#レディース(スイムウェア)

ジム・フィットネス用のレディーススイムウェア(水着)の選び方は?

最近太ってきたから運動がしたい、健康のためにジムで泳ぎたい、などの理由でスポーツジムのプールに通おうと決めたとき、スイムウェア(水着)は何を選ぶべきか迷うのではないでしょうか。
今回はフィットネス用スイムウェアの選び方やレディーススイムウェアの種類、プールを利用するときのマナーについて紹介します。

フィットネス用スイムウェア(水着)の選び方


スイミングや水中ウォーキング、アクアビクスなど、健康やダイエットのためスポーツジムのプールに通う場合に着用したいのがフィットネス用のスイムウェアです。フィットネス用スイムウェアは海やプールへ遊びに行くときに着るスイムウェアとは違います。

どんなレディーススイムウェアがフィットネス用におすすめなのか、まずは選び方を紹介します。

スイムウェアは機能性を重視

フィットネス用のスイムウェアを選ぶときは、伸縮性・はっ水性・着心地のよさなどに注目しましょう。

特に伸縮性はとても重要なポイントです。スイムウェアは体にピタッとフィットする作りになっているため、伸縮性がよくないと体が動かしにくく、泳ぎづらいと感じます。

また、泳ぎやすさはスイムウェアのサイズも関係してきます。スイムウェアのサイズが大きすぎると、泳いでいるうちにウェアがブカブカして体にまとわりつくため、運動がしにくくなります。反対に、小さすぎるサイズは着ているうちに不快になってくる可能性もあるため、注意が必要です。スイムウェアを選ぶときは自分の体にぴったり合うサイズか、少しだけきつめのサイズを選ぶのがおすすめです。

はっ水性の良いスイムウェアだと、さらに泳ぎやすくなります。はっ水性の良いスイムウェアは水を吸い込みにくいため、生地が水を含んで重くなることがなく、水中で快適に体を動かせます。
スイムウェアは体に直接触れるものです。機能性をチェックしつつ、着心地も確かめましょう。

フィットネス用か競泳用の水着が一般的

スポーツジムのプールで運動するときのスイムウェアは、フィットネス用スイムウェアか競泳用スイムウェアを着用するのが一般的です。

水着といえば、海水浴で着るビキニなど、レジャー用の水着を持っている人が多いでしょう。スポーツジムに通うときも、家にある水着を着れば良いと考えている人もいるかもしれませんが、ジムのプールを利用するなら、フィットネス用か競泳用の水着を用意しましょう。

ビキニなどのレジャー用水着はフィットネス用に作られていないため、ひらひらとした装飾が邪魔で泳ぎづらい、泳いでいる途中でずれが起こる可能性もあります。また、おしゃれ水着は水の抵抗も大きいため、スポーツジムのプールで運動するスイムウェアとしては向いていません。

初めてスポーツジム用のスイムウェアを購入するなら、競泳用よりもフィットネス用スイムウェアがおすすめです。フィットネス用スイムウェアは競泳用スイムウェアよりも生地が厚く、レディーススイムウェアは胸の部分にカップがついているものもあります。スイムウェアのタイプもいろいろあるため、自分が着やすいタイプを選ぶことができます。

フィットネス用のスイムウェア(水着)を選ぼう


レディースのフィットネス用スイムウェアは、ワンピースタイプ・セパレートタイプ・オールインワンタイプの3タイプあります。それぞれのタイプの特徴を紹介しますので、レディーススイムウェアを選ぶときの参考にしてください。

ワンピースタイプ

まずはワンピースタイプのフィットネス用スイムウェアです。ワンピースタイプは体にフィットして動きやすく、上下がつながっているため水の抵抗を受けにくいのが特徴です。
泳ぎに適しているため、しっかりと泳ぎたい人におすすめのタイプです。競泳用スイムウェアもワンピースタイプが多いです。

ただし、ワンピースタイプには、脚の露出部分が多く体のラインが出やすいという特徴もあります。あまり肌を見せたくない、体形をカバーしたいという女性は別のタイプを選ぶのが良いでしょう。

セパレートタイプ

セパレートタイプのスイムウェアは、トップスとボトムスで分かれているのが特徴です。

ワンピースタイプのスイムウェアに比べると水の抵抗を受けやすく、本格的に泳ぐのには向いていませんが、水中ウォーキングやアクアビクスをしたい女性にはおすすめのスイムウェアです。脱ぎ着しやすいため、着替えが楽なのも良いところです。体のラインをなるべく隠したい人にも向いています。

オールインワンタイプ

オールインワンタイプはワンピースタイプと同じ上下一体形ですが、ボトムスは膝上まで生地があるスパッツタイプになっています。泳ぎたいけど体形は隠したいという女性は、オールインワンタイプのスイムウェアを選ぶと良いでしょう。泳ぎ以外に、水中ウォーキングにも適しています。

