#メンズ(サイクルウェア)

夏のサイクルウェア、おしゃれなメンズコーデを紹介!

サイクリストにとって、夏は冬以上にウェア選びに悩む時期かもしれません。できるだけ快適なライドをしながらも、おしゃれは忘れたくないと考える方も多いのではないでしょうか。

この記事ではおしゃれなメンズサイクルウェアのコーデや、夏のライドのときに忘れてはならない暑さ対策や必要アイテムを紹介します。

夏のサイクルウェアポイント

夏のサイクルウェアはどのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。まずは基本的なスタイルから紹介していきます。

基本スタイル

夏のサイクルウェアは、半袖ジャージと夏用インナー、それと7分丈パンツかショートパンツというスタイルが基本です。

夏は他の季節よりも大量に汗をかくので、吸汗速乾性に優れた素材を使用したジャージを選びましょう。綿のTシャツは、吸汗性はありますが乾きにくいので、夏のライドでは避けたほうが良いです。

最近では、直射日光を反射してウェア内の温度上昇を軽減する機能と高いUVカット機能を併せ持つタイプもあります。できるだけ快適なライドをするためにも素材選びは大切なポイントです。

アンダーウェアは必ず着る

「重ね着をしたら暑くなりそうだから、夏はアンダーウェアはいらないのでは」と考えてしまいがちですが、実は夏こそアンダーウェアが必要です。

アンダーウェアは、体から素早く汗を吸い上げ乾かす機能があるものもあり、ジャージだけでは吸汗が追いつかない場合にも、対応でき、さらに汗冷えを軽減する効果もあります。

肌面に汗が残りにくく、ジャージが張り付くのを防いでくれるので、快適なライドが楽しめます。
また長袖のアンダーウェアなら紫外線対策にも役立ちます。

アームカバー・レッグカバーを着ける

半袖、短パンが基本スタイルである夏のライドで避けられないのが日焼けです。日焼けは体力を消耗させるだけでなく、体調不良を引き起こす原因にもなるので、注意が必要です。

日焼け止めを塗るのも効果的ですが、それだけでは不十分なことが多いので、できればアームカバーやレッグカバーを着けたほうが良いでしょう。ずれることが気になる方は最初から夏用のロングタイツや長袖のウェアを着用するのもおすすめです。

色の選び方

夏に着るウェアはどんな色を選んだら良いのでしょうか。白系と黒系ではそれぞれメリット・デメリットがあります。

まず白系は光を反射しやすく熱がこもりにくいという効果があり、見た目も涼しげです。

黒系は、光を吸収し反射することがありません。ただ光を吸収するということは熱のこもりやすさにつながってしまいます。また黒い色はハチが攻撃する色でもあるので、ライドの場所によっては注意が必要です。

機能性に優れた薄手の長袖ジャージもあり

半袖のジャージに紫外線対策としてアームカバーを着けるスタイルが一般的ですが、アームカバーはライド中にずれてきてしまうという心配があります。

そこでおすすめなのが薄手の長袖ジャージです。長袖だと暑いというイメージがありますが、最近では背中や脇がオールメッシュで作られているタイプもあります。

吸汗速乾性はもちろん、UVカット効果がある素材で作られているものがほとんどのため、アームカバーの代わりとして紫外線対策に役立ちます。そのときのライドのタイプによって、半袖と長袖を使い分けると良いでしょう。

夏のおしゃれなメンズサイクルウェアコーデは?

ルコックスポルティフのサイクルウェアは普段着のようなカジュアルタイプから本格的なタイプまで、多くのラインナップがあります。ここでは夏でもおしゃれなウェアでサイクリングしたい方へ向けて、ルコックスポルティフのサイクルウェアからおしゃれなコーディネートを紹介します。

le coq sportif×CHARI&CO 半袖シャツ&3/4 Pants

チャリアンドコーとコラボした半袖シャツはドライ天竺を使用しており、また背中には再帰反射テープが付いているので、視認性を高めてくれます。タイダイ風(絞り染め風)を総柄プリントしているコットンライクのおしゃれなデザインは普段使いにも対応できます。

そんな少し派手なシャツに合わせるのは、シンプルな7分丈パンツがおすすめです。こちらも普通のチノパンのように見えますが、ストレッチ性とはっ水性があるので、しっかりサイクルウェアとしての機能を兼ね備えています。

おしゃれでありながらもサイクリストのことを考えたウェアコーデです。

Casual Jersey&Fit-able Pants

ジャージはシンプルなデザインですが、しっかりと吸汗速乾や再帰反射機能が付いています。
洋服に近いフィット感のため、ピタピタすぎるジャージに抵抗がある方にもおすすめです。

もちろんバックポケットも付いているのでライドに必要なものはこちらに収納できます。

このシンプルなシャツに合わせたいのが、脇にロゴが入ったシンプルなショートパンツです。
オリジナルのハンモック構造によって、多くの人にパッドがフィットしやすくなり、ロングライドでのストレスが軽減されます。

またライディング姿勢を取ったときに適したフィッティングになるように設計されているのもポイントです。
シャツはUPF15、パンツはUPF50と紫外線対策もできるので夏のロングライドにおすすめのコーデです。

暑さ対策も忘れずに!

