#メンズ(サイクルウェア)

メンズサイクルウェアの種類・タイプは?カジュアルさで人気のブランドとは

サイクルウェアにはどんな種類や機能があるのかについて、ロードバイクに乗っている方でも、その違いなどがわからないことも多いでしょう。

この記事ではメンズサイクルウェアの特徴や種類を詳しく解説しています。またカジュアルタイプで人気のブランドも紹介していますので、ウェア選びの参考にしてください。

サイクルウェアの特徴

サイクルウェアと聞くと「体にぴったりとフィットした派手なウェア」をイメージする方もいるかもしれません。サイクルウェアはサイクリストのために作られたウェアです。まずはその特徴や機能を、普段着と一般的なスポーツウェアと比較してみましょう。

普段着との違い

街中を短時間乗るだけであれば普段着でもそれほど問題にはなりませんが、ロングライドになるとさまざまな問題が生じてきます。サイクルウェアと普段着では何が違うのでしょうか。

伸縮性がある

サイクルウェアは伸縮性に優れたタイプが多いので、体を自由に動かすことができます。またストレッチ素材が突っ張らず体にフィットするので、ストレスも少なく自転車をこぐことが可能です。

UV機能がある

日焼けは体へのダメージが大きく、その修復のためには身体機能が働きます。その結果、日焼けをすると疲労が残ってしまうことがあります。サイクルウェアの多くはUV機能が付いているので、体の負担を軽減してくれます。長時間、日に当たるロングライドでは、UV機能付きのサイクルウェアはおすすめです。

吸汗速乾性がある

普段着ている綿のTシャツには吸汗性はあるものの、乾きにくいという特徴があります。夏用のサイクルウェアは吸汗・速乾に優れたタイプが多いので、体への張り付きが少なく、快適な状態でライドが続けやすくなります。

スポーツウェアとの違い

サイクルウェアも一般的なスポーツウェアも吸汗性や伸縮性があるので、どちらを着ても同じではないかと考える方もいるでしょう。

しかしサイクルウェアは自転車に乗るために作られたウェアであることから、やはり普通のスポーツウェアとは大きな違いがあります。では一般的なスポーツウェアとの違いを見ていきましょう。

ライドのためのデザイン

サイクルウェアのトップスは、自転車に乗ったときの前傾姿勢に合わせてデザインされています。
フィット感も強いので首回りや腕回りが擦れにくく、背中が見えることもありません。
体にフィットしたデザインには、服が障害物に引っ掛かる心配がないというメリットもあります。

また、反射素材などを使用しているタイプも多く、車道を走っているときにドライバーに気が付いてもらいやすくなるので、視認性が高まります。

さらに、レーサーパンツには、お尻の部分にパッドが入っているタイプがあります。硬いサドルに長時間座っていても、クッション性の高いパッドが負担を軽減してくれるので、ロングライドにも適しています。

空気抵抗を軽減

それほどスピードを出していなくても、やはり自転車に乗っているときのサイクリストへの空気抵抗はかなり大きいものです。体にフィットしていないウェアでは大きな空気抵抗を生み、無駄なエネルギーの消耗につながります。

またジャージのサイズが大きいと風であおられてしまい、ライドに集中ができなくなるという危険性もあります。

体にフィットしたサイクルウェアを着ると、空気抵抗が減るのでペダルも軽くなり、快適に楽しくライドを続けることができます。

バックパック代わり

ほとんどのサイクルウェアにはバックポケットが付いています。バックポケットにはスマートフォンや財布などはもちろん、補給食や薄手のウィンドブレーカー、グローブなどライドに必要なアイテムも入れられます。

バックポケットは収納力がとても高いので、バックパックなどを持たずに身軽にライドしたい方は、普通のトレーニングウェアではなくサイクルウェアを着たほうが良いでしょう。

メンズサイクルウェアの種類・タイプ

普段着や一般的なスポーツウェアとの違いがわかったところで、次にサイクルウェアの種類を詳しく紹介します。

ジャージ・トップス

サイクルウェアといってまず一番にイメージするのが、ジャージやトップスでしょう。高い吸汗性や空気抵抗を減らす役割をするものが多く、それ以外にも通気性、透湿性、保湿性、防風性などの機能があります。

また、デザインではバックポケットが付いているものが多く、ライドに必要なものはほとんどバックポケットに収納できます。まさに自転車に乗るために作られたウェアです。

半袖タイプはインナーやアームウェアを併用することで、さまざまなシーズンで着用できるので、1枚あると便利なアイテムです。

長袖タイプは春夏用と秋冬用に分かれます。春夏用はUVカット素材を使っているものが多く、日焼け対策にも役立ちます。

秋冬用は吸汗速乾性に加え、通気性や保温性に優れているものが多いです。

ジレ

「ベスト」ともいわれ、ウィンドブレーカーのような薄手の素材で作られています。気温の変化に対応できるので、少し肌寒い季節などには1枚あると便利なアイテムです。

袖がないのでライドの邪魔をすることもなく、またコンパクトに収納できるタイプが多いので、バックポケットに1つ入れておくと、いざというときに役立ちます。

レーサーパンツ

ロードバイクのサドルは硬く、長時間乗っていると振動による衝撃でお尻が痛くなってしまいます。

しかし、お尻の部分にクッション性の高いパッドが入っているレーサーパンツをはくことで、体への負担を軽減する役割があります。

また通気性のある素材で作られているタイプが多いので、蒸れにくく快適にライドすることが可能です。

ビブパンツ

レーサーパンツに肩ひもが付いているタイプのことを「ビブパンツ」といいます。レーサーパンツのようにおなかを締め付けることがないので、負担が少なくなります。またペダルを漕いでいる最中にパッドがずれてしまう心配もないので、ライダーにはメリットの多いアイテムです。

