ポロシャツは素材や生地に注目して選ぼう!おすすめのブランド・コーディネート例も紹介

ポロシャツは素材や生地に注目して選ぼう!おすすめのブランド・コーディネート例も紹介

ワイシャツよりもラフでありながらも、きちんと感のあるポロシャツは、おしゃれでマルチに活用できるファッションアイテムです。着こなしの幅を広げることができるだけではなく、快適な着心地に魅了される人も少なくありません。

この記事では、そんなポロシャツの選び方やおすすめのブランド、コーディネート例を紹介します。ポロシャツをおしゃれに取り入れたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ポロシャツはスポーツ競技で着用されていたアイテム

ポロシャツはスポーツ競技で着用されていたアイテム

今でこそポロシャツは日常的なファッションアイテムとして着用している人が多いですが、そもそもポロシャツはスポーツ競技で着用されていたアイテムです。

そこでまずは、ポロシャツの歴史やポロシャツとワイシャツの違いなど、ポロシャツとは何かについて理解を深めていきましょう。

ポロシャツの歴史

ポロシャツの歴史は深く、1927年にあるテニスプレイヤーが着用したユニフォームから始まったと言われています。

当時のテニスプレイヤーは、決して動きやすいとは言えないワイシャツのような襟のある長袖シャツでプレーしていました。そこで、そのテニスプレイヤーは「ポロ」という競技で選手が着用していた吸水性とストレッチ性に優れたジャージ素材の丸首シャツに注目しました。

ポロのウェアをそのままテニスで着るのではなく、紳士のスポーツであるテニスウェアとしてふさわしくなるようにと襟を付け、現在のポロシャツを作ることにしたのです。

テニス選手だけではなく、ポロ選手もそのシャツを着るようになったことから、現在の「ポロシャツ」という名前になったと言われています。

ポロシャツとワイシャツとの違い

ポロシャツとは、襟が付いた半袖で、2~3個のボタンで留めるプルオーバーのシャツを指します。

また、ポロシャツの素材は綿(コットン)やポリエステル、リネン、混紡素材などが使われたニット生地が多く、伸縮性に優れ着心地が良いという特徴があります。

ポロシャツとワイシャツとの違いは、着方にあります。ポロシャツは被って着るタイプのシャツですが、ワイシャツは、前開きで羽織るように着てから前ボタンを留めるタイプのシャツです。

また、ポロシャツは襟付きできちんと感がありながらも、元々はスポーツ競技で用いられてきたことから、カジュアルシーンで多く着用されます。

対して、ワイシャツはスーツの下に着る襟付きのシャツとなるため、ビジネスシーンにおいて基本の服装として用いられます。

ポロシャツに使われる素材や生地の特徴

ポロシャツに使われる素材や生地の特徴

ポロシャツは使用している素材や生地によって、機能性や肌触り、着心地に差が出てきます。そのため、ポロシャツに使われる素材や生地の特徴を知っておくことで、自分の用途に応じたポロシャツ選びができるでしょう。

ここからは、ポロシャツに使われる素材や生地の特徴について紹介します。

ポロシャツに使われる素材

ポロシャツに使われる素材は、主に綿(コットン)・ポリエステル・リネン・混紡素材です。まずは、それぞれの素材の特徴を理解していきましょう。

綿(コットン)

綿(コットン)は吸水性・吸湿性に優れた素材で、汗や水に多少濡れても快適な着心地を保つことができるという特徴があります。また、綿(コットン)は肌触りが良いので幅広くポロシャツに使われている素材です。

素材の質感が良いため、どんなコーディネートにも馴染みやすいでしょう。ただし、綿(コットン)は吸水性に優れているため繊維が縮みやすく、シワになりやすい傾向にあります。

ポリエステル

ポリエステルは強度の高い弾力性のある素材で、形状保持性が高く、洗濯をしてもシワになりにくいという特徴があります。また、吸湿性や吸水性が低いことから汗や水を吸わず、乾きやすいため、さらっとした着心地を保つことができ、綿(コットン)に比べるとカビや湿気にも強い繊維です。

ただし、ポリエステルは静電気を発生しやすいので、肌への負担がほかの素材に比べると大きくなります。

リネン

リネンの繊維は中の空洞に空気が含まれるため、冬は衣服内の温まった空気によって暖かみを感じることができ、夏は通気性と保湿性をバランス良く保つことができる優れた素材です。

