スイムウェア(水着)の選び方は?ジム・フィットネス用のおすすめレディーススイムウェアを紹介

スポーツジムなどのプールで運動するなら、用意しておきたいのがフィットネス用スイムウェアです。フィットネス用スイムウェアは普通の水着と違い、水中で運動しやすい機能が備わっています。今回はレディーススイムウェアのタイプや選ぶときのポイント、スイムウェア以外に揃えておきたいアイテムなどを紹介します。また、レディーススイムウェアのおすすめブランドから、機能性・デザイン性の高い人気スイムウェアも紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

フィットネス用のスイムウェア(水着)を選ぼう

スポーツジムのプールで、スイミングや水中ウォーキング、アクアビクスといった運動をするなら、スイムウェアはフィットネス用がおすすめです。フィットネス用スイムウェアの種類は主にワンピースタイプ・セパレートタイプ・オールインワンタイプの3つがあります。それぞれのタイプの特徴を押さえ、自分に合ったスイムウェアを見つけてください。

ワンピースタイプ

ワンピースタイプとは、上下がつながった一体型のスイムウェアで、プールで本格的に泳ぎたい人におすすめです。

ワンピースタイプは体にフィットした作りになっており、水の抵抗を受けにくいといった特徴があり、泳ぎのタイムを縮めたいという場合に期待が持てます。

デザインが豊富なところも魅力の一つです。おしゃれで本格的なフィットネス用スイムウェアを探している人は、ぜひワンピースタイプをチェックしてみましょう。

セパレートタイプ

トップスとボトムス、上下が分かれた形のスイムウェアはセパレートタイプと呼ばれています。海などで着るビキニタイプもセパレートタイプの一種ですが、フィットネス用スイムウェアにビキニタイプは向きません。どちらも上下が分かれた形のスイムウェアですが、ビキニタイプはお腹や脚など肌の露出度が高く、また装飾がついているものも多いです。プールで運動したり泳いだりするためのスイムウェアは、装飾がついておらず、お腹や太ももが生地で覆われているタイプを選びましょう。

セパレートタイプはほかのスイムウェアよりも着脱しやすいのが特徴です。Tシャツのように頭から被って着ることもできますが、トップスにジッパーがついているものはさらに簡単に脱ぎ着ができます。

セパレートタイプは初めてのフィットネス用スイムウェアとしておすすめですが、水の抵抗を受けやすいというデメリットがあります。そのため、本格的に泳ぎたい人には向きません。軽く泳ぎたい、水中ウォーキングやアクアビクスなどを楽しみたいという人は、簡単に着脱できるセパレートタイプを選ぶといいでしょう。

オールインワンタイプ

ワンピースタイプと同じく、上下がつながった一体型のスイムウェアとしては、オールインワンタイプもあります。オールインワンタイプとワンピースタイプの違いは、脚を覆う生地の範囲です。ワンピースタイプのスイムウェアの生地は脚の付け根あたりまでですが、オールインワンタイプのスイムウェアは太ももまで生地に覆われています。ワンピースタイプよりも脚の露出度が低めなため、あまり肌を露出したくない人におすすめのスイムウェアです。

オールインワンタイプも水の抵抗を受けにくいデザインのため、本格的に泳ぎたい人や、水中ウォーキング、アクアビクスなどを楽しみたい人にもは向いています。

レディーススイムウェア(水着)を選ぶときに注目したいポイント


レディーススイムウェアを選ぶときは、それぞれの種類の特徴に注目するだけでなく、スイムウェアの機能もチェックしていきましょう。

スイムウェアは、伸縮性があるほど腕や脚など体が動かしやすくなります。着圧感のあるスイムウェアの場合は特に、伸縮性がとても重要です。

また、スイムウェアのはっ水性も重要視したいポイントです。はっ水性が高いスイムウェアは、生地が水を弾くため、水を吸いこみにくいという特徴があります。水を吸って重くなるのを防ぐことができ、さらに水の抵抗を軽減させることができます。