スイムウェア(水着)のほかにそろえたいアイテム


スポーツジムのプールに通うなら、フィットネス用スイムウェアのほかにもそろえておきたいアイテムがあります。

まず、スイムキャップは多くのジムで着用するようにルールが決められているため、用意しておきましょう。スイムキャップを被らないままプールに入ると、抜けた髪の毛がプールに浮いてしまうため、不衛生です。髪の毛はまとめてスイムキャップの中へしまいましょう。

ほかにもゴーグルや大きめのタオルを用意しておくと良いでしょう。

ゴーグルはプールの中での視界を確保する以外に、目を守る役割があります。プールは消毒のために塩素が使用されており、塩素は眼を傷つけるおそれがあるのです。泳がずに水中を歩くだけという人も、誤ってプールの水が目に入らないようゴーグルの準備が必要です。

大きめのタオルは、プールから出たあとに体を拭いたり、体に巻きつけて温めるために使います。タオルレンタルをしているスポーツジムもありますが、吸水性の良いセームタオルなどを持参すると便利です。

また、あると便利なのが防水ポーチや耳栓です。プール用品は水に濡れるため、ポーチなどの入れ物は防水タイプを用意するのがおすすめです。スイミング用の耳栓は、普通の耳栓と違って水中でも外れにくく、水が耳の中に入るのを防いでくれます。

プールデビューをする前にマナーも知っておこう


スポーツジムのプールを利用する場合、施設ごとに利用のルールが決められています。利用する前に必ずチェックして、ルールを守り利用しましょう。

ここでは、プールを利用するときの一般的なマナーを紹介します。

プールではスイムキャップの着用が義務付けられていることが多いです。そのため、必ずスイムキャップを被ってプールに入りましょう。

女性の場合、メイクをしている人も多いですが、衛生上の問題から、メイクをしたままプールに入らないのもマナーの一つです。更衣室でメイクを落としてからプールを利用してください。

また、アクセサリーは外してからプールに入りましょう。プールの中やプールサイドでアクセサリーを落とした場合、ほかの利用者が怪我をするおそれがあります。水に流されて排水口に落ちる可能性もあるため、スイムウェアに着替えるときに外しておきましょう。

そのほか、プール利用時のマナーとして、混雑時には無理な追い越しをしない、飛びこまないといったものがあります。泳いでいるときや水中ウォーキングをしているとき、前の人に追いついてしまったとしても、無理な追い越しはやめましょう。ぶつかってけがをしたり、トラブルになったりする可能性があります。

また、飛び込み台やプールサイドから飛び込むのも危険なため、やめましょう。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」

15年もの長い間、日本代表として世界と戦い続けている入江陵介選手(イトマン東進)。今年の4月に行われた第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技でも、50m、100m、200m背泳ぎで3冠を達成しました。100m背泳ぎでは8年連続10回目の[…]

入江陵介「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」
関連記事
清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」

ときに、自分が持っている力以上のパフォーマンスを発揮できる瞬間があります。2013年に日本代表入りを果たして以来、数多くの国際大会で活躍されてきた清水咲子選手(ミキハウス)も「特に試合では、チーム力は自分の大きなエネルギーになる」と話しま[…]

清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」
関連記事
海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード

ラッシュガード【Rash Guard】。ひと昔前までは「サーファーが着ているあの黒いゴムみたいなやつだよね」というのが、一般的なイメージでした。しかし今ではしっかり市民権を獲得し、海だけではなく、特に女性のアウトドアウェアとしても使われる[…]

海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード
関連記事
長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」

『水着は、水泳選手にとって欠かせないパートナー』。そう話すのは、200mバタフライの第一人者として国内外で活躍する長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。世界を舞台に戦う選手の水着選びのポイントだけではなく、ジュニア選手の登竜門、JOCジ[…]

長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」
関連記事

宮崎県西都市にあるデサントアパレル株式会社西都工場にやってきました。こちらの工場では世界で戦うトップスイマーが愛用する「アリーナ」ブランドのスイムウェアの縫製を担っています。普段はなかなか表に出てこない「アリーナ」の商品ができるまでを追い[…]

自分にピッタリなフィットネス用スイムウェア(水着)を見つけよう


スポーツジムのプールに通うなら、フィットネス用スイムウェアがおすすめです。
レディーススイムウェアには3タイプあり、それぞれに特徴があります。
本格的に泳ぎたい、水中ウォーキングなど軽い運動から始めたい、体形を隠したいなど、自分の希望に合ったスイムウェアを見つけましょう。

レディーススイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。