リネンは汗をかいても柔らかな肌触りなのが特徴です。また、リネンは濡れると強さが増すため耐久性に優れているという特徴があります。

ほかにも、リネンは自然な風合いが特徴的で、衣服に用いるとナチュラルな印象になります。

混紡素材

混紡素材とは、種類の異なる繊維を組み合わせて、それぞれの繊維のメリットを取り入れた機能性の高い素材です。

主にポロシャツでは、ポリエステルと綿(コットン)を組み合わせた混紡素材が多く、吸湿性・通気性・吸汗速乾性といった機能を兼ね備えたものもあります。

また、綿(コットン)の柔らかい肌触りを残しながら、ポリエステルの強度を持つため、綿(コットン)100%に比べるとシワになりにくい傾向にあります。

ポロシャツに使われる生地

ポロシャツに使われる生地には、天竺生地や鹿の子生地、交編鹿の子生地などがあります。続いては、それぞれの生地の特徴を見ていきましょう。

天竺

天竺生地とは、メリヤス編みと呼ばれるニット生地の編み方の1種で、横への伸縮力が高く、軽いという特徴があります。

天竺は、Tシャツやシーツなどの素材にもよく用いられます。ただし、天竺生地は縦への伸縮力が低いのも特徴です。

鹿の子

鹿の子は、ポロシャツに最も多く使われる生地で、平織りにタック織りを組み込み、表面に凹凸の編み目柄があるのが特徴です。鹿の子生地は通気性に優れており、横方向への引っ張りに強くなっています。

また、鹿の子の裏側にポリエステルを使用した生地をポリエステル交編鹿の子と呼び、汗を拡散し、さらっとした快適な着心地が特徴です。

ポロシャツの選び方

ポロシャツの選び方

続いては、ポロシャツを選ぶときにチェックしておきたい点を紹介します。

チェックしたい機能性

半袖ポロシャツは特に夏場に着ることが多いため、汗をかいた際の機能性にも注目しておく必要があります。

通気性

ポロシャツを選ぶときは、通気性をチェックしましょう。通気性の良いポロシャツは衣服の内部に発生する熱や湿気を外に逃がしやすいため、夏場でも涼しくポロシャツを着ることができます。

吸汗速乾性

ポロシャツを選ぶときは、吸汗速乾性にも注目しましょう。吸汗速乾性の高いポロシャツは、汗をかいても乾きやすく、さらっとした肌触りが持続しやすいです。

汗で肌に衣服がまとわり付く不快感を軽減することができるので、ポロシャツを着るのが楽しくなるでしょう。

伸縮性

ポロシャツは伸縮性に優れているかどうかも、チェックして選ぶことをおすすめします。

ポロシャツはジャケットやパーカーといった羽織りの下に重ね着をする機会も多いため、重ね着をしても動きの邪魔をしないためには、伸縮性に優れたポロシャツを選ぶと良いでしょう。

また、伸縮性のあるポロシャツは普段使いだけではなく、ちょっとした運動にも利用できて便利でしょう。

デザイン性も大事

選ぶポロシャツによってはシャツの主張が激しく、ほかのアイテムと合わせにくいということもあるため、機能性はもちろんデザイン性にも注目して選ぶと良いでしょう。

色や柄

ポロシャツを選ぶときは、色や柄を考慮してみましょう。

例えば、ホワイトやグレー、ブラックやネイビーといった定番のベーシックカラーはどんなアイテムにも馴染み、カジュアルすぎないシックな印象のコーディネートにも取り入れることができます。

また、春夏にはブルーやグリーンなどの寒色系を取り入れると爽やかな印象に、秋冬はブラウンやボルドーなどの暖色系を取り入れて暖かい印象になど、季節に合った色を選ぶのもおすすめです。

そして、ポロシャツはシンプルに着こなせる無地やワンポイントのもの、柄のある1枚で着られるものをバランス良く選ぶことが大切です。

例えば、無地のポロシャツはオン・オフ問わずに使えるのに対し、柄ものポロシャツはポロシャツ自体を主役としてコーディネートするため、カジュアルな印象が強くなります。

自分がポロシャツを着る場面に応じて、色や柄を選ぶようにしましょう。

シルエット

ポロシャツを選ぶときは、シルエットも重視してみましょう。

例えば、スリムなポロシャツであればきれいめコーデに用いることができますが、オーバーサイズはラフな印象になるため、オフィスカジュアルには不向きです。

対して、オーバーサイズのポロシャツであればタイトなパンツと合わせることで、こなれ感のあるおしゃれコーデが作れます。

基本的にポロシャツを選ぶときは、生地が左右に引っ張られず、肩のラインが落ちてこないジャストサイズのシルエットのものを選んでおくと無難でしょう。

ポロシャツ選びにおすすめのブランド

ポロシャツ選びにおすすめのブランド

ポロシャツはアパレルブランドからアウトドアブランド、スポーツブランドまでさまざまなブランドから販売されています。

スポーツブランドのポロシャツには、機能性に優れていることはもちろん、シンプルなデザインやおしゃれなワンポイント刺繍入りのものなど普段使いしやすいものが増えています。

