中綿ジャケットとは?特徴やメリット、人気ブランドを紹介

中綿ジャケットとは?特徴やメリット、人気ブランドを紹介

  • 2021/12/07 (火)
  • 2022/03/30 (水)

中綿ジャケットは、軽量でスリムなシルエットが特徴で、アウターとしてだけではなく、インナージャケットとして取り入れる人も多いアイテムです。

この記事では、そんな中綿ジャケットの特徴やメリット、人気のブランドを紹介します。ぜひ中綿ジャケットの特徴を知って、さまざまなシーンで活用してみましょう。

中綿ジャケットの特徴

中綿ジャケットの特徴

中綿とは、布団などに入れる保温効果の高い素材です。まずは、中綿を使ったジャケットにはどのような特徴があるのか、ダウンやコートとの違いを交えながら紹介していきます。

中綿ジャケットとダウンの違い

中綿はポリエステルなどの化学繊維で人工的に作られた“わた”のことで、ダウンは水鳥から採れる羽毛のことを指します。

化学繊維と天然繊維ということから、主に耐水性や保温性、希少価値、価格に違いがあります。

中綿ジャケットとコートの違い

中綿ジャケットと中綿コートは丈の長さに違いがあり、腰が隠れる程度の丈のジャケットとお尻がすっぽりと隠れる丈のコートでは、コーディネートの印象や着心地が変わるため、適した着用シーンが異なります。

例えば、丈が短い中綿ジャケットはカジュアル感が強くなるのに対し、中綿コートは大人っぽい印象のコーディネートにも合わせやすい傾向にあります。

また、丈の短い中綿ジャケットはスポーツ時のウォーミングアップなどでも活躍するアウターです。

中綿ジャケットのメリット

中綿ジャケットのメリット

続いては、中綿ジャケットのメリットについて紹介します。

水濡れに強く洗濯しやすい

ダウンは水に弱く、自宅で洗濯することが難しい商品が多いです。しかし、中綿は水濡れに強く、洗濯がしやすいというメリットがあります。

さらに、中綿ジャケットは生地にはっ水加工が施されているものも多いため、雨や雪に濡れても中綿が乾きやすく、安定して防寒性を得やすいです。

ダウンに比べて値段が安い

中綿ジャケットは、ダウンに比べて値段が安いこともメリットの1つです。

ダウンは水鳥の羽根と羽根の間に生えている丸い球状になった綿毛(ダウンボール)を使用しており、1羽から得られる量は少なく、貴重なものです。

さらに、ダウンをジャケットやコートに使用する際、特殊な機械を用いて作る必要があるため、コストがかかり、値段が高くなる傾向にあります。

しかし、人工的に作られた中綿を使ったジャケットは、生地と同じように裁断・縫製することができるため、ダウンと比べて縫製の手間が省け、コストを抑えられるため、比較的安価で手に入れることが可能です。

着膨れしにくい

中綿はダウンのようなかさ高が出ず、ボリュームが乏しくなってしまう傾向にありますが、一方で、着膨れしにくいというメリットがあります。すっきりとしたシルエットになるため、さまざまなスタイルに合わせやすく、コーディネートの幅を広げることができるでしょう。

中綿ジャケットは人気ブランドで選ぼう

中綿ジャケットは人気ブランドで選ぼう

ここからは、中綿ジャケットを展開するおすすめのブランドを紹介します。ぜひ、人気ブランドで自分に合った中綿ジャケットを探してみてはいかがでしょうか。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントは日本のスポーツブランドです。スキーウェアの開発も手掛けているデサントは、機能性が高く、着心地の良いダウンジャケットや中綿ジャケットなどを展開しています。

デサントが展開している中綿ジャケット「AIR THERMOTION」シリーズは、裏地素材に中綿の機能を持たせており、中綿がくっついたように起毛させていることから、キルティングステッチが入っていません。

また、裏地の糸は真ん中が空洞になっていることから、通常の糸を使うよりも軽くなります。

さらに、軽さをキープしながらも構造や素材によって、含んだ空気が断熱材のような役割になり、暖かさを感じやすいでしょう。

中綿ジャケットが活躍するシーン

中綿ジャケットが活躍するシーン

中綿ジャケットを手に入れたら、さまざまなシーンで着回ししたくなるものです。

そこで続いては、中綿ジャケットが活躍するおすすめのシーンを紹介します。着用シーンに合わせてコーディネートを変えながら、秋冬のおしゃれを楽しみましょう。

普段使いに

中綿ジャケットは軽量で温かいうえにボリュームが抑えられていて、スリムな印象があるアウターです。防寒着でありながらもすっきりとしたその見た目は、カジュアルシーンをはじめとした普段使いにも適しています。