ウォーマー

ウォーマーにはアームウォーマー、レッグウォーマー、ネックウォーマーがあります。天候によって簡単に着脱でき、コンパクトに収納できるのでバックポケットに入れておいても邪魔になりません。

アームウォーマーやレッグウォーマーは春や秋には温度調節用として使用できます。ネックウォーマーは、首元から冷気が入るのを軽減しくれるので、冬にウェアと併用すると良いでしょう。

インナー・アンダーウェア

吸汗速乾性の低いジャージでは、いつまでも肌が濡れた状態が続き、汗冷えを起こしてしまうことがあります。そんなときにインナーやアンダーウェアを着ているとその不快感を軽減してくれます。
また、薄いジャージでも肌が透けないというメリットもあります。

ビブパンツを着ているときに、肩ひもで肌が擦れにくくなります。ノースリーブ、半袖、長袖タイプがあるので季節に合わせたものを選びましょう。

ウィンドブレーカー

季節の変わり目や冬場、またヒルクライムなどの寒さ対策に役立つアイテムです。

風によって体温が奪われることが少なくなり、さらに少しの雨なら防ぐこともできます。大きすぎるものは空気抵抗を増やし、小さすぎるものはぺダリングの邪魔をしてしまうので、ウィンドブレーカーはジャストサイズか少しだけ小さめを選ぶと良いでしょう。

また、夜道を走ることが多いのであれば反射材が付いているタイプを選ぶことで、視認性を高めることができます。

カジュアルなサイクルウェアで人気のブランドは?

サイクルウェアにもいろいろなタイプがありますが、いきなりピタピタで派手なタイプのウェアを着るのは少し抵抗があるという方も多いでしょう。
ルコックスポルティフではカジュアルなサイクルウェアを取り扱っています。

普段着としても着られるデザインでありながら、サイクルウェアとしての機能もしっかり持ち合わせているので、初心者やカジュアルタイプを探している方におすすめです。

Casual Jersey

まるで普段着のようなデザインでありながらも、フィット感、吸汗速乾性にも優れているトップスです。

また再帰反射機能もあるので、夜暗い道ライドもサポートしてくれます。ストライプがデザインポイントにもなっているバックポケットはボタン付きのため、物が落ちにくいです。

Cycling Tee

ポリエチレン100%でありながらも、まるで綿のような風合いの素材を使用しているので、ライドのときだけでなく普段使いもできるTシャツ型のトップスです。サイクルウェアの特徴であるバックポケットもしっかりと付いています。ぴったりしたウェアは着たくない、カジュアルライドユーザーにおすすめのタイプです。

3/4 Pants

街乗りに最適な7分丈のパンツです。一見すると普通のチノパンのように見えますが、ストレッチ性やはっ水性に優れていますので、ライドに適しています。普段着使いはもちろん、サイクリストのビフォーアフターアイテムとしても活躍するアイテムです。

サイクリングに関するおすすめ記事


サイクリングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア

「運動」「環境」「コロナ禍」という3つのキーワードがポイントとなり、現代社会において注目度が増している自転車の活用。今回は、都内の広告企画会社で働き、自転車通勤をしている達川洸坪氏にルコックスポルティフのジテツウパンツとジャケットを1日試着[…]

自転車通勤に最適!オフィスでも着回せる「ジテツウ」スタイルのウェア
関連記事
【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
関連記事
ツール・ド・フランスに見る機材の変遷

2020年のツール・ド・フランスは、異例の9月開催となりました。しかし蓋を開けてみれば、例年と違わない熱戦と熱狂、そして感動の3週間がそこにはありました。1903年に始まり、2020年で107回目を迎えたツール・ド・フランスは、現在も続[…]

関連記事
つくば霞ヶ浦りんりんロードを巡る!土浦で快適バイクパッキングの旅

筑波山や霞ヶ浦を眺めながら、爽快な水辺サイクリングが楽しめる「つくば霞ヶ浦りんりんロード」。全国からサイクリストが訪れる、サイクリングの聖地と名高いスポットです。霞ヶ浦のサイクリングを楽しむ人のために、土浦駅には新たに日本最大級の体験型サ[…]

関連記事
サイクリング初心者向け 必要な装備はこの7つ!

普段はなかなか行けない遠くの場所へも気軽に足を運ぶことができ、目的地までの道のりも楽しめる「サイクリング」。自転車やウェアなど一式アイテムをそろえないと始められないなど、敷居が高いと感じる方も多いのでは。しかし、実は始めやすいスポーツといわ[…]

カジュアルなサイクルウェアで気軽に出かけよう


サイクルウェアの種類や機能性などを紹介しました。自転車に乗るために作られたサイクルウェアを着れば、今まで以上にサイクリングが楽しくなるでしょう。

ただ、いきなりプロのようなウェアを着る勇気がない方は、普段着のようでありながらもサイクルウェアの機能を兼ね備えた、カジュアルタイプのウェアから始めてみてはいかがでしょうか。

メンズサイクルウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。