#レディース(スイムウェア)

レディーススイムウェア(水着)のインナーショーツは必要?

スイムウェアは直接着用するのではなく、インナーショーツを着用してから身に着けることをおすすめします。

スイムウェアのインナーショーツにはどんな役割があるのか、どんな種類があるのかについて紹介しますので、自分に合ったインナーショーツを探しましょう。

レディーススイムウェア(水着)のインナーショーツとは

スイムウェアは、そのまま着用するものというイメージがありますが、そのまま着用するとアンダーヘアが気になったり、股部分の形が気になったりして、その結果スイミングやエクササイズに集中できないという事態も招きかねません。

インナーショーツは、そのような悩みを解決してくれます。スイムウェアの下に1枚着用するだけで違和感も少なく、反対にインナーショーツを身に着けていたほうが安定感・安心感があり、スイミングやエクササイズに集中できます。

スイムウェア用のインナーショーツは水着と同じような素材でできており、プールに入っても違和感の少ない構造になっています。

体にしっかりフィットし、アイテムによってはスイムウェアが透けるのを防いでくれる役割も果たします。スイムウェアを購入する際は、インナーショーツも忘れずに購入しましょう。

スイムウェア(水着)だけでなくインナーショーツが必要な理由は?

スイムウェアのインナーショーツの着用をおすすめする理由を2つ紹介します。

必要性を理解し、動きやすく、より快適にスイミングを楽しめるインナーショーツを取り入れましょう。

1. スイムウェア(水着)の透けを防ぐ

フィットネス用のスイムウェアは色の濃いものが多いですが、薄い色のスイムウェアは水に濡れた際に透け感が気になる場合があります。

インナーショーツを着用していれば、透け感を気にすることなくスイミング、エクササイズを楽しむことができます。薄い色のスイムウェアのインナーはベージュなど肌色に近いものを選ぶと良いでしょう。

透ける心配はなさそうでも、自分ではなかなか気づきにくい部分ですので、エチケットのためにも着用することをおすすめします。

2. アンダーヘアが出るのを防ぐ

スイムウェアのなかでもハイレグタイプのものは、泳いだりエクササイズをすることで多少ズレてしまうことがあります。そのときにアンダーヘアが出てしまう可能性もあり、それが気になるという方も少なくありません。

局部をしっかりカバーしてくれるインナーショーツをはいていれば、このようなアンダーヘアがうっかり見えてしまうというトラブルを回避できます。

レディース用インナーショーツの種類は?

【すらっとセパ】大きめカラースナップ付き フロントファスナー付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)

レディース用のインナーショーツにはさまざまな種類があります。スイムウェアの種類に合わせて、また自分の動きやすさを考慮して、ぴったりのインナーショーツを探しましょう。

ここでは5タイプのインナーショーツを紹介します。

1. Tバックタイプ

Tバックタイプのインナーショーツは、その名のとおりバックがT字になっています。

ハイレグのスイムウェアを着用する際は、ヒップにインナーショーツのラインが出たり、インナーショーツがはみ出したりするのを避けるためにおすすめです。

しかし、Tバックタイプのインナーショーツは多くの場合レジャー用の水着に取り入れられるアイテムです。しっかり泳ぐとなると食い込みが気になる場合があります。

2. ノーマルタイプ

ノーマルタイプは、一般的なショーツのようにしっかりヒップまでカバーしてくれるタイプです。フィットネス用のスイムウェアのインナーショーツとしても、動きやすく、不快感のない形をしているためおすすめです。

売られているインナーショーツのなかでも、このノーマルタイプは種類が多いので、カラーなど自分好みのものが選べます。スイムウェアと合わせてインナーショーツの色が透けないものを選びましょう。

3. サイドクリア

ショーツのサイドの部分がクリアになっているタイプです。レジャー用のスイムウェアで、サイドが編み上げになっているものや、紐でくくるタイプのビキニの場合に役立ちます。

しかし、フィットネス用のスイムウェアでは、サイドを気にする必要はあまりないでしょう。ハイレグの角度が急で、インナーショーツがどうしてもはみ出てしまうという場合には取り入れることをおすすめします。

また、インナーショーツを何枚も購入するのはもったいないと考える方は、レジャー用と合わせてサイドクリアを1つを持っておく、というのもおすすめです。

4. ハイウエスト

ハイウエストタイプのインナーショーツは、ノーマルタイプのシルエットで、おへそ辺りまでカバーしてくれます。プールに入っているとどうしても体が冷えてしまいますが、このようにおなかまでカバーするインナーショーツは、腹部の冷えが気になる方におすすめです。

また、おなかをしっかりホールドしてくれるので、おなか回りが気になる方はコンプレックスを隠すこともできます。

5. ボクサータイプ

ボクサータイプのインナーショーツも人気があります。男性が着用するボクサーパンツのような形状をしており、足の付け根までしっかりカバーしてくれます。

レディースのスイムウェアの、太ももまでカバーするセパレートタイプやオールインワンタイプは、このボクサータイプもおすすめです。ボクサータイプはおしゃれなデザインのものも多く、選ぶのが楽しいという魅力もあります。

動きやすさはそのほかのインナーショーツと比べると太ももまで覆われるのでやや劣ります。しっかり泳ぎたいという方はボクサータイプ以外のインナーショーツを選びましょう。

水泳に関するおすすめ記事


「アリーナ」の商品ができるまでを追いかけ、工場で働く職人さんたちにお話を伺いました。
関連記事

宮崎県西都市にあるデサントアパレル株式会社西都工場にやってきました。こちらの工場では世界で戦うトップスイマーが愛用する「アリーナ」ブランドのスイムウェアの縫製を担っています。普段はなかなか表に出てこない「アリーナ」の商品ができるまでを追い[…]


スイムウェア(水着)を購入するときはインナーショーツもチェックしよう

スイムウェアに取り入れたいインナーショーツについて紹介しました。

インナーショーツは、透けやアンダーヘアのはみ出しを防ぐだけでなく、動きやすく、パフォーマンスの向上にもつながる優秀なアイテムです。

スイムウェア売り場にはインナーショーツも販売されていますので、ぜひチェックしてください。さまざまなデザイン、シルエットの中から、自分の持っているスイムウェアのデザインや好みに合わせ、使いやすいインナーショーツを手に入れましょう。

レディーススイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。