#スイムウェア

大きいサイズのスイムウェア(水着)が買えるおすすめブランドは?

背の高い人や体格が良い人のなかには、好みのスイムウェアが見つからないという悩みを持っている人もいるでしょう。スポーツブランドのスイムウェアであれば、サイズ展開も豊富でデザイン性も高いため、お気に入りの1着が見つかるかもしれません。

そこで今回は、大きいサイズのスイムウェアの選び方や、サイズ展開が豊富なおすすめブランドについて詳しく紹介します。

スイムウェア(水着)の大きいサイズとは?

スイムウェア(水着)の大きいサイズとは?

まずは、スイムウェアにはどれくらいまで大きいサイズがあるのか、サイズ展開や規定について説明します。

以下はJASPO(一般社団法人日本スポーツ用品工業協会)が定めた規格サイズ表です。日本のスポーツウェアのサイズ展開に多く利用されています。

JASPO メンズスイムウェアのサイズ (単位:cm)

XS(SS)SMLXL(O)2XL(XO)
ウエスト67~7371~7775~8179~8583~8987~93

JASPO レディーススイムウェアのサイズ (単位:cm)

XS(SS)SMLXL(O)2XL(XO)
バスト75~7978~8281~8584~8887~9190~94
ヒップ83~8786~9089~9392~9695~9998~102

JASPOの規格サイズ表によると、XLは2L、2XLは3Lに該当します。OとはJASPOが定めたOVERLARGEという意味のサイズで、Lよりも大きいサイズとなっています。

スイムウェアを選ぶ際はパーツごとのサイズを測ること、また、水中では水圧で体が少し縮むため、少し気持ち小さめのスイムウェアを選ぶことがおすすめです。

大きいサイズでもおしゃれなスイムウェア(水着)は豊富

大きいサイズでもおしゃれなスイムウェア(水着)は豊富

前述の通り、大きいサイズのスイムウェアはあります。また、スポーツブランドは単に大きいサイズではなく、デザイン性に富んだスイムウェアを展開しているので、きっと好みのスイムウェアが見つかるでしょう。

今人気のスイムウェア(水着)はどんなもの?

今人気のスイムウェアは、上下が別々になっているセパレートタイプです。
セパレートタイプは脱ぎ着がしやすいので着替えのストレスを軽減でき、袖付のタイプでは腕部分を隠せるという点でも人気を集めています。

同じブランドで上下を変えておしゃれを楽しめるという点でもおすすめです。

機能性もチェックしよう

最近のスイムウェアは水の抵抗をできるだけ軽減させる素材を利用しているものが多いです。
例えば、伸縮性に富んだ素材は体にフィットするため水の抵抗を最小限にでき、はっ水加工が施されている素材は水を吸わないためスイムウェアが重くなりにくいです。

さらに、保温効果の高い素材を活用することで、長時間水中でトレーニングをしても寒さを感じにくいです。

スイムウェアを選ぶときは、デザインももちろん大事ですが、同時に機能性の高いスイムウェアを選ぶようにしましょう。

大きいサイズのスイムウェア(水着)の種類

大きいサイズのスイムウェア(水着)の種類

スイムウェアにはいくつかの種類があるため、大きいサイズのスイムウェアが欲しいと思って買いに行っても、種類や特徴を把握しておかなければ何を買えば良いのか迷ってしまうでしょう。

ここからは、スイムウェアの種類と特徴について、レディース・メンズそれぞれ紹介します。

レディーススイムウェア

レディーススイムウェアには、主に4つの種類があります。

ワンピースタイプ

レディーススイムウェアのワンピースタイプは定番の形です。多くのブランドがデザイン性に富んだワンピースタイプのスイムウェアを展開しています。

ワンピースタイプは脚まわりが動かしやすいので、泳ぐスピードを上げたい人やアクアビクス※の上級者におすすめの種類です。

ただし、ワンピースタイプは露出部分が多くなるので、少しでも体型をカバーしたい場合はほかのスイムウェアを選びましょう。

※アクアビクス…アクア(水)とエアロビクス(有酸素運動)を合わせた和製英語

セパレートタイプ

セパレートタイプは上下が分かれたタイプのスイムウェアで、高身長や大柄な人もストレスなく着ることができるでしょう。

ただ、上下が分かれているため水の抵抗を受けやすいです。速く泳ぎたい、タイムを縮めたいという人はほかのスイムウェアを選びましょう。

オールインワンタイプ

オールインワンタイプは上下のパーツが一体になっているので、動いてもズレを感じにくいです。

また、フィットネス用や競泳用のスイムウェアであれば、体の構造を考慮し、動きやすく設計されているので、泳ぎをメインにしたい人や露出の多いスイムウェアに抵抗を感じている人におすすめです。

ただし、体にフィットする分、脱ぎ着がしづらいというデメリットもあります。

ビキニタイプ

ビキニタイプは、三角ビキニやホルターネック、かわいいフリルが付いたものなど、デザインが豊富です。しかし、ジムのプールなど、トレーニング目的でプールを利用する場合には、向いていないでしょう。

体にフィットする部分が少ないため泳いでいるうちに、はだける可能性や、飾りやリボンがほかの利用者にひっかかりトラブルになる可能性があります。

ビキニタイプは遊泳用として着ると良いでしょう。

メンズスイムウェア

一般的なメンズスイムウェアの種類としては、以下の2種類があります。メンズスイムウェアもレディーススイムウェアと同様に、遊泳用スイムウェアはジムでの利用に不向きです。

