細身のメンズランニングウェアを選ぶコツを紹介!おすすめのコーディネートとは
#メンズ(ランニングウェア)

細身のメンズランニングウェアを選ぶコツを紹介!おすすめのコーディネートとは

ランニングをする際に、「細身のウェアを着こなして颯爽と走りたい」と思っている男性もいるのではないでしょうか。そこで今回は、細身のランニングウェアを選ぶメリットとデメリット、具体的なコーディネートのポイントについて紹介します。

細身のメンズランニングウェアを選ぶメリットとデメリット

細身のメンズランニングウェアを選ぶメリットとデメリット

まず、細身のランニングウェアを選ぶメリット・デメリットを説明します。

細身のランニングウェアを選ぶメリット

細身のランニングウェアを選ぶメリットとしては、スタイルが良く見える、脚が長く見えるなど、見た目の良さが挙げられます。

例えば、ゆったり感のあるロングパンツは部屋着感が出てしまうものもあるため、ランニング以外に普段着としても活用したいという人のなかには抵抗がある人もいます。しかし、細身のジョガーパンツタイプのランニングウェアなら普段着にしても違和感がないどころか、よりすっきりとかっこよく見えるでしょう。

細身に見えるランニングウェアのメリットは見た目が良いことだけではありません。細身スタイルのランニングウェアは体のラインが出るため、ランニングを続けるモチベーションのアップにもつながります。

「走って体を引き締めたい」「体のラインを整えたい」という意識が生まれやすくなるでしょう。細身のランニングウェアの多くは体へのフィット感も高く走りやすくなるのもメリットです。

細身のランニングウェアを選ぶデメリット

細身のランニングウェアは、外見はもちろん、機能面でも優れています。しかし、なかには「体のラインが出るのは恥ずかしい」「人に見られたくない」という人もいるでしょう。

また、細身のランニングウェアは、ストレッチ性のある素材が使われているものもありますが、ストレッチ性があまりないウェアの場合、ストレッチ性があまりないうえにぴったり体にフィットするため、かえって動きづらくなってしまう場合があります。

細身のメンズランニングウェアを選ぶポイントは?

細身のメンズランニングウェアを選ぶポイントは?
次に、細身のメンズランニングウェアを選ぶ際に押さえておくべきポイントを紹介します。

引き締めカラーを選ぶ

まず注目したいのがウェアのカラーです。白やベージュなどの薄い色、赤やオレンジなどの暖色系のカラーは膨張色と呼ばれ、実際よりも太って見えてしまうことがあります。

対して、黒や青色などの濃い色、寒色系のカラーは収縮色と呼ばれる引き締めカラーで、着用時は実際よりも細く見せる効果があります。

よりスタイルアップ効果を狙いたい場合は、黒や青色などの濃い色、あるいは寒色系カラーがベースになっているものを選ぶのがおすすめです。

ジャストサイズのトップスを選ぶ

メンズランニングウェアのトップスはジャストサイズのものを選びましょう。

夏場などの暑いシーズンは、風通しを良くするなどの目的でサイズに余裕があるウェアを選ぼうとする人もいますが、ダボダボしたトップスは体を太く大きく見せてしまう場合があります。また、空気抵抗が大きいため、走りにくく感じることもあるでしょう。

快適なランニングを行うためにも、ジャストサイズで、かつ通気性や吸汗速乾性に優れているトップスがおすすめです。

ただし、トップスにあまり細身すぎるものを選ぶと、今度は窮屈な印象を与えてしまう可能性があります。細身のシルエットはボトムスで演出すると考え、トップスはあくまで自然にすらりと見えるジャストサイズのものを選ぶと良いでしょう。

ボトムスにジョガーパンツを選ぶ

ボトムスは細身のジョガーパンツタイプを選べば、ランニングウェアとして使うだけでなく普段着としても使えます。活躍の場が幅広いという点で、特におすすめのアイテムです。

ボトムスにハーフパンツ+タイツを選ぶ

ジョガーパンツが好みではないという人は、ハーフパンツ+タイツという組み合わせがおすすめです。タイツが脚にしっかりフィットするためスタイルアップ効果が期待できます。

