スマホ スポーツジム
#トレーニング

スポーツジムの種類や選び方、通い続けるコツとは?

スポーツジムと一口に言っても、トレーニングマシンが並ぶジムや大きな鏡があるエクササイズスタジオ、プールなどさまざまな種類があり、何を目的とするかで選ぶポイントが変わります。

そこで今回は、スポーツジムの種類や選ぶときのポイント、スポーツジムに通い続けるコツなどを紹介します。

スポーツジムにはどんな種類がある?

スポーツジムにはどんな種類がある?

まずは、スポーツジムの種類を紹介します。自分に合うのはどのタイプのスポーツジムなのか、それぞれの特徴を理解して選びましょう。

スポーツジム(公営ジム、会員制ジム)

スポーツジムには、自治体が運営する公営のジムと民間企業が運営する会員制のジムがあります。

公営ジムのメリット・デメリット

公営のスポーツジムは利用するごとに都度利用料を支払うのが一般的で、料金が安いのも魅力の1つです。ただし、施設によって利用できるマシンの種類や台数などの規模はまちまちのため、使いたいマシンがない、マシンが古いなどのデメリットもあります。

会員制ジムのメリット・デメリット

民間企業が運営する会員制のスポーツジムは、入会金や月額料金など費用面では高くなりますが、マシンが充実していたり、スタジオでレッスンが受けられたりします。

インストラクターにマシンの使い方を教えてもらうこともできるため、飽きずに通いやすいというメリットがあります。

フィットネスクラブ

筋肉を鍛える目的で通うスポーツジムに対して、フィットネスクラブは健康維持を目的に施設を提供することが多いという違いがあります。

フィットネスクラブは、スポーツジムと同様のトレーニング施設に加えてプールやスタジオなどの施設がそろっていることが多く、利用者の目的別にさまざまな運動を楽しむことができるのが特徴です。

利用者も老若男女幅広く、ヨガやエアロビクス、プールなどの運動を楽しめるほか、お風呂やマッサージなどのリラクゼーション施設が用意されていることもあります。

パーソナルトレーニングジム

スポーツジムのなかでも特殊なポジションにあるのが、パーソナルトレーニングジムです。

パーソナルトレーニングジムは専属のトレーナーに付いてもらい、基本的に1対1でトレーニングを行います。

トレーニングメニューを自分で考える方法ではなかなか継続しない人や、自分に適したトレーニング方法を知りたい人におすすめです。

ただし、料金は入会金が3~5万円程度、月額が10~15万円程度必要になる場合が多いです。スポーツジムに比べると料金は高くなりますが、心身ともに万全のサポート体制が取られているため目標に向けてまい進でき、価値があると感じる人も多いタイプのスポーツジムです。

スポーツジムを選ぶポイント

スポーツジムを選ぶポイント

スポーツジムを選ぶポイントは通う目的によって異なります。続いては、トレーニングの目的別に適したスポーツジムを紹介します。

筋肉を鍛えるならスポーツジム

筋肉を鍛えたいという人は、筋肉を鍛えるためのマシンがそろったスポーツジムに通うのがおすすめです。

公営ジムでも筋トレのためのトレーニングマシンは最低限そろっているので、自分で筋トレメニューを決めることができる人や料金を安く抑えたいという人は、公営ジムを選ぶと良いでしょう。

インストラクターに筋トレ方法を教わりながら、さまざまな筋トレマシンを試してみたいという人は、マシンの種類が豊富にそろった会員制のスポーツジムがおすすめです。

健康づくりならフィットネスクラブ

健康づくりを目的として適度に体を動かしたいという人は、フィットネスクラブを選びましょう。

もちろんマシンを使った筋肉トレーニングもできますし、プールで泳いだり、ヨガやエアロビクスなどのエクササイズをしたり、気分に合わせてさまざまな運動をすることができます。

希望する人はインストラクターなどの指導や、グループエクササイズを受けることもできるため、楽しみながら体を動かしたいという人におすすめです。

ダイエットならパーソナルジム

パーソナルトレーニングジムはトレーニングだけでなく心身ともに支えてくれるため、ダイエットで利用する人が多いのが特徴です。

運動でのトレーニングに加え、食習慣の改善方法なども指導してもらうことができます。また、体重の減少が停滞してしまい挫折しやすい時期のフォローも万全です。

例えば、体にとって今はどういう時期なのか、一般的にあとどのくらいトレーニングをすると再び効果が出てくるのかなど、知識を基にしたアドバイスで精神的にもサポートしてくれます。

スポーツジムに通い続けるコツは?

スポーツジムに通い続けるコツは?

