夏のランニングウェアとしてパーカーを選ぶメリットや選び方、レディースコーデを紹介
#レディース(ランニングウェア)

夏のランニングウェアとしてパーカーを選ぶメリットや選び方、レディースコーデを紹介

夏のランニングにパーカーを着用するのは、暑いと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、機能性の高いパーカーであれば、快適にランニングができることもあります。

そこで今回は、パーカーのメリットや夏のランニングに取り入れたいパーカーの特徴や選び方について紹介します。パーカーを使ったレディースランニングウェアコーデも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

夏のランニングウェアにおけるパーカーのメリット

夏のランニングウェアにおけるパーカーのメリット

夏は気温が高く、紫外線も強いです。汗を拭かずにウェアが濡れたまま長時間過ごしていると体を冷やし、体調不良の原因になりかねません。

そんなときにパーカーがあれば、紫外線対策や暑熱対策ができます。さらっと羽織れば体の冷えを軽減してくれるので、暑いからといってパーカーを敬遠せず、そのメリットを理解していきましょう。

紫外線対策

夏のランニングでは、紫外線が気になるという人は多いです。日焼け止めを塗ったり、アームカバーを着用したりなどの対策方法がありますが、パーカーでも紫外線対策ができます。選ぶ際は、UVカット機能があるかどうかを確認しましょう。

暑熱対策

ランニングウェアのパーカーには、接触冷感機能のある素材を利用しているものもたくさんあります。着るだけでひんやりとした着心地を楽しめて、暑さを和らげてくれます。

パーカー以外にもインナーや半袖シャツ、タイツなども接触冷感機能のある素材でそろえれば、暑熱対策ができるでしょう。

汗冷え対策

ランニングで汗をかいたあとに冷房の効いた室内に入ったり、気温が下がってから歩いて帰ったりした場合、汗で濡れたウェアが冷え、体を冷やしてしまいます。

パーカーは暑いときは腰に巻いておき、寒くなったら羽織れるため、夏のランニングでも持参しておくことをおすすめします。

急な雨にも対応できる

特に、山などの天候が変わりやすい場所でランニングをする場合は、急な雨に注意しなければなりません。

そんなときにパーカーを持っていれば、小雨程度なら対応できるでしょう。急な雨に備えて、はっ水加工が施されたパーカーを持っておくと便利です。

夏のランニングウェアにパーカーを選ぶ際のポイント

夏のランニングウェアにパーカーを選ぶ際のポイント

ランニングウェアとして、パーカーを選ぶ際のポイントを紹介します。

吸汗速乾性があるかを確認する

夏に着用するパーカーは、汗をかいても吸い取り、素早く乾かしてくれる吸汗速乾性のあるものを選びましょう。汗を素早く乾かしてくれるパーカーなら、長時間のランニングでも不快にならず、しっかり体を動かせます。

UVカット効果があるかを確認する

夏のランニングの紫外線対策として、UVカット機能付きのパーカーがおすすめです。
薄手で軽く、夏でも暑苦しくない素材のものを選びましょう。

接触冷感素材かを確認する

「夏のランニングにパーカーは暑いのでは?」と思っている人でも、接触冷感素材が使われているパーカーなら気軽に取り入れられるでしょう。着ているほうが心地良いということもあるので、ぜひ試してみてください。

重さを確認する

ランニングを長時間続けても負担になりにくい、軽いパーカーがおすすめです。スポーツブランドでは、メッシュ素材などが取り入れられ、軽量化されているパーカーがたくさん販売されています。

また、折りたたんで袋に入れて持ち運べるタイプも便利です。

はっ水性があるかを確認する

急な雨に対応できるはっ水性を備えたパーカーもあります。山などでランニングをする際や、梅雨の天気が変わりやすい時期にランニングをする際にも役立ちます。

ただし、厚手のものは夏に向いていないため薄手のものを選ぶと良いでしょう。

着心地を確認する

パーカーを選ぶ際には、実際に試着して着心地を確かめましょう。

ブランドによってはサイズ表記が同じでも着心地が違うことがあります。また、中にランニングウェアを着用して走ることも踏まえてサイズを選びましょう。

タグが当たってチクチクしないか、肩まわりはきつくないか、チャックを閉めたときに窮屈ではないかなども重要です。

着脱しやすいかを確認する

夏は温度に合わせた調節のしやすさが重要になるため、腕まわりにゆとりがあるものやファスナーを簡単に開閉できるものなど、着脱しやすいパーカーがおすすめです。走りながらでも気軽にサッと着たり脱いだりできるパーカーを選びましょう。