ここからは、さまざまなシーンで活躍するポロシャツが展開されているおすすめのブランドを紹介します。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントは、機能性の高いスポーツウェアの開発・販売によって多くのプロスポーツ選手からの高い支持を得ている日本のスポーツブランドです。

デサントのポロシャツは、吸汗速乾性や抗菌防臭性、UVカット機能などが備わっているものが多く、さらにワンポイントロゴの入ったシンプルで普段使いしやすいポロシャツも販売されているため、きれいめコーデにも取り入れることができるでしょう。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

ルコックスポルティフ ロゴ

ルコックスポルティフはフランス発祥のスポーツブランドで、トリコロールカラーをはじめとする華やかな色を使ったデザイン性の高いアイテムが幅広く展開されています。

ルコックスポルティフのポロシャツは、吸汗速乾性やUVカット機能に優れたサンスクリーン素材など、高い機能性を持ちながらも斬新なデザインのものが多く販売されているため、ポロシャツを主役として着こなしたいという場合におすすめです。

umbro(アンブロ)

アンブロ ロゴ

アンブロは、サッカーウェアなどのスポーツ用品を中心に展開する人気サッカーブランドですが、ポロシャツなどのタウンユースできるアイテムにも力を入れています。

アンブロのポロシャツは着心地の良さはもちろん、色落ちや洗濯時の耐久性にも優れているため、日常的にポロシャツを着こなしたい人におすすめです。

また、アンブロのポロシャツは胸元にワンポイントロゴのあるシンプルなデザインが多いので、どんなコーディネートにも取り入れやすいでしょう。

Munsingwear(マンシングウェア)

マンシングウェア ロゴ

マンシングウェアは、ポロシャツが人気のゴルフウェアブランドです。

マンシングウェアのポロシャツはストレッチ性や吸汗速乾性、UVカット機能などに優れており、衣服内の温度上昇を抑えるクーリング効果が期待できるものもあります。

また、古くからポロシャツを販売してきたことから、ポロシャツのデザインにもこだわりを見せており、胸元のワンポイントロゴだけではなく、襟にも刺繍が施されるなど、さりげないおしゃれ感のあるポロシャツを選ぶことができます。

関連記事
ポロシャツを選ぶなら人気スポーツブランドをチェックしよう!選び方やブランドの特徴とは

ポロシャツは、スポーツやアウトドア、タウンユースなどさまざまなシーンで活躍するアイテムです。着心地が良くおしゃれなポロシャツは、スポーツブランドのものがおすすめです。この記事では、スポーツブランドのポロシャツを着るメリットや選び方のポイン[…]

ポロシャツを選ぶなら人気スポーツブランドをチェックしよう!選び方やブランドの特徴とは

ポロシャツを使ったコーディネート例

ポロシャツを使ったコーディネート例

続いては、男女別にポロシャツを使ったコーディネート例を紹介します。ぜひこの機会に、ポロシャツコーデを楽しんでみましょう。

メンズにおすすめのポロシャツコーデ

メンズにおすすめのポロシャツコーデとしては、スラックスとポロシャツの組み合わせが挙げられます。ポロシャツの上品さを活かして着こなすことができるので、ジャケットにも合うでしょう。

例えば、少しルーズなカーキのスラックスにタイトなブラックのポロシャツを合わせることで、リラックスした雰囲気のある落ち着いたコーディネートに仕上げることができます。足元は白スニーカーを履いて、爽やかさをプラスするのもおすすめです。

また、暑い夏にはポロシャツと落ち着いた色合いのショートパンツでコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

例えば、ブラックのポロシャツにネイビーのショートパンツを合わせることで、カジュアルな印象のショートパンツも、落ち着いた品のあるコーディネートにすることができます。

