レディース用スイムキャップ(帽子)はどう選ぶ?種類や注意点について

レディース用スイムキャップ(帽子)はどう選ぶ?種類や注意点について

  • 2021/06/25 (金)
  • 2022/03/22 (火)

プールに行く際にスイムウェアと一緒にそろえたいのが、ジムなどのプールでは着用が義務付けられていることも多いスイムキャップです。特に、髪の長い女性のなかには、なるべく髪が傷みにくく着け心地の良いものを手に入れたいという人も多いのではないでしょうか。

今回はスイムキャップの必要性や種類、レディース用スイムキャップの選び方などを紹介します。

レディース用スイムキャップ(帽子)はプールで泳ぐ際の重要なアイテム!

レディース用スイムキャップ(帽子)はプールで泳ぐ際の重要なアイテム!

まずは、水中でかぶる帽子、スイムキャップの役割について紹介します。

髪の毛がプールに落ちないようにする

水面に髪の毛が浮いていたら、不衛生です。そのため、髪の毛がプールに落ちないようプールに入るときにはスイムキャップをかぶります。

泳ぎやすくする

スイムキャップをかぶる理由は、泳ぎやすさにも関係しています。

スイムキャップをかぶらない状態で泳ぐと、水の流れに合わせて髪が動き、泳ぎの邪魔になることもありますが、スイムキャップをかぶれば髪が邪魔になることはありません。

また、スイムキャップの種類によっては、水の抵抗を少なくし、泳ぎやすくなります。タイムを縮めたい人は水の抵抗を軽減してくれるスイムキャップを選びましょう。

塩素から髪や頭皮を守る

プールには消毒のため、塩素が使用されています。その塩素は髪や頭皮にダメージを与えるため、プールに入ると髪にパサつきが出ることもあります。髪を塩素から守るためにもキャップをかぶりましょう。

おすすめは、ゴム製やシリコン製などの水を通さない素材のスイムキャップです。

ゴーグルを着けやすくする

ゴーグルは、水中でも視界をクリアに保つためや目の保護のために必要ですが、スイムキャップをかぶらずにそのまま着けるとゴムの部分が髪に絡まり、位置の調整や着脱に手間がかかります。しかし、スイムキャップをかぶれば、ゴーグルのゴムが髪に絡まりにくくなります。

スイムキャップ(帽子)の種類

スイムキャップ(帽子)の種類

スイムキャップと言っても、さまざまな種類があります。スイムキャップの種類によって特徴が違うため、それぞれの特徴を押さえていきましょう。

メッシュキャップ

メッシュ素材で作られたスイムキャップは通気性が良く、キャップ内の蒸れが少ないのが特徴です。伸縮性が低いためサイズ選びが重要で、かぶったときに自分の頭のサイズにぴったり合うものを選びましょう。

テキスタイルキャップ

テキスタイルキャップもメッシュキャップと同じく、通気性が良いのが特徴です。テキスタイルキャップの素材は水着と同じ素材で伸縮性が良く、着脱しやすい点がおすすめです。

髪の長い女性はテキスタイルキャップのような伸縮性の高いスイムキャップを選ぶと、スイムキャップの中に髪を入れやすいでしょう。

シリコンキャップ

タイムを縮めたいときや大会などに使用されることが多いのが、シリコンキャップです。シリコンキャップの特徴は、頭にしっかりフィットすることです。水の抵抗を少なくしてくれる点もおすすめです。

シリコンキャップは髪が濡れにくいため、あまり髪を濡らしたくない女性にもおすすめのスイムキャップです。ただし、頭の締め付け感が強く、また長時間着けていると頭が蒸れることもあるため、注意しましょう。

2WAYシリコンキャップ

2WAYシリコンキャップは、外側には水を通しにくいシリコンのコーティングがしてあり、髪が濡れにくいですが、着脱しやすいという特徴があります。

シリコンキャップよりも締め付け感は弱いため、完全防水ではありませんが、長時間スイムキャップをかぶるときは2WAYシリコンキャップがおすすめです。

レディース用スイムキャップ(帽子)を選ぶポイント

レディース用スイムキャップ(帽子)を選ぶポイント

レディース用スイムキャップを選ぶときのポイントを押さえていきましょう。

自分の頭のサイズに合わせて選ぶ

レディース用スイムキャップを選ぶときは、自分の頭のサイズに合わせて選びましょう。大きいサイズのスイムキャップを選ぶと、泳いでいる最中に脱げてしまうことがあります。

