雨天対策ができるゴルフウェア&グッズは?梅雨のゴルフを楽しもう!

  • 2020/07/29 (水)
  • 2022/03/08 (火)

ゴルフは雨でもプレーすることが多いスポーツです。
しかし、雨の日にゴルフをすると、ボールが飛ばない、グリップが滑る、視界が悪いなどプレーしづらいですよね。
雨でも気持ちを切り替えて快適にプレーするために、雨天時のゴルフの注意点やおすすめのゴルフウェアとグッズを紹介します。

ゴルフウェアやグッズでしっかりと雨天対策をして、梅雨のゴルフを楽しみましょう。

ゴルフで雨天対策は必要?

楽しみにしていたプレー予定日が雨の予報だとがっかりしますよね。しかし、ゴルフは雨天でも中止にしないことが多いスポーツです。ゴルフは自然との闘いと言われることもあり、どんな状況にも適応してプレーすることがゴルフの醍醐味でもあります。

雨だから中止になることは少ないため、しっかりと雨天対策をしてプレーする必要があります。
特に梅雨の時期にゴルフをする場合は、1日中雨という日や突然雨が降ることも多いです。プレー中にウェアや体が濡れると思うようにプレーできないため、雨天対策をしっかり行い、快適にプレーできるようにしましょう。

雨天時のゴルフの注意点


雨の日だからこそ気をつけたいゴルフ場のマナーもあります。まずは雨天時のゴルフの注意点について、みていきましょう。

靴下やグローブなど替えを持って行く

雨天対策を行っても、やはり靴下やウェアなどは雨で濡れてしまうことが多いです。
雨の日にゴルフをするときは、ハーフ終了時とラウンド終了時に着替えられるようにウェアや靴下、下着などの着替えを持っていきましょう。

グローブが濡れるとプレーに支障が出るため、グローブの替えもあると良いですね。さらに、グリップやボールを拭くタオルも複数枚持って行くと雨でも快適にプレーできますよ。靴が濡れた状態でプレーしたくない人は、靴の替えも持って行くことをおすすめします。

薄手で通気性が良いウェアを着る

雨天でのプレーは雨で濡れるのを防ぐために、レインウェアを着ることが多いです。

しかし、暑い時期や梅雨の時期にレインウェアを着てプレーすると、ウェア内が蒸れて汗でびしょ濡れになることもあります。そのため、梅雨の時期はレインウェアを着ても蒸れにくいように、ゴルフウェアは通気性の良いウェアを選ぶと良いでしょう。

グリップとグローブを濡らさない

雨天時のゴルフではグローブやグリップが濡れると滑りやすくなり、クラブが手からすり抜けて飛んでいったり、ダフったり、スイングが安定せずに、プレーに影響を与えたりすることも。
そのため、雨天時のゴルフではグリップとグローブはできる限り濡らさないことが大切です。

グローブは全天候対応や雨に強い防水タイプを選び、濡れたときでもすぐに替えられるように何枚か持っていきましょう。
グリップが濡れないように、複数本クラブを持ち歩くときにはゴルフ用の傘を広げた状態で地面に置き、骨組み部分にタオルとクラブを立てかけておくのがおすすめです。

こうすることでグリップが濡れず、濡れたとしてもタオルですぐに拭くことができます。
グリップはなるべく濡らさないようにして、濡れた場合でもタオルでこまめに拭いてくださいね。

レインウェアはラウンド中のみ着用する

ゴルフは紳士淑女のスポーツとも呼ばれていて、プレーや服装に関するマナーもたくさんあります。雨天時のゴルフで注意したいのがレインウェアの着用マナーです。
基本的にレインウェアの着用はラウンド中だけにし、ラウンジやレストランなどの施設内ではレインウェアを着て入場しないようにしましょう。

