レディーススイムウェア(水着)のタイプは?セパレートやビキニなどの種類や特徴

  • 2020/08/14 (金)
  • 2022/03/11 (金)

水着売り場を見ると、さまざまな種類のスイムウェア(水着)があります。

スイムウェアにはいくつかのタイプがあり、それぞれに特徴があります。スイムウェアは適当に選ばず、着るシーンや目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

今回はレディーススイムウェアの種類とシチュエーションや体形に合わせたスイムウェアの選び方、さらに人気スイムウェアブランドからタイプ別のおすすめ商品を紹介します。

レディーススイムウェア(水着)のタイプを知ろう


海水浴やプールに行くとき、どんな水着を着るか迷いますよね。レディース用スイムウェアといっても、さまざまなタイプがあります。タイプごとの違いや特徴を紹介します。

ビキニ

ビキニは海水浴やプールなどでよく見かけるタイプです。上下が分かれていて、女性用の下着に似ているのが特徴です。ビキニタイプの種類としては三角ビキニ、マイクロビキニ、ホルターネックなどがあり、デザインも豊富です。

海やプールで遊ぶときにかわいいビキニを着るのはおすすめですが、本格的に泳ぐときの水着としては向いていません。ビキニには脱げやすく、フリルやリボンなどの飾りが邪魔になるといった弱点があるため、競泳用やジムのプールなどで運動するときに着る水着としては、ふさわしくありません。

ワンピース

ワンピースタイプは上下がつながった形のスイムウェアです。ビキニタイプとは違い、お腹部分も生地に覆われています。スクール水着もワンピースタイプが中心です。

ワンピースタイプは体にフィットした形が多いため、水の抵抗を受けにくく、泳ぎやすいのが特徴です。本格的に泳ぎたい人はワンピースタイプのスイムウェアを選ぶのがおすすめです。

ただし、ワンピースタイプは体のラインが出やすいため、体形が気になる人はワンピースタイプ以外を選ぶほうが良いでしょう。

セパレート

セパレートタイプも上下が分かれた形のスイムウェアですが、ビキニタイプと違ってお腹が隠れているのが特徴です。

泳いでいるときなどにトップスの裾がめくれ上がることがあり、ワンピースタイプより水の抵抗は大きくなりますが、着脱しやすいのが良いところです。

露出を控えめにして、体形をカバーできるスイムウェアと言えるでしょう。

オールインワン

オールインワンタイプはワンピースタイプのように上下がつながっていて、セパレートタイプのように丈が太ももあたりまであるのが特徴です。

どちらの良いところもカバーしているのがオールインワンタイプです。水の抵抗を受けにくく、かつ太もも部分の肌を隠すことができます。

レディーススイムウェア(水着)はどう使い分ける?


タイプによって特徴が違うレディース用のスイムウェア。それぞれにメリットもデメリットもあります。そのため、スイムウェアは着用する目的や自分の希望に合わせて使い分けるのがおすすめです。続いては、レディーススイムウェアを使い分けるときのポイントを紹介します。

シチュエーションに合わせて選ぶ

いつ、どんな目的で着用するかによって、選ぶレディーススイムウェアは変わります。海やプールに遊びに行くといったレジャー目的ならば、おすすめのタイプはビキニやセパレートです。

ビキニタイプは女性が好むようなデザイン性の高いものが多く、レジャー向きです。セパレートタイプもデザインが豊富なうえに、体形をカバーできることが魅力的です。

一方、フィットネス目的でレディーススイムウェアを選ぶなら、オールインワンタイプやセパレートタイプがおすすめです。どちらも動きやすく、フィットネス用スイムウェアとして種類も豊富に販売されています。

ジムなどのプールでしっかりと泳ぎたいときは、ワンピースタイプかオールインワンタイプのスイムウェアを選びましょう。どちらも体にフィットする素材で作られているため水の抵抗を受けにくく、本格的に泳ぎたい人におすすめです。

運動目的でスイムウェアを購入するときは、体が動かしやすい伸縮性の高いもの、かつ生地が水を吸って重くならないはっ水性の高いものを選ぶと良いでしょう。

体形に合わせて選ぶ

女性が水着を着るときにどうしても気になるのは、体のラインがはっきりと出てしまうことです。

なるべくなら体形をカバーしたい、肌の露出を減らしたいという場合には、セパレートタイプやオールインワンタイプを選ぶのがおすすめです。

どちらもビキニタイプやワンピースタイプよりも肌の露出を抑えてくれるので、お腹や脚の露出を控えめにしたい人におすすめです。体形をカバーしたいならオールインワンタイプよりもセパレートタイプのほうがおすすめです。

