#レディース(サイクルウェア)

レディースサイクルパンツの種類や特徴は?夏におすすめのタイプとは

サイクルウェアのなかでもサイクルパンツは、より快適な走りをするために欠かせないアイテムです。

レディースのサイクルパンツには、いろいろな種類があります。どれが自分に最適なのか、また、夏の暑い時期を乗り切るにはどんなサイクルパンツが良いのかを考えていきましょう。

サイクルパンツとは?

サイクルパンツは、サイクリングをより快適にしてくれるアイテムです。一般的なスポーツ用のパンツと違いかなり体にフィットするよう設計されています。

これは、自転車にパンツがひっかかったり、空気抵抗を受けたりすることを軽減してくれます。

サドルがあたる部分にパッドが入っているのも、サイクルパンツの特徴です。長時間自転車を漕いでも体の負担をサポートしてくれます。

レディースのサイクルパンツは縫い目がないシームレスタイプのものがおすすめ。違和感なくサイクルパンツをはくことができます。

サイクルパンツの種類・タイプは?

サイクルパンツにはさまざまな種類があります。自分にはどんなタイプのサイクルパンツが適しているのか、どんなタイプが走りやすいのかを見ていきましょう。
人気のサイクルパンツの種類をご紹介します。

サイクルパンツ

基本のサイクルパンツは、スパッツのような形をしています。見慣れたデザインなので初心者の方でも抵抗なくスムーズに着ることができます。

前述のとおり、サイクルパンツにはパッドが入っており、長時間のサイクリングをサポートする工夫がされています。普通のスパッツで代用できるわけではありませんので、きちんとサイクリング用のパンツを選ぶようにしましょう。

ビブパンツ

ビブパンツは、基本のスパッツの形はそのままに、肩にかける紐、または布が付いているタイプです。レオタードのように脚から肩までフィットするよう設計されています。

ビブパンツは、肩で固定されるのでズレにくく、安定感がある点がメリットです。
サイクルパンツではお腹が締め付けられて苦しいと感じる方も、ビブパンツならウエストの圧迫感を感じにくくサイクリングに集中できます。

ロングパンツ

ひざ下、くるぶしのあたりまでをカバーしてくれるロングパンツは、脚を露出したくない方、日焼けが気になる方、寒さ対策をしたい方におすすめです。

サイクルウェアのロングパンツは、脚の曲げ伸ばしがしやすいように設計されています。長時間穿いていても窮屈に感じにくく、快適にサイクリングを楽しめるでしょう。

夏は通気性が高く、UVカット機能のある素材を利用したロングパンツがおすすめです。冬は保温性があるロングパンツを選べば、寒い屋外でも長時間過ごせます。

ビブロングパンツ

ビブロングパンツは、レオタードのようなビブパンツがロング丈になっているものです。

しっかり安定感のあるパンツを穿きたい、日焼けや寒さ対策ができるロング丈のパンツを穿きたいという願いを叶えてくれる嬉しいアイテムです。

趣味でサイクリングを楽しんでいる方だけでなく、プロにも愛用者が多くいます。男性・女性問わず、より快適な走りを求める方は、ビブロングパンツをチェックしてみてください。

インナーパンツ

サイクルパンツの下に穿くインナーパンツもおすすめです。
サイクルパンツは、基本的に下着をつけずにそのまま着用します。ですが、直接穿くのは抵抗があるという方も少なくありません。

とはいえ、一般的な下着の上にサイクルパンツを穿くと、ショーツのラインが浮き出てしまう可能性も。そんなときに役立つのがサイクリング用のインナーパンツです。

薄手でラインが出にくく、サイクルパンツの下に気軽に着用できます。吸汗速乾性のものなら汗をかいてもすぐに乾き、不快感が少なくサイクリングを続けられるでしょう。

パッド付きハーフパンツ(一体型)

お尻や局部にパッドが付いているハーフパンツは、快適な走りに役立つアイテムです。パッドを別で購入して取り付けるという方もいますが、初心者にはなかなか難しいかもしれません。

最初からパッドが一体型になっていれば、違和感なく穿くことができます。自転車に乗ってみてどの部分が痛くなるのかをチェックして、適切なパッド付きのハーフパンツを購入しましょう。