ほかにも保温性の高いスイムウェアだと、プールに入って体が冷えるのを防ぐことができます。保温機能があるスイムウェアは水中でも体温を維持してくれるため、プールの水が冷たくてつらい、プールに入っていると寒くなるという女性は、保温性の高いスイムウェアを選びましょう。

スイムウェアを長持ちさせたいなら、耐塩素性が重要です。プールの水は衛生管理のために塩素で消毒されています。生地が薄くなる、伸縮性が弱くなるなど、スイムウェアの生地を劣化させる原因となるのが、この塩素です。お気に入りのスイムウェアを長く着たいという人は、耐塩素性もチェックしましょう。

ほかにも、女性の場合、バストをホールドするカップがついているスイムウェアを選ぶとよいでしょう。競泳用スイムウェアはカップがついていないものが多いため、カップ付きのスイムウェアがほしいときはフィットネス用スイムウェアから探しましょう。また、屋外プールに行くなら紫外線対策にUVカット効果があるものを加えるのもおすすめです。

スイムウェアを選ぶポイントは、ほかにも素材や着心地、デザインなどがあります。

スイムウェアに使われている素材のほとんどが、ポリエステルやナイロンに、ポリウレタンを編み込んだものです。ポリウレタンは5~8倍ほど伸びる素材で、伸縮性が大事なスイムウェアにぴったりです。ポリウレタンをポリエステルやナイロンと編み込むことで、伸縮性の高いフィット感のあるスイムウェアになります。

ポリエステルとナイロンの違いは、肌触りです。ポリエステルはコシがあり、張りを感じます。一方、ナイロンは柔らかい肌触りです。着心地のよさで比べるとポリエステルよりナイロンのほうがおすすめです。ただ、ポリエステルには変形しづらいというメリットがあります。肌触りを考えるならナイロン、長く使いたいなら変形しづらいポリエステルというように、自分の目的に合った選び方をしましょう。

また、スイムウェアを選ぶときにはデザイン性も重要なポイントです。デザイン性の高いスイムウェアを着ると気持ちが盛り上がり、やる気も出てきますよね。自分が好きなデザインのスイムウェアを選び、お気に入りの1枚を着ることで、モチベーションの維持に役立ちます。

スイムウェアのデザインは、ワンピースタイプやセパレートタイプなど、種類によって趣が変わります。セパレートタイプなら上下に分かれているため、ほかのタイプのスイムウェアとは違った雰囲気のデザインを楽しめるでしょう。気分に合わせてスイムウェアを替えるのもいいですね。

さらに、スイムウェアを選ぶポイントとして外せないのが、サイズ選びです。スイムウェアを選ぶときは、自分の体にぴったり合うサイズか、少し小さいサイズを選んでください。水中では水圧によって体が縮むことから、スイムウェアがゆるく感じることがあります。ゆるいスイムウェアでは体が動かしにくく、生地がズレたり、脱げる可能性もあります。

ただし、小さすぎるサイズを選ぶのはやめましょう。息苦しさを感じるほど小さいサイズのスイムウェアは、体への圧迫感が強くなるため、運動の妨げになります。また、生地を常に引っ張る形になるため、すぐに伸びてしまったり、中の繊維が塩素にさらされて傷みやすくなったりします。

レディーススイムウェアでサイズを選ぶときのポイントは、正確なスリーサイズを測ることです。バストとウエスト、ヒップの数値を測り、スイムウェアのサイズ表をチェックして当てはまるサイズを購入しましょう。もし、当てはまるサイズがバラバラだったときは、1サイズ違いなら一番大きいサイズに合わせ、2サイズ以上違うときは中間サイズを選ぶとよいでしょう。

