#レディース(スイムウェア)

スイムウェア(水着)を選ぼう!レディースおすすめのブランドや特徴・性能は?

スポーツジムのプールを利用するときに選ぶフィットネス用や競泳用のスイムウェア。せっかくだから良いものを買おうと思っても、選ぶポイントがわからないと悩みませんか。

今回はスイムウェアを選ぶときのポイントと、プールを利用するときにそろえたいアイテム、レディーススイムウェアでおすすめのブランドやスイムウェアを紹介します。初めてスイムウェアを選ぶという方は、ぜひ参考にしてください。

フィットネス用スイムウェア(水着)の選び方


健康やダイエットのためにスポーツジムのプールで運動する場合には、海などで着るビキニやおしゃれ水着ではなく、フィットネス用スイムウェアを用意しましょう。フィットネス用スイムウェアを選ぶときには、次の点に気をつけて選んでみてください。

水着は機能性を重視

フィットネス用スイムウェアを選ぶときは、機能性に注目して選びましょう。

スイムウェアを着て水の中で体を動かす場合に重要なのが、伸縮性です。本格的に泳ぎたい人も、水中ウォーキングやアクアビクスなどで体を動かしたい人も、伸縮性の高いスイムウェアを着ることで、体が動かしやすくなります。快適に運動するためには伸縮性の高さだけでなく、自分の体にぴったり合うサイズか少しきつめのサイズを選ぶと良いでしょう。

ほかにもはっ水性が高いと水中で軽い着心地が感じられ、泳ぎやすくなってタイムを縮めることも期待できます。
本格的に泳ぎたい人は、ぜひはっ水性の高いスイムウェアを試してみてください。

さらに、スイムウェアのなかには保温性が備わっているものもあります。プールで体が冷えやすい人は保温性の高いスイムウェアがおすすめです。

フィットネス用か競泳用の水着が一般的

スポーツジムのプールを利用するときに着用するスイムウェアは、フィットネス用や競泳用が一般的です。
フィットネス用スイムウェアには水中ウォーキングやアクアビクスといった、アクアフィットネス、アクアエクササイズをする人、軽く泳ぎたい人におすすめです。

また、本格的に泳ぎたいけどスポーツジムのプールに行くのは初めてだという人も、まずはフィットネス用のスイムウェアを選ぶことをおすすめします。フィットネス用のスイムウェアはタイプもいろいろあるため、自分に合ったものを見つけられるでしょう。

本格的に泳ぎたい人には、競泳用スイムウェアがおすすめです。競泳用スイムウェアは、水泳の大会などに出る人や、競技として水泳を極めていきたい人に向けて作られています。
競泳用スイムウェアには試合用と練習用がありますが、スポーツジムのプールを利用するときはどちらでも構いません。競泳用スイムウェアは機能性が高く、生地もフィットネス用より薄いのが特徴です。

ちなみに、水着として一番イメージしやすい、レジャー向けのおしゃれ水着ですが、スポーツジムのプールには向きません。水の抵抗を受けやすく、水着がずれる心配があるためフィットネス用か競泳用スイムウェアがおすすめです。

スイムウェア(水着)のほかにそろえたいアイテム

スポーツジムのプールに通うときはスイムウェア以外にもそろえたいアイテムがあります。

スイムキャップ

スイムキャップは、多くの施設で着用を義務付けられているため用意しておきましょう。スイムキャップの種類はテキスタイルキャップ・シリコンキャップ・2wayシリコンキャップ・メッシュキャップの主に4種類があります。それぞれに特徴があるため、自分に合ったスイムキャップを探してください。

ゴーグル

水中での視界を確保するためには、ゴーグルも必要です。ゴーグルは視界を確保するだけでなく、目にプールの水が入らないように保護してくれます。プールの水には消毒用の塩素が入っているため、誤って目に入ると目に痛みを感じる恐れがあります。

そのため、プールはウォーキングするだけで泳ぐことはない人でも、ゴーグルは用意しておきたいグッズの一つです。長時間プールを利用する場合には、クッション性のあるゴーグルを選ぶのがおすすめです。

タオル

プールから上がったあとに使用する大きめのタオルは、セームタオルを用意するといいでしょう。セームタオルは水を吸ったあとに絞ることで吸収が回復するタオルです。
休憩を挟みながら何度もプールに入るという人は、すぐタオルがびしょ濡れになってしまうと困ります。その点、セームタオルはとても便利です。

防水ポーチ

さらに、防水ポーチも用意しておくと良いでしょう。使い終わって濡れたスイムキャップやゴーグル、スイミング用の耳栓を防水ポーチに入れておけば、持ち帰るときにバッグを濡らすこともありません。

このほかにも、普段コンタクトレンズをつけている人は替えのコンタクトレンズを持っていくと安心です。

レディーススイムウェアでおすすめのブランドは?