ハーフパンツ

ハーフパンツタイプは丈が膝上まであるスイムウェアです。

遊泳用スイムウェアではゆったりしたハーフパンツが人気を集めていますが、ジムのプールではスパッツタイプなど、フィット感のあるハーフパンツを着る人が多いです。

体にフィットするスパッツタイプは筋肉のブレを抑制するため、泳ぎのパフォーマンスを上げてくれます。

ショートパンツ

ショートパンツはハーフパンツよりも短い丈のスイムウェアです。

遊泳用スイムウェアでは、水陸両用のショートタイプが人気の傾向にあります。
ジムではハーフパンツ同様に、フィット感のあるスパッツタイプのショートパンツを着る人が多いです。

大きいサイズがあるスイムウェアブランド

アリーナ、スイムウォークパンツ

ここでは、サイズ展開が豊富で人気のスポーツブランドを紹介します。

arena(アリーナ)

スイムブランドであるアリーナはフランス生まれのスポーツブランドで、豊富なカラーバリエーションと幅広いサイズ展開が特徴です。

アリーナのスイムウェアはSSSからXCまで展開しており、柄ものからかっこいい水着まで豊富に取りそろえています。

アリーナ メンズスイムウェアのサイズ (単位:cm)

SSSSSSMLOXOXAXBXC
ウエスト64-6868-7272-7676-8080-8484-8888-9292-9696-100100-104

アリーナ レディーススイムウェアのサイズ (単位:cm)

SSSSSSMLOXOXAXBXC
バスト72-7675-7978-8281-8584-8887-9190-9493-9796-10099-103
ウエスト53-5756-6059-6362-6665-6968-7271-7574-7877-8180-84
ヒップ80-8483-8786-9089-9392-9695-9998-102101-105104-108107-111

大きいサイズのスイムウェア(水着)は高い?安い?

大きいサイズのスイムウェア(水着)は高い?安い?

大きいサイズのスイムウェアは、生地をたくさん使うから高いというイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、大きいサイズだからといって、ほかのサイズに比べて特別高いということはありません。スポーツブランドのサイトを見ても、MサイズとXOサイズは同じ価格で販売されています。

スイムウェア(水着)以外に体型をカバーできるアイテム

スイムウェア(水着)以外に体型をカバーできるアイテム

スイムウェア以外に体型をカバーできるアイテムとしては、ラッシュガードがおすすめです。
ラッシュガードは、紫外線対策や保温を目的として着用する人が多いですが、コンプレックスとなるお腹や腕を隠せたり、ラッシュガードのステッチやデザインで細見えしたりといった嬉しい効果もあります。

ラッシュガードにも種類がありますが、体型をカバーするならスリムタイプを選ぶようにしましょう。

大きいサイズのスイムウェア(水着)を着こなすコツ

大きいサイズのスイムウェア(水着)を着こなすコツ

スイムウェアをかっこよく着こなすには、少しだけ小さめのサイズを選ぶのがおすすめです。大きいサイズを着る人は、洋服を選ぶときなど、少しゆったりしたサイズ感で選びがちになります。

確かにゆったりサイズのほうが楽ですが、水中で着ることを目的としたスイムウェアは、水圧で体が縮んでウェアが緩くなるため、陸上で試着して少しきついと感じるくらいのサイズ感がちょうど良いと言えるでしょう。

また、ステッチや柄を上手に利用し細見えするデザインを選ぶと、スイムウェアを着ることや泳ぐことが楽しくなるでしょう。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」

ときに、自分が持っている力以上のパフォーマンスを発揮できる瞬間があります。2013年に日本代表入りを果たして以来、数多くの国際大会で活躍されてきた清水咲子選手(ミキハウス)も「特に試合では、チーム力は自分の大きなエネルギーになる」と話しま[…]

清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」
関連記事
海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード

ラッシュガード【Rash Guard】。ひと昔前までは「サーファーが着ているあの黒いゴムみたいなやつだよね」というのが、一般的なイメージでした。しかし今ではしっかり市民権を獲得し、海だけではなく、特に女性のアウトドアウェアとしても使われる[…]

海だけが主戦場じゃない。舞台を陸地に移した進化型ラッシュガード
関連記事
長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」

『水着は、水泳選手にとって欠かせないパートナー』。そう話すのは、200mバタフライの第一人者として国内外で活躍する長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。世界を舞台に戦う選手の水着選びのポイントだけではなく、ジュニア選手の登竜門、JOCジ[…]

長谷川涼香「水着は自分のパフォーマンスを上げてくれるパートナー。」
関連記事

宮崎県西都市にあるデサントアパレル株式会社西都工場にやってきました。こちらの工場では世界で戦うトップスイマーが愛用する「アリーナ」ブランドのスイムウェアの縫製を担っています。普段はなかなか表に出てこない「アリーナ」の商品ができるまでを追い[…]

大きいサイズのスイムウェア(水着)はサイズと機能性が重要!

大きいサイズのスイムウェア(水着)はサイズと機能性が重要!

大きいサイズのスイムウェアは、着用した際にほど良くフィット感があり、泳いでいてストレスのないものを選びましょう。

今回紹介したスポーツブランドのアリーナは、サイズ展開も豊富で機能性・デザイン性の高いスイムウェアを豊富に取りそろえています。大きいサイズのスイムウェアを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

スイムウェアについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。