雨天対策に役立つグッズ


雨天対策をしっかりすれば、雨の日でも嫌な思いをせず快適にプレーできます。続いてはゴルフの雨天対策に役立つウェアやグッズを紹介します。梅雨の時期など雨が降りやすいときは準備しておきましょう。

ゴルフウェア

ゴルフウェアは上からレインウェアを着るのであれば、先ほど紹介したとおり動きやすい薄手のもの、蒸れにくいように通気性の良いものを選びましょう。天候が安定しない時期はオールオンウェザー(全天候対応)のゴルフウェアもおすすめです。

帽子

ゴルフの雨天対策にははっ水性の高いレインハット・キャップがおすすめです。

また、雨天時に帽子を被っていると、つば部分から雨水が滴ってくるのが気になりますよね。サイドに水滴を逃がす、ストッパーがついているなど、水滴で視界を妨げない工夫がされているものも多くあるため、機能性をチェックして選びましょう。

グローブ

グローブは雨に強いものがおすすめです。晴雨どちらでも使える全天候型のグローブや雨用のグローブを持って行き、雨が降ってもすぐに替えられるようにしましょう。雨用は濡れることでグリップ力が上がるように作られているものもあるため、雨でもスコアの伸びに期待が持てます。

シューズ

シューズが濡れると靴下もびしょ濡れになって、不快な思いをしますよね。濡れる不快感だけでなく、雨で濡れて靴の中で足が滑ってしまうとスイングにも影響が出ます。
雨天時のゴルフでははっ水性や防水性が高いシューズがおすすめです。

汚れを防ぐために、事前に防水スプレーをかけておきましょう。
ほかにも雨の日は芝が濡れて滑りやすくなるため、グリップ力の高いシューズを選ぶのもおすすめです。

傘は普通の傘ではなく、大きくて軽いゴルフ用の傘を準備しましょう。ゴルフ用の傘は、大きなゴルフバッグと人がすっぽり入るサイズで作られています。

また、腕が疲れにくいように軽くなっていて、ゴルフバッグの中に収納してもかさばらないように柄の部分がまっすぐになっているのも特徴の一つです。自身が濡れないようにするだけでなく、グリップやタオルが濡れるのを防ぐことができます。

傘を選ぶときは、腕が疲れにくい軽さ、デザイン、大きさなどを重視して選びましょう。

さらに晴雨兼用のものであれば、紫外線対策にも役立つため、おすすめです。

レインウェア

雨天対策グッズとして用意しておきたいのがゴルフ用のレインウェアです。ウェアが濡れて体に張りつくと動きづらく、体温も奪われます。はっ水・防水性が高いウェアを選びましょう。
さらに重要なのが通気性と透湿性です。特に梅雨の蒸し暑い時期は通気性や透湿性が悪いと、レインウェアの中が蒸れて汗でびしょ濡れになってしまいます。

裏メッシュがついているか、内部の熱を放出できるベンチレーション機能があるか、暑いときに袖を取り外して半袖にすることができるかなどをチェックしましょう。

ほかにもスイング時に動きづらくないようにストレッチ性があるものや、関節部分にカッティングが入っているものがおすすめです。
レインウェアはゴルフウェアの上から着るため、少し大きめのサイズのものを選ぶと良いですが、袖や裾、ウエストにゆとりがありすぎると動きづらくなることもあるため、調節機能がついたものを選んでくださいね。

タオル

汗を拭く、グリップやボールを拭くなど雨天対策グッズで欠かせないのがタオルです。ポケットに入れてさっと取り出せるようなハンドタオルと、ボールなどを拭くフェイスタオルを複数枚用意しておきましょう。セームタオルのような吸水性があるものがおすすめです。

雨天対策にはオールオンウェザーのゴルフウェア


雨天対策グッズで紹介したオールオンウェザー(全天候対応)のゴルフウェアですが、1枚持っておけば、降ったり止んだりを繰り返す梅雨の時期のゴルフでも快適にプレーできます。最後に雨天時のゴルフにぴったりのオールオンウェザーのゴルフウェアを紹介します。