スポーツジムを利用する際にネックになるのは継続できるかどうかという点ではないでしょうか。

スポーツジムに継続して通い続けるには、いくつかのコツがあります。

ここからは、スポーツジムに通い続けるためのコツを紹介するので、続けられるか不安という人はぜひ参考にしてください。

通いやすい場所にあるジムを探す

スポーツジム通いを長く継続させたいなら、通いやすい場所にあるジムを選ぶことが重要です。

遠い場所にあるスポーツジムや通いづらい場所にあるスポーツジムの場合、だんだんと足が遠のいてしまうことがあります。

スポーツジムを選ぶときは、家や職場、普段使う駅の近くなど、生活圏内にある通いやすい場所から選ぶようにしましょう。

まずは体験してみる

会員制のスポーツジムのなかには、体験利用できるところがたくさんあります。施設や設備が自分の目的に合っているか、飽きずに通い続けられそうかを、まずは体験してみましょう。

楽しくスポーツジムに通い続けるためには、スタッフとの相性も大事なポイントです。受付スタッフの対応やインストラクターとの相性なども、体験時にチェックしておくと良いでしょう。

お気に入りのトレーニングウェアを用意する

スポーツジムでのトレーニングは、お気に入りのトレーニングウェアを着ることでもモチベーションを維持しやすくなります。

トレーニングを快適に続けるためには、吸汗速乾性やストレッチ性など機能性の高いトレーニングウェアは欠かせません。

また、着るだけでモチベーションが上がるおしゃれなウェアをそろえておくと、次のトレーニングでは何を着ようかという楽しみにつながります。

スポーツジムで着用するのにおすすめのトレーニングウェア

ルコックスポルティフ 半袖

人気のスポーツブランドから発売されているトレーニングウェアは、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたものが多く、スポーツジム初心者にもおすすめです。

ここでは、スポーツジムで着るトレーニングウェア選びにおすすめのブランドを3つ紹介します。

DESCENTE(デサント)

多くのアスリートから愛される日本の老舗スポーツブランド、デサントは、シンプルで着用しやすいデザインから、大きなロゴやグラフィックプリントがあしらわれたデザインまで、さまざまなデザインのトレーニングウェアが豊富にそろえられています。

吸汗速乾性やストレッチ性などの機能性も高く、快適にトレーニングできる機能が備わっているため、これからスポーツジム通いを長く続けていきたいという人におすすめです。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

三角形の中にニワトリが描かれたロゴが有名なフランス生まれのスポーツブランド、ルコックスポルティフは、さまざまな環境に適したトレーニングウェアがたくさんそろっています。

機能性や動きやすさはもちろん、日常使いもできるデザインでシルエットにもこだわったウェアは、着るだけでモチベーションが高まり、トレーニングへの意欲を高めてくれるでしょう。

arena(アリーナ)

アリーナは、スイムウェアを中心に水泳用品を取り扱うスポーツブランドです。

ほかにも、トレーニングウェアも幅広く展開しており、ロゴが映えるシンプルなデザインが特徴的です。また、スイムウェアを販売するブランドだけあって、吸水速乾やストレッチ性など機能面も優れています。

トレーニングに関するおすすめ記事


トレーニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~お腹美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」でお部屋で楽しくストレス発散

前回紹介した自宅で簡単にできる「HIITトレーニング」! 女性専用キックボクササイズスタジオMITTNESSのトレーナーが考案した1日たった5分間のプログラム。前回に引き続き、トレーニング方法を部位別に3回にわたって写真&動画で丁寧に解説[…]

【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~お腹美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」でお部屋で楽しくストレス発散
関連記事
【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

コロナ渦により自宅で過ごすことが多くなった今、健康にもダイエットにも必要なのは分かっているけど、なかなか始められない運動。時間もないし、お金をかけるのも…と躊躇している人も多いはず。そんな人にオススメなのが、自宅で簡単にできる「HIITト[…]

【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散
関連記事
【ランコーデ3選】フルマラソンに対応する「トライアスロンシューズ」をランニングコーデに取り入れる

近年のランニングブームに加え、「運動不足解消」や「気分転換」といった健康目的で日常にランニングを取り入れている人が増えています。ランニングを習慣にしていると、「もっと快適に走りたい」「もっと長い距離を走れるようになりたい」「ほかのデザイ[…]

DELTA LD デサント
関連記事

デサントジャパン株式会社は、独自の蓄冷材を開発するシャープ株式会社と、スポーツトレーニング分野で実績を持つ株式会社ウィンゲートと共同で、手のひらを冷やすことで暑熱対策につながるグローブ「CORE COOLER(コアクーラー)」を開発しました[…]

関連記事

機能性の高いスポーツウェア・グッズを取り扱うDESCENTE(デサント)から、独自の着圧テクノロジーで筋肉のムダな動きを抑えるコンプレッションウェア「ASULEAD(アスリード)」が発売されます。 目次 […]

スポーツジムでお気に入りのウェアを着よう!

トレーニングウェア スポーツジム

スポーツジムにはさまざまな種類がありますが、どのような目的で通うにしても、長く通い続けてこそ効果が期待できます。

スポーツジムに長く通い続けるコツは、トレーニングを楽しむことです。

義務的に通うのではなく、スポーツジムに通うのが楽しくなるように、モチベーションが上がるおしゃれなトレーニングウェアを選ぶと良いでしょう。

トレーニングについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。