#レディース(スイムウェア)

スイムウェア(水着)はおしゃれ&機能性が大事!レディースに人気のブランドは?

水中ウォーキングやアクアビクスなど、ダイエットや健康におすすめといわれているプールでの運動。プールで運動するためにスポーツジムに通う人も多いことでしょう。スポーツジムではフィットネス用のスイムウェアを着用します。

今回はレディース用のフィットネス用スイムウェアの種類や選ぶときのポイント、レディーススイムウェアを取り扱っている人気のブランドを紹介します。

フィットネス用のスイムウェア(水着)を選ぼう

まずはレディースのフィットネス用スイムウェアの種類を紹介します。フィットネス用スイムウェアには、ワンピースタイプ・セパレートタイプ・オールインワンタイプと3つの種類がありますが、どれが良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。それぞれのスイムウェアの特徴やおしゃれのポイントをあげていきますので、参考にしてください。

ワンピースタイプ

ワンピースタイプとは、上下がつながった一体型のスイムウェアのことです。生地が体にフィットするため水の抵抗を受けにくく、本格的に泳ぎたい人に特におすすめです。

また、ほかの2つのタイプと違って脚の露出度が高く、ボディラインがはっきりと出るのが特徴です。女性らしい水着でおしゃれ度を上げるなら、ワンピースタイプが良いでしょう。種類も豊富にそろっているため、自分好みのデザインが探せます。

セパレートタイプ

セパレートタイプとは、上下が分かれているスイムウェアのことで、着替えやすいというメリットがあります。

ただし、上下が分かれていることから、水中で体を動かすと裾がめくれやすいという難点もあります。また水の抵抗を大きく感じるため、本格的に泳ぐのには向いていません。

水中ウォーキングやアクアビクス、軽いスイミングなど、本格的に泳ぐ目的以外の人は、着替えやすいセパレートタイプを選ぶと良いでしょう。

トップスとボトムスで色が違うなど、上下に変化が出せるのも、セパレートタイプのおしゃれのポイントです。体型が気になる女性がおしゃれなフィットネス用スイムウェアを選ぶなら、セパレートタイプがおすすめです。

オールインワンタイプ

オールインワンタイプもワンピースタイプと同じく、上下がつながった一体型のスイムウェアです。体にフィットするデザインのため、水の抵抗を受けにくい点も同じです。

ワンピースタイプとの違いは、ボトムスにあたる部分の生地が膝上まであることです。脚の部分はスパッツタイプになっており、体型をカバーできます。

体のラインが出ることに抵抗はないけれど、なるべくなら露出は控えたいという女性には、オールインワンタイプのフィットネス用スイムウェアがおすすめです。

レディーススイムウェア(水着)を選ぶときに注目したいポイント


ここでは、レディーススイムウェアを選ぶときのポイントを紹介します。どのタイプのスイムウェアを選ぶ場合でも、次のポイントはチェックしてください。

機能性

フィットネス用スイムウェアを選ぶときの重要なポイントは、機能性です。伸縮性・はっ水性・保温性・耐塩素性などを備えたスイムウェアを選びましょう。

スイムウェアは体にピタッとフィットするデザインが多く、伸縮性がないと腕や脚など、体が動かしにくいです。泳ぎやすさ、水中での運動のしやすさを重要視するなら、伸縮性の高いものを選びましょう。

また、はっ水性が高いとプールに入っても生地が水を含みにくく、スイムウェアが重くならずに済みます。水の抵抗も軽減するため、泳ぎやすさがアップするでしょう。

プールから上がって体が冷えるのを防ぎたいときは、保温性が重要です。保温性は体温を維持してくれるため、水中で体が冷えないようにしてくれます。プールに入ると寒いという人は保温性のあるスイムウェアがおすすめです。

おしゃれ・デザイン

レディーススイムウェアを選ぶなら、おしゃれにも注目したいところです。自分が気に入るもの、好みのデザイン、人気のスイムウェアを選ぶことでモチベーションアップにつながります。モチベーションが上がれば、水泳や水中ウォーキングなどの運動も長く続けられるでしょう。毎日のスポーツジムが楽しくなるように、気分が上がるスイムウェアを選んでください。

サイズ・素材

機能性の高いおしゃれなスイムウェアを見つけたら、自分の体に合うサイズがあるか確認しましょう。

水中では水圧によって体が縮むため、スイムウェアが大きくなったように感じることがあります。サイズが大きすぎるスイムウェアを選ぶと、プールに入っているうちにぶかぶかになってしまうかもしれません。

