#DESCENTE(デサント)

「アスリード」を体感!走りへの影響、着心地、効果はどうだった?

DESCENTE(デサント)から新しく登場したコンプレッションウェア「ASULEAD(アスリード)」。

今回は、デザイナーの箕浦康隆と開発者の山田恵里へのインタビューを通し、アマチュアランナーがアスリードを使うメリットを解説します。さらに、株式会社デサントの研究開発拠点「DISC OSAKA (ディスク オオサカ)」にプロボクサーの三尾翔選手をお招きし、アスリードの効果を検証。

日頃から激しいトレーニングやランニングをこなすアスリートの視点で、アスリードの機能性と着心地を語っていただきました。

“新・ランニング習慣”を目指す「アスリード」。そもそも、コンプレッションウェアってアマチュアでも着るべき?

インタビューに応える箕浦氏と山田氏

――まずは箕浦さんと山田さんから、アスリードの概要をお聞かせください。

山田:アスリードは「20hPaの着圧によってパフォーマンス低下を抑制できる」(下表参照)という独自の理論を応用したコンプレッションウェア。身体に圧をかけることで、パフォーマンスの向上や負担の軽減に役立ちます。

箕浦:運動後もはき続けることでパフォーマンス低下の抑制効果が期待できるため、「明日へつなぐ」をコンセプトに開発しました。

運動前後の膝伸展トルクの比較

――コンプレッションウェアと聞くと、ランナーの中でも“アスリートクラス”の方が着用するイメージがあります。

箕浦:アスリードは、ランニングを楽しむ方にもぜひ使っていただきたいウェアです。例えば、朝の出勤前に走る方、帰宅後に走る方のように、日常に“走り“を取り入れている方ほど「運動の疲労を後に残さない」のは重要ですよね。

山田:アスリードは筋肉の無駄な動きを抑えてくれるため、運動時のパフォーマンスの低下を軽減します。また結果として、怪我のリスクの軽減をサポートしてくれますよ。

――コンプレッションウェアを選ぶときのポイントを教えてください。

コンプレッションウェア

山田:圧力が強すぎるウェアを選ぶと、正しいフォームが崩れることがあります。足首や膝などの部分に負荷がかかり、最終的には痛みに繋がってしまうケースもよく聞きますね。

箕浦:やはり着圧が適度なものを選ぶことが大切。長時間強い圧力をかけていると、乳酸値が上がりすぎて逆に疲労感が残ってしまうんです。

「アスリード」を体験レポート!着用した感想、走りへの影響、実際に得られた効果などを徹底解説

走りの検証実験

――プロボクサーの三尾選手に、「DISC OSAKA」にてアスリードの効果を体感していただきました。ご感想はいかがでしたか?

三尾:アスリードを着用すると足運びがサポートされて、とても走りやすかったです。しっかりと身体への圧力は感じる一方で、生地が柔らかく履き心地が良い。どんな身体の動きにもフィットしてくれるという感覚ですね。

山田:アスリードは裾上げ処理を行わず、過度な締めつけを感じさせない設計にしています。汗だまりの回避にもつながっているんですよ。

三尾:裾に縫い目があると、肌へ当たる感触が気になってしまいます。その点アスリードは縫い目が少なく、肌当たりが良いですね。

アスリードを着用した走りの実験

――アスリードを着用することで、走りに対してはどのような“変化”を感じられるのでしょうか?

箕浦:ランニング中に疲れが生じると、内股の「内転筋」が緩み、ランニングフォームが崩れてしまいます。そのためアスリードは、股関節部分にあたる生地の配置とパターンが内転筋を引っ張り上げてくれる設計に。ランニングフォームの乱れや脚の開きを制御し、膝伸展の強さを持続します。

アスリードがもたらす、“走る”ことへのさらなる魅力

コンプレッションウェアを着用して野外を走る様子

【ランニング 吸汗速乾】半袖Tシャツ>>詳細はこちら
【ランニングシューズ】<世界陸連ルール改定後の800m以上のトラック種目で使用可能>GENTEN-EL(エリート)>>詳細はこちら

――本日お話を伺って、「コンプレッションウェア=アスリートが着るもの」というイメージが一転しました。

箕浦:アスリードという名前は「アスリート」を連想させますが、本来は“明日をリードする”という意味を込めました。スポーツを楽しむすべての方が、毎日を元気に過ごすサポートとして使っていただきたいです。

山田:せっかくコンプレッションウェアを使い始めても、着たときに快適でなければ着用を続けられません。アスリードはとにかく着心地を重視して作ったウェアなので、そのこだわりをぜひ感じていただきたいです。

――三尾さんは実際にアスリードを体感してみて、今後はどのようなトレーニングに活用できそうですか?

インタビューに応える三尾氏

三尾:僕は毎日朝晩1時間から1時間半くらい走り込みをしているので、早速使っていきたいですね。先ほど走りながらボクシングの動作を入れてみたら、とても動きやすかったです。

ボクシングは瞬発的に踏み込んだり引いたりと、下半身が特に重要なスポーツ。その動きをサポートしてくれるアスリードは、練習や試合の際にも使えそうだと感じました。

まとめ

日常に“走り”を取り入れている方にとって、「疲労を残したくない」「正しいフォームの走りを身に付けたい」と感じることは少なくありません。今回の検証を通して、「アスリード」はそんなランナーの悩みをサポートしてくれるアイテムということが分かりました。

ランニングの翌日に感じる疲れを抑え、正しいフォームの習得によって得られる快適な走り。ぜひ普段のランニングに「アスリード」を取り入れ、ワンランク上の走りを実現する“新・ランニング習慣”を体感してみてはいかがでしょうか。

関連記事

「ランニング中に足が痛くなる」「正しいフォームが分からない」「よくケガをする」など、ランナーにとって走りへの疑問や悩みはつきもの。現状よりもワンランク上の走りを目指す人はぜひ、ランニングの際に「コンプレッションウェア」を着用する“新・習慣”[…]

<プロフィール>

開発担当
山田恵里(画像左)

2013年度入社。現在はコンプレッションウェアの開発と、アリーナのレーシング水着の開発を中心に担当。開発では自身も1人のユーザーであるという気持ちを忘れず、選手に寄り添いながらもスピード感のある業務を意識している。

デザイナー
箕浦康隆(画像右)

1990年度入社。野球、ランニング、バレー、バスケなど、さまざまな商品開発にたずさわる。常に新しいことにチャレンジし、インプット&アウトプットを実行することがモットー。ユーザー視点に立ち、仮説と実証を繰り返すことを心がけている。

三尾翔
グリーンツダボクシングジム所属

岡山県出身。グリーンツダボクシングジムに所属するプロボクサー。階級はスーパーフェザー級。

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。