#メンズ(トレーニングウェア)

トレーニングウェアをおしゃれに着こなす方法は?

ジョギングや筋力トレーニングなどをライフスタイルに取り入れる人が増えています。こうしたトレーニングは継続が重要ですが、きついものだとなかなかそうはいきません。

モチベーションをアップさせるには、おしゃれが良いアクセントになります。トレーニングウェアをおしゃれに着こなして、トレーニングを楽しみましょう。

トレーニングウェアでおしゃれに見せる着こなし術

デサント・Tシャツ・ロングパンツ・ジャケット

DESCENTE (デサント)ジャガードグラフィックTシャツ(20SS)>>詳細はこちら
DESCENTE (デサント)裏メッシュウインドロングパンツ(20SS)>>詳細はこちら
DESCENTE (デサント)裏メッシュフーデッドウインドジャケット(20SS)>>詳細はこちら

最近のトレーニングウェアは優れたデザインのものが多く、メンズの製品でも個性豊かな顔ぶれがそろっています。
しかし選択肢が広がった分、選ぶ難しさも増えました。おしゃれなトレーニングウェアを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。そのポイントを紹介していきます。

体形にフィットしたウェアを着る

トレーニングウェアは、体形に合っていないと「運動しやすさ」という大前提が失われてしまいます。
ゆったりし過ぎたトレーニングウェアは動きにくいうえ、そういった着こなしを想定して作られていないので、おしゃれなコーディネートは難しくなります。

きつすぎても動きにくくなってしまいますが、多少フィット感のある着こなしの方がおすすめです。
体の動きが分かりやすく躍動感が出るので、運動している姿がかっこよく見えます。またダイエットや筋力アップを目的としている人であれば、目で見て成果を実感しやすいので、達成感にも繋がるでしょう。

シンプルな中に差し色を入れる

トレーニングウェアは、フォルムがシンプルなものが多いので、おしゃれさを出すポイントとして色使いはとても重要です。

トレーニングウェアには、蛍光色を取り入れたものが数多くあります。全身が派手な色だとコーディネートが難しく、奇抜になり過ぎてしまうこともありますが、ワンポイントの差し色であれば気軽に試すことができ、失敗しにくくなります。

また地味な色のウェアは、ぼんやりとした印象を与えてしまいがちですが、一箇所でも目立つ部分があることで引き締まった印象になり、適度なスポーティーさとポップさを与えてくれます。

全体に使われていたり、ワンポイントで入っていたりと、ウェアによって蛍光色の使われ方はさまざまなので、選び方次第で個性を出すポイントになります。
ブランドもののトレーニングウェアであれば、ロゴを差し色と捉えてみるのもおすすめです。ロゴ自体のデザインが洗練されているので、本格派の印象を与えてくれます。

トレーニングウェアがシンプルでも、インナーやシューズに差し色を入れれば、メリハリが付けられます。インナーであれば、コーディネートを変える楽しみもあるでしょう。シューズの靴ひもだけ目立つ色に変えてみるというのもおしゃれな印象になります。

重ね着をする

体のラインが強調されたピチピチのウェアに抵抗がある方は、重ね着をすればフィット感と同時にさり気なさと清潔感を出すことができます。

黒系統のインナーは、全身を引き締めて見せてくれるという効果があるため、ショートパンツの下に黒のレギンスをはけば、足をすらりと長く見せてくれます。

また男性はすね毛の濃さを気にする方もいますが、レギンスをはくことで処理をしなくても清潔感を保つことができるのです。

上半身も同じく体毛が気になる方は、半袖の下に長袖のインナーを着ることで、簡単に悩みを解決できるでしょう。

そして、普通のTシャツ一枚では汗染みが目立ってしまうことがありますが、インナーを着てその上にシャツを重ね着すれば、激しい運動の後でも清潔感を保ちやすくなります。

差し色の話題でも触れましたが、インナーとトレーニングウェアの色を変えることで、コーディネートを楽しむこともできます。

セットアップ(上下セット)を着る

着こなしを考えるのが難しい方は、上下がおそろいのコーディネート、いわゆるセットアップがおすすめです。

セットアップとは、別売りだけど柄や素材が同じアイテムを着るコーディネーション方法を表すファッション用語ですが、スポーツウェアでは上下セットのものを呼ぶ場合もあります。
最近ではジャージやスウェットにも洗練されたデザインが増えてきています。スポーツミックスというファッションスタイルの流行によって、これらのアイテムにも注目が集まっているのです。

