#スキーウェア

スキーウェアの洗い方を紹介!洗う頻度や洗濯後の保管方法は?

スキーウェアに汗や土などの汚れが付いたまま放置してしまうと、はっ水性などの機能が落ちていく可能性があるため、シーズン中は使用回数や汚れの程度に応じて洗濯するのがおすすめです。

今回は、スキーウェアの洗い方や干し方、保管方法など、スキーウェアの洗濯に役立つ情報を紹介します。

関連記事
トップスキーヤーが解説するスキーの必須アイテム&持ち物!初心者も子どももゲレンデデビュー可能な基本ラインナップを総まとめします

白銀のゲレンデを颯爽と滑る姿に憧れて、今季こそスキーに行ってみたいと考えている方も多いのでは?数々の大会で優勝経験を持つトップスキーヤーで、デサントにおいて14年にわたりスキーウェア開発に携わる宮下征樹さんが、スキーに必要なアイテムと持ち[…]

トップスキーヤーが解説するスキーの必須アイテム&持ち物!初心者も子どももゲレンデデビュー可能な基本ラインナップを総まとめします

関連記事
スキー初心者が押さえるべきポイントは?ウェアやアイテムの扱い方、滑り方、止まり方、曲がり方のコツまで

寒い冬でもアクティブに過ごしたい。そうだ、今年はスキーでもやっちゃおうかな?なんてゲレンデに思いを馳せている方へ。元全日本スキー技術選チャンピオンの宮下征樹さんが、スキー初心者が押さえるべきポイントとして、ウェアやアイテムの扱い方から、滑[…]

スキー初心者が押さえるべきポイントは? ウェアやアイテムの扱い方、滑り方、止まり方、曲がり方のコツまで

関連記事
スキー用語辞典 スキー競技を始める方の強い味方!

スキーといえば、真っ白のゲレンデを舞台に楽しむウインタースポーツの代表格。ひと口にスキーといっても、競技の種類はさまざまです。これからスキー競技を始めようと思っている方や、道具を購入しようと考えている方は、まずはルールや用語を覚えることが第[…]

スキーウェアは洗わないとどうなる?

スキーウェアは洗わないとどうなる?

スキーウェアを洗わずに放置してしまうと、カビが生えたり、雑菌が繁殖したりして臭いの原因となり、スキーウェアの劣化を引き起こしてしまいます。

また、洗いすぎるとはっ水性が失われるというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、洗わずに泥や汗の汚れを付着したままにしていても、はっ水性の低下につながってしまいます。

毎回洗濯できないという場合は、着用後のスキーウェアは必ず陰干しをして、湿気を取り除くようにしてください。最低でも、スキーシーズンの終わりには1度洗濯して、きれいな状態にしてから次のシーズンまで保管しましょう。

スキーウェアの適切な洗い方を確認しよう!

スキーウェアの適切な洗い方を確認しよう!

スキーウェアはクリーニングに出さなければ洗えないものと、自宅での洗濯が可能なものがあります。洗濯をする前に、まずは以下のポイントを確認しましょう。

スキーウェアの洗濯表示を確認

スキーウェアを洗うときは、まずスキーウェアのタグに書かれている洗濯表示を確認しましょう。

洗濯桶のマークがある場合は、洗濯機を使って洗うことができます。洗濯桶のマーク内にある数字は、水洗いするときの上限温度を示しています。

また、洗濯桶の下に記載されている線は水流の強さを表すもので、線が複数あるものほど弱い水流での洗濯が推奨されています。

洗濯桶に手のマークが付いている場合は、自宅で洗濯できます。洗濯機を使用する際は手洗いコースを選びましょう。

一方、洗濯表示に「P・F・W」のアルファベットのどれかが丸で囲まれたマークがある場合、自宅で洗うことができないため、クリーニング店を利用してください。

自宅で洗濯できるスキーウェアの洗い方

自宅で洗濯できるスキーウェアの洗い方

自宅で洗濯ができるスキーウェアの場合は、以下の方法で洗濯をしましょう。

洗濯機でのスキーウェアの洗い方

洗濯機で洗えるスキーウェアであれば、ファスナーやボタンをすべて閉めた状態のスキーウェアをたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯表示に従って洗濯機を回します。

洗濯表示で弱い水流が上限とされている場合は、洗濯機の水流設定をよく確認しましょう。

手洗いでのスキーウェアの洗い方

スキーウェアの洗濯表示に手洗いマークがあるときは、大きめのたらいやバケツなどに水を張り、洗剤を入れてスキーウェアを押し洗いします。

1度では汚れが出切らないこともあるので、その場合は水を張り直し、押し洗いしましょう。

すすぎも、水の中で優しく洗剤を押し出すようにしてください。

洗剤が残ってしまうとスキーウェアの劣化につながる可能性があるので、丁寧にしっかりとすすぎましょう。

すすぎが終わったら軽く水を絞り、バスタオルを2枚ほど用意して、スキーウェアをバスタオルで挟んで軽く叩いて水気を切ります。

ここである程度の水気を切ることで、干す時間を短縮することができます。強く叩きすぎるとスキーウェアが傷んでしまうので、ポンポンと軽く叩く程度にしましょう。

油汚れが付いたスキーウェアの洗い方

油汚れが付いたスキーウェアの洗い方

リフトから垂れたオイルなどが原因で、スキーウェアに油汚れが付いてしまうことがあります。

油汚れの付いたスキーウェアの洗濯は、クリーニング店に依頼してプロに任せるのがおすすめです。しかし、すぐにクリーニング店に出せないという場合には、以下のように応急処置をしておきましょう。