また、小さすぎるサイズもよくありません。小さいスイムウェアを着ると、体への圧迫感から呼吸がしづらくなってしまう可能性があります。スイムウェアのサイズは自分の体にぴたりと合うサイズか、少しだけきついと感じるくらいのサイズがおすすめです。

また、フィットネス用スイムウェアの素材はポリエステルやナイロン、ポリウレタンなどを選びましょう。スイムウェアの多くはポリエステルとポリウレタンが編み込まれていますが、ナイロンとポリウレタンの組み合わせで編み込まれているものもあります。

ポリエステルとナイロンがありますが、ポリエステルは、変形しにくいという特徴があります。一方で、ナイロンは引っ張ったときの強度が高く、肌触りのよさが特徴です。ポリウレタン混の素材は伸縮性が高いため、多くのスイムウェアで使われている素材です。

機能・デザインでスイムウェア(水着)選ぶ人におすすめのレディースブランド


レディーススイムウェアを探すなら、人気ブランドの「アリーナ」がおすすめです。アリーナはフィットネス用以外に競泳用のスイムウェアも取り扱っていて、機能性・デザイン性の高いスイムウェアが豊富にそろえられた人気ブランドです。

アリーナが取り扱うスイムウェアのなかから、オールインワンタイプ・ワンピースタイプ・セパレートタイプでそれぞれ人気のレディーススイムウェアを紹介します。

【AQUA EXA】アクアエクササークルバックスパッツ(ぴったりパッド)(着やストラップ)

生地がはっ水加工されていることと、背中に穴があって水が抜けやすいサークルバックタイプが特徴で、水の抵抗を受けにくく泳ぎやすいというメリットがあります。

初心者から中級者向けのフィットネス用スイムウェアです。ブラックの生地に2色のライン、ウエスト部分でくびれを演出するような曲線が描かれているため、着痩せ効果が期待できます。

【TOUGHSUIT】 メッシュフライバック

TOUGHSUITシリーズという耐久性の高さが人気の1枚です。塩素に強い素材のため、スイムウェアが劣化しにくく、長持ちします。
チェッカーフラッグをモチーフにした柄がおしゃれなスイムウェアで、華のあるデザインも人気です。

大きめカラースナップ付き フロントファスナー付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)

前身頃にジッパーがついていて、着脱しやすいのが特徴です。水中ウォーキングやアクアビクスといった軽い運動だけでなく、少し泳ぎたいという人向きでもあるスイムウェアです。
体型をカバーしたいという方にもおすすめのタイプです。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」

15年もの長い間、日本代表として世界と戦い続けている入江陵介選手(イトマン東進)。今年の4月に行われた第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技でも、50m、100m、200m背泳ぎで3冠を達成しました。100m背泳ぎでは8年連続10回目の[…]

入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」
関連記事
清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」

ときに、自分が持っている力以上のパフォーマンスを発揮できる瞬間があります。2013年に日本代表入りを果たして以来、数多くの国際大会で活躍されてきた清水咲子選手(ミキハウス)も「特に試合では、チーム力は自分の大きなエネルギーになる」と話しま[…]

清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」
関連記事
海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード

ラッシュガード【Rash Guard】。ひと昔前までは「サーファーが着ているあの黒いゴムみたいなやつだよね」というのが、一般的なイメージでした。しかし今ではしっかり市民権を獲得し、海だけではなく、特に女性のアウトドアウェアとしても使われる[…]

海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード
関連記事
長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」

『水着は、水泳選手にとって欠かせないパートナー』。そう話すのは、200mバタフライの第一人者として国内外で活躍する長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。世界を舞台に戦う選手の水着選びのポイントだけではなく、ジュニア選手の登竜門、JOCジ[…]

長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」
関連記事

宮崎県西都市にあるデサントアパレル株式会社西都工場にやってきました。こちらの工場では世界で戦うトップスイマーが愛用する「アリーナ」ブランドのスイムウェアの縫製を担っています。普段はなかなか表に出てこない「アリーナ」の商品ができるまでを追い[…]

自分の身体にフィットするスイムウェアを選ぼう

スポーツジムのプールで運動するなら、フィットネス用スイムウェアを選びましょう。

レディーススイムウェアのタイプは主に3種類ありますが、どのスイムウェアを選ぶときにも、機能性やデザイン、サイズをチェックしてください。

人気ブランドから気になるタイプのスイムウェアを探すのもおすすめです。自分の体にフィットするお気に入りの1枚が見つかれば、スポーツジムのプールに通うのが楽しくなります。

レディーススイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。