スイムウェア(水着)のほかに揃えたいアイテム


スポーツジムでプールを使用するときはスイムウェア以外にも用意しておきたいアイテムがあります。ここでは必ず用意しておきたいアイテムと、あると便利なスイミングアイテムを紹介します。施設ごとに必要なアイテムは違いますが、どんなものを揃えておくといいのか参考にしてみてください。

スイムキャップ

スイムキャップはほとんどの施設で着用が義務付けられています。スイムキャップを被らないと抜けた髪の毛がプールに浮いて不潔です。また、抜けた髪の毛が排水口に流れ、詰まらせてしまう可能性もあります。長い髪の毛は束ねて、短い髪の人もまとめて、スイムキャップの中にきちんとしまいましょう。

また、プールは塩素剤を使用して消毒しているため、髪を守るためにもスイムキャップが必要です。スイムキャップには種類があり、素材によっては水を通すため、髪を傷めやすいこともあります。塩素で髪が傷むのを少しでも避けたい人は、シリコンキャップ・2wayシリコンキャップを選ぶとよいでしょう。

ゴーグル

ゴーグルは水中での視界をクリアに保つほか、目を保護するためにも必要なアイテムです。
プールの消毒に使われる塩素は、眼球を傷つけることがあります。プールの水が直接目に触れないように、本格的に泳ぎたい人だけでなく、プールを利用する人は全員が用意しておくことをおすすめします。

ゴーグルにはクッション付きとそうでないものがありますが、長時間使用するならクッション付きのゴーグルを選びましょう。また、締め付け具合を調節できるタイプのゴーグルが便利です。

ゴーグルには度付きのタイプもあります。プール内での安全を考慮して、視力が弱い人は度付きのゴーグルを選ぶようにしてください。

ゴーグル用曇り止め

ゴーグルを使用するときは、ゴーグル用曇り止めを用意しておくと便利です。ゴーグル用曇り止めは、名前のとおり、ゴーグルが曇らないようにするためのものです。水中での安全のためにゴーグルをつけていても、視界が曇ってしまっては逆に危ないということもあります。長時間プールで過ごしても視界をクリアに保てるように、ゴーグルを準備するときは、あわせて曇り止めも揃えておきましょう。

タオル・セームタオル

スポーツジムのプールを利用するときは、タオルを持っていきましょう。タオルは体が拭ければどんなものでもよいのですが、おすすめしたいのはセームタオルです。セームタオルは薄くて、ジムに持って行くときにもかさばりません。また、体を拭いて水分を吸った場合にも、絞ればすぐ乾くので、普通のタオルより持ち帰りやすいという点でメリットが高いです。

さらに、普通のタオルだと、びしょ濡れになったあとはいくら絞っても、あまり拭き心地はよくありませんが、セームタオルは水を吸っても絞れば吸水力が戻ってきます。休憩しながら何度もプールに入るという場合にも、絞るだけで吸水力が戻るセームタオルが便利でしょう。

水泳用耳栓

耳の中に水が入るのが嫌な人は、水泳用耳栓を用意しましょう。水泳用耳栓は水を通さないため、耳に水が入ることを防いでくれます。さらに、水泳用耳栓は普通の耳栓と違い、装着したまま水の中に入っても取れにくい仕様になっていますので、プール内でも安心して使用できます。

ラッシュガード(水着用パーカー)

プールサイドで休憩するときのために用意しておきたいのが、ラッシュガード(水着用のパーカー)です。プールでの運動中、ずっと動いている人ばかりではありません。プールサイドで休憩することもあるでしょう。そのとき、スイムウェア1枚でいると、体が冷えてくることもあります。ラッシュガードを1枚用意しておくと、休憩中に体を冷やさずに済み、便利です。

シャンプーやリンス

プールから上がって帰る前に、必ずシャワーを浴びます。そのとき、シャンプーやリンスを持っていくのもおすすめです。施設によってシャンプーが用意されているところもあれば、用意されていないところもあります。施設の備品を確認して、必要があれば持っていきましょう。もし、施設にシャンプーが置いてあっても、自分のお気に入りを使いたいときは持参するといいでしょう。

