厚底ランニングシューズの「柔らかすぎリスク」とは。その解決を目指す新たなクッション構造をレポート
#DESCENTE(デサント)

厚底ランニングシューズの「柔らかすぎリスク」とは。その解決を目指す新たなクッション構造をレポート

クッション性の高い「厚底シューズ」は“柔らかさ”が特徴ですが、その柔らかさがランナーの悩みになるケースもあります。着地が不安定になり、足首やくるぶし、膝といった関節が痛くなることもあるのです。

こういった、クッション系ランニングシューズの“柔らかすぎ”がもたらすリスクとはどんなものでしょうか。

またデサントでは、そのリスクを解消すべく厚底シューズを開発しています。
ランニングシューズ「ENERZITE Z+」です。

この記事では、シューフィッターである藤原商会代表の藤原岳久さんに、厚底シューズを使用するランナーに多い悩みと、ENERZITE Z+の印象を聞きました。

柔らかすぎるクッションがもたらす関節の痛み

シューフィッターの藤原商会代表の藤原岳久さんの写真

――クッション系のランニングシューズ、いわゆる厚底シューズは柔らかく走りやすい印象があります。一方で、その柔らかさがランナーの悩みになることもあるのでしょうか?

そうですね。悩みとして多いのは、クッションが柔らかすぎることで着地の安定感が失われるケースです。

それにより、足首やくるぶし、膝や股関節といった関節部分の痛み、あるいは「足底」と呼ばれる足の裏に痛みを感じるランナーが多く見られます。

基本的に、厚底はクッション性が高く、走りやすい感覚がありますが、実はランナーの気付かぬうちに痛みにつながっていることもあるのです。

ランナーから痛みの相談を受けて調べてみると、柔らかすぎるクッションが原因であることも多いですね。

関節は横方向のグラつきに対応するのが苦手

関節や足裏の痛みについて話す藤原さん

――なぜ着地の安定感が失われると、関節や足裏の痛みにつながるのでしょうか?

まず関節についてですが、関節は縦方向の衝撃を和らげるのは得意でも、横方向の衝撃やグラつきを干渉するのは苦手なんですよね。

厚底シューズのクッションが柔らかすぎる場合、着地した際に、横方向のグラつきが発生してしまう。すると、関節はその衝撃をまともに受けるのです。それが痛みにつながります。

もしくは、横方向のグラつきをほかの部分で抑えようとするうちに、関節に負担が集中して痛みにつながることもあるでしょう。

――足底が痛むのはなぜでしょうか?

ソールが柔らかすぎると、走っている最中に横ブレやグラつきが起きるので、ランナーは自然と足底でバランスを取るようになります。ランニング中、絶えず足底の筋肉を使うことになるので、痛みが出るんですね。

私も厚底を履き始めたときは痛みが出ました。それまで、こういうことはほとんどなかったのですが。

もう1つ、クッション系のシューズに多い悩みがあります。それは、自分自身で前に推進する力、蹴り出す力が弱くなること。

厚底シューズは、シューズの底が接地してから反発するまでに時間差があります。柔らかい分、接地後にクッションが大きく縮み、その後反発するからです。足が1度沈んでから上がる感覚ですね。

その時間差が大きすぎると、タイミング良く地面を蹴り出せず、上手く前に進めなくなってしまうのです。

厚底は走りやすいシューズ。ただし、そのなかでも違いを見極めるべき

――厚底シューズにはそういった課題もあるということですね。

そうですね。基本的に、クッションが効いたシューズは衝撃が吸収されるので、気持ち良く、走りやすいシューズだと思います。

ただ、一口に「厚底」「クッション系」と言っても、クッションの柔らかさや反発力はシューズごとに千差万別で、一括りにはできません。

クッションが柔らかすぎると、今話したような痛みや前に進まない感覚に悩むケースもあるので、厚底シューズを選ぶ際は、その点に気を付けて見るのが良いのではないでしょうか。

クッションがありながら、安定感を生むための二層構造

ENERZITE Z+ を側面から見た写真

――そういった悩みに対し、デサントではクッション性がありつつ柔らかすぎず、かつ安定感のある厚底シューズを開発しています。「ENERZITE Z+」というシューズです。藤原さんにも履いていただきましたが、どんな感覚でしたか?