夏のレディースサイクルパンツの選び方

夏のレディースサイクルパンツの選び方をご紹介します。夏でも快適にサイクリングを楽しむために、ぴったりのサイクルパンツを選びましょう。

通気性、吸汗速乾性のあるサイクルパンツ

夏のサイクルパンツを選ぶ際は、通気性、吸汗速乾性の高さが大切なポイントです。長時間快適に着用でき、汗をかいても乾きやすいものを選んでください。
薄手のもの、なめらかな穿き心地のものなら、夏のベタつく時期でも比較的気にせずに身に着けられます。

また、少しでも涼しく過ごしたい方にはショート丈、ハーフ丈のサイクルパンツがおすすめです。
脚を露出する面積が多ければ、それだけ風を受けられて、気持ち良く走れます。

紫外線対策ができるサイクルパンツ

サイクルパンツのなかには、UVカット機能のある素材を利用したものもたくさんあります。紫外線対策がしたい方はぜひサイクルパンツの素材にも注目してください。

涼しさはショート丈やハーフ丈には劣りますが、より日焼け対策をしっかりしたい場合はロング丈が安心です。
夏用のロング丈のサイクルパンツもたくさん登場しています。通気性が高く、薄手で快適に過ごせるものをチェックしてみましょう。

体のラインが出にくいサイクルパンツ

「アスリート感の強いサイクルパンツは好みではない」「体にフィットするデザインが嫌」という方は、体のラインが出にくいサイクルパンツをチェックしてみてください。

少しルーズなシルエットのサイクルパンツなら、体型をカバーしつつおしゃれを楽しめます。体にフィットしないぶん脚元にしっかり風を受けることができ、涼しく過ごせるというメリットもあります。

黒だけでなく、カラフルなもの、柄を取り入れたもの、ライン入りでスタイルが良く見えるものなど、デザインはさまざまです。明るい色のサイクルパンツは日光を反射しやすいため、夏でも熱を溜め込みにくく、衣服内の温度上昇を軽減します。

豊富なデザインのなかから自分が気に入ったものを選べば、夏のサイクリングも楽しみになるでしょう。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア

「運動」「環境」「コロナ禍」という3つのキーワードがポイントとなり、現代社会において注目度が増している自転車の活用。今回は、都内の広告企画会社で働き、自転車通勤をしている達川洸坪氏にルコックスポルティフのジテツウパンツとジャケットを1日試着[…]

自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア
関連記事
【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
関連記事
ツール・ド・フランスに見る機材の変遷

2020年のツール・ド・フランスは、異例の9月開催となりました。しかし蓋を開けてみれば、例年と違わない熱戦と熱狂、そして感動の3週間がそこにはありました。1903年に始まり、2020年で107回目を迎えたツール・ド・フランスは、現在も続[…]

関連記事
つくば霞ヶ浦りんりんロードを巡る!土浦で快適バイクパッキングの旅

筑波山や霞ヶ浦を眺めながら、爽快な水辺サイクリングが楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」。全国からサイクリストが訪れる、サイクリングの聖地と名高いスポットです。霞ヶ浦のサイクリングを楽しむ人のために、土浦駅には新たに日本最大級の体験型サ[…]

関連記事
サイクリング初心者向け 必要な装備はこの7つ!

普段はなかなか行けない遠くの場所へも気軽に足を運ぶことができ、目的地までの道のりも楽しめる「サイクリング」。自転車やウェアなど一式アイテムをそろえないと始められないなど、敷居が高いと感じる方も多いのでは。しかし、実は始めやすいスポーツといわ[…]

快適な夏のサイクリングにはパンツ選びも大切

夏のレディースサイクルパンツについて、紹介しました。
サイクルパンツは、サイクリングをより快適にしてくれる優秀なアイテムです。夏のサイクリングを快適にするためには、さらりとした着心地、吸汗速乾性、通気性が高いなどの特徴を持つサイクルパンツがおすすめです。

サイクルパンツには丈やシルエット、デザインなど、さまざまあります。実際に試着したり、サイクリング時の悩みを書き出したりして、欲しいサイクルパンツのイメージを固めておくと選びやすいでしょう。
丈や質感、パッドの厚み、さらにデザインなどから、自分のお気に入りのパンツを見つけてください。

レディースサイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。