フィットネス用や競泳用スイムウェアを探すとき、初めてだとどのブランドがいいのか悩みます。
今回おすすめする「アリーナ」は、高機能なスイムウェアを多くそろえるフランス発のブランドです。
メンズ、レディースどちらのスイムウェアも豊富に取り扱っており、機能性だけでなくデザイン性の高さも注目です。

arena(アリーナ)のおすすめスイムウェア

アリーナのおすすめレディーススイムウェアをワンピースタイプ、オールインワンタイプ、セパレートタイプの3種類、紹介します。

【FINA承認モデル】【AQUA RACING】 アクアレーシング セイフリーバック(着やストラップ)

まずは上下がつながった一体型のスイムウェア、「【FINA承認モデル】【AQUA RACING】 アクアレーシング セイフリーバック(着やストラップ)」。こちらは公式の大会で着用を認められている、FINA承認モデルです。初級スイマー向けのAQUA RACINGシリーズで、伸縮性・はっ水性が高く、タイムを縮めたい人におすすめです。

【TOUGHSUIT】タフハーフスパッツ(着やストラップ)

次に紹介するのが「【TOUGHSUIT】タフハーフスパッツ(着やストラップ)」。上下一体型で膝上まで生地があるスイムウェアです。体にフィットする形ですが、脱ぎ着がしやすいのも嬉しいポイント。耐久性も抜群です。

大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)

最後に紹介するのがセパレートタイプの「大きめカラースナップ付きセパレーツ(差し込みフィットパッド)」ポリウレタンを使用しているためプールの中でも動きやすいのがポイント。水中ウォーキングやアクアビクスを楽しみたい人におすすめのスイムウェアです。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」

15年もの長い間、日本代表として世界と戦い続けている入江陵介選手(イトマン東進)。今年の4月に行われた第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技でも、50m、100m、200m背泳ぎで3冠を達成しました。100m背泳ぎでは8年連続10回目の[…]

入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」
関連記事
清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」

ときに、自分が持っている力以上のパフォーマンスを発揮できる瞬間があります。2013年に日本代表入りを果たして以来、数多くの国際大会で活躍されてきた清水咲子選手(ミキハウス)も「特に試合では、チーム力は自分の大きなエネルギーになる」と話しま[…]

清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」
関連記事
海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード

ラッシュガード【Rash Guard】。ひと昔前までは「サーファーが着ているあの黒いゴムみたいなやつだよね」というのが、一般的なイメージでした。しかし今ではしっかり市民権を獲得し、海だけではなく、特に女性のアウトドアウェアとしても使われる[…]

海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード
関連記事
長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」

『水着は、水泳選手にとって欠かせないパートナー』。そう話すのは、200mバタフライの第一人者として国内外で活躍する長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。世界を舞台に戦う選手の水着選びのポイントだけではなく、ジュニア選手の登竜門、JOCジ[…]

長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」
関連記事

宮崎県西都市にあるデサントアパレル株式会社西都工場にやってきました。こちらの工場では世界で戦うトップスイマーが愛用する「アリーナ」ブランドのスイムウェアの縫製を担っています。普段はなかなか表に出てこない「アリーナ」の商品ができるまでを追い[…]

スイムウェア(水着)はデザイン&機能性をチェックしよう


スポーツジムのプールに通うなら、フィットネス用スイムウェアや競泳用スイムウェアがおすすめです。スイムウェアを選ぶときは、はっ水性などの機能性を重視し、自分に合ったものを探しましょう。

今回紹介したおすすめブランドのアリーナは、機能性だけでなくデザイン性も高いスイムウェアがそろっています。フィットネス用スイムウェアをどこで探せばいいかわからないときは、まずアリーナから探してみてはいかかでしょうか。

レディーススイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。