レトロな“ジャージ”を上品な1着に、老舗ブランドのセットアップは細部の仕掛けがすごかった

レトロな“ジャージ”を上品な1着に、老舗ブランドのセットアップは細部の仕掛けがすごかった

  • 2022/01/11 (火)
  • 2022/03/30 (水)

おしゃれなジャージって1着持っておくとすごく便利なんですよね。

ちょっとレトロな雰囲気で、部屋着にも使えて近所の買い物や散歩にもちょうど良くて、なんならそのままジョギングにも行けそうな…。

そんな良い感じのセットアップが多分こちらです。

ルコックスポルティフのジャージを着用した男性の写真

左がプルオーバーで、右がフルジップ。

フランス生まれの名門ブランド・ルコックスポルティフのもので、どちらも1930年代のトラックスーツを現代風にアレンジしており、実はよく見るとディティールが異なるのです。

ラインテープを大胆に配置、縦のラインがよりきれいに

プルオーバーは、両サイドの脇下から伸びる「ラインテープ」が特徴。大胆なデザインでまず目を引きます。
首元は今年流行りのモックネックに近いスタイル。ゆとりがあり、着脱しやすいのが良いですね。

ルコックスポルティフのジャージ、プルオーバータイプの写真

ワイドテーパードのジャージボトムスと合わせてみるとラインテープが一直線に。
縦のラインが強調されて、より洗練された雰囲気になります。

ルコックスポルティフのジャージ、プルオーバータイプのデザイン詳細

さらに、フロント部分には深めのタックが2つ入っており、スポーツスタイルながら、まるでスラックスのような上品なシルエットに仕上がっています。

実際に着て歩いてみると、腰まわりにゆとりがあってとても動きやすい。

ハイゲージの高級ニット素材を使っているため、上下ジャージでも“だらしなくならない”絶妙なつくりが魅力に感じました。

機能性にも優れたフルジップをセットアップで

首元の切り替えが特徴のフルジップジャージ。

こちらはラインテープが両肩の上を通ります。
やはり、レトロデザインのジャージを現代風にアップデートしています。

ルコックスポルティフのジャージ、フルジップタイプの写真

フルジップは閉じるとシャープな印象に。柔らかいニット素材なので肌触りも心地良いです。

そしてセットアップで着るなら、すとんとしたストレートのジャージボトムスがおすすめ。

ルコックスポルティフのジャージ、フルジップタイプ・ストレートボトムスのデザイン詳細

トップスと同じラインテープが両サイドに配置され、フロント部分にはジャージにしては珍しいピンタック(折り目)入り。

こういった細部のアレンジによって、大人の着こなしができるよう工夫されている印象です。

裾には長めのファスナーが付いています。これを閉じると足元にボリュームが生まれ、開くとよりストレートなシルエットになります。ちょっとした変化を楽しめるのもうれしいですね。

ルコックスポルティフのジャージを着用してジョギング・ウォーキングをしている様子

もちろんスポーツウェアとしての機能も十分に果たしてくれます。軽い素材なのでファスナーを開け閉めして、温度調整をしながらジョギングすると快適でした。

プルオーバーかフルジップか、ワイドかストレートか

ルコックスポルティフのジャージ、4種類の写真

トップスは、ゆるやかな首元のプルオーバーか、ハイネックのフルジップ。
ボトムスは、2タックのワイドテーパードか、ジップとピンタックが入ったストレート。

どちらを選んでも個性のある着こなしが楽しめます。

カラーは、今回着用したブルーノアールとアボガドカーキのほかに、トゥネイビーを合わせた3色展開。
かなり明るめのトゥネイビーはガラッと印象が変わるのでぜひ商品ページをご覧ください。

価格は、プルオーバージャージが8,580円(税込)、フルジップジャージが10,560円(税込)、ワイドテーパードボトムスとストレートボトムスはどちらも10,340円(税込)です。

サイズは男女兼用で、SサイズからOサイズまでそろいます。

“ワンマイル”のお出かけからちょっとした運動まで、リラックスしたい週末をまるごとカバーできるジャージ素材のウェア。

1着選ぶならルコックスポルティフの上品セットアップがとてもおすすめです。

撮影・スタイリング・文/鳴海淳義

 

\シーンを選ばないジャージ!/

関連記事
今トラックスーツがアツい!おしゃれなセットアップとジャージ着こなし術は必見!【GetNaviの語らせて!】

トレーニングウェアとして誕生したトラックスーツですが、昨今ではファッションアイテムとしても市民権を得ています。扱っているのもスポーツブランドだけでなく、名だたるファッションブランドも個性豊かなトラックスーツをリリースしており、シーンを大い[…]

今トラックスーツがアツい!おしゃれなセットアップとジャージ着こなし術は必見!【GetNaviの語らせて!】

関連記事
考えた人、天才か?スポーツブランドの「伸びるスーツ」がめちゃくちゃ快適

ライター・編集者という仕事柄、対面で取材する機会が多くあります。TPOに応じてジャケットを着用することもあるのですが、きちんとしたスーツを長時間着ていると“着疲れ”してしまうんです。そこで機能性スーツを試したら、これが大当たりでした。[…]

考えた人、天才か?スポーツブランドの「伸びるスーツ」めちゃくちゃ快適

関連記事
2人のスタイリストが訓言する!ダウン派VSシェルジャケット+インナーダウン派。今年の冬服コーデはどっち?

朝晩だけに限らず、日中の冷え込みもグッと厳しくなってきた12月。凍てつくような真冬の寒さも、もうすぐそこまで迫ってきています。そんな厳冬期を乗り切る最強あったか冬服コーデとして、ULLR MAG.から、ダウンジャケット派とシェルジャケット[…]

2人のスタイリストが訓言する! ダウン派VSシェルジャケット+インナーダウン派。今年の冬服コーデはどっち?
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。