デザインの良さがやばい…上品に着られる“大人のスウェット”、これで決まりでは?

デザインの良さがやばい…上品に着られる“大人のスウェット”、これで決まりでは?

  • 2022/02/21 (月)
  • 2022/03/10 (木)

ゆったり着られるスウェット。「良いモノ」が1枚あると、ちょっと早い春のトップスにぴったりですよね。

なかでも、今流行りのオーバーサイズを上品に着こなしたいなら、スポーツウェアアイテムを扱うデサント社のアメカジブランド、「Penguin by Munsingwear」が一押しです。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEAT

このスウェットは「​​Los Angeles Apparel G.M SWEAT」。一見するとごく普通のクルーネックですが、これが驚くほどきれいなシルエットで、着てみて分かる心地良さ。

ダボッとした腕まわりが絶妙

ルーズになりすぎないリラックス感が、とにかく「ほど良い」のです。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEATを取り入れたメンズコーデ

色合いも気に入っています。おすすめはどんなパンツにも合わせやすいブラウン。ダボッとした腕まわりを袖のリブがしっかりとまとめています。ここのデザインがかなり絶妙。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEATを取り入れたメンズコーデ

同系色のパンツにもよく合います。ウェストまわりのゆったり感が今っぽいです。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEATを取り入れたメンズコーデ

ゴルフウェアがルーツだからこそのトラッド感

Penguin by Munsingwearはもともとゴルフウェアの「マンシングウェア」がルーツなだけあって、トレンドをしっかり取り入れたトラッドデザインが特徴。いい大人が着てもハマる感じがありますよね。

素材はやや厚めのコットン。しっかりした生地なので形が崩れにくいです。そして最も気に入っているポイントがこちら。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEAT裾のポイント

裾に入ったペンギンの刺繍。このさり気なさと、カラーで細かく描かれたペンギンがとにかくかわいい。これを見ただけで丁寧に作られていることが分かります。

ベーシックなアイテムなのでいろんな着こなしを楽しめる

ところで、がらっと雰囲気を変えるなら、トレンチコートもおすすめ。さっと羽織るだけで印象が違います。手持ちのビジネスカジュアルにも合わせられる優秀なスウェットなんです。

ペンギン バイ マンシングウェアのLos Angeles Apparel G.M SWEATとコートを合わせたメンズコーデ

「休日は良い感じのスウェットで過ごしたいけど、何を買えば良いのか分からない」なんて思っている人に、便利な1着のご紹介でした。パンツもアウターも選ばないスウェットを選ぶなら「Penguin by Munsingwear」で決まりじゃないでしょうか。

お値段は16,500円(税込)。カラーは今回着用したブラウンのほかに、ブルーとホワイトの3色展開です。

上品に着られるカジュアルウェアがほしい人にドンピシャのアイテムだと思います!

撮影・スタイリング・文/鳴海淳義

 

\シーンを選ばない便利な1着!/

関連記事
「タックイン」で印象が変わる!メンズコーデへの取り入れ方

アメカジのおしゃれな着こなしを紹介する本連載。前回は大人のアメカジスタイルをご紹介しましたが、今回のテーマはアメカジに取り入れたい旬な着こなしである「タックイン」。ただ裾を入れれば良いのか?アイテムの選び方は?失敗しない「タックイン」の取[…]

プレーティング ボーダーポロシャツを使ったコーディネート

関連記事
アメカジ愛用者が30代メンズに伝える、おしゃれに着こなすコツとおすすめコーデ集

時代を超えた普遍的スタイルの一つであるアメカジ。老若男女に愛されるこのアメカジを30代男性が今おしゃれに着こなすには?上品すぎず、カジュアルすぎない大人のメンズアメカジスタイルをペンギン バイ マンシングウェアのマーチャンダイザーである小[…]

アメカジ愛用者が30代メンズに伝える、おしゃれに着こなすコツとオススメコーデ集
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.(ウルマグ)とは?

ULLR MAG.(ウルマグ)は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。