#サイクルウェア

サイクルウェアはなぜ必要?カジュアルさで人気のブランドを紹介

サイクリングは初心者の方でも始めやすく、爽快感が魅力の人気スポーツです。全身の筋肉をバランス良く使い、景色を楽しみながらリフレッシュもできるため、心身共に健康的な体づくりにぴったりです。

そんなサイクリングですが、暑い夏や寒い冬など季節によってはトラブルが起きることもあります。

そういった気温が高いシーズンでもサイクリングを楽しむための鍵が「サイクルウェア」です。サイクルウェアには運動性能や健康保持、おしゃれなデザインでモチベーションを維持してくれるなど多くのメリットがあり、毎日のサイクルライフを快適にサポートしてくれます。

今回はサイクルウェアの特徴や人気ブランドについて詳しく紹介します。サイクルウェアを探している方は必見です。ぜひチェックしてみてください。

サイクルウェアの特徴


サイクリングウェアと聞いても、「普段着とそこまで変わらないのでは?」「スポーツウェアとの違いが分からない」となかなかピンとこない方も多いかもしれません。そこで、まずはスポーツウェアの機能についてチェックしてみましょう。

スポーツウェアの機能

サイクルウェアはスポーツウェアの一つで、サイクリング用に仕立てられた専用アイテムです。一般的なスポーツウェア同様、高い機能性を持っているのが特徴です。

例えば、通気性。長距離の走行で大量の汗をかきやすいサイクリングですが、通気性に優れたスポーツウェアは衣服内温度の上昇を軽減してくれます。

また、吸水速乾性の高い素材で作られている場合も多く、汗を素早く吸収し乾かすことで快適です。対して、一般のの衣服を着て運動をすると、汗がなかなか乾かずに肌に張りついてしまったり、汗でびしょびしょになった衣服により冷えてしまったり、風邪やストレスの原因になってしまうこともあります。

他にも、スポーツウェアは運動しやすいよう伸縮性に富んだ素材で作られていたり、加圧機能がついていたりしますが、一般的な衣服にそういった機能は見られないでしょう。

このように機能性や運動のしやすさに優れ、体を健康に保ちながらエクササイズをするためには、スポーツウェアがおすすめです。

スポーツウェアとサイクルウェアの違い

では次に、スポーツウェアとサイクルウェアの違いはどういった部分にあるのでしょうか。
両者の違いを端的に説明すると、サイクリングに特化して作られたものと、そうでないものの差があります。

汎用的なスポーツウェアはどのような種目・エクササイズにも対応できるよう作られています。
先ほど説明した通気性や吸水速乾性などに優れるものは多いですが、サイクルに特化して仕立てられているわけではありません。

一方サイクルウェアは、乗車する自転車や実際のサイクルシーンに合わせて設計されています。例えば、乗車時に快適に体が動かせるよう前傾姿勢が楽にとれるカッティングがされていたり、サドルに長時間座っていても衝撃が軽減されるようクッション加工がされていたりします。

ほとんどのサイクルウェアは背面の丈が長く仕立てられているので、前屈みの姿勢を取ることが多いロードレースのシーンでも、突っ張ることなく背中をカバーしてくれます。

また走行中に風を受けやすいサイクリングですが、風によってウェアがバタついたり、障害物に引っかかりにくいよう、密着感のある伸縮性に優れた素材で作られています。

スポーツウェアの通気性や吸汗速乾性はそのままに、サイクルシーンで気になる空気抵抗や日焼け対策がなされており、快適なサイクリングを楽しめます。

その他にも、背面に「バックポケット」と呼ばれる多機能ポケットがいくつかついているサイクルウェアも多くあります。携帯電話やお財布、羽織り物、ドリンクなどを収納でき、実用性に富む作りになっています。

このように、サイクルウェアは通常のスポーツウェアにプラスして、サイクリングのシーンに特化した工夫が随所に散りばめられています。まだ持っていない方はぜひ着用してみることをおすすめします。

街乗りするならカジュアルなサイクルウェアがおすすめ


サイクリングでは、目的のサイクリング場所に到着するまでの移動時間が意外に長いことも珍しくありません。場合によっては電車などの公共交通機関を利用することもあるため、街中でレーシングファッションでいるのを気にする方もいるでしょう。