オールインワンタイプは体にフィットするスイムウェアのため、セパレートタイプよりも体のラインが目立ちます。

体形に自信がある人や、客観的に自分の体形を見て意識したいという人は、レジャー用ならビキニタイプ、フィットネス用ならワンピースタイプを選ぶと良いでしょう。

機能・デザインで選ぶならおすすめのレディーススイムウェア(水着)ブランド

アリーナ ロゴ

目的や希望に合わせてレディーススイムウェアを選ぶときには、機能性やデザイン性の高い人気ブランドからスイムウェアを探すと、お気に入りの一枚が見つかりやすいです。

レディーススイムウェアを探すなら、「アリーナ」がおすすめです。

アリーナはフランス生まれのブランドで、ウォータースポーツのウェアやアイテムを豊富に取り扱っています。

ここでは、レディーススイムウェアの人気ブランドアリーナのラインナップから、おすすめのレディーススイムウェアを紹介します。

arena(アリーナ)のおすすめスイムウェア

アリーナが取り扱うレディーススイムウェアのなかから、ワンピースタイプ・セパレートタイプ・オールインワンタイプをそれぞれ紹介します。

【AQUA EXA】アクアエクササークルバック(ぴったりパッド)(着やストラップ)

まずはワンピースタイプの「【AQUA EXA】アクアエクササークルバック(ぴったりパッド)(着やストラップ)」。泳ぎやすさを追求し、はっ水機能の高いスイムウェア。泳ぎを上達させたい人におすすめで、2色のラインが入ったシンプルなデザインがおしゃれです。

大きめカラースナップ付きHASSUIセパレーツ(ぴったりパッド)

次に、セパレートタイプの「大きめカラースナップ付きHASSUIセパレーツ(ぴったりパッド)」。こちらもはっ水性が高く、軽い泳ぎ心地を実現したスイムウェアです。

フロントのカラージッパーがアクセントになっていておしゃれなデザインとなっています。

【AQUA EXA】 サークルバックスパッツ(ひっかけフィットパッド)(着やストラップ)

最後にオールインワンタイプの「【AQUA EXA】 サークルバックスパッツ(ひっかけフィットパッド)(着やストラップ)」です。

スタイリッシュなデザインのスイムウェアで、水中でも動きやすいのが特徴です。はっ水性が良く水中で軽い泳ぎ心地が感じられるため、泳ぎやすいでしょう。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】

水泳のゴーグル選びに迷ったことはありませんか?自分にフィットしているかどうか自信がない、レンズは何色を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。また、デザインが豊富なゴーグルは、シリーズごとにさまざまな機能を持ち合わせて[…]

水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手 対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編

日本のバタフライを牽引する川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)と水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)の2人。川本選手は愛知県、水沼選手は新潟県と地方を拠点に活動しています。それぞれの地域で活動する良さについて伺いました。そして、お互いを[…]

川本武史×水沼尚輝対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編
関連記事
ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】

突然ですが、GetNaviチームでは、2021年の夏は日常生活に「旅」を採り入れることが大事だと考えています。その理由は、ワクチンが行き渡るまで自由な外出もままならない生活が続くなかで、非日常の要素を日常に採り入れていくことが、日々の生活を[…]

ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編

4月の日本選手権の100mバタフライでワンツーフィニッシュを飾った水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)と川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)。準決勝では51秒00の日本タイ記録を樹立した川本選手に軍配が上がり、決勝では自分のレースに徹した水[…]

競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編
関連記事
競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

環境の変化は、時として人を大きく成長させてくれるトリガーになります。大本里佳選手(ANAイトマン)も、大学進学を機に地元の京都から東京に練習環境を移したことで、選手として大きく飛躍されました。練習内容も大きく変わり、さまざまな練習道具も活[…]

競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

目的やシーンに応じてスイムウェア(水着)を使い分けよう


レディーススイムウェアのタイプ別の特徴を紹介しました。

スイムウェアは、着るときの目的やシーンに合わせて、ビキニタイプやワンピースタイプ、セパレートタイプやオールインワンタイプを使い分けるといいでしょう。

今回紹介したおすすめブランドアリーナのレディーススイムウェアも、ぜひチェックしてみてくださいね。

レディーススイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。