伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ
#BuzzFeed

伸縮性やばっ…!スポーツブランドの「自転車用パンツ」がクセになるはきやすさ

  • 2021/09/21 (火)
  • 2021/10/13 (水)
  • BuzzFeed

ここ2年ほどで、移動手段はもっぱら自転車になりました。短距離の移動が手軽なうえに、運動不足の解消にもなる。都内なら車や電車より早く移動できることもあります。

自転車にのめり込むと、おしゃれな周辺グッズも集めたくなります。そこで試してみたのがルコックスポルティフの「サイクリングパンツ」です。

とにかくはき心地が良い

ルコックスポルティフのサイクリングパンツ着用例

サイクリングパンツとはその名の通り、サイクリスト向けに作られたパンツのことです。

名前だけ聞くと本格レーサーがはくようなスパッツをイメージしそうですが、ルコックスポルティフのサイクリングパンツは普段使いできるデザインが魅力。

サイクリングパンツを3方向から見た写真

身長170cmでMサイズを着用しています。細すぎず太すぎず、絶妙にルーズなシルエット。裾口はゴムのホッピング仕様になっています。

素材はナイロンの機能素材CORDURA®(コーデュラ)※を使用しています。シャカシャカしていますが、はいてみると肌触りがさらさらとして気持ちが良い。

※CORDURAはインビスタ社の登録商標です。

サイクリングパンツのストレッチ性を表している写真

ストレッチ性が高くてとにかくラク…!伸びすぎて心配になるレベルです。このおかげでペダルを漕ぐ際の膝へのストレスがありません。

サイクリングパンツをはいて立膝の姿勢をしている写真

自転車に乗ってこそ発揮される機能

サイクリングパンツのダーツ処理を説明した写真

通常のパンツとの一番の違いは、お尻から裾にかけてのダーツ処理です。ゆるやかな曲線を描くことで、ペダリングの際の肌当たりを軽減してくれるんだそう。

サイクリングパンツをはいて自転車に乗っている写真

ポケットは前面に2つ、お尻に2つ、左ももに1つ配されています。中がメッシュになっていて、張り付き感がないのは地味に嬉しい。

そして、左ももにさりげなく配されたポケット、これがなかなか優秀!

サイクリングパンツの左もものポケットにスマホを入れている写真

信号待ちでスマホを取り出すのにちょうど良い位置にあります。

ファスナー付きでなので中身を落とす心配がなく、トリコロールデザインの引手付きで簡単に開け閉めできます。こういった細かい気遣いが嬉しいです。

サイクリングパンツのはっ水性を説明した写真

実は、この撮影をしていたら突然の雨に当たってしまいました。サイクリングパンツははっ水加工が施されているため、雨を容易に弾いてくれて助かりました。

自転車専用じゃもったいない

サイクリングパンツにパーカー・長袖Tシャツを合わせたコーディネート例

機能的ではきやすくスタイリッシュ。季節を問わず活躍してくれる優秀なアイテムです。サイクリストはもちろん、自転車に乗らない方でも十分満足できるはず。

価格は11,990円(税込)。カラーはブラックブロンズヴェールネイビーの3色展開です。サイズはM、L、Oの3種類用意されています。

撮影・スタイリング・文/石井洋

関連記事
【GetNaviの語らせて!】やっぱりタフさが好き!ルコックスポルティフ「CORDURAデタッチャブルフィッタブルパンツ」

最近、趣味でサイクリングを楽しむ人たちが急増していますが、実はこれ、世界的な傾向で、自転車業界では車体だけでなくさまざまなパーツが品薄になっているほど。ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプの自転車に乗るとき、何を着たら良いのか迷[…]

【GetNaviの語らせて!】やっぱりタフさが好き!ルコックスポルティフ「CORDURAデタッチャブルフィッタブルパンツ」

関連記事
【入門・サイクリング#1】自転車を愛する7人に聞く、始めたきっかけと続ける理由

通勤・通学用に毎日乗る。体を動かすために週末だけ乗る。趣味のカメラやサーフィンを、より楽しむために。仕事道具の1つとして…。自転車に乗る理由や目的は、10人いれば10通り。ニューノーマルな暮らしや電動自転車の活況にも背中を押され、自転車熱[…]

【入門・サイクリング#1】自転車を愛する7人に聞いた、始めたきっかけと続ける理由
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。