メイク落としなどメイク道具

スポーツジムのプールではメイクを落として入るのがマナーです。プールに入っているうちに、水でメイクが落ちていくというのは不衛生ですし、周りからの印象もよくありません。メイクを落とすためのクレンジングシートを持っていくと、手早くサッと落とすことができます。

また、プールでの運動を終えて帰るとき、電車に乗って帰る人など、再びメイクが必要な人はメイク道具も必要です。化粧下地やファンデーションだけでなく、化粧水や乳液も揃えてポーチに入れておくのがよいでしょう。

防水バッグ、ポーチ

防水バッグやポーチは、プールで濡れたものを入れるのに最適です。スイムキャップやゴーグルなどはポーチに、スイムウェアやタオルは防水バッグに入れて持ち運ぶといいでしょう。

ほかにも、プールのあとに使用するシャンプーやリンス、プールに持っていくための水泳用耳栓、ドリンクなど、使う場所に合わせて、防水ポーチに分けて入れておくと便利です。

レディーススイムウェアのおすすめブランドは?


レディーススイムウェアを選ぶときに、おすすめしたいブランドが「アリーナ」です。
フランス生まれのブランドアリーナは、水泳やフィットネス、トレーニングなど、スポーツの種類に合わせて、高機能でデザイン性の高いウェアを多数取り扱っています。
レディーススイムウェアも豊富で、さまざまなタイプのおしゃれなデザインが揃っていますよ。

ウェア以外にスポーツ用アイテムも取り扱っているため、アリーナなら、スイムウェアからアイテムまで一式を揃えることができます。本格的に泳ぎたい人も、まずは軽くプールで運動したい人も、フィットネス用スイムウェアを探すならアリーナがおすすめです。

今回はアリーナからおすすめのレディーススイムウェアを紹介します。

arena(アリーナ)のおすすめスイムウェア

【TOUGHSUIT FLEX】 タフスーツフレックス スーパーストリーナ(20SS)

伸縮性の高いTOUGHSUIT-flexシリーズのスイムウェアで、楽しみながらスイミング技術を磨くのにおすすめです。体にフィットし、泳ぎやすさを追求しており、バックは大きく開いていて、水の抵抗を受けにくい形です。

スイムウェアにプリントされた英字フォントやアリーナのロゴ、カラフルなペイントが存在感のあるスタイリッシュなデザインです。カラー展開は全部で4種類。フィットネス用スイムウェアがほしいけど、シンプルなデザインだと物足りないと感じる女性におすすめです。

arena (アリーナ)・【TOUGHSUIT FLEX】 タフスーツフレックス スーパーストリーナ(20SS)
pickup item

arena (アリーナ)

【TOUGHSUIT FLEX】 タフスーツフレックス スーパーストリーナ(20SS)

¥7,238(税込)

大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)(20SS)

初めてスポーツジムに通う女性、水中ウォーキングやアクアビクスを楽しみたい女性におすすめのスイムウェアです。

トップス、ボトムス、どちらもポリエステルとポリウレタンで作られており、伸縮性が高いため快適にプールでの運動が行えます。

arena (アリーナ)・大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)(20SS)
pickup item

arena (アリーナ)

大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)(20SS)

¥12,760(税込)

フィットネス用スイムウェア(水着)は機能性も重要


フィットネス用スイムウェアを選ぶときは、機能性や素材、サイズなどをチェックしましょう。レディース用を探すなら、それに加えてデザイン性やおしゃれ度が高いかどうかも重要ですね。レディーススイムウェアも取り扱っているアリーナは、機能性もデザイン性も高いものが揃っています。スイムウェア選びに悩んだときはぜひ、アリーナのスイムウェアをチェックしてみてください。

LADIES SWIMMING WEAR

レディース(スイムウェア)
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。