#サイクルウェア

夏のサイクルウェアの選び方は?そろえたい基本のコーデ、必要な暑さ・日焼け対策

きれいな景色と心地の良い風を楽しみながら運動できるサイクリング。男女問わず、初心者でも始めやすいことから取り組む人も増えています。そんなサイクリングですが、気温の高い夏には注意が必要なこともいくつかあります。

そこで今回は夏のサイクリングで注意が必要なポイントと、サイクリングに欠かせない「サイクルウェア」について詳しく紹介します。ぜひチェックしてみてください。

夏のサイクルウェアの選び方は?

運動をするうえでスポーツウェアは必要不可欠です。

特に夏場の運動では汗をかきやすかったり、疲れやすかったりしますが、スポーツウェアをしっかりと着用することで毎日のエクササイズを快適にサポートしてくれます。

加えて、専用のウェアは運動がしやすいように仕立てられているため、体にかかる負担や運動時の抵抗も少なく、スムーズに動けます。

とはいえ、サイクリングウェアにもさまざまな種類があるため、一体どれを選べば良いかわからない方も少なくないでしょう。具体的にどのような点に気をつけて選ぶべきなのでしょうか。

ここでは重要なポイントを3つ紹介します。

機能に注目する

夏のサイクリングは何かと暑くなりがちで、きちんと対策をしないと熱中症や日射病を起こしてしまう可能性があります。そのため通気性に優れた素材を選び、熱がこもらないように工夫することが大切です。

また、通気性の良い素材は衣服内の温度上昇を軽減し、不快感も軽減されます。リフレッシュ目的でサイクリングを楽しむ方は特に着用することをおすすめします。

通気性以外にも、吸汗速乾性やUVカット機能といった機能に注目することも重要です。

サイクルウェアは運動中にかいた汗を素早く吸収して汗冷えを軽減したり、紫外線対策をしてくれたりします。健康を保つためのエクササイズで体を壊してしまわないよう、きちんと準備をしてから臨むようにしましょう。

ちなみに、ネイビーや黒といった濃い色合いのウェアは熱を持ちやすく、反対に白色のような明るい色味のウェアは暑くなりにくいとされています。デザインの好みがない場合は明るめのカラーを選ぶようにするのが良いかもしれません。

サイズやシルエットに気を配る

サイクルウェアにはぴったりした仕立てのものと、ゆとりのある仕立てのものの2種類に大別されます。

ぴったりしたものは空気抵抗が少なく、加圧性能に優れているものが多い傾向にあります。一方でゆとりのあるウェアは通気性が高く、リラックスして過ごせます。

どちらも特徴や着心地が異なるため、まずはスポーツショップなどで試着してみるのが良いでしょう。

自分好みのデザインを選ぶ

運動を継続していくうえでモチベーションの維持は非常に大切です。身に着けてサイクリングに出かけたくなるようなウェアを選べば、楽しみながらサイクリングを続けられるはずです。

夏のサイクルウェアの基本コーディネートは?


ウェア選びの次はコーディネートについてチェックしてみましょう。

夏場のサイクリングではどのようなことに気を付けて組み合わせるのが良いのでしょうか。

半袖サイクルウェアとサイクルパンツ

気温が高い夏場には、半袖のサイクルウェアとやや短めのサイクルパンツを合わせたコーディネートがおすすめです。通気性や吸汗速乾性の高い素材で作られた軽量のものを選べば、涼しく快適に過ごせるはずです。

ちなみに、コーディネートを決める際にはその日の最高気温を基準にして決めるのが良いとされています。

たとえば、その日の最高気温が28度であれば、28度でも快適に過ごせるよう薄着のコーディネートを意識しましょう。

サイクリングを始めるとすぐに体が温まるため、外に出て「少し寒い」と感じる程度がちょうど良いです。朝夕で寒暖差が激しい場合には、羽織って温度調整ができるジャケットなどを持参しておくと安心です。

アンダーウェア・インナーも大切

さらに快適に運動を楽しみたい方はアンダーウェアやインナーウェアもきちんと着るようにしましょう。下に1枚着こむことでジャージやウェアに直接汗が付着しにくく、心地良く過ごせます。

インナーウェアにはシャツタイプのものやショーツ丈のパンツ、足元までカバーしてくれるタイツタイプなどがあります。

汗を吸収するだけでなく、体をしっかりと固定して安定させてくれるタイプは、良好なコンディションを保てます。まだ持っていない方は、ぜひ1着用意しておくことをおすすめします。

日焼け対策にはアーム・レッグカバーも

紫外線の強い夏場のサイクリングには日焼け対策も欠かせません。

日焼け止めはもちろんのこと、直射日光に当たりやすい腕や脚にはアームカバーやレッグカバーを着用してみましょう。

そのほかにも、グローブやサイクルキャップ、フェイスカバーといった日焼け対策グッズもあります。日焼け対策を徹底したい方は併せて使ってみると良いでしょう。

夏のサイクリングの注意点は?

