デサントの高機能ダウンジャケット「水沢ダウン」、2021年秋冬モデルが販売開始
#DESCENTE(デサント)

2021年秋冬「水沢ダウン」デサントの高機能ダウンジャケットが販売開始

現在、デサントオルテラインの代表アイテムである「水沢ダウン」の2021年秋冬モデルが販売中です。

今季はメンズ7型、レディース6型の展開ですが、まずは定番の「MOUNTAINEER(マウンテニア)」「ANCHOR(アンカー)」「STORM(ストーム)」のメンズ3型、「MOUNTAINEER-L(マウンテニア)」「ANCHOR-L(アンカー)」「ANCHOR-HC(アンカーハーフコート)」のレディース3型が販売中。

これらのモデルのほか、新型のモデルも随時販売開始していきます。SNSやwebでぜひチェックを。

デサントの誇る高機能ダウンジャケット「水沢ダウン」とは?

デサントの誇る高機能ダウンジャケット「水沢ダウン」

水沢ダウンは、岩手県奥州市にある水沢工場で、最先端の特殊な技術とノウハウを駆使し、経験豊富な職人の手によって裁断からダウン詰めまですべての行程を形作られた日本製のダウンジャケットです。

保温性や耐水性に優れた高機能ダウンジャケットで、2008年に誕生して以来、世界中の人々から愛され続けています。

水沢ダウンの魅力

毎年発売されるたびに人気を集める水沢ダウン。従来のダウンジャケットが持つ弱みを克服した、高機能・高品質が水沢ダウンの魅力です。

高い耐水性と保温性

高い耐水性と保温性を誇る水沢ダウン

従来のキルトステッチのダウンジャケットは、縫い目から水が浸入して羽毛が濡れてしまうと、保温性が低下してしまうことが難点でした。

しかし、水沢ダウンは熱接着ノンキルト加工で縫い目をなくし、袖など縫製が必要な箇所はシームテープ加工をしているため、水が浸入しにくく保温性を保つことが可能です。

水沢ダウンの裏地にはデサントが独自に開発した光を熱に変える保温素材、HEAT NAVI®(ヒートナビ)を使用することで、保温性能を確保しています。

体温調節が可能なベンチレーションシステム

水沢ダウン、体温調節が可能なベンチレーションシステム

ダウンジャケットというと保温力が注目されますが、暖房の効いた室内や電車などに入ると暑く、寒い戸外との温度差に対応できないことも。

水沢ダウンは、フロントジッパー部分にデュアルジップベンチレーションが採用され、簡単に体温調節が可能です。

デュアルジップベンチレーションのジッパーは、水の浸入を防ぐ止水ジッパーと、衣服内に外気を取り込みこもった熱や湿気を逃がすメッシュ素材の2列になっていて、どちらでジッパーを閉めるかによって調節できます。

動物保護に基づいた高品質な羽毛

近年ダウンジャケットに使用される羽毛は、採取方法などが動物愛護の観点から問題に上がっています。

そのため、ダウンジャケットを選ぶときの大きな基準としては、動物保護に基づき倫理的に飼育・採取された羽毛であり、高い品質基準が維持された羽毛であることを保証するDOWNPASS(ダウンパス)という規格の認証を取得した羽毛かどうかが挙げられます。

水沢ダウンで使用している羽毛は、DOWNPASS認証を取得したトレーサブルダウンを使用しているため、どこで飼育され、どのように羽毛を採取したかなど、シリアルナンバーによって調べることが可能です。

洗練されたデザイン

ダウンジャケットは、暖かさを求めると厚みが出て着ぶくれしてしまう、またシルエットを重視すると保温性が低くなってしまうと考える方は少なくありません。

しかし、水沢ダウンは一般的なダウンジャケットよりダウン量が少なくても、耐水性と保温性の高い作りとなっているため、細身のデザインで美しいシルエットを実現しています。

高い防水性や保温性、温度調節ができる機能性を持つ洗練されたデザインが水沢ダウンの魅力です。

水沢ダウンのラインナップ

水沢ダウンの2021年秋冬モデルが発売中。

まずは、ハイスペックモデル「MOUNTAINEER(マウンテニア)」、初期モデルとして人気の高い「ANCHOR(アンカー)」、そして「STORM(ストーム)」の3つのモデルが展開されています。

※レディースはマウンテニアとアンカーの2モデルのみ

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ハイスペックモデル「MOUNTAINEER(マウンテニア)」