ルコックスポルティフ ゴルフの「ハイブリッドオールオンウェザー半袖シャツ」はオールオンウェザー素材を使ったメンズ用スクランブルプリントシャツです。特に雨が当たりやすい肩の部分は耐水性1000mmの布帛(ふはく)を使用していて、カモフラージュ柄がアクセントになっていて、コーデもしやすくおすすめです。

梅雨の時期に着やすいゴルフウェアを探しているのであれば、「シャドースクランブルプリントオールオンウェザーアウター」もおすすめです。布帛はオールオンウェザー素材を使用しています。春先から梅雨時期まで長く使用できるアウターで、急な雨に備えて持っておきたい1枚です。

ゴルフに関するおすすめ記事


ゴルフに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
ゴルフコースデビューの不安を解消!初心者向けおすすめコースとゴルフ場の予約方法

ゴルフのルールや楽しみ方を知り、ゴルフ練習場でのトレーニングを積んだら、いよいよコースデビューです。コースを回ったことがある人も、上司や先輩などに誘われて行ったことしかなく、自分で友人などを誘ってコースに回りたいときは、どのようにすれば良[…]

ゴルフコースデビューの不安を解消! 初心者向けおすすめコースとゴルフ場の予約方法
関連記事
香妻陣一朗プロと共同開発した暑さ対策にぴったりの夏用メンズゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売

2020年三井住友VISA太平洋マスターズで初優勝し、2022年の東建ホームメイトカップでツアー2勝目を果たしたプロゴルファーの香妻陣一朗プロ。その彼と共同開発したゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売されました。 […]

香妻 陣一朗プロと共同開発した 暑さ対策にぴったりの夏用メンズゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売
関連記事
ゴルフ場でおすすめの「サンバイザー&キャップ」かわいくてキープ力が高いヘアアレンジ6選

春から夏にかけて強くなる日差し。ゴルフ場での日焼け対策の一つとしてサンバイザーを取り入れる人も多いかと思いますが、悩ましいのがそのヘアスタイルです。そこで、日差しを避けるサンバイザー&キャップを取り入れた、かわいくてキープ力もある簡単ヘア[…]

ゴルフ場でおすすめの「サンバイザー&キャップ」かわいくてキープ力が高いヘアアレンジ6選
関連記事
ゴルフ練習場/打ちっぱなし練習徹底解説。3段階の振り幅練習を伝授

新型コロナウイルスの流行を機に、屋外で三密を避けて楽しめるスポーツとしてゴルフの人気が高まっています。ゴルフ練習場で、若い人たちの姿を見かける機会が多くなりました。しかし、ゴルフは上達に時間がかかるスポーツでもあります。うまく打てるように[…]

ゴルフ練習場/打ちっぱなし練習徹底解説。3段階の振り幅練習を伝授
関連記事
ゴルフの基本グリップと実践練習を徹底解説!真っすぐ打つ秘訣とは?

ゴルフにおいてボールを真っすぐ打つための大事な基本でありながら、最もルーズになりやすいのがグリップ(クラブの握り方)。真っすぐ飛ばない原因がスイングだと思っていたら、実はグリップが原因だったというのはゴルフレッスンの世界ではよく聞く話です[…]

ゴルフの基本グリップと実践練習を徹底解説!真っすぐ打つ秘訣とは?

対策をしっかりして雨天時のゴルフを楽しもう!


ゴルフウェアやグッズを工夫して雨天対策をすれば、雨を気にせず快適にプレーできます。
雨の中でゴルフをすると、思ったようなプレーができずストレスが溜まることもありますが、厳しい環境にも負けず冷静にプレーする精神力が鍛えられるメリットもあります。

雨天対策をしっかりしながら、雨でもポジティブに考えてゴルフを楽しみましょう。

ゴルフウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。