最後に夏場のサイクリングにおける注意点について紹介します。

熱中症対策

第一に注意が必要なのが熱中症です。比較的長距離を走行するサイクリングでは大量の汗をかきがちですが、走行中に風を受けて乾くため、自身の発汗量に気付きにくいケースが多いです。そのため、時間を決めて小まめな水分補給を心がけるようにしましょう。

水分をとる際には、飲み物とあわせて塩分もしっかり補給するようにしましょう。塩分が含まれているスポーツドリンクや塩飴などがおすすめです。

信号待ちなどの停車中に手軽に水分補給ができるよう、ステムバッグやボトルケージなどをあらかじめ取り付けておくと便利です。

そのほかに、冷感タオルやアイシングベルト、ポケットサイズの冷却材を携帯しておくことは、熱中症対策としておすすめです。

日差し

次に注意が必要なのが日差しです。単に「日焼け」と軽く捉えられがちですが、重症化すると高熱や水ぶくれなども併発してしまう危険性があります。

さらに、サイクリングは日中の日が照っている時間帯に行うことがほとんどで、朝から日没まで外に出ずっぱりのケースも珍しくありません。そのため、先ほど紹介した日焼け防止グッズなどを活用して、紫外線対策に意識しましょう。

また、すでに日焼けしてしまっている場合は濡れタオルや氷水を入れたビニール袋などを当てがい、しっかりと冷やすようにしてください。日焼けがあまりに酷い場合は放置せず、早めに病院を受診するようにしましょう。

また、夏の強い日差しから視界が悪くなってしまうリスクもあるため、交通安全の観点からもサングラスを使うことをおすすめします。

このように、夏場のサイクリングでは体調面に関するトラブルがつきものです。しっかりと対策をして健康で楽しいサイクルライフを送りましょう。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア

「運動」「環境」「コロナ禍」という3つのキーワードがポイントとなり、現代社会において注目度が増している自転車の活用。今回は、都内の広告企画会社で働き、自転車通勤をしている達川洸坪氏にルコックスポルティフのジテツウパンツとジャケットを1日試着[…]

自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア
関連記事
【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
関連記事
ツール・ド・フランスに見る機材の変遷

2020年のツール・ド・フランスは、異例の9月開催となりました。しかし蓋を開けてみれば、例年と違わない熱戦と熱狂、そして感動の3週間がそこにはありました。1903年に始まり、2020年で107回目を迎えたツール・ド・フランスは、現在も続[…]

関連記事
つくば霞ヶ浦りんりんロードを巡る!土浦で快適バイクパッキングの旅

筑波山や霞ヶ浦を眺めながら、爽快な水辺サイクリングが楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」。全国からサイクリストが訪れる、サイクリングの聖地と名高いスポットです。霞ヶ浦のサイクリングを楽しむ人のために、土浦駅には新たに日本最大級の体験型サ[…]

関連記事
サイクリング初心者向け 必要な装備はこの7つ!

普段はなかなか行けない遠くの場所へも気軽に足を運ぶことができ、目的地までの道のりも楽しめる「サイクリング」。自転車やウェアなど一式アイテムをそろえないと始められないなど、敷居が高いと感じる方も多いのでは。しかし、実は始めやすいスポーツといわ[…]

夏も快適にサイクリングするならウェア選びが重要!


今回はサイクルウェアについて紹介しました。夏場の運動をより快適に、健康に過ごすためにサイクルウェアは欠かせません。

サイクルウェアにはさまざまなタイプがありますが、まずは機能面に注目して選ぶようにしましょう。

また、サイクルウェア以外にもアームカバーやサングラス、日よけグッズなどを活用して、熱中症や日射病対策も忘れずに行いましょう。しっかりと準備すれば、快適かつ安心してサイクリングを楽しめるはずです。

ぜひ皆さんも自分に合うサイクルウェアを見つけてみてください。

サイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。