トレーニングウェア選びにおいても、同じ素材や色で統一するセットアップは、簡単におしゃれ上級者にみえるおすすめコーディネートです。

編集部おすすめのメンズトレーニングウェア

pickup item

le coq sportif (ルコックスポルティフ)

ソレイユ半袖シャツ(20SS)

¥4,510(税込)

le coq sportif (ルコックスポルティフ)・ソロテックススウェットロングパンツ(20SS)
pickup item

le coq sportif (ルコックスポルティフ)

ソロテックススウェットロングパンツ(20SS)

¥5,313(税込)

トレーニングウェアは機能性や素材も重視したい


トレーニングウェアは、基本的には体を動かすときに着るものなので、選ぶときは機能性を重視することも大切です。選ぶ素材によって特徴が大きく異なり、それぞれに素晴らしい機能があります。

吸汗速乾性のあるポリエステル素材は、汗をかいても不快感を抱くことが少なく、体が汗で冷えるのを軽減することができます。ストレッチ機能のある素材は伸縮性が高く、動きを制限されずにストレスなく体を動かすことができるので、激しい運動や筋力トレーニング、ストレッチなどにおすすめです。

抗菌防臭加工は、夏場や汗の臭いが気になる方におすすめ。またUVカット、リフレクター、防水加工といった機能はジョギングなど野外でのトレーニングに適しています。

最近は科学的なアプローチによって、優れた機能を持ち合わせた製品も増えてきたので、トレーニングの目的に合わせた機能性を持つウェアを選びましょう。

高機能のインナーでおしゃれにパフォーマンスアップ

トレーニングウェアは、見える部分に意識が行きがちですが、肌に直接触れるインナーもトレーニングには大切なアイテムです。
適度にフィットしたインナーは体のブレを軽減しますので、機能的な面でも体形に合ったものを選ぶことが重要になります。

コーディネートの面では、上に着用するものと組み合わせがポイントとなるので、色の組み合わせを意識した着こなしをすると良いでしょう。

注目を集めているコンプレッションウェア

高機能のインナーの中にはコンプレッションウェアと呼ばれるものがあり、伸縮性の高い生地が体に圧をかけることで運動機能の向上、怪我のリスク軽減などの効果があるとされています。

加圧インナーと混同されがちですが、コンプレッションウェアは適度に圧をかけ、トレーニングをサポートするためのものです。

一方で加圧インナーは、コンプレッションウェアに比べてかなり着圧が強く、体を動かす際に苦しさを感じることもあります。着ているだけで、体にかなりの負荷がかかり、常にトレーニングをしているような状態になるのです。

高機能のインナーには、着ることでトレーニングのパフォーマンスアップにもつながるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

トレーニングウェアはデザインと機能性を重視しよう


服には人の気分を変える力があります。トレーニングをするときは、モチベーションをアップさせる、おしゃれなウェアを着たいものです。もちろんトレーニングのパフォーマンスを上げるために、機能性も見逃せません。お気に入りのウェアを着ることで、きついトレーニングも続けることができるでしょう。

最近のトレーニングウェアには、おしゃれと機能性を兼ね備えた、素敵な製品がたくさんあります。ぜひ、お気に入りの一枚を探してみてください。

機能性を備えたトレーニングウェア

DESCENTE (デサント)・クーリスト Tシャツ(20SS)
pickup item

DESCENTE (デサント)

クーリスト Tシャツ(20SS)

¥ 2,970(税込)

DESCENTE (デサント)・クーリストクロス ハーフパンツ(20SS)
pickup item

DESCENTE (デサント)

クーリストクロス ハーフパンツ(20SS)

¥4,510(税込)

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。