夏におすすめのランニングウェアは?注目したい機能性やコーディネート方法について

  • 2021/07/29 (木)
  • 2022/03/16 (水)

夏にランニングする際に、ついいつもと同じような格好になってしまう、シンプルすぎるコーディネートになってしまうという人もいるのではないでしょうか。

しかし、きちんと基本を押さえてアイテムを選び、コーディネートのコツを掴めれば暑い季節でもおしゃれを楽しめます。

この記事では、夏におすすめのランニングウェアの選び方やコーディネートのコツを紹介します。

夏におすすめのランニングウェアは?

夏におすすめのランニングウェアは?

まず、夏にはどんなランニングウェアを選ぶと良いかを紹介します。夏は、汗による不快感を軽減できるものや紫外線対策ができるものがおすすめです。

吸汗速乾性のあるもの

吸汗速乾性が高いランニングウェアは、汗を吸い取り乾かしてくれるため、汗をかいてもさらっとした着心地が続きやすいです。

ファッションアイテムとして販売されている一般的なウェアでは、汗が乾きにくく、体に張り付いて不快に感じる場合もあります。また、汗で濡れたウェアを着たままでいると、汗冷えによる体調不良の原因にもなります。

通気性のあるもの

通気性が良いランニングウェアは風を通しやすいので、暑い季節でも比較的涼しく過ごしやすいです。トップスだけでなく、ボトムスやインナー、ソックス、シューズ、帽子なども通気性のあるものをそろえておきましょう。

UVカット機能のあるもの

紫外線が気になる人は、UVカット機能付きのランニングウェアを選びましょう。長袖シャツやロングパンツを着たくない場合にはアームカバーやタイツを着用するのがおすすめです。

また、帽子やサングラスを取り入れて、頭や顔、目の紫外線対策も忘れずにしましょう。

汗ジミが目立ちにくいもの

白などの爽やかなカラーは汗ジミが目立ちにくいのでおすすめです。

反対に、グレーや濃い色のアイテムは汗ジミが出やすいため、汗を吸い取ってくれるパッドや吸汗速乾性の高いインナーを取り入れると良いでしょう。

夏におすすめのランニングウェアコーデ

夏におすすめのランニングウェアコーデ

続いては、夏におすすめのランニングウェアコーデを紹介します。

ショートパンツとタイツを重ね着する

ショートパンツは夏のランニングを快適にしてくれるアイテムですが、「脚を露出したくない」「紫外線が気になる」という人はタイツとの組み合わせがおすすめです。

UVカット機能がある素材や通気性の良い素材を選ぶと、紫外線対策と暑さ対策に役立ちます。

明るいカラーのものやロゴが入ったものなど、おしゃれなタイツも展開されているので、コーディネートのアクセントとしてもおすすめです。

帽子とサングラスを取り入れる

Tシャツとショートパンツなどの定番コーデに、帽子とサングラスを取り入れるだけでも印象を変えることができます。

帽子のデザインやカラーを引き立たせるためにランニングウェアの配色を控えめにする、ランニングウェアのカラーと帽子のデザインで統一感を出すなどの組み合わせ方があります。

サングラスは、走っていても目元にフィットするスポーツ用のものを選びましょう。

シンプルコーデに差し色をプラスする

シンプルなコーディネートには差し色を足すのがおすすめです。

Tシャツのロゴやパンツのライン、ソックス・バッグ・帽子などの小物に明るい色を入れることで、印象の違うコーディネートをすることができます。いつもと同じランニングウェアでも、手持ちのアイテムとの組み合わせ次第で夏のおしゃれを楽しめるでしょう。

長袖パーカーやアウターを取り入れる

紫外線対策や肌寒い時間帯にウォーミングアップをする際などに体を冷やさないため、夏でも上着を活用すると良いでしょう。UVカット機能付きで、薄手のメッシュ素材のものであれば、暑い季節でも取り入れやすいです。

また、着用しないときは、腰に巻くことでコーディネート全体の雰囲気を変えられます。

夏にランニングする際の注意点

夏にランニングする際の注意点

ここからは、夏に適したウェアを選ぶこと以外に、夏のランニングで注意しておきたい点を紹介します。

暑さ対策をする

まずは暑さ対策です。暑さは体力を奪いやすく、体調を崩すリスクも高くなります。そのため、以下のような方法で暑さ対策をしましょう。

早朝など涼しい時間帯に走る

日中は日差しが強いため、朝方や日が落ちた夕方以降など、涼しい時間帯に走るのがおすすめです。

夜間に走る場合は周囲に気を付けて、必要であれば小型のライトや再帰反射素材のウェアやアイテムを持っておくようにしましょう。

日陰が多いコースを走る

紫外線に当たると体力が消耗しやすいです。すぐに疲れてしまわないためにも、木の多い公園やビルの立ち並ぶオフィス街など日陰の多いコースを探しましょう。

水分補給をする

夏のランニングにはこまめな水分補給は欠かせません。水だけでなく塩分も補給しましょう。最近では、ランニング中の携帯に適した軽量で小型のボトルなども販売されています。

