【GetNaviの語らせて!】デサント オルテラインに目を付けている人はデサント ポーズにも注目すべし!快適すぎる「セットアップ」レビュー

【GetNaviの語らせて!】デサント オルテラインに目を付けている人はデサント ポーズにも注目すべし!快適すぎる「セットアップ」レビュー

  • 2021/03/23 (火)
  • 2022/03/11 (金)

デサントが手掛けるブランドのなかでも、水沢ダウンでお馴染みの「デサント オルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN)」と並び、人気を博すのが「デサント ポーズ(DESCENTE PAUSE)」。

2015年FWシーズンからスタートし、今季で12シーズン目。デサントがトップアスリートのために開発してきた技術やハイスペックな素材を日常着に落とし込み、日々の生活をより快適にすることを目指したラインナップを展開しています。

本記事では、そんなデサント ポーズのブランドの成り立ちなどの紹介に加え、2021年SSシーズンのなかでもGetNavi編集部がイチオシしたい快適すぎるセットアップをピックアップします。

日々の生活をより快適にするユーティリティーウェア

デサント ポーズ・ロゴ

まず改めて、デサント ポーズについて掘り下げていきます。

スポーツブランドとして長い歴史を持つデサントが物作りで培ってきた技術を、デイリーウェアに落とし込んだのがこのデサント ポーズ。

ブランド名である「ポーズ」は休止する、一息つく、ちょっと休む、音楽記号の小休止を意味しています。「全速力ではなく、時々休憩するように生活を楽しむ」をコンセプトに、トップアスリートのために開発してきた技術やハイスペックな素材を、デサント オルテラインとはまた違った目線で日常に落とし込み、日々の生活をより快適にすることを考えたユーティリティーウェアを展開しています。

「一息つく、時々休憩する」はニューノーマルの時代に非常に重要な要素だとGetNaviでは考えます。会議がオンラインになってすき間なく埋められてしまう、移動が少なくなったから心や体をリセットするスイッチが少なくなってしまった、という2020年代的悩みを埋めるには、自ら休息する行動や選択を取り入れていかなければなりません。

デサント ポーズのブランドコンセプトはまさに、そんな時代に合致した商品たち。2015年からブランドをスタートしてますが、その先見の明には見張るべきものがあると思います。

そんな同ブランドの特徴と言えば、やはり素材への探究心。今シーズンにおいても、デサント独自のテクノロジーであるスキーマテックを採用。織り方を変化させ、部位ごとに機能性を持たせてくれるテクノロジーなので、ランダムに配置された通気孔により、効果的なベンチレーション機能を発揮してくれます。

そのほかにも、スポーツシーンに求められる機能性を追求して開発された素材なども使用しており、夏場でも快適な着心地を提供してくれるのです。

天然繊維と見間違える自然な風合い

デサント ポーズ グレンチェックジャケット

デサント ポーズ グレンチェックジャケット:37,400円(税込)

そして、今回おすすめしたいグレンチェックジャケットとグレンチェックパンツのセットアップにおいても素材使いが絶妙。

ナイロン短繊維の持つナチュラルな質感と、耐摩擦性や軽量性などの優れた機能性を持つCEBONNER®(セボナー)を使用し、ナイロン100%ながらコットンライクでソフトな風合いを実現。その素材にグレンチェック柄をプリントしたことにより、スポーティかつブリティッシュトラッドな雰囲気に仕上がりました。

デサント ポーズ グレンチェックパンツ

デサント ポーズ グレンチェックパンツ:23,100円(税込)

昨今、リモートワークが主流になり、 ビジネスシーンでも変化が生まれています。その流れにより、服装も自由になってきたのは事実。ただ、フランクになったとは言え、カジュアルすぎるとサマにはなりません。

そんなときにデサント ポーズが提案するセットアップは快適な着心地でありながら、テレワークで着用していても見劣りしません。そのうえ、カジュアル使いにも対応する汎用性を備えているので、まさに一石二鳥と言えるアイテムです。

オン/オフをシームレスに軽やかに切り替える――GetNaviはこれもまた2020年代に求められる要素の1つだと感じています。オンはもちろん、オフでも快適に過ごせるデサント ポーズはまさに最先端のプロダクトと言えるでしょう。

身も心も快適なセットアップ

デサント ポーズ グレンチェックジャケット・グレンチェックパンツ

デサント ポーズ グレンチェックジャケット:37,400円(税込)
グレンチェックパンツ:23,100円(税込)
他、本人私物

ここからはデサント ブラン代官山店の小貫さんに登場してもらい、デサント ポーズとセットアップの魅力についてお話を伺いました。

まずはデサント ポーズについて。

「デサント オルテラインは機能性に特化したハイスペックラインで、新しいアイテムやテクノロジーを発表するときは個人的にも驚きがありますね。うって変わって、デサント ポーズはその機能性を普段着に落とし込んでいるのでとにかく着やすいのが魅力です。あと価格帯も、デサント オルテラインと比べお客様が手に取りやすい設定になっているのもポイントですね。」と小貫さん。

雑誌やSNSなどでデサント ポーズのアイテムを見て、実際にお店に足を運ぶ方は30代後半から40代前半の男性が多いのだそう。

「デサント ポーズは実際に手に取ってもらって、ご試着してもらったほうが魅力は伝わると思います。このセットアップのように天然素材かのような風合いだけど、実際は機能素材というのに驚いてくださる方も多いですね。」