また、キルティングジャケットのような中綿ジャケットもあれば、ステッチが前面に出ないシンプルなデザインのものもあるため、きれいめコーデやオフィスコーデにも取り入れることができるでしょう。

キャンプなどのアウトドア

軽量かつ薄手の中綿ジャケットは、コンパクトにたたみやすく場所を取らないため、持ち運びしやすいという特徴があります。

暖かい時期にキャンプをする場合でも、山や森などは昼夜の寒暖差が出やすいため、夜は肌寒く感じることも少なくありません。中綿ジャケットは、そんなキャンプなどのアウトドアにも役立つアウターです。

インナージャケットとして

薄手の中綿ジャケットの場合、いくら保温性があると言っても、真冬のアウターとしては心許ないという人もいるでしょう。中綿ジャケットはその薄さを活かして、インナージャケットとして着ることで、真冬のコーディネートにも活躍します。

軽量でストレッチ性のある中綿ジャケットなら、インナージャケットとして着ても着心地が良く、シンプルでスタイリッシュなデザインのものであれば、アウターを選ばず着回せるでしょう。

ジャケットに関するおすすめ記事

ジャケットに関するおすすめ記事を以下にまとめました。

関連記事
デサントの中綿ジャケット「AIR THERMOTION」が軽い!身近なもので重さを比較してみた

2020年の秋冬シーズンに、デサントから新たに発売となった中綿ジャケット「AIR THERMOTION」。その特徴は、「軽さ」と「暖かさ」です。さて、ふと疑問が浮かんだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?「軽い軽いっていうけど、実際ど[…]

デサントの中綿ジャケット「AIR THERMOTION」が軽い!身近なもので重さを比較してみた

関連記事
サカナクション山口一郎が考える水沢ダウンの魅力

水沢ダウンの愛用歴は早4年という山口一郎さんに、その魅力や服へのこだわりを伺いました。また自身のプロジェクト「NF」で手がけるコラボレーションに対する思いや価値観には、考える音楽とファッションの関係性や未来について、大きなヒントが詰まってい[…]

デサントの水沢ダウンを着用するサカナクション山口一郎氏

関連記事
【GetNaviの語らせて!】今季のダウンは老若男女「水沢ダウン」で決まり!世界的に評価・評判が高い「技術」や「こだわり」も網羅的に解説

「デサント オルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN)」の水沢ダウンは、近年評判が爆上がりしているダウンジャケットです。ダウンジャケットというと、ロゴのワッペンの主張がやや、やりすぎな海外ブランド勢が知られていますが、水沢ダウ[…]

水沢ダウン 照井さん

関連記事
冬には暖かいダウンジャケット。選び方や手入れ方法とは?

冬の必須アイテムと言えば、暖かいダウンジャケット。冬の登山やキャンプはもちろん、普段使いとしても1着持っておけば安心です。昨今、いろいろな種類のダウンジャケットが発売されていますが、価格帯やデザイン、機能性もさまざまで迷ってしまうもの。オ[…]

関連記事
冬のジョギングで服装に迷ったらこれ!空気で調整できる変身するアウター

だんだんと日が短くなってきて、夜はだいぶ肌寒くなってきました。そろそろ冬物を買おうかなと思っている方におすすめしたいのが、ルコックスポルティフの「エアチューニングジャケット」です。このジャケット、「とにかくすごい」の一言です。その特徴[…]

冬のジョギングで服装に迷ったらこれ!空気で調整できる変身するアウター

人気ブランドの中綿ジャケットは機能性が高くておすすめ!

人気ブランドの中綿ジャケットは機能性が高くておすすめ!

ボリューム感のあるダウンジャケットとは違い、細身のシルエットの中綿ジャケットは、アウターとしてだけではなくインナージャケットとしても使えるため、幅広いコーディネートに活用することができます。

今回紹介した人気ブランドには、スポーツウェアの開発技術を活かした機能性の高い中綿ジャケットが販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

ジャケットについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。