをトップスに取り入れるときは、ボトムスに合わせて丈の長さを変えましょう。

細めのパンツをはく場合は、ゆとりのある大きめなスウェットシャツを着ると上半身に視線が行き、脚痩せのシルエット効果が期待できます。

また、ロング丈のボトムスはボリューミーなアイテムが多いため、スウェットは丈が短いものを選ぶとバランスが取れたコーディネートになります。

ショート丈のスウェットシャツに、プリーツスカートとパンプスを合わせるとメリハリのついた上品なコーディネートに仕上がります。

スウェットパンツにはジャケットを

ラフ感の強いスウェットパンツは、ジャケットを合わせることでタウンユースや通勤コーデとしておしゃれに着こなせます。

特に、黒のスウェットパンツは部屋着感が薄まり、コーディネートに取り入れやすいです。テーラードジャケットやMA-1、ライダース、デニムなどさまざまなジャケットと合わせることで野暮ったい印象にならず、クールに着こなせます。

上下スウェットは避ける

レディーススウェットは上下セットアップで販売されていることもありますが、上下スウェットにするとラフな印象が強くなりすぎて、部屋着に見えてしまいかねませんので避けたほうが良いでしょう。

トップスやボトムスにスウェットを取り入れるなら、どちらかはきれいめアイテムを選ぶことで、タウンユースや通勤着としてもコーディネートがしやすいでしょう。

人気スポーツブランドのレディーススウェットをチェック!

レディース、スウェット

スウェットをコーディネートに取り入れるなら、スタイリッシュなデザインで、機能性に優れており、あらゆるシーンで活躍してくれる人気スポーツブランドのものをチェックしておきましょう。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントは機能美をストイックに追求している日本のスポーツブランドです。

機能性の高いアイテムが豊富で、快適な着心地やデザイン性の高さから、トップアスリートにも人気があります。

デサントには普段使いとしても着回ししやすいスタイリッシュなスウェットがそろっています。

おしゃれも機能性にもこだわりたいという人は、デサントを選んでみましょう。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

ルコックスポルティフ ロゴ

ルコックスポルティフは、ニワトリのロゴマークが有名なフランス生まれの老舗スポーツブランドです。

機能性・デザイン性に優れていることから、老若男女問わず世界中にファンの多いブランドです。

そんなルコックスポルティフのスウェットは、シックな着こなしからスポーティーな着こなしまで、幅広いファッションに取り入れやすいものが豊富にそろっています。

もちろん機能性も良く、1着取り入れるだけでトレンド感のあるコーディネートを楽しむことができるでしょう。

スポーツでも普段着でもおしゃれをしたいという人は、ルコックスポルティフのスウェットをゲットしてみましょう。

スウェットに関するおすすめ記事


スウェットに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
【MLBファン必見!】マンシングウェアの新ライン、Grand-SlamとMLBの人気3チームによるコラボレーションが実現!

連日のように海の向こうから野球ニュースが届く2021年夏。スポーツ情報をチェックすることが朝のルーティーンになったという方も少なくないのでは?そんなアメリカ4大スポーツの1つでもあるメジャーリーグ・ベースボール(MLB)と、この春誕生した[…]

【MLBファン必見!】マンシングウェアの新ライン、Grand-SlamとMLBの人気3チームによるコラボレーションが実現!
関連記事
【GetNaviの語らせて!】56年の歴史を持つデサント「ジャージ」の進化〜モノ創りへのこだわりを持ったプロたちの挑戦〜

スポーツ時はもちろん、デイリーウェアとしても活躍する「ジャージ」。そんな身近な「ジャージ」というウェアは意外に顧みられることが少ないプロダクトの1つです。スニーカーやアウターについてはこれまでも、そのテクノロジーやこだわりを語る記事が多く[…]

【GetNaviの語らせて!】56年の歴史を持つデサント「ジャージ」の進化〜モノ創りへのこだわりを持ったプロたちの挑戦〜

レディーススウェットはスポーツブランドでオン・オフ着回そう!

着心地が良く、動きやすいレディーススウェットはおしゃれアイテムにもなる反面、1歩間違えるとだらしない部屋着のように見えてしまうことがあるので、スウェット選びや合わせるアイテムがとても重要です。

スポーツブランドのレディーススウェットはデザインがシンプルなものも多いため、他のアイテムとも合わせやすく、オン・オフどちらでもおしゃれなコーディネートがしやすいです。

また、機能性にも優れているため、スポーツするときはもちろん、普段着や、アウトドアイベントを楽しむときにも重宝することでしょう。

ぜひこの機会に、スポーツブランドでレディーススウェットを探してみましょう。

スウェットについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人

LADIES SWEATSHIRT

レディース(スウェット)
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。