#ランニング

ランニングとジョギングの違いとは?シューズやウェアも変えるべき?

ランニングとジョギングはどちらも走る運動ですが、得られる効果やカロリー消費量などいくつか違いがあります。

そこで今回は、ランニングとジョギングの違いに注目し、それぞれの運動に適したウェアやシューズについて紹介していきます。

ランニングとジョギングの違い

ランニング ジョギング ルコックスポルティフ

ランニングとジョギングには、走る目的や期待できる効果、速度、カロリー消費量、体への負担などに違いがあります。

走る目的の違い

ランニングは、スポーツ競技やマラソン大会などの出場を目的とした本格的なトレーニングのことを指すのが一般的です。

対してジョギングは、健康維持や体力向上、気分転換などを目的に、軽く体を動かす程度に走る運動のことを指します。

期待できる効果の違い

ランニングは競技に向けたトレーニングであるため、負荷が大きく、心拍数が上がります。そのため、瞬発力が付くと言われています。

ジョギングはランニングよりも負荷が小さいため、有酸素運動として、基礎体力アップやダイエット効果が期待できます。

速度の違い

ランニングとジョギングの最も大きな違いは走る速度にあります。ランニングとして走る速度の目安は6.4km/h以上、ジョギングはこの速度以下とされています。

また、ランニングは息が弾んだり、息が切れたりするくらいのスピードが目安ですが、ジョギングは一緒に走る隣の人と会話ができるくらいのスピードが目安とされています。

カロリー消費量の違い

ランニングとジョギングでは、同じ時間走った場合のカロリー消費量が異なります。

運動による消費カロリーは、以下の計算式で求めることができます。

エネルギー消費量(kcal)=運動強度(メッツ)×時間(h)×体重(kg)×1.05

ランニングの運動強度は8~8.3メッツ、ジョギングの運動強度は6メッツなので、同じ時間走った場合でも、メッツ値の高いランニングのほうが、ジョギングよりも消費カロリーが多くなります。

体への負担による違い

運動強度(メッツ)とは、安静時を1としたときと比べて、その運動によって何倍のエネルギーを消費するのかを運動強度として示した単位のことです。

例えば、座ってテレビを見るという活動は、安静時と同じ1メッツです。
ランニングの運動強度は8~8.3メッツ、ジョギングの運動強度は6メッツなので、ランニングはジョギングよりも体への負担が大きく、エネルギー消費量が多い運動であることが分かります。

ランニングとジョギングではシューズやウェアを変えたほうが良い?

ランニング ジョギング デサント シューズ

ランニングとジョギングでシューズやウェアを絶対に変えなければいけないということはありませんが、汗の量や足への負担などに違いが出てくるため、走るペースによって適したものを用意すると良いでしょう。

続いては、ランニングやジョギングに適したシューズやおすすめのウェアについて解説します。

ランニングウェアとジョギングウェアの違い

軽いジョギングであれば専用のウェアではなく、普段着のTシャツやジャージを着てもそれほど支障はないかもしれませんが、ランニングの場合は専用のウェアを着用するのがおすすめです。

普段着のTシャツやジャージは、基本的にはスポーツをすることを目的に作られたものではないため、汗を吸わずにベタついたり、汗を吸って重くなったりと、走りにくくなってしまうことがあります。

ランニングをするときは、汗をかいてもすぐに吸って乾かしてくれる吸汗速乾性の高いウェアを着ると、快適に走ることができます。

もちろん、ジョギングでも汗をかくので、長時間ジョギングをする人や快適に走りたいという人は、ランニングウェアを着ると良いでしょう。

ランニングシューズとジョギングシューズの違い

ランニングシューズとは、名前の通り走ることを目的として作られたシューズのことを指します。

ランニングシューズには、足への衝撃を和らげたり、足首をサポートしたりする効果が期待できるほか、上級者向けのランニングシューズにはスピードを出すための機能が付いていたりなど、走りに適した機能性が盛り込まれているのが特徴です。

初心者向けのランニングシューズから上級者向けまで、さまざまなランニングシューズが販売されています。

一方、ジョギングの場合、軽く走るだけだから、普段履いているスニーカーでも良いのではと考える人もいるでしょう。

しかし、ある程度の距離を走る人やジョギングを習慣として続けたいと考えている人は、初心者向けのランニングシューズを履くのがおすすめです。

ランニングシューズとして販売されているシューズは、基本的にクッション性が高いため、足への負担を軽減することができ、体への疲労感が残りにくいというメリットがあることから、ジョギングにも適しているのです。

ランニングとジョギング、初心者にはどちらがおすすめ?