メンズランニングウェアで細身に見えるおすすめコーデ

メンズランニングウェアで細身に見えるおすすめコーデ

続いては、メンズランニングウェアの細身に見えるコーディネートのコツを紹介します。

ジャストサイズのトップスと細身スタイルのボトムスを組み合わせる

上下ともに細身スタイルにするよりも、ジャストサイズのトップスと細身スタイルのボトムスを組み合わせたほうが、メリハリが効いてスタイルが良く見えやすいためおすすめです。

ただし、トップスを大きすぎるサイズにすると、今度はアンバランスさが目立ってしまうため、注意しましょう。

コンプレッションインナーを着用して引き締まっている部分を強調する

引き締まっている部分をより強調するために、ぴったり感のあるコンプレッション機能付きインナーを着用するのもおすすめです。引き締まって見える効果だけでなく、筋肉の揺れを少なくし、身体への負担を軽減してくれるものもあります。

パーカーを羽織ってIラインを作る

季節や気候にもよりますが、パーカーを羽織ってスタイリッシュなIラインを作る方法もおすすめです。パーカーはトップスと同様、ジャストサイズを選びましょう。

目を惹く小物を使って目線を外す

ランニング用の小物を利用して、ランニングウェア以外のところに人の視線を持っていくのもおすすめです。見た目の印象にメリハリがつきやすくなります。

例えば、ランニングシューズや時計、ランニングポーチなどの色を目立つ色にする、スタイリッシュなスポーツサングラスをかけるなど、自分好みのコーディネートを試してください。

ランニングに関するおすすめ記事


ランニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
私たちはやっぱり薄底シューズが好き!薄底愛好家座談会

厚底シューズがブームのなか、薄底シューズを愛してやまない鹿居二郎選手(800m、日本陸上競技選手権出場)と西出優月選手(3000m障害、日本陸上競技選手権5位)、古川大晃選手(マラソン、熊本城マラソン優勝)に、薄底を選ぶ理由や薄底と厚底の違[…]

私達はやっぱり薄底シューズが好き!薄底愛好家座談会
関連記事
【GetNaviの語らせて!】コロナ太り対策ランニング2021年編。手頃な価格で集まるデサントの高機能アイテムたち

生活様式ががらりと変わった時代に、これまで以上に気になるのが運動不足。従来だったら出勤をすればその移動などで多少なりとも身体を動かすことがありましたが、在宅勤務が増えたことによって、その機会が激減しました。昨年には「コロナ太り」というキーワ[…]

【GetNaviの語らせて!】コロナ太り対策ランニング2021年編。手ごろな価格で集まるデサントの高機能アイテムたち
関連記事
すべての人が厚底を履きこなせるわけではない?走法から考える理想のシューズ選び

昨今ランナーにとって切っても切り離せない話題が、シューズ選びとフォアフットなどの走法の関係性です。シューズのテクノロジーに適した走法で走ることが、タイム短縮の近道となります。特にカーボンプレート入りの厚底シューズは、これまでのシューズテク[…]

すべての人が厚底を履きこなせるわけではない? 走法から考える理想のシューズ選び
関連記事
トレイルランニング初心者向け 必要な装備はこの5つ!

山野など未舗装の道を走るトレイルランニング。実は、すでにランニングをしている方には、とても始めやすいスポーツなんです!これからトレイルランニングを始めようと思っている方向けに、その魅力と必要な装備、選ぶときの注意点について紹介します。[…]

トレイルランニング初心者向け 必要な装備はこの5つ!
関連記事
【ランコーデ3選】フルマラソンに対応する「トライアスロンシューズ」をランニングコーデに取り入れる

近年のランニングブームに加え、「運動不足解消」や「気分転換」といった健康目的で日常にランニングを取り入れている人が増えています。ランニングを習慣にしていると、「もっと快適に走りたい」「もっと長い距離を走れるようになりたい」「ほかのデザイ[…]

DELTA LD デサント

細身のメンズランニングウェアでランニングを楽しもう!

細身のメンズランニングウェアでランニングを楽しもう!

細身のランニングウェアは、スタイルアップ効果が期待できるだけでなく、おしゃれなデザインのものも多いため、普段着としても使用できるものもあります。また、より良いスタイルの実現へ向けて前向きにランニングに取り組めるのではないでしょうか。

ここで紹介したランニングウェアの選び方やポイントやコーディネートのコツを活用して、最適なウェアを見つけてください。

メンズランニングウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。