え、自分で空気を入れるの!? 寒暖差に対応できる「変身するアウター」を体験してみた
#BuzzFeed

え、自分で空気を入れるの!? 寒暖差に対応できる「変身するアウター」を体験してみた

だんだんと日が短くなってきて、夜はだいぶ肌寒くなってきました。

そろそろ冬物を買おうかなと思っている方におすすめしたいのが、ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」です。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」

このジャケット、「とにかくすごい」の一言です。その特徴はジャケット内に仕込まれた“チューブ”に自ら空気を入れることで、保温性を調整できるところ。

上の写真は左が空気を入れてない状態、右が入れた状態です。

暖かい日中は空気を抜いてさっと羽織り、気温の下がった夜には空気を入れて暖かく過ごす、といったことが1着で可能になる夢のジャケット。

実際どんなふうに使えるのかレポートしていきます。

ジョギングからデイリーユースまで対応したシンプルデザイン

手にしてみると思ったよりも軽い素材のスポーティーなジャケットです。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」

シンプルなデザインながら、身頃はハイテク感のあるタフタ素材を採用。

袖にはまるでウェットスーツのような柔らかい風合いのニット素材を使っており、その切り替えが良いアクセントになっています。

色合いはシックな黒、そしてシルエットは細身のため着用シーンは幅広く、屋外でのランニングやウォーキングだけでなく、デイリーユースにもしっかりとなじみます。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」を着用した様子

普段はデニムと合わせて、週末はジョギングパンツと合わせたり、何を着ても様になるのは嬉しいですね。

空気を入れるだけでダウンと同等の暖かさに

さて、それではさっそく空気を入れてみましょう。

空気を入れるためのポンプは、専用のものが商品に付属されています。ジャケットの首元に備え付けられた吸込口に差し込み、手で繰り返し握るとどんどん空気が入っていきます。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」に空気を入れる様子

1~2分でジャケットが空気で満たされ、立体的なフォルムになりました。

衣服内の蒸れを軽減するために施した“LCS”のロゴパンチングがデザイン的により際立ってきます。

空気を入れたルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」

首元までしっかりと空気が充てんされているのが分かります。

着心地としては圧倒的に密着感が高まり、体がギューッと包み込まれる感覚があります。綿が入っていないのでシルエットはすっきりとしたまま、ダウンのような暖かさを感じました。

この調整機能は実際に体験すると、その価値がよく分かります。

ボリューム感のあるダウンは、暖かいけど電車での移動中や屋内ではやや持て余しがちでした。じっとりと汗をかいてしまうことも…。かといって薄着で出歩くと夜が寒い。

そんな冬のお悩みがこの1着によって見事に解消されます。

このジャケットで走ってみるとどうなるか

冬にジョギングをするとき、走り出してからしばらくは寒く、体が温まってくると一気に暑くなってきますよね。

そんなときもこのエアチューニングジャケットなら、空気を入れて暖かくして走り始め、徐々に抜いていくといった使い方もできるはず。

実際にやってみました。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」を着て走る様子

まずは空気が入った状態で走ってみます。

体が温まっていないので、この密着感がちょうど良い。そして肩の切り替えによって腕も動かしやすいのでジョギングにもしっかり対応できます。

5分ほど走って、少し汗が出てきたところで空気を抜いてみました。

普通のアウターになったので、前のファスナーを開けて風を入れながら走り続けます。これはとても快適です。

空気を抜いたルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」を着て走る様子

この使い方がより有効なのはウォーキングでしょう。特に体が温まるまで時間のかかる早朝のウォーキングに力を発揮しそうです。

ちなみに吹き込み口が密閉されているわけではないので、非常に微量ですが空気が抜けていきます。

極寒の日に丸1日外でスキーをするといった使い方は厳しいですが、外の移動と屋内の滞在を繰り返す一般的なお出かけには十分対応できます。

シーンを選ばず、あらゆる運動に対応した万能ジャケット

一通り使ってみると、この「エアチューニングジャケット」は自分で空気を入れるというなかなかレアな機能を、しっかりと日常利用できるレベルまで落とし込んだ名品アウターという印象を強く受けました。

ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」のエアチューニング機能

エアチューニング機能を備えながら、価格は28,600円(税込)。シーンを選ばずに使えて、あらゆる運動に対応できることを考えると決して高くはないと思います。深まる秋から真冬、そして春先まで長く使えるのも魅力です。

カラーは今回着用したブラックのみ。サイズはM、L、Oとあります。身長170cmの私はLサイズを選びました。空気を入れたときにギュッと縮まることを考えると、少し余裕のあるサイズ感がおすすめです。

今年の秋冬の1着を探していたという人にぜひおすすめしたいアウター。この新体験を味わってみてください。

撮影・スタイリング・文/鳴海淳義

\驚がくの名アウター!/

ゴルフ用はこちら

 

関連記事
【50着限定】「空気」で保温性を調整できる、最先端の防寒ジャケットが登場!

暖かいけれどかさばってしまったり、寒暖差で着たり脱いだりと着こなしが大変な防寒着。そのお悩みを解決する全く新しい形のジャケットが、ルコックスポルティフから登場しました!その名も「エアチューニングジャケット」。名前の通り、ウェアに空気を入れ[…]

関連記事
伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ

ここ2年ほどで、移動手段はもっぱら自転車になりました。短距離の移動が手軽なうえに、運動不足の解消にもなる。都内なら車や電車より早く移動できることもあります。自転車にのめり込むと、おしゃれな周辺グッズも集めたくなります。そこで試してみたのが[…]

伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ

関連記事
#1 洗濯ブラザーズ直伝!スポーツウェアを長く使うための洗濯テクニック【基礎編〜プレウォッシュの重要性〜】

汗や汚れが気になるスポーツウェアは、普段着以上に洗濯が重要です。「スポーツウェアは丈夫だから、雑に洗っても平気でしょ!」と思うかもしれませんが、洗濯方法が間違っているとウェア本来の機能を損なう場合も。逆に正しい方法で洗濯を行えば、生地も傷[…]

#1 洗濯ブラザーズ直伝!スポーツウェアを長く使うための洗濯テクニック【基礎編〜プレウォッシュの重要性〜】
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。