トレーニングウェアはレギンスとパンツを組み合わせておしゃれに着こなす

  • 2020/08/11 (火)
  • 2022/03/18 (金)

筋トレやヨガ、フィットネスなどで着るトレーニングウェア。
トレーニングウェアを選ぶときは、機能性はもちろんデザイン性も重視して選びたいです。おしゃれにこだわることで、運動へのモチベーションが上がり、楽しみながら体を動かすことができます。

今回はトレーニングウェアのなかでもレギンスやパンツに注目して、重ね着するメリットや着こなすポイントを紹介します。

季節ごとに必要なトレーニングウェアは?


トレーニングウェアは季節によって重視するポイントが変わります。季節ごとにどんなウェアやアイテムが必要なのか、みていきましょう。

春のトレーニングウェア

春のトレーニングウェアのおすすめは、トップスは長袖のシャツ、ボトムスはロングパンツやハーフパンツにレギンスです。

春は昼夜の温度差が激しくなるため、トレーニングウェアも体温調節しやすいよう、脱ぎ着しやすい上着を用意しましょう。
ジムなど室内のトレーニングでも空調設定が合わない可能性があるため、トレーニングウェアで調節できるようにすることが大切です。
春らしいカラーや明るいデザインのウェアだと気分も上がります。

夏のトレーニングウェア

夏のトレーニングは汗をかきます。汗で濡れたウェアが体にはりつくと動きづらく、トレーニングに支障が出ることもあります。
トレーニングウェアは吸汗速乾性の高い素材や、通気性の良いウェアを選んでください。

ウェアだけでなくシューズもメッシュ素材を使った通気性の高いものを選ぶと、足が蒸れにくくなるため、おすすめです。

夏のトレーニングは半袖のウェアとハーフパンツなどを選び、通気性の良さを重視しましょう。ジムなどでは空調が効きすぎて寒いことがあるため、薄手のナイロンパーカーなどを準備しておくと良いでしょう。

屋外トレーニングの場合は紫外線対策としてUVカット効果がある長袖のウェアやロングパンツ、レギンスを着用し、サングラスや帽子、日焼け止めなどのアイテムも用意しましょう。

秋のトレーニングウェア

秋は、昼夜の温度差が激しくなることも多いため、春同様に長袖のウェアと上着を用意しておきましょう。ボトムスはショートパンツにレギンスを合わせるスタイルがおすすめです。気温をチェックして、日中暑いなら吸汗速乾性の高いものを、肌寒い日にトレーニングするなら保温効果のあるものを選ぶと良いでしょう。性能の良いトレーニングウェアで体温調節をしましょう。
また、秋はまだ紫外線が厳しい時期でもあるため、帽子やサングラス、紫外線対策も忘れずに行ってください。

冬のトレーニングウェア

冬はトレーニングする場所によって、ウェアを変えましょう。ジムなど暖房が効いていて暖かい場合は、半袖や長袖のシャツ1枚に、ハーフパンツやレギンスなど薄着で大丈夫です。
屋外で着るトレーニングウェアは、寒さ対策が重要です。ネックウォーマーや帽子、手袋などでトレーニング中の寒さ対策をしてください。

トレーニングウェアはボトムスの種類が豊富


トレーニングウェアをおしゃれに着こなすときに重要なのがボトムスです。ボトムスの組み合わせや選び方でおしゃれ度がアップします。トレーニングウェアのボトムスは種類が豊富です。季節や気分に合わせて選びましょう。

ハーフパンツ・ショートパンツ

トレーニングウェアのボトムスのなかでも人気が高いのが、ハーフパンツやショートパンツです。夏の暑い時期はパンツのみ、寒い時期はパンツの下にレギンスやタイツをはいて組み合わせを楽しむことができます。着回しのしやすさが人気のボトムスです。

ロングパンツ

ロングパンツは足を出したくない人や、寒い時期の防寒対策、夏の紫外線対策などに最適です。トレーニング中にロングパンツをはくと暑い、動きづらいというイメージがあるかもしれませんが、吸汗速乾性やストレッチ性が高いロングパンツを選べば問題ありません。

レギンス・タイツ

ハーフパンツやショートパンツと組み合わせてはくのにおすすめなのが、レギンスやタイツです。シンプルになりがちなトレーニングウェアコーデをおしゃれに着こなすことができます。また、コンプレッション機能やUVカット機能が備わったものもあるため、機能面でも役立つアイテムです。

レディースはスカートも

女性の場合はトレーニングウェアのボトムスにスカートも選べます。通気性が良いため夏の暑い時期などにおすすめです。スカートのときは下にレギンスやタイツをはくと、裾がめくれるのを気にせずにトレーニングに集中できます。

レギンスとパンツを組み合わせるメリット


トレーニングウェアのボトムスは、季節を問わず、レギンスとパンツを組み合わせてはくのがおすすめです。では、レギンスとパンツを組み合わせるメリットはどんなものがあるのでしょうか?