スイムキャップのサイズは自分の頭にぴったり合うもので、動いても脱げないかどうかをチェックしましょう。

目的や泳ぎ方に合わせて選ぶ

スイムキャップにもそれぞれ特徴があり、プールを利用するときの目的などに合わせて使用するスイムキャップを変えるのがおすすめです。

試合で着用する場合はシリコンキャップ、水中ウォーキングなどジムで長時間着用する場合は、着脱しやすい2WAYシリコンキャップやテキスタイルキャップを選ぶと良いでしょう。

練習用とレース用に分けて選ぶ

レディース用スイムキャップは、練習用とレース用で使い分けるのもおすすめです。レースではシリコンキャップを使用し、練習など長時間着用するときはテキスタイルキャップや2WAYシリコンキャップなどを使用するなど、シーンに応じて使い分けてみましょう。

レディース用スイムキャップ(帽子)をかぶるときの注意点

レディース用スイムキャップ(帽子)をかぶるときの注意点

続いては、レディース用スイムキャップをかぶるときには何に気を付けると良いか、注意点を紹介します。

ロングヘアはまとめてからかぶる

ロングヘアの女性は、髪を下ろしたままではスイムキャップがかぶりにくいため、髪をまとめてからスイムキャップをかぶるようにしましょう。

レディース用スイムキャップのなかにはロングヘアでもキャップ内に髪が入れやすいように、工夫がされたものもあります。ロングヘアでも使いやすいかチェックしてみてくださいね。

耳は出した状態でかぶる

基本的にレディース用スイムキャップをかぶるときは、帽子をかぶるときのように耳を出した状態でかぶりましょう。

もし、耳の中に水が入るのが気になる場合は、耳まで覆うタイプのスイムキャップがあるため、そちらを試してみてください。

強引に引っ張らない

シリコンキャップなど伸縮性が低いスイムキャップをかぶるときに、つい引っ張りすぎてしまいますが、無理に引っ張ると破損する恐れがあります。

シリコンキャップがかぶりにくいときは水に濡らしたり、下にメッシュキャップをかぶったりすると良いです。また、引っ張るときに爪を立てないように注意しましょう。

ヘアピンや髪飾りは外す

レディース用スイムキャップをかぶるときは、ヘアピンや髪飾りは外してください。スイムキャップを傷付け、破損する可能性があります。髪をまとめるときは、飾りのないヘアゴムがおすすめです。

スイムキャップ(帽子)とスイムウェア(水着)のコーディネート方法

スイムキャップ(帽子)とスイムウェア(水着)のコーディネート方法

レディース用スイムキャップをスイムウェアと合わせておしゃれにコーディネートしたいときは、スイムウェアは無地のものを、スイムキャップは柄ものを合わせるのがおすすめです。シンプルなスイムウェアに柄もののスイムキャップがアクセントとなり、おしゃれに映えます。

また、スイムウェアのロゴやデザイン、ラインなどの一部とスイムキャップのカラーを合わせると統一感が出ます。

存在感のあるコーディネートがしたい人は、スイムウェアは落ち着いたブラックに、スイムキャップはビビッドカラーを選ぶのもおすすめです。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】

水泳のゴーグル選びに迷ったことはありませんか?自分にフィットしているかどうか自信がない、レンズは何色を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。また、デザインが豊富なゴーグルは、シリーズごとにさまざまな機能を持ち合わせて[…]

水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手 対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編

日本のバタフライを牽引する川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)と水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)の2人。川本選手は愛知県、水沼選手は新潟県と地方を拠点に活動しています。それぞれの地域で活動する良さについて伺いました。そして、お互いを[…]

川本武史×水沼尚輝対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編
関連記事
ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】

突然ですが、GetNaviチームでは、2021年の夏は日常生活に「旅」を採り入れることが大事だと考えています。その理由は、ワクチンが行き渡るまで自由な外出もままならない生活が続くなかで、非日常の要素を日常に採り入れていくことが、日々の生活を[…]

ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編

4月の日本選手権の100mバタフライでワンツーフィニッシュを飾った水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)と川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)。準決勝では51秒00の日本タイ記録を樹立した川本選手に軍配が上がり、決勝では自分のレースに徹した水[…]

競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編
関連記事
競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

環境の変化は、時として人を大きく成長させてくれるトリガーになります。大本里佳選手(ANAイトマン)も、大学進学を機に地元の京都から東京に練習環境を移したことで、選手として大きく飛躍されました。練習内容も大きく変わり、さまざまな練習道具も活[…]

競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

レディース用スイムキャップ(帽子)は目的に合わせて選ぼう!

レディース用スイムキャップ(帽子)は目的に合わせて選ぼう!

レディース用のスイムキャップを選ぶときは、目的に応じて自分に合ったものを選びましょう。また、スイムウェアとの組み合わせを意識してコーディネートを考えるのもおすすめです。

おしゃれなスイムキャップをかぶって、快適に楽しく泳ぎましょう。

レディーススイムウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。