デサントのサステナビリティ(持続可能性)を考慮した取り組み「RE: DESCENTE」が始動。持続可能なモノ創りに挑戦。

  • 2020/06/19 (金)
  • 2022/07/21 (木)

デサントジャパン株式会社は「持続可能なモノ創りへの挑戦」として、『デサント』ブランドにおいてサステナビリティを考慮した取り組み「RE: DESCENTE (リ:デサント)」を開始。

自然由来の素材を最大限に利用した製品「RE: DESCENTE SEED(リ:デサント シード)」と、使用後製品の回収によるリサイクル活動を行い新たなアパレル製品として生まれ変わらせる「RE: DESCENTE BIRTH(リ:デサント バース)」の2つの商品カテゴリーを軸に展開。この取り組みを通して、人々がスポーツを続けられる世の中づくりへの貢献を目指します。

RE: DESCENTE (リ:デサント)とは

デサント・RE: DESCENTE (リ:デサント)

RE:DESCENTEはスポーツウェアメーカーデサントが取り組む3R(※)の観点から、サステナビリティを考慮した環境保全に関する取り組みです。
3Rは環境保全やサステナビリティ推進に不可欠な要素と捉え、Reduce(削減する)の観点として「RE: DESCENTE SEED(リ:デサント シード)」、Recycle(繰り返し使用する)の観点から「RE: DESCENTE BIRTH(リ:デサント バース)」の2つの商品カテゴリーが柱となっています。

デサントは、「RE:DESCENTE」をアパレル製品の編み手法のひとつでもあるリンキング(Linking)のように製品ひとつひとつを現在(いま)から未来へつなぐ取り組みと考えています。そして、未来をつくる子供たちのために、地球環境への負荷が少ないサーキュラーエコノミー(循環型経済)の実現を目指します。

※3R:Reduce、Reuse、Recycleの3つのRの総称。Reduceは製品を作る時に使う資源の量を少なくすることや廃棄物の発生を少なくすること。Recycleは廃棄物などを原材料やエネルギー源として有効利用すること。(リデュース・リユース・リサイクル推進協議会HPより)

RE: DESCENTE商品の購入方法

「RE: DESCENTE」の商品は、日本の『デサント』ブランド直営店に加え、韓国および中国でも順次発売される予定です。
アジアを中心に、グローバルに展開するハウスブランドの『デサント』ブランドが、環境配慮と高機能要素を組み合わせた商品展開および環境保全活動に取り組むことで、「持続可能なモノ創りへの挑戦」を目指します。

RE: DESCENTE SEED(リ:デサント シード)

デサント・リ:デサントシード

RE: DESCENTE SEED (リ:デサントシード)シリーズは、環境配慮と快適性の両立を表現するシリーズです。

製品には自然由来の機能素材を主素材として使用。自然に分解される「生分解性」をキーワードに、素材だけでなくボタンや衣服用接着剤などの副資材も生分解性があるものにこだわっています。

素材として使用されている「KAMITO+」は天然繊維である和紙が主原料。さらに、和紙は針葉樹の間伐材及び農薬使用の少ないマニラ麻を主原料としています。

デサント・リ:デサントシード・シャツ

そして、製造工程においても環境負担の少ない素材で、和紙特有の風合いや着用時の快適性も大きな特徴のため、ナチュラルで優しい色合いと気持ち良い肌ざわりが魅力です。
和紙素材には、自然由来の高い消臭性があるため汗のにおいを抑えることができ、スポーツウェアとしても適しています。

生分解性を持つ素材のみで作られた製品は、使用後には焼却処分することなく自然に返すことで、焼却時に発生する温室効果ガスの削減に繋げます。

RE: DESCENTE BIRTH(リ:デサント バース)

デサント・リ:デサントバース

RE: DESCENTE BIRTH (リ:デサントバース)シリーズは、”服から服へ”という新しい生産システムづくりを目指すシリーズです。

回収した衣料のリサイクルにより作られた「再生ポリエステル」を商品に使用することで、新たな化学繊維の使用を抑えることに繋がります。

生産過程で発生する裁断くずや残反、使用済みの衣料品を原料にした糸「RENU」素材を使用し、本来廃棄される衣料品や生地を新しい衣料品として生まれ変わらせます。

デサント・リ:デサントバース・シャツ

RENUは、これまで廃棄されてきた衣料品の有効活用によってサーキュラーエコノミーの実現を目指し、石油をはじめとする化石資源、水、エネルギーの使用量削減、及びCO₂の排出量削減に貢献しているブランドです。中国のパートナー工場では、年間約3万トンの本来廃棄される衣料品・生地を回収し、リサイクルでポリエステル糸を作りだし、新しい衣料品が作り出されています。

また2020年6月から、Descente Blanc(デサントブラン)の全店舗では回収箱が設置され、デサントが取り扱うすべてのブランド商品の回収が行われています。回収された製品は、原料化リサイクルおよび再生エネルギーへの円滑な転用を行うため、デサント社製のアパレル製品へと生まれ変わります。

関連記事
「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材

SDGsやサステナブルなど、環境への意識が高まるなか、「アップサイクル」で作られた衣服への注目度が増しています。アップサイクルで作られた衣服は、環境に配慮した商品であるだけでなく、個性的なデザインが生まれやすいのも特徴。「環境」と「おしゃ[…]

「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材

関連記事
サステナブルブランド「BRING」の古着再生プロジェクトメンバーに聞く、エシカルなものづくりへの取り組みとは

デサントも参加し、エシカルでサステナブルな取り組みとして業界を超えて注目を集める日本環境設計株式会社のサステナブルブランド「BRING™」。その革新を起こし続けている現場、北九州響灘工場でBRING担当者の高杉さん(写真:左)、工場長の濵[…]

サステナブルブランド「BRING」の古着再生プロジェクトメンバーに聞く、エシカルなものづくりへの取り組みとは

関連記事
和紙糸「KAMITO+」を起用したサステナブルな取り組み。RE: DESCENTEとKAMITOのデザイナーが考える「自然由来の製品づくり」とは

サステナビリティを考慮した環境保全への取り組みである「RE: DESCENTE」の中でも、自然由来の素材である「KAMITO+」を使用した「RE: DESCENTE SEED」シリーズ。今回対談するのは、『デサント』ブランドのデザイナー[…]

RE: DESCENTEのデザイナー曽我部恵美子氏と「KAMITO」のデザイナー浅野貴兄氏

関連記事
サステナブルなゴルフウェアが登場!デサントゴルフの「Re BirEarth」を紹介

2020年に立ち上がった「RE: DESCENTE」をはじめ、地球環境の負荷を減らすサステナブルに取り組む『デサント』ブランド。2021年に入り自然への配慮、エコに対する意識がより高まるなか、デサントゴルフはこの春夏「Re BirEarth[…]

サステナブルなゴルフウェアが登場!デサントゴルフの「Re BirEarth」を紹介
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.(ウルマグ)とは?

ULLR MAG.(ウルマグ)は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。