ランニング ジョギング ルコックスポルティフ

走ることに慣れていない初心者の場合、まずはジョギングから始めるのがおすすめです。

一緒に走る人と楽しく話をしながら走れる程度のスピードからスタートし、走ることに体が慣れてきたら、少しずつスピードを上げていくと良いでしょう。

また、ジョギングのつもりで走っているのに息が切れるという人は、早歩き程度のウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

まずは、早く走る・長く走るということよりも、走ることに慣れ、楽しく走れるようになることを目標にすると長続きしやすくなります。

ジョギングから始めて体が慣れてきたら、ランニングの機会を増やしましょう。もちろん、ランニングを始めたからといって頑張りすぎる必要はありません。

今日はジョギングにしよう、今日は調子が良いからランニングをしてみようというように、日によって走るスピードを変えるなど、無理のない範囲で少しずつステップアップしていきましょう。

ランニングにもジョギングにも活躍するおすすめのウェアを紹介

ランニングにもジョギングにも活躍するおすすめのウェアを紹介

続いては、ランニングにもジョギングにも活躍するおすすめのウェアを紹介します。吸汗速乾性や機能性に優れたスポーツブランドのアイテムをぜひチェックしてみてください。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントはスポーツウェアを手掛けている日本のスポーツブランドで、ランニングウェアだけではなくスキーやゴルフといった幅広いスポーツのウェアを扱っています。

デザントの最大の特徴は、スポーツをする人のパフォーマンスが最大限に活かせるような設計を根底にウェアがデザインされていることです。

スポーツを快適に楽しむことができるだけではなくデザイン性にも優れているので、ランニングにもジョギングにも最適です。デザントでお気に入りの1枚を見つけてみてはいかがでしょうか。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

ルコックスポルティフ ロゴ

ルコックスポルティフは、スポーツ用品を扱うフランス発祥のスポーツブランドです。

ルッコスポルティフの特徴は、スポーツをするときの機能性はもちろんですが、日常使いもできるほどおしゃれで洗練されたウェアのデザインにあります。

ランニングやジョギングだけではなく、日常使いもできるウェアが欲しいという人は、ルコックスポルティフがおすすめです。

ランニングに関するおすすめ記事


ランニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
スマートウォッチユーザーに特におすすめ!オールシーズン使える「すごい長袖」ラン用ウェア

最近、趣味のジョギングを続けるにあたって、すごいことに気が付きました。それは「日差しの強いときこそ長袖」というやつです!良い天気だな、こんな陽気なら当然のように半袖。でもそうすると、あれ?なぜかいつもより疲れる…。そうなんです。日差し[…]

スマートウォッチユーザーに特におすすめ!オールシーズン使える「すごい長袖」ラン用ウェア
関連記事
次の1歩を踏み出しやすい…!ランニングシューズを選ぶなら「跳ねるような弾力」も「安定性」も両方欲しい

いきなり告白します。私、ジョギングが趣味だったんですが、実はここ2ヶ月ほど「おやすみ」しちゃっていました。長い梅雨からの猛暑で7〜8月は意外と外に出るのが億劫な季節。そこで新しいシューズで気分を一新しようと、試してみたのがデサントの「[…]

次の1歩を踏み出しやすい…!ランニングシューズを選ぶなら「跳ねるような弾力」も「安定性」も両方欲しい
関連記事
ものまねアスリート芸人M高史さんとYouTuberたむじょーさんが語る、生涯現役で「陸上」を愛し続ける秘訣

空前の「健康ブーム」に後押しされ、人気が右肩上がりの「ランニング」。街を歩けばファッショナブルなウェアを身にまとい、颯爽と走る人の姿もよく見かけるようになりました。そんななか、「お笑い」でランニングの楽しさを伝えようと活動している芸人やY[…]

ものまねアスリート芸人M高史さんとYouTuberたむじょーさんが語る、生涯現役で「陸上」を愛し続ける秘訣
関連記事
厚底ランニングシューズの「柔らかすぎリスク」とは。その解決を目指す新たなクッション構造をレポート

クッション性の高い「厚底シューズ」は“柔らかさ”が特徴ですが、その柔らかさがランナーの悩みになるケースもあります。着地が不安定になり、足首やくるぶし、膝といった関節が痛くなることもあるのです。こういった、クッション系ランニングシューズの“[…]

厚底ランニングシューズの「柔らかすぎリスク」とは。その解決を目指す新たなクッション構造をレポート
関連記事
なぜ塩尻和也は「厚底シューズ」を選ばないのか。彼が薄底にこだわる理由は、蹴り出しの感覚

カーボンプレート入りの厚底シューズを使用するトップランナーが増え、市民ランナーにもその流れが波及するなか、薄底シューズにこだわり続ける選手がいます。国際大会にも出場し、メダル獲得の実績を持つ塩尻和也選手です。2021年4月には、5000m[…]

なぜ塩尻和也は「厚底シューズ」を選ばないのか。彼が薄底にこだわる理由は、蹴り出しの感覚

ランニングもジョギングも機能性の高いウェアで

ジョギング ランニング

ランニングでもジョギングでも、走ることに適した機能性の高いウェアやシューズを身に着けることがおすすめです。

専用のウェアやシューズをそろえることで、快適に走ることができるだけでなく、体への負担を軽減することにもつながります。

また、せっかく走るならおしゃれにも気を配りたいところです。ランニングにもジョギングにも適したスポーツブランドで、機能性の高いおしゃれなウェアをそろえてみてはいかがでしょうか。

ランニングについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。