レディースにおすすめのポロシャツコーデ

レディースのポロシャツを普段使いするなら、ややオーバーサイズのポロシャツにブラックのスキニーパンツを合わせるシンプルコーデがおすすめです。オーバーサイズのポロシャツを選ぶことでこなれ感が出るため、今どきなおしゃれコーデになります。

カジュアルになりすぎるコーディネートが苦手であれば、ポロシャツ自体もブラックで統一すると、シックな着こなしにすることができるでしょう。

また、レディースはパンツだけではなく、スカートとポロシャツを合わせたコーディネートもかわいらしい印象になるためおすすめです。

例えば、ブラウンやグレーといった落ち着いたカラーのポロシャツは、ホワイトのロングレーススカートにインして着ると、フェミニンな印象のコーディネートにすることができます。

ほかにも、グリーンやイエローといった派手めのポロシャツは、レトロなチェックのスカートと合わせると上品な印象のコーディネートになるでしょう。

関連記事
ポロシャツを使ったコーディネート特集!合わせるボトムスや重ね着のコツ

ラフすぎず、きっちりしすぎないコーディネートができるポロシャツは、さまざまなシーンで取り入れることができるアイテムです。この記事では、ポロシャツを使ったコーディネートについて、合わせるボトムスや重ね着のコツなどを紹介します。[…]

ポロシャツを使ったコーディネート特集!合わせるボトムスや重ね着のコツ

ポロシャツに関するおすすめ記事


ポロシャツに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
家族で「かわいい」をシェアできるSHIPS anyの別注ポロシャツ

“どんな人にも、どんな場所にも、どんな時にも 似合う服” をコンセプトに掲げるレーベル「SHIPS any」。2020年のスタートを機に制作した「Munsingwear」の別注ポロシャツは、大人から子どもまで着用できるサイズレンジが話題に[…]

家族で「かわいい」をシェアできる、SHIPS anyの別注ポロシャツ
関連記事
【GetNaviの語らせて!】マンシングウェア「Made in U.S.A. 復刻スタンダードポロシャツ」購入は大人の賢い選択

Tシャツに近い着やすさと清涼感から、これからの季節ついつい手が伸びてしまうアイテムがポロシャツ。クールビズが定着したオフィスや、テレワーク中のWeb会議でも失礼のない服装でありながら、オフでもリラックスできる1着として大活躍してくれます。[…]

【GetNaviの語らせて!】マンシングウェア「Made in U.S.A. 復刻スタンダードポロシャツ」購入は大人の賢い選択
関連記事
【ファッションスナップ】スポーツコーデのシミラールック10選

ウェアの系統や色、柄、素材感などをほど良く合わせ、2人の雰囲気に自然な統一感を出す「シミラールック」。この記事では、スポーツテイストのシミラールックを、3段階の「シミラー度」に分けてご提案します。お友だちやパートナーと試してみて![…]

【ファッションスナップ】スポーツコーデのシミラールック10選
関連記事
【大人の夏トップス決定版】ビジネスからキャンプまで対応!カラー別ポロシャツの着こなし術

夏の休日、大人のトップス選びは悩ましいところ。Tシャツ1枚では心許ないし、シャツを着るにはちょっと堅苦しい…。そこでおすすめなのが、Tシャツとシャツの中間とも言えるポロシャツです。マンシングウェアのポロシャツなら、カラーバリエーションが豊[…]

【大人の夏トップス決定版】ビジネスからキャンプまで対応!カラー別ポロシャツの着こなし術
関連記事
今こそ、こんなアイテムが必要だった!「マンシングウェア×ビームス プラス」コラボレーションポロシャツ誕生秘話

1955年に世界初のゴルフウェアブランドとして誕生したマンシングウェア。ブランドの矜恃が詰まった“MADE IN USA”ポロシャツに、今年もまたビームス プラス別注デザインが登場しました。 アメリカンカルチャーが花開いた60〜80年代に[…]

今こそ、こんなアイテムが必要だった!「ビームス プラス×マンシングウェア」コラボレーションポロシャツ誕生秘話

ポロシャツは素材や生地、機能性にもこだわって選ぼう!

ポロシャツは素材や生地、機能性にもこだわって選ぼう!

ポロシャツは素材や生地、機能性によって、肌触りの良さやコーディネートの印象が異なります。今回紹介したブランドやコーディネート例を参考に、自分に合ったポロシャツをぜひ探してみてください。

メンズポロシャツについて詳しくはこちら

レディースポロシャツについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人

POLO SHIRT

ポロシャツ
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。