肌の露出を減らせる

夏は通気性が高く、さわやかな印象のショートパンツをはきたくなりますが、男性も女性も肌の露出が多くなるため、日焼けや虫よけの対策が必要です。

また、女性の場合は座ったときにショートパンツの中が見えないかなど、トレーニング中も気になります。ショートパンツとレギンスを組み合わせてはくことで、肌の露出を抑えることができ、ショートパンツの中が見える心配もなくなります。

屋外での紫外線対策にも

夏や秋など、紫外線が気になる時期でも、UVカット効果の高いレギンスをはくことで、日焼けを防ぐことが可能です。

動きやすい

裾が広がっているゆとりのあるハーフパンツだと、裾が肌にこすれて動きにくいと感じることも。足にフィットするレギンスをはけば、こすれるのが気にならず快適にトレーニングできます。また、汗をかいたときにパンツが肌にはりついて動きづらいと感じることもありますが、吸汗速乾性の高いレギンスを選ぶことで汗による不快感を軽減します。

おしゃれに着回せる

手持ちのトレーニングウェアでトップスとボトムスを組み合わせるだけだと、バリエーションが少ないです。パンツとレギンスを組み合わせることで、コーディネートのバリエーションが増えておしゃれを楽しむことができます。

疲労感の軽減

コンプレッション機能が備わったレギンスやタイツを選べば、トレーニングによる体の負担を抑えて疲労感を軽減してくれます。

レギンスとパンツをおしゃれに着こなすポイント


トレーニングウェアをおしゃれに着こなすためには、レギンスとパンツの組み合わせ方が重要です。最後におしゃれに着こなすポイントを紹介します。

柄×柄で組み合わせない

トレーニングウェアのレギンスはブラックなどの無地のものだけでなく、おしゃれな柄のものも多くあります。

また、パンツもおしゃれなデザインのものが多いですが、どちらも柄ものを選んでしまうと全体的にごちゃごちゃしたコーディネートになってしまいます。柄×柄の組み合わせは避けたほうが無難です。パンツが柄ならレギンスはシンプルなブラックにする、レギンスが柄ならパンツはなるべくシンプルなものを選ぶというように、柄×無地の組み合わせを意識しましょう。

トップスとの組み合わせを考える

レギンスとパンツを重ね着するときは、トップスとの相性を考えることが大切です。せっかくおしゃれなショートパンツを選んでも、トップスの丈が長いものだとショートパンツが隠れ、レギンスしか見えなくなってしまいます。

色の組み合わせにも注意

レギンスとパンツ、トップス、シューズなどトレーニングウェアはすべて違う色にすると、まとまりがない印象になります。基本となる色を決めて統一し、全体で3色以内にまとめると統一感が出ておしゃれにきまります。また、1か所だけ差し色としてカラーを入れるのもおすすめです。

トレーニングに関するおすすめ記事


トレーニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
ストレスの発散・解消方法をメンタルトレーナーが解説。心身のケアにランニングが効果的な理由

4〜6月にかけては変化が多い季節。新しい職場や住まい、仲間などとの出会いがあったり、日によって寒暖差が激しかったりと、心身ともにストレスをため込んで自律神経が乱れがちです。そんななか、「リフレッシュしたい!」と感じている人も少なくないので[…]

ストレスの発散・解消方法をメンタルトレーナーが解説。心身のケアにランニングが効果的な理由
関連記事
ランニングはダイエットに効く?効果的な有酸素運動と無酸素運動のおすすめ!

薄着になる夏に向けて、体型が気になり始めている人も多いのではないでしょうか。 食事習慣の改善に加えて、筋トレやランニングなどの運動が不可欠だと分かってはいるものの、何から始めれば良いのか悩むもの。より効率的にダイエットにつなげるには、どの[…]

ランニングはダイエットに効く?効果的な有酸素運動と無酸素運動のおすすめ!
関連記事
チューブを使って肩甲骨周辺ストレッチ!デスクワークによる肩こりの予防と解消に!

デスクワークや自動車の運転、パソコンやスマートフォンの使用などが原因で、肩こりに悩まされているという人は多いのではないでしょうか。パソコンやスマホの操作、自動車や自転車の運転をするとき、首と肩が少し前に出る姿勢になりがちです。この姿勢が[…]

チューブを使って肩甲骨周辺ストレッチ!デスクワークによる肩こりの予防と解消に!
関連記事
着心地サラサラ…!日差し対策もできる「軽量トレーニングジャケット」が快適すぎて手放せない

最近、「日差しが強くて体を動かすのがしんどいな~」と思っていたのですが、このトレーニングウェアがめっちゃ快適なうえにおしゃれなんです。デサントの「ストレッチクロスジャケット」です。 目次 […]

着心地サラサラ…!日差し対策もできる「軽量トレーニングジャケット」が快適すぎて手放せない
関連記事
え、おしゃれ…!デサントの「軽量トレーニングパンツ」が普段使いもできて優秀です

コスパ重視の僕。せっかくトレーニングウェアを買うなら、オンオフ徹底的に着倒せるものが良い。でも、機能性とデザイン性を両立させたウェアってなかなかないんだよな…。そう思っていたのですが、「トレーニングウェア」としても「普段使いのウェア」と[…]

え、おしゃれ…!デサントの「軽量トレーニングパンツ」が普段使いもできて優秀です

トレーニングウェアはボトムスの種類を変えておしゃれに着回そう


トレーニングウェアでおしゃれを楽しむことで、トレーニングへのモチベーションを維持できます。レギンスとパンツは着回しがしやすく、ポイントを押さえれば統一感のあるおしゃれなトレーニングウェアコーデが完成します。
また、レギンスとパンツの組み合わせはおしゃれ以外のメリットも多いです。季節に合わせて快適なトレーニングウェアを選んでください。

トレーニングウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。