トレーニングマットはなぜ必要?メリットや選び方、おすすめのブランドを紹介
#トレーニング

トレーニングマットはなぜ必要?メリットや選び方、おすすめのブランドを紹介

筋トレや体幹トレーニング、ヨガなど室内で行うトレーニングにはトレーニングマットが必要不可欠です。

そこで今回は、トレーニングマットの必要性や使用するメリット、選び方について紹介します。

また、トレーニングに必要なのはマットだけではありません。トレーニングに適しているウェアがそろう人気のブランドも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

トレーニングマットの必要性

デサント・半袖シャツ・ハーフパンツ

マットを敷かずに床でトレーニングをしても良いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、快適かつ効果的にトレーニングを続けるためにトレーニングマットは必須アイテムと言えます。

まずは、トレーニングマットを使うことで得られるメリットについて紹介していきます。

体への負担軽減

床に何も敷かずに筋トレやヨガなどを行うと、床に骨が当たったりこすれたりして痛みを感じてしまうことがあります。

トレーニングマットは、そのような体への負担を軽減し、トレーニングに集中できるだけでなく、より正しいフォームに導いてくれるなどのメリットが得られます。

足元が滑らない

ヨガやストレッチ、筋トレをする場合、直接床で行うと、床に使われている素材によっては体が滑りやすく、フォームが安定しづらくなります。また、汗によって足元が滑ってしまうと危険です。

トレーニングマットは滑り止め加工がされていたり、滑りにくい素材が使われていたりするものが多いため、トレーニングマットを敷くことで滑りにくくなり、フォームが安定します。

よりトレーニングの効果が得られやすくなるでしょう。

防音が期待できる

自宅でトレーニングをする際、集合住宅に住んでいる人は、階下まで振動しないか、音が響かないかが気になり、思うように体を動かせないこともあるかもしれません。

しかし、厚みのあるトレーニングマットを利用すれば、下の階への振動や音を軽減する効果が期待できます。柔らかくて厚みのあるトレーニングマットを敷き、トレーニングに集中できる環境を作りましょう。

床を傷付けずにトレーニングできる

衝撃を吸収してくれるトレーニングマットなら、器具を使ったトレーニングでも床に傷が付くのを防いでくれます。

特に重さのある器具を使用するときは、床がへこんだり擦った傷が付いたり、目立つ跡が残りやすいため、トレーニングマットを敷いて床を守るようにしましょう。

トレーニングマットの選び方

デサント・半袖シャツ・ハーフパンツ

続いては、トレーニングマットを選ぶ際のポイントを紹介します。

素材で選ぶ

トレーニングマットに使われている素材には、以下のようなものがあります。

  • ポリ塩化ビニル
  • ポリマー環境樹脂
  • 熱可塑性エラストマー
  • ニトリルゴム
  • 天然ゴム
  • マイクロファイバー
  • ポリ塩化ビニル

    ポリ塩化ビニルは、オーソドックスなトレーニングマットとして知られている素材です。購入しやすい手頃な価格のものが多いため、トレーニング初心者や初めてトレーニングマットを購入する人に向いています。

    購入してすぐは独特の臭いがあるので、苦手な人は開封後時間を置いてから使ってみてください。

    ポリマー環境樹脂

    ポリマー環境樹脂は、廃棄時に燃やしてもダイオキシンが発生しないことから環境に優しい素材として知られています。水洗いできるため、清潔に保ちたい人に適した素材でしょう。

    ただし、ポリマー環境樹脂のトレーニングマットはあまり数が出回っていないため、他素材に比べ種類は少なめです。

    熱可塑性エラストマー

    熱可塑性エラストマーも、燃やしてもダイオキシンが発生しない素材です。薄く軽い素材ですが、弾力性があり滑りにくいため使用しやすいでしょう。

    独特な臭いもほとんどないので、購入後すぐに使用したい人におすすめのトレーニングマットです。

    ニトリルゴム

    ニトリルゴムは弾力性があり、使い続けても劣化しにくい特徴があるため、頻繁にトレーニングする人や激しいトレーニングをする人に向いています。

    トレーニングマットを毎日または、長期的に使いたいという人におすすめの素材です。

    天然ゴム

    天然ゴムは滑りにくく強度のある素材です。ストレッチなど、足元を安定させたいトレーニングに適しています。

    ただし、ゴム特有の臭いがあるので、臭いが苦手な人は注意が必要です。重量もあるため、持ち運んで使用したい人には適していないかもしれません。

    マイクロファイバー

    吸水性や速乾性があり、クロスやタオルとしても人気のマイクロファイバーのトレーニングマットは、薄くクッション性はありませんが、水洗いが可能という特徴があります。

    そのため、ヨガなどの汗をかきやすいトレーニングを行う際に、マットの上に敷いて使用すると良いでしょう。

    また、カラーバリエーションが豊富なため、好きな色を選んでモチベーションアップをしたい人におすすめです。

    形状で選ぶ

    トレーニングマットの形状も、選ぶときに注目したいポイントです。
    特に、トレーニングマットを持ち運びたいという人は注意して選びましょう。

    トレーニングマットの形状は主に3つあります。

    ロールタイプ

    ロールタイプのトレーニングマットは、文字通りクルクルと巻き上げて留められるトレーニングマットです。

    持ち手やケースが付いているものもあるので、いろいろな場所に持ち運んで使用する人におすすめのタイプです。コンパクトにまとまるのであまり場所も取らず、使用するとき以外は片付けやすい点からも人気があります。