ルコックスポルティフ・Steel Jersey・Steel Bib Pants

ウェアのチョイスも大切ですが、夏のライドで一番注意しなくてはならないのが暑さです。次は暑さ対策を、行動とアイテムに分けて解説します。

行動

暑さ対策をするのは、どのような行動をとったら良いのでしょうか。

暑い時間を避けて短時間ライドにする

どんなに暑さ対策をしていたとしても、真夏の炎天下の中でライドするのは危険な可能性が高いです。特に昼過ぎは気温もどんどん上昇し、日差しも強くなっていくので避けた方が良いでしょう。

夏のライドは朝一番か夕方などの気温が少しでも低い時間を選ぶことが大切です。どうしても日中に乗らなくてはいけないときは、できるだけ日陰を走るなどルートを選ぶ必要もあります。

またいつもは6~8時間乗っている方でも、夏は2~3時間に減らすことで、暑さによるダメージを軽減できます。「夏のライドは涼しい時間帯に短時間」がおすすめです。

体調管理に気を付ける

睡眠不足や疲れているときは、いつも以上に夏バテや体調を崩しやすい状態のため、ライド前に少しでも体調が悪いと感じたら、日程を変えるなどの柔軟な対応も必要です。

体調不良を防ぐには前日はお酒を控え、食事で栄養補給をし、しっかりと睡眠をとることが大切です。

また夏になる前の6~7月のうちに、少し汗ばむ気温の中でライドし、暑さに体を慣らしておきましょう

日焼け対策をする

日焼けは肌が焼けるだけでなく、かなり体力を奪うので翌日まで疲労が残ってしまうことがあります。

また長時間、日に当たっていることで体温調整がうまくいかなくなり、熱中症にもつながります。日焼け止めを塗るのはもちろん、UVカット効果のあるアームカバーやレッグカバーを着け、肌に直接日が当たらないような対策をとることも必要です。

またウェアも紫外線対策できるものを選びましょう。

こまめに水分補給する

「のどが渇いたと感じる前に水分補給する」ということが一番大切です。のどが渇いた状態ではすでに脱水症状が始まっているため、ライドのときは自分でタイミングを決めて、少しずつ水分補給をするようにしましょう。

また、飲み物はきらさないように常に2本以上は用意するよう心がけましょう。
汗をかくというのは水分とミネラルが体から出ていっている状態のため、水だけの補給では体内の塩分は不足してしまいます。ライドに持っていく飲み物はスポーツドリンクや経口補水液、麦茶などがおすすめです。

アイテム

暑さ対策に必要なアイテムにはどんなものがあるのでしょうか。

冷却アイテム

サイクリング用でなくても冷却スカーフを首に巻くことで、首元を冷やしてくれる効果があります。コールドスプレーも肌や筋肉を冷やしてくれるので、あると安心です。また軽い熱中症の症状が出てしまったとき用に瞬間冷却材があれば、首や脇を冷やすことができるので、こちらも用意しておくと良いでしょう。

保冷ボトル

通常のボトルに飲み物を入れておくのも良いですが、やはり夏は保冷ボトルを用意することをおすすめします。暑いときに冷たい飲み物を飲むことでクールダウンできますし、なにより暑いときの冷たい飲み物はひんやりとして美味しく感じます。パフォーマンスの低下を防ぐという結果もあるそうです。

サングラス

紫外線による目へのダメージを減らすサングラスは、夏のライドにサングラスは大切なアイテムの一つです。目の日焼けはのちに白内障の原因になることもあるので、肌だけでなく目の日焼け対策も意識しましょう。

キャップ

キャップをかぶることで顔や頭の紫外線対策になることはもちろん、キャップの上から水をかけることで気化熱によるクーリング効果が期待できます。後ろが長くなっていて首の日焼けを軽減してくれるタイプもあるので、用途やウェアに合ったものを選ぶと良いでしょう。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア

「運動」「環境」「コロナ禍」という3つのキーワードがポイントとなり、現代社会において注目度が増している自転車の活用。今回は、都内の広告企画会社で働き、自転車通勤をしている達川洸坪氏にルコックスポルティフのジテツウパンツとジャケットを1日試着[…]

自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア
関連記事
【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
関連記事
ツール・ド・フランスに見る機材の変遷

2020年のツール・ド・フランスは、異例の9月開催となりました。しかし蓋を開けてみれば、例年と違わない熱戦と熱狂、そして感動の3週間がそこにはありました。1903年に始まり、2020年で107回目を迎えたツール・ド・フランスは、現在も続[…]

関連記事
つくば霞ヶ浦りんりんロードを巡る!土浦で快適バイクパッキングの旅

筑波山や霞ヶ浦を眺めながら、爽快な水辺サイクリングが楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」。全国からサイクリストが訪れる、サイクリングの聖地と名高いスポットです。霞ヶ浦のサイクリングを楽しむ人のために、土浦駅には新たに日本最大級の体験型サ[…]

関連記事
サイクリング初心者向け 必要な装備はこの7つ!

普段はなかなか行けない遠くの場所へも気軽に足を運ぶことができ、目的地までの道のりも楽しめる「サイクリング」。自転車やウェアなど一式アイテムをそろえないと始められないなど、敷居が高いと感じる方も多いのでは。しかし、実は始めやすいスポーツといわ[…]

暑さ対策をしながら楽しく走ろう

夏におすすめのウェアコーデから暑さ対策について解説しました。夏は長期の休みが取れる機会も多く、サイクリストにとっては絶好のライドチャンスです。それと同時に熱中症の危険性も含んでいるという悩ましい季節でもあります。

ウェアでも吸汗速乾性に優れたものを選んだり、アームカバーなどでしっかり紫外線対策や暑さ対策をしたりするなどして、夏のライドも楽しみましょう。

メンズサイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。