MOUNTAINEER(マウンテニア)

マウンテニアは、水沢ダウンのハイスペックモデルです。

2018年のISPOアワードでパフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワードを受賞した人気の高いモデルとなっています。

デュアルジップベンチレーションのほかにも、脇部分にはピットジップベンチレーション、フードに雨や雪が溜まるのを防ぐためにフードを使用しない際は閉口が可能なパラフードシステムが搭載されています。

初期モデル「ANCHOR(アンカー)」

ANCHOR

アンカーは水沢ダウンの初期モデルとして人気が高く、ロングセラーを続けているモデルです。

表地には4WAYストレッチ素材DERMIZAX® MICRO STRETCHを採用していて動きやすいのが特徴。フードは天気や気分に合わせて取り外すことができ、ファッション性の高いモデルです。

「STORM(ストーム)」

水沢ダウンジャケット“ストーム”

ストームは、2015年ISPOアワードにて、金賞を受賞したモデルです。

雨天時、胸部分にデザインされたStreamLine Technologyが水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを抑制。また、フード部分では水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保します。

また、フード部分には悪天候下での着用も考慮しフードに水溜まりを防ぐ、パラフードシステムを搭載しています。

水沢ダウンの購入方法

水沢ダウンは、北海道、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡などに展開しているDESCENTEブランド直営店DESCENTE BLANC(デサント ブラン)全店や、渋谷にあるDESCENTE TOKYO(デサントトウキョウ)、DESCENTEの公式オンラインストアで発売中です。

そして、ただいま新作を含めそのほかのモデルも登場中。SNSやwebで随時情報更新中です。

水沢ダウンは毎年完売してしまうことも多い人気の高いアイテムです。ぜひ早めにチェックして、寒い冬も水沢ダウンで快適に過ごしましょう。

DESCENTE (デサント)・【DESCENTE ALLTERRAIN】水沢ダウンジャケット
pickup item

DESCENTE(デサント)

水沢ダウンジャケット“マウンテニア”/MIZUSAWA DOWN JACKET “MOUNTAINEER”(ALLTERRAIN)

¥ 110,000(税込)

DESCENTE (デサント)【DESCENTE ALLTERRAIN】水沢ダウンジャケット
pickup item

DESCENTE(デサント)

水沢ダウンジャケット“マウンテニア”/MIZUSAWA DOWN JACKET “MOUNTAINEER-L”(ALLTERRAIN)

¥110,000(税込)

DESCENTE (デサント)・【DESCENTE ALLTERRAIN】水沢ダウンジャケット
pickup item

DESCENTE (デサント)

水沢ダウンジャケット“アンカー”/MIZUSAWA DOWN JACKET “ANCHOR”(ALLTERRAIN)

¥85,800(税込)

【DESCENTE ALLTERRAIN】水沢ダウンジャケット
pickup item

DESCENTE(デサント)

水沢ダウンジャケット“アンカー”/MIZUSAWA DOWN JACKET “ANCHOR-L”(ALLTERRAIN)

¥85,800(税込)

水沢ダウンコート“アンカーハーフコート”
pickup item

DESCENTE(デサント)

水沢ダウンコート“アンカーハーフコート”/MIZUSAWA DOWN COAT “ANCHOR-HC”(ALLTERRAIN)

¥110,000(税込)

水沢ダウンジャケット“ストーム”
pickup item

DESCENTE(デサント)

水沢ダウンジャケット“ストーム”/MIZUSAWA DOWN JACKET “STORM”(ALLTERRAIN)

¥129,800(税込)

関連記事
サカナクション山口一郎が考える水沢ダウンの魅力

水沢ダウンの愛用歴は早4年という山口一郎さんに、その魅力や服へのこだわりを伺いました。また自身のプロジェクト「NF」で手がけるコラボレーションに対する思いや価値観には、考える音楽とファッションの関係性や未来について、大きなヒントが詰まってい[…]

デサントの水沢ダウンを着用するサカナクション山口一郎氏

関連記事
水沢ダウンへの思い、進化の過程について生みの親に訊いた

水沢ダウンは2008年に発売されて以来、多くのファンを持つデサントのダウンジャケット。今回は、水沢ダウンの進化の過程と、その人気の理由を探るべく、開発責任者でありデザイナーの山田満氏にインタビューしてきました。――水沢ダウンが誕生してから[…]

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。