また、ランニング中だけでなく、ランニング前の水分補給も大切です。しっかり体を潤してから走るようにしましょう。

無理をしない

夏のランニングは、ほかの季節と同じ時間・距離を走ろうと意気込みすぎず、無理をしないことが大切です。ペース配分、走る距離などは気温や体調を考慮して決めましょう。

紫外線対策をする

紫外線は体調不良につながる場合もあるので、美容を気にする人だけでなくすべての人が紫外線対策をする必要があります。

日焼け止めに加え、UVカット機能のあるウェアや帽子、サングラスなど紫外線対策のできるアイテムも取り入れましょう。

屋内でランニングする

夏は気温が高い日や日差しが強いときが多いため、ジムのランニングマシンなどを利用して屋内でランニングするのもおすすめです。

屋内であれば、空調が効いていて快適、体調に異変を感じてもすぐに休憩できる、などさまざまなメリットがあります。

ランニングに関するおすすめ記事


ランニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
【ランニングシューズおすすめの選び方!】マラソンや長距離でも疲れにくく長く走れるシューズ選びのポイントは?

ランニングブームのなかで、フルマラソンをはじめ、より長い距離を走りたいというランナーも増えています。そこで重要になるのが、ランニングシューズの選び方。ずっと走っても疲れにくく、長く快適に走り続けるには、長距離向きのシューズ選びがポイントに[…]

【ランニングシューズおすすめの選び方!】マラソンや長距離でも疲れにくく長く走れるシューズ選びのポイントは?
関連記事
ランニングにケガはつきもの?足の裏・かかと・膝の痛みやシンスプリントの原因と予防法

「最近、なんだか足が痛い」。ランニングが楽しくなってきた頃、そんな痛みにドキッとする方は多いかもしれません。ランニングは着地と蹴り出しを何万回も繰り返す特殊なスポーツ。そのため、ケガや痛みの原因のほとんどが「使いすぎ症候群」です。オーバー[…]

ランニングにケガはつきもの?足の裏・かかと・膝の痛みやシンスプリントの原因と予防法
関連記事
長距離やマラソンを疲れにくく効率的に走る「ランニングエコノミー」とは?押さえるべきコツや走り方を紹介

フルマラソンなどの長い距離を走るためには、身体に負担が少なく、長距離に適した効率の良い走り方、方法を意識する必要があります。フルマラソン完走にチャレンジしたい方やタイムを縮めたい方、長い距離を走りたい方が念頭に置いておくべきことやコツを、[…]

長距離やマラソンを疲れにくく効率的に走る「ランニングエコノミー」とは?押さえるべきコツや走り方を紹介
関連記事
春夏におすすめの“進化形”ランニングウェア?特殊なデザインでウェア内を換気し、ランナーの涼しさを生む

突然ですが、夏場に暑さを感じたとき、Tシャツの生地をつまんでパタパタとあおぐと涼しさを感じるはず。きっと、誰もがやったことのある行為ではないでしょうか。これは、Tシャツの中にたまった暑い空気を換気することで涼しさを感じていると言えます。[…]

春夏におすすめの“進化形”ランニングウェア?特殊なデザインでウェア内を換気し、ランナーの涼しさを生む
関連記事
トレイルランニング始めの一歩!まずは公園や河川敷でのんびりランニング

山野を駆け抜けるトレイルランニング。近年のランニングブームに合わせて人気が高まっていましたが、密を避けられる、レースに出場しなくても十分に楽しめる、最近楽しむ人が増えているキャンプとも相性が良い、といった理由から、さらに注目度が増していま[…]

トレイルランニング始めの一歩!まずは公園や河川敷でのんびりランニング

夏のランニングには機能性の高いウェアがおすすめ!

夏のランニングには機能性の高いウェアがおすすめ!

今回は、夏のランニングウェアについて解説しました。夏は特に機能性に注目しながらウェアを選ぶことが重要です。

暑さ対策や紫外線対策にも気を付けつつ、夏らしいおしゃれなコーディネートを楽しみましょう。

ランニングウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。