溶剤を使って油汚れを落とす

台所洗剤などの中性洗剤を使って油汚れを落とす方法があります。

洗剤を少量汚れの部分に付け、優しくこすり洗いし、汚れが浮いてきたらタオルを当てて軽く叩き、油汚れをタオルに移しましょう。これを汚れがなくなるまで繰り返し、最後に水洗いします。

力を入れてこするとウェアを傷つけてしまうので、繰り返し根気強く続けるのがポイントです。

強くこすったりすると色落ちや生地が傷む可能性もあるため、生地や洗濯表示などをしっかり確認して行いましょう。

スキーウェアを洗ったあとの干し方や保管方法は?

スキーウェアを洗ったあとの干し方や保管方法は?

続いては、スキーウェアの干し方や保管方法について紹介します。

スキーウェアは洗い方だけでなく干し方や保管方法も重要で、正しく保管しなければ、ウェアにカビが生えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

スキーウェアの干し方

スキーウェアは、湿気が残るとカビの繁殖や臭い、傷みの原因になるため、少しでも風通しが良くなるようにすべてのファスナーを開けて、内側が乾きにくい場合は裏返しにして干しましょう。

パンツはハンガーを利用してウエスト部分を広げ、裾まで風を通りやすくするとしっかり乾かせます。

また、洗濯表示に陰干しのマークがある場合は、直射日光の当たらない場所に干すようにしてください。

はっ水性について

はっ水性が低下した場合は、クリーニング店ではっ水加工を行ってもらいましょう。

スキーウェアの保管方法

スキーウェアは、たたまずハンガーにかけて保管するのがおすすめです。
パンツもハンガーにかけて一緒に吊り下げて保管すると良いでしょう。

空気がこもる場所にしまい込むとカビが発生してしまう可能性もあるので、風通しの良い場所や頻繁に開け閉めするクローゼットなどにしまってください。

また、クローゼットにしまう場合は定期的に出して風を通すのがおすすめです。

スキーに関するおすすめ記事


スキーに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
スキー初心者が押さえるべきポイントは?ウェアやアイテムの扱い方、滑り方、止まり方、曲がり方のコツまで

寒い冬でもアクティブに過ごしたい。そうだ、今年はスキーでもやっちゃおうかな?なんてゲレンデに思いを馳せている方へ。元全日本スキー技術選チャンピオンの宮下征樹さんが、スキー初心者が押さえるべきポイントとして、ウェアやアイテムの扱い方から、滑[…]

スキー初心者が押さえるべきポイントは? ウェアやアイテムの扱い方、滑り方、止まり方、曲がり方のコツまで
関連記事
スキーヤー丸山貴雄選手・武田竜選手インタビュー 「今は竜がテクニカルリーダー。」前編

全日本スキー技術選手権大会(通称:技術選)で過去5回優勝を経験しているレジェンド丸山貴雄選手と、2019年にチャンピオンに躍り出た武田竜選手に前編後編に渡ってインタビュー。前編となる今回は、第57回の技術選が中止になってしまった今の率直な気[…]

アイキャッチ デサント スキーヤー丸山貴雄選手・武田竜選手
関連記事
スキーヤー金子あゆみ選手・春原優衣選手インタビュー「結局は自分らしく、納得できる滑り。」前編

基礎スキーで最も大きな大会である全日本スキー技術選手権大会で、20代前半から活躍してきた、金子あゆみ選手と春原優衣選手にインタビュー。前後編に渡ってお届けします。前編では、第57回の技術選が中止になってしまった今の率直な気持ちや、技術選の今[…]

関連記事
トップスキーヤーが解説するスキーの必須アイテム&持ち物!初心者も子どももゲレンデデビュー可能な基本ラインナップを総まとめします

白銀のゲレンデを颯爽と滑る姿に憧れて、今季こそスキーに行ってみたいと考えている方も多いのでは?数々の大会で優勝経験を持つトップスキーヤーで、デサントにおいて14年にわたりスキーウェア開発に携わる宮下征樹さんが、スキーに必要なアイテムと持ち[…]

トップスキーヤーが解説するスキーの必須アイテム&持ち物!初心者も子どももゲレンデデビュー可能な基本ラインナップを総まとめします
関連記事
スキーヤー丸山貴雄選手・武田竜選手インタビュー 「向上心ってすごく大切。」後編

全日本スキー技術選手権大会(通称:技術選)で過去5回優勝を経験しているレジェンド丸山貴雄選手と、2019年にチャンピオンに躍り出た武田竜選手のインタビュー。後編となる今回は、初めての大会に出るきっかけ、デサントのウェアとの出会い、今後の目標[…]

丸山貴雄選手と武田竜選手

適切な洗い方と保管方法でスキーウェアを長持ちさせよう!

適切な洗い方と保管方法でスキーウェアを長持ちさせよう!

スキーウェアを洗わずに保管していると、臭いや機能の低下などの原因となり、長く使うことができなくなってしまいます。しかし、適切な方法で洗濯をし、正しく保管することで臭いや機能の低下を軽減することができます。

毎シーズン、清潔なウェアを着て気持ち良くスキーを楽しみましょう。

スキーウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。