ですが、一口にサイクルウェアといっても、機能性だけでなくデザインも多種多様です。
街中でも過ごしやすいカジュアルでおしゃれなサイクルウェアも沢山あります。会社帰りや買い物など、日常生活にも取り入れやすいため1着持っておくと非常に便利です。

では、次の章で人気のサイクルウェアブランドをチェックしてみましょう。

カジュアルなサイクルウェアのおすすめブランド・人気ウェア

ルコックスポルティフは1882年にフランスで創業した、老舗スポーツブランドです。サイクルをはじめとして、テニスやゴルフ、トレーニングなど幅広い種類のウェアを取りそろえていて、現代のトレンド感も取り入れたおしゃれなデザインが特徴です。

一方で、レトロとクラシカルな90sのパターンを取り入れたウェアもあり、伝統とモダンがミックスされたルコックスポルティフならではの雰囲気も魅力的です。

では、カジュアルでおしゃれなルコックスポルティフのサイクルウェアを男女別に紹介します。

メンズ

3D Jersey 3.0

体にぴったりフィットする立体設計で、レース向けジャージです。大胆なライン使いがルコックらしさを表現しています。

Fit-able Pants Short Bib

ストレスの原因となる縫い目を減らすパターン設計で、ロングライド時のストレスを軽減することを追求したビブパンツです。

Clear Jacket

脇下パーツにメッシュ素材を使用しており、防風性と通気性を両立させたポケッタブルのジャケットです。デザインは、大胆なライン使いでルコックらしさを表現しています。

レディース

Casual Jersey

フィット感に優れるシンプルなサイクルジャージです。胸元にあしらわれたle coq sportifのロゴがワンポイントのアクセントを演出してくれます。カラーはシンプルでスタイリッシュなブラック・穏やかで柔らかい色味のフォーブラン・すっきりとしたネイビーの3色展開です。

Long Tights

紫外線から脚全体を守る、ロングタイプの仕立てには独自のハンモック構造を採用し、サイクリングパッドのフィット感を向上させた一品です。縫い目が少なく、楽な着心地で快適なサイクリングが楽しめます。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア

「運動」「環境」「コロナ禍」という3つのキーワードがポイントとなり、現代社会において注目度が増している自転車の活用。今回は、都内の広告企画会社で働き、自転車通勤をしている達川洸坪氏にルコックスポルティフのジテツウパンツとジャケットを1日試着[…]

自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア
関連記事
【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
関連記事
ツール・ド・フランスに見る機材の変遷

2020年のツール・ド・フランスは、異例の9月開催となりました。しかし蓋を開けてみれば、例年と違わない熱戦と熱狂、そして感動の3週間がそこにはありました。1903年に始まり、2020年で107回目を迎えたツール・ド・フランスは、現在も続[…]

関連記事
つくば霞ヶ浦りんりんロードを巡る!土浦で快適バイクパッキングの旅

筑波山や霞ヶ浦を眺めながら、爽快な水辺サイクリングが楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」。全国からサイクリストが訪れる、サイクリングの聖地と名高いスポットです。霞ヶ浦のサイクリングを楽しむ人のために、土浦駅には新たに日本最大級の体験型サ[…]

関連記事
サイクリング初心者向け 必要な装備はこの7つ!

普段はなかなか行けない遠くの場所へも気軽に足を運ぶことができ、目的地までの道のりも楽しめる「サイクリング」。自転車やウェアなど一式アイテムをそろえないと始められないなど、敷居が高いと感じる方も多いのでは。しかし、実は始めやすいスポーツといわ[…]

カジュアルなサイクルウェアで街乗りを楽しもう

今回はサイクルウェアの特徴やおすすめの人気ブランドについて紹介しました。夏場や冬場でも快適なサイクリングを楽しむために、サイクルウェアは欠かせません。

サイクリングをする際には普段着やスポーツウェアではなく、ぜひサイクルウェアを着用してみましょう。
街中でも気兼ねなく着られるよう、今回紹介したカジュアルウェアを参考に自分好みのサイクルウェアを選んでみてくださいね。

サイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。