夏のランニングウェアとしてパーカーを使ったレディースコーデ

夏のランニングウェアとしてパーカーを使ったレディースコーデ

ここでは、ランニングウェアのパーカーを使った夏におすすめのレディースコーデ例を紹介します。

大きめパーカーにタイツを合わせる

大きめのパーカーは、ゆるっとしたシルエットがかわいらしい印象を与えてくれます。

しかし、上下とも大きめのアイテムではもたついて見えるので、ボトムスはタイツなどのぴったりしたシルエットのアイテムを選ぶと上下のバランスが取れたおしゃれな着こなしになります。

パーカーとボトムスの上下セットアップ

ランニングウェアには上下セットアップがたくさん販売されています。ボトムスとパーカーのセットアップなら、取り入れるだけで一気におしゃれなコーディネートが仕上がります。

シャツとパーカーの色味を合わせる

パーカーを取り入れたコーディネート方法がよく分からないという人は、まずはシャツとパーカーの色味を合わせて統一感のあるコーディネートにしてみましょう。

その際、ボトムスの色を控えめにするとシャツとパーカーを目立たせることができます。

ボトムスとパーカーの色味を合わせる

よりまとまりのあるコーディネートがしたいという人は、ボトムスとパーカーの色味をそろえると良いです。トップスをシンプルな色味やデザインにすることで、ボトムスとパーカーの印象が際立ち、よりおしゃれな着こなしができます。

ランニングに関するおすすめ記事


ランニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
私たちはやっぱり薄底シューズが好き!薄底愛好家座談会

厚底シューズがブームのなか、薄底シューズを愛してやまない鹿居二郎選手(800m、日本陸上競技選手権出場)と西出優月選手(3000m障害、日本陸上競技選手権5位)、古川大晃選手(マラソン、熊本城マラソン優勝)に、薄底を選ぶ理由や薄底と厚底の違[…]

私達はやっぱり薄底シューズが好き!薄底愛好家座談会
関連記事
【GetNaviの語らせて!】コロナ太り対策ランニング2021年編。手頃な価格で集まるデサントの高機能アイテムたち

生活様式ががらりと変わった時代に、これまで以上に気になるのが運動不足。従来だったら出勤をすればその移動などで多少なりとも身体を動かすことがありましたが、在宅勤務が増えたことによって、その機会が激減しました。昨年には「コロナ太り」というキーワ[…]

【GetNaviの語らせて!】コロナ太り対策ランニング2021年編。手ごろな価格で集まるデサントの高機能アイテムたち
関連記事
すべての人が厚底を履きこなせるわけではない?走法から考える理想のシューズ選び

昨今ランナーにとって切っても切り離せない話題が、シューズ選びとフォアフットなどの走法の関係性です。シューズのテクノロジーに適した走法で走ることが、タイム短縮の近道となります。特にカーボンプレート入りの厚底シューズは、これまでのシューズテク[…]

すべての人が厚底を履きこなせるわけではない? 走法から考える理想のシューズ選び
関連記事
トレイルランニング初心者向け 必要な装備はこの5つ!

山野など未舗装の道を走るトレイルランニング。実は、すでにランニングをしている方には、とても始めやすいスポーツなんです!これからトレイルランニングを始めようと思っている方向けに、その魅力と必要な装備、選ぶときの注意点について紹介します。[…]

トレイルランニング初心者向け 必要な装備はこの5つ!
関連記事
【ランコーデ3選】フルマラソンに対応する「トライアスロンシューズ」をランニングコーデに取り入れる

近年のランニングブームに加え、「運動不足解消」や「気分転換」といった健康目的で日常にランニングを取り入れている人が増えています。ランニングを習慣にしていると、「もっと快適に走りたい」「もっと長い距離を走れるようになりたい」「ほかのデザイ[…]

DELTA LD デサント

夏のランニングウェアは機能的なパーカーをおしゃれに着こなそう!

夏のランニングウェアは機能的なパーカーをおしゃれに着こなそう!

通気性や吸汗速乾性、UVカット機能、接触冷感機能など、パーカーにはさまざまな機能が備わっています。機能性の高いパーカーを取り入れれば、紫外線対策や暑熱対策になり、夏のランニングをもっと快適にできます。

夏は暑いから薄着で走りたいという人も、ランニング向けのパーカーをチェックしてみるのも良いかもしれません。

レディースランニングウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。