ENERZITE Z+とは
デサント独自のフォーム材「Z-FOAM」を搭載したランニングシューズ。ソールの内部にZ-FOAMを搭載し、その外殻を高密度フォームで囲む二層構造で安定感を向上。クッションの気持ち良さと安定性を共存させることで、ランナーの足ブレを軽減する。

クッションはありますが、外殻が高密度フォームで覆われた二層構造になっているので、着地の安心感がありましたね。かかと付近にサポートパーツが配置されているのも、グラつきにくさにつながっていると思います。

先ほど話した関節系のダメージも起きにくいのではないでしょうか。

また、ソールが左右対称の作りになっているのも良いと思います。いろいろな人が履けるシューズに大切なのは、クセがなく着地でイレギュラーな動きをしない作りです。その意味で、左右対称なソールは大事なんですよね。

今回のENERZITE Z+は、外殻を覆うフォームで“柔らかすぎ”を防止し、サポートパーツで安定感を出しつつ、さらに左右対象の作りにしているので、より着地の足ブレは起きにくいと思いますよ。

クッションの反発がシャープに推進方向へ伸びるイメージ

ENERZITE Z+を持つ藤原さん

――先ほど話していた、蹴り出しの「時間差」についてはどう感じましたか?

時間差はあまり感じませんでしたね。地面に足をついたとき、体が沈む感覚はあまりなく、スッと着地から蹴り出しまで行えるイメージです。蹴り出しのタイミングにズレが起きにくく、しっかり蹴り出せると思います。その分、前に進む感覚は強いのではないでしょうか。

――一方、ソールの弾力や反発力も重要だと思います。こちらについてはどうでしょうか?

反発力も十分にあると思いましたね。反発の強さを感じましたし、私が思ったのは、反発力が推進方向にしっかり向けられていることです。反発力が強く、そしてそのベクトルがシャープに推進方向へ伸びているイメージですね。その分、いつもより長く、より快適に走るには心強いシューズかと思います。

初心者の方や日常で使うランニングシューズにおすすめ

白と黒のENERZITE Z+の写真

――藤原さんからみて、このシューズやクッションはどんなランナーに向いていると思いますか?

幅広いランナーが履けるのではないでしょうか。走り始めたばかりの方は、まだフォームが安定していなかったり、着地の安定感がなかったりということが多いのですが、このシューズは足ブレしにくいので、関節や足底のダメージにつながりにくいでしょう。

一方、反発力もしっかりとあるので、フルマラソンやハーフマラソンなど、長距離を目指す人の味方にもなると思います。クセがない履き心地ですし、初心者の方が最初の入り口として選ぶのも良さそうですね。

アメリカでは、日常のランニングに使うシューズを「デイリートレーナー」と呼ぶことが多く、クセがないオールラウンダーなシューズが選ばれます。ENERZITE Z+は、デイリートレーナーに向いているでしょう。

いろいろな人がオールラウンドに、安心感を持って日々のランニングに使えるシューズだと思いますね。

文/有井太郎

<プロフィール>

藤原岳久
シューズフィッティングアドバイザー

藤原商会 代表。ナイキ・アシックス・ニューバランスなどで累計20年以上の販売経歴を持つ。その後、独立し現職。日本フットウェア技術協会理事、JAFTスポーツシューフィッターBASIC/ADVANCE/MASTER講座講師も務める。

関連記事
次の1歩を踏み出しやすい…!ランニングシューズを選ぶなら「跳ねるような弾力」も「安定性」も両方欲しい

いきなり告白します。私、ジョギングが趣味だったんですが、実はここ2ヶ月ほど「おやすみ」しちゃっていました。長い梅雨からの猛暑で7〜8月は意外と外に出るのが億劫な季節。そこで新しいシューズで気分を一新しようと、試してみたのがデサントの「[…]

次の1歩を踏み出しやすい…!ランニングシューズを選ぶなら「跳ねるような弾力」も「安定性」も両方欲しい

関連記事
マラソンでのケガを軽減するには?ランニングサポーターの役割

健康のためにランニングを始めて、「今ではマラソン大会に参加するほどハマってしまった」という方も少なくないのではないでしょうか。最初はおなか周りを気にしてダイエット目的で始めても、「良いタイムを目指したい」「距離もどんどん延ばしていきたい」[…]

ランニングする女性

関連記事
日本代表トレーナーが考える、ケガをしないトレーニングシューズとは

ランニングブームの中、“最初の入り口”としてジムのトレッドミルでランニングを始める人も増えているそう。負荷の低い“ランニング初級編”と言えそうですが、そこでも「シューズ選び」は重要な様子。全日本フリースタイルスキーのフィジカルコーチも務め[…]

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。