    折りたたみタイプ

    折りたたみタイプは敷布団の下に引くマットレスのように溝が入っており、簡単に折りたためるのが特徴のトレーニングマットです。

    ロールタイプほどコンパクトにはなりませんが、セッティングも片付けも簡単です。

    ジョイントタイプ

    ジョイントタイプのトレーニングマットは、複数枚のマットをパズルのようにはめ込んで使用するタイプです。

    使用しないときは分解して片付けられるので、ケースに入れてベッドの下などのデッドスペースを有効活用して収納するのがおすすめです。

    組み合わせ方によっては横幅などを変更できるので、さまざまなトレーニングを行う人には便利なトレーニングマットと言えるでしょう。

    機能性で選ぶ

    トレーニングマットを選ぶときは、機能性にも注目しましょう。特にチェックしておきたい機能性は以下の3つです。

    防音効果

    トレーニングマットには、弾力性があり、衝撃や騒音を吸収してくれるものがたくさんあります。周りへの騒音が気になるという人は、防音効果が期待できるトレーニングマットを選びましょう。

    滑り止め機能

    ヨガやストレッチなど姿勢をキープする必要のあるトレーニングはもちろん、激しい動きのあるトレーニングにも適しているのが滑り止め機能付きのトレーニングマットです。

    例えば、滑り止め機能のないマイクロファイバーのトレーニングマットを使用する場合は、下に滑りにくい素材のマットを敷くと良いでしょう。

    クッション性

    体への負担を減らし、安全性を高めるためにはクッション性の優れたトレーニングマットを選ぶのもおすすめです。

    サイズで選ぶ

    トレーニングマットは厚みも重要ですが、サイズも重視したいポイントです。自分が行うトレーニングにはどのようなフォームや動きがあるのかを念頭に、動きやすいサイズのトレーニングマットを選びましょう。

    ブランドやデザインで選ぶ

    トレーニングマットは、デザイン性で選ぶのもおすすめです。

    楽しい気分でトレーニングができるようお気に入りのカラーを選んだり、トレーニングウェアとコーディネートして選んだりすると、モチベーションアップにつながります。

    また、スポーツブランドが手掛けるトレーニングマットは、機能面はもちろんデザインもおしゃれなものが多いのでチェックしてみましょう。

    トレーニング別におすすめのマットを紹介

    トレーニング別におすすめのマットを紹介

    ここでは、トレーニング別におすすめのマットを紹介します。

    ヨガに適しているトレーニングマット

    ヨガに適しているトレーニングマットは、ヨガマットという名称で販売されているものが多く、ほど良いクッション性と安定感のある5mm前後の厚みのものが主流です。

    なかには10mm前後の厚みのあるヨガマットもありますが、厚みのあるヨガマットは重量があるため、持ち運ぶときには不便さを感じるかもしれません。

    一方で、1~2mm程度の薄いトレーニングマットの場合、単体で使用するには薄すぎるため2枚重ねて使用するのがおすすめです。

    ストレッチをする際に適しているトレーニングマット

    ストレッチするときに使うトレーニングマットはストレッチマットと呼ばれ、1~10mmほどのものが主流となっていますが、ヨガと同じく適度なクッション性と安定感があるマットが好まれており、6mmの厚みがあるタイプが人気です。

    ただし、膝や腰に不安がある人は、より厚みのあるトレーニングマットを選ぶと、その分クッション性も高くなるためおすすめです。

    重みのある器具を使う際に適しているトレーニングマット

    ダンベルなどの重みのあるトレーニング器具を使用するときは、優れた弾力性のあるトレーニングマットを選びましょう。

    厚みは5~6mm程度でも、弾力性に優れたトレーニングマットであれば、ダンベルを置いたり床に押し付けたりしてもすぐに元の形に戻り、床にへこみや傷が付きにくいでしょう。

    トレーニングマットだけでなくウェアの選び方も重要!

    トレーニングマットだけでなくウェアの選び方も重要!

    トレーニングするときは、トレーニングマットにこだわるのも大切ですが、トレーニングウェアもしっかりと選びたいところです。

    ここからは、トレーニングウェアを選ぶときのポイントを紹介します。

    機能性

    トレーニングウェアを選ぶときは、機能性を重視しましょう。なかでも、トレーニングウェアに欠かせない機能は以下の通りです。

    吸汗速乾性

    汗をかくトレーニングに重要な機能性は、吸汗速乾性です。吸汗速乾性のないウェアを着ていると汗がそのまま肌を流れ、べたついて不快感につながります。

    また、汗を吸い取っても乾きの遅いウェアの場合は体を冷やす原因になってしまうでしょう。吸汗速乾性の高いウェアを選ぶことで、汗をかいても快適なトレーニングができます。