先ほど紹介したCEBONNER®はブランドとしても春夏でよく使っている素材で、お客様からの反応も良好。そして、今日の小貫さんのコーディネートは春を意識した装い。

「落ち着いた色味の黄色なので、意外と使いやすいんですよ。白とかグレーのカットソーでも馴染むと思うんですが、今日はあえて春らしくペールトーンの藍色を取り入れてみました。ただ、甘くなりすぎないようにするために、足元は革靴で締めています。

セットアップではもちろんですが、ジャケット単体、パンツ単体でも使えるぐらい汎用性は高いです。ジャケットならデニムやカーゴパンツ、パンツにはTシャツ1枚でも様になると思いますよ。」

デサント ポーズ グレンチェックジャケット・グレンチェックパンツ

春らしい淡い色合いが映える着こなし。セットアップながら軽量な仕上がりは小貫さんも大満足とのこと。

「個人的にカーキも気になっているので、購入しようか悩んでいます。あと、このセットアップは自宅でお手入れができるんですよ。わざわざクリーニングに出さなくて良いのは助かります。」

洗濯ができて、着心地が快適で汎用性も高いセットアップ。時代の流れに置いていかれないこの柔軟性は魅力的なアイテムであることを物語っています。

デサントらしい機能美が光る

小貫さんの着こなしを紹介したところで、ここからはグレンチェックセットアップのディテールを紹介していきます。デサント ポーズの細やかな技が魅せてくれる機能美をご覧ください。

ジャケットのサイドポケット

ジャケットのサイドポケットはフラップ仕様。実はこのフラップはレーザーカットされているんです。この仕様がお客様からも人気を集めている理由だと小貫さんに教えていただきました。

そして、ポケットには接着加工でジップを配したことで、物が落ちる心配も軽減されるなど実用的なディテールとなっています。

ジャケットの内ポケット

内ポケットもジップを配備。大きめに設けられているので収納力は申し分なしです。

ジャケットのはっ水加工

ジャケットにははっ水加工が施されているので、ちょっとした雨にも対応可能。天候が変わりやすい春夏シーズンでは役立つ機能性もプラスしています。

パンツのアジャスター付きドローコード

イージーパンツのドローコードはアジャスター付き。結ぶ手間も省けて、調整も簡単なまさにイージーパンツと言える仕様です。

テーパードシルエットのパンツ

パンツはヒップやわたりにややゆとりを持たせて、膝下から細くなるテーパードシルエット。春夏らしいスッキリとした見た目となっています。

必見!デサント ポーズのセットアップ名作集

ここまでデサント ポーズのグレンチェックセットアップを掘り下げてきましたが、ほかにも豊富なラインナップを展開しています。ということで、ここからは編集部がピックアップした2モデルをご紹介します。

デサント ポーズ ダブルジャケット・パッカブルパンツ

デサント ポーズ ダブルジャケット:35,200円(税込)
パッカブルパンツ:22,000円(税込)

ダブルジャケットとパンツともに“Primeflex®”を使用。4WAYストレッチ素材で非常に高い伸縮性と、はっ水性があります。

軽量なジャケットのポケットフラップはレーザーカット仕様、ポケットや裾、袖口は接着加工で仕上げるなどミニマルな仕上がり。パンツはアイテム名の通り、左ポケットに収納でき、トラベルウェアとしても最適です。

デサント ポーズ  スキーマテックエアージャケット・スキーマテックエアーパンツ

デサント ポーズ スキーマテックエアージャケット:30,800円(税込)
スキーマテックエアーパンツ:23,100円(税込)

デサント独自のテクノロジーとして先ほど紹介したスキーマテックを採用したセットアップ。ドットエアーと呼ばれる、特殊原糸と織物構造をベースにし、独自技術を駆使したことでランダムに通気孔を発現させた快適機能素材です。

そして、フォルムは現代的なビッグシルエットなので普段着としても使いやすいアイテムとなっています。

 

撮影/木村心保
文/マイヒーロー

関連記事
【GetNaviの語らせて!】本当にムレない?バックパックに一家言どころか十家言ある編集部員がデサント「エアロストリームバックパック」を使い倒す

スーツやセットアップにバックパックを合わせる「リュック通勤」が当たり前になっていますが、春以降、特に梅雨や夏のシーズンに向けて気になるのが「背中のムレ感」ではないでしょうか。バックパックを選ぶ基準と言えば、収納性やデザイン、耐久性などがあ[…]

【GetNaviの語らせて!】本当にムレない?バックパックに一家言どこか十家言ある編集部員がデサント「エアロストリームバックパック」を使い倒す

関連記事
通勤の汗対策におすすめのリュック!背中の蒸れを軽減する構造の「エアロストリームバックパック」で“ビジネスコーデ”をスタイリング

2020年シーズンより、デサントとルコックスポルティフが展開している「エアロストリームバックパック」シリーズ。背面の温度上昇や蒸れを軽減するなど、従来のリュックにある悩みをもとに設計された高機能なリュックです。今回は、エアロストリームバッ[…]

関連記事
OCEANS編集長・江部寿貴、デサントで気になるパンツに出会う

大人のFUN LIFEをあらゆる角度から提案するファッション・ライフスタイル誌「OCEANS」。編集長を務める江部寿貴氏が、先ごろオープンしたデサントららぽーと横浜店に初めて足を踏み入れた。目的は、ずばりパンツ。実は最近、ゴルフを始める[…]

OCEANS編集長・江部寿貴、デサントで気になるパンツに出会う
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。