    ストレッチ性

    激しい運動や体を伸ばす運動をするときに、ストレッチ性のないトレーニングウェアを着用すると、動きを邪魔されたり思うように体を伸ばしにくかったりすることがあります。

    ストレッチ性が高く、フィット感のあるトレーニングウェアのほうが体の動きもサポートしてくれますが、ゆったりしたウェアでもストレッチ性の高いトレーニングウェアはあるので、自分の行うトレーニングに合わせたものを選びましょう。

    通気性・温度調整機能

    室温や湿度によってもトレーニングのパフォーマンスは左右されます。そのため、温度調整機能があるトレーニングウェアは重宝します。

    さらに、最初は涼しく感じる室内でも、運動し続けると暑くなります。ウェアの中に熱がこもらないよう、通気性の良い素材を選ぶのも気持ち良くトレーニングを行うポイントです。

    デザイン性

    トレーニングウェアには、シンプルなデザインからビビッドカラーのものや総柄のものなど、さまざまなデザインがあります。トレーニングへのモチベーションアップのためにも、普段着では取り入れないようなデザインのウェアに挑戦してみてはいかがでしょうか。

    トレーニングウェアがそろう人気のブランド

    ルコックスポルティフ・ハーフトップ・ロングスパッツ

    トレーニングウェアはトップス・ボトムス・インナーなどをそろえる必要があります。ここからは、必要なトレーニングウェアを一式そろえられるおすすめのブランドを紹介します。

    DESCENTE(デサント)

    デサント ロゴ

    数多くのスポーツ用品を手掛けているデサントは、スキーや野球、バレーボールなどのプロ選手からも人気のあるブランドです。

    デサントでは、それぞれのスポーツに適した機能性を徹底的に追求し、細部にまでこだわったウェアが販売されています。目的に合った機能性を備えたトレーニングウェアをチェックしてみましょう。

    le coq sportif(ルコックスポルティフ)

    ルコックスポルティフ ロゴ

    フランス発祥のスポーツブランド、ルコックスポルティフは、各スポーツに適した機能性の高さはもちろん、幅広いデザイン性で多くの人々から愛されています。

    男性から人気が高いシックなものやかっこいいもの、大人の女性も着用しやすいおしゃれなものや幅広い年代の女性に好まれるかわいいものなど、さまざまなデザインが豊富にそろっているため、老若男女問わずおすすめのスポーツブランドです。

    arena(アリーナ)

    アリーナ ロゴ

    アリーナは、スイムウェアで有名なスポーツブランドですが、スイムウェアだけでなく、トレーニングウェアも取りそろえられています。

    スイムウェアブランドらしい青色や水色などの爽やかなカラー展開が特徴的なアリーナのトレーニングウェアは、ストレッチ性やはっ水性などが備わったものもあり、さまざまなスポーツシーンで活躍するでしょう。

    トレーニングに関するおすすめ記事

    トレーニングに関するおすすめ記事を以下にまとめました。

    関連記事
    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~総合編~<br>MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

    自宅で簡単に楽しくキレイに引き締めたい!という方に向けて3回にわたってお届けしてきた「HIITトレーニング」。最終回である今回はこれまでに覚えた動作を使った「総合編」をお送りします。(前回の「背中美人編」「お腹美人編」はこちら)今までの[…]

    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~総合編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

    関連記事
    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~お腹美人編~<br> MITTNESSの「HIITトレーニング」でお部屋で楽しくストレス発散

    前回紹介した自宅で簡単にできる「HIITトレーニング」! 女性専用キックボクササイズスタジオMITTNESSのトレーナーが考案した1日たった5分間のプログラム。前回に引き続き、トレーニング方法を部位別に3回にわたって写真&動画で丁寧に解説[…]

    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~お腹美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」でお部屋で楽しくストレス発散

    関連記事
    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~<br>MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

    コロナ渦により自宅で過ごすことが多くなった今、健康にもダイエットにも必要なのは分かっているけど、なかなか始められない運動。時間もないし、お金をかけるのも…と躊躇している人も多いはず。そんな人にオススメなのが、自宅で簡単にできる「HIITト[…]

    【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

    関連記事
    ストレッチ性が高くて、動きやすい!おすすめ「スポーツ美脚パンツ」

    「ストレッチ性が高くて、動きやすいものがほしい」「汗をかいても、さらっとした肌触りがうれしい」。スポーツにも日常生活にもアクティブに過ごす女性ほど、トレーニングパンツに求める要素も多くなることだろう。そうした女性たちの要望にしっかりと応[…]

    マットとウェアをそろえて快適にトレーニングをしよう!

    マットとウェアをそろえて快適にトレーニングをしよう!

    体への負担を軽減し、無理なくトレーニングを続けるためには、トレーニングマットは必須アイテムと言えます。

    これからトレーニングを始めるという人は、トレーニングマットとウェアをそろえて、快適な環境で楽しくトレーニングを続けていきましょう。

    トレーニングについて詳しくはこちら

    WRITER
    この記事を書いた人
    ABOUT ULLR MAG.
    ULLR MAG.とは?

    ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
    身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
    暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

    私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
    一人でも多くの人へ届けたいと考えています。