#スイムウェア

体型カバーができるジム用スイムウェアは?水着のタイプを男女別に紹介

水泳はカロリー消費が大きい運動の一つです。水の抵抗や水圧によって全身にバランスよく負荷がかかり、通常の運動ではなかなか使わない筋肉も鍛えられるため、均整の取れたメリハリのあるボディを手に入れられます。とはいえ、ダイエットやシェイプアップ目的の場合、気になりがちなのが水着姿です。

市民プールやジムでたるんだ体を見せるのは恥ずかしいと、ためらっている方も少なくないでしょう。しかし、そんな方にぴったりな体形をほどよく隠せるスイムウェアがあります。今回は体形をカバーできるスイムウェアについて、男女別に紹介します。体形に悩みを抱えている方は必見です。

ジム・フィットネス用のスイムウェア(水着)の選び方


まずはスイムウェアの選び方についてチェックしてみましょう。ジムやフィットネスのシーンではどのようなものを選ぶべきなのでしょうか。男女別に紹介します。

レディーススイムウェア

まずはレディースから見てみましょう。レディースの代表的なスイムウェアにはオールインワンタイプやワンピースタイプなどがあります。

水着を選ぶときは使う目的を明確にするところから始めてみましょう。
例えば、スイミングに加えてほかのエクササイズを行う場合には、速乾性に優れた水陸両用のスイムウェアを選ぶのがおすすめです。

また、行うエクササイズの種類によって向いている水着のタイプも異なります。比較的激しい運動であれば、ワンピースタイプやオールインワンタイプの方がズレにくく動きやすいですし、水中ウォーキングなどの軽い運動であればセパレートタイプの水着でも問題なく使えるでしょう。

さらに、水着の素材や仕立ても重要です。運動をするうえで最も大切なのは動きやすさです。手足がスムーズに動かせるような、ストレッチの効いた素材で仕立てられたものを選ぶのがおすすめです。
何かに引っかかってしまったり、水の抵抗が大きくなってしまったりするため、装飾が少なくフラットなウェアを選ぶのが良いでしょう。

サイズに関しては、やや小さめのものを選ぶのがおすすめです。というのも、アクアエクササイズでは水の抵抗でウェアがズレやすかったり、着用・洗濯によってウェアが伸びてしまったりするためです。バストやヒップ周りのサイズもしっかりと確認して、フィット感のある水着を選ぶよう注意しましょう。

ちなみに、袖や丈の長さに着目することも大事です。袖丈が短く、足回りがスッキリしているタイプの水着は動きやすく、手足を長く見せてくれる効果があります。

一方で、足・腰回りがウェアでしっかりとカバーされていると、冷えにくくけがもしにくいです。ウェアそれぞれの特徴を把握して、より自分の理想に合うものを選んでみてください。

また、スイムウェアだけでなくスイムキャップやゴーグルといったほかのスイミンググッズも一緒にそろえる場合は、セット販売されているアイテムを選ぶのも一つの手です。
セット販売されているものは比較的安価な価格帯のものが多く、水泳道具一式をリーズナブルな価格でそろえられます。お試しとして始める方には丁度良いかもしれません。

メンズスイムウェア

次に男性のスイムウェアの選び方ついて見てみましょう。
女性がスイムウェアを選ぶときと同様に、まずは自分が行うエクササイズや着用シーンを思い浮かべて、それに合うものを選ぶようにしましょう。また、サイズもやや小さめのものがおすすめです。

そのうえで男性が選ぶ際、特に気をつけておきたいのが水着の形状やフィット感、使われている素材です。一口にスイムウェアといっても、塩素に強い耐久性のある素材で作られているものや、はっ水加工がされているものなどさまざまです。

競泳でより早く泳ぎたい方は薄めのウェアを、体のラインが出てしまうのを抑えたい方は厚めの生地で作られたものを選ぶなど、目的に応じて決めてみましょう。

ちなみに、体のラインや衣擦れを抑えたい場合にはインナーウェアを着用する方法も効果的です。傷やけがも防ぐことができ、肌が弱い方でも安心してスイミングに打ち込めます。

男性の水着選びも女性が選ぶ場合と大きく変わることはありません。体にも、利用シーンにもあった水着選びをすることが大切です。

【レディース】体型カバーにおすすめのスイムウェア(水着)のタイプは?


さて、次はレディース・メンズそれぞれのスイムウェアを種類別にチェックしてみましょう。スイミングは体型が気になる方も少なくないですが、ウェアの種類によっては体型の気になる部分をカバーできるものもあります。

1つ目はオールインワンタイプの水着です。足つきで露出を抑え、フロントにファスナーを付けるため着脱のしやすさを兼ね備えたアイテムです。

2つ目はセパレートタイプの水着です。セパレートタイプといってもタンキニのような全身をすっぽりとおおってくれるようなものから、ショートパンツ系のお尻を隠してくれるものまで非常に多くの種類があります。

セパレートタイプで体型カバーにおすすめなスイムウェアはゆったりとしたシルエットで激しい運動に不向きなものが多いです。そのため、アクアビクスや水中ウォーキングなど軽めの運動をする際に着用するようにしましょう。

セパレートタイプの良いところは、種類によってカバーする部位を選べるところです。

例えば、下半身の体型が気になる方はスカートタイプを選んだり、お腹周りが気になる方はビスチェタイプやハイウエストタイプを選んだりするなど、見せるところと隠すところを切り分けることで、より綺麗なスタイルに仕上げてくれる特徴があります。

いくつか種類を持っていると、組み合わせを変えて着回しできるのも魅力の一つです。

【メンズ】体型カバーにおすすめのスイムウェア(水着)のタイプは?


メンズのスイムウェアは大きく2タイプに分かれます。1つ目が「スパッツタイプ」、もう1つが「ルーズタイプ」です。

スパッツタイプはフィット感・ホールド感が強いのが特徴的で動きやすいです。また、加圧効果のあるウェアを選べば、たるんだお尻などもスッキリ見せてくれます。

一方で体のラインがくっきりと出てしまうため、体型カバーの面ではあくまでもシェイプアップ目的で使うのが良いでしょう。

もう一つのルーズタイプは緩い着心地で、お尻から太ももまでを隠してくれます。全身の体型が気になる方はこちらを選ぶのがおすすめです。ルーズタイプの方はズレやすく激しい運動に不向きなものも多いため、軽い運動をする際に着用するようにしましょう。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手 対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編

日本のバタフライを牽引する川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)と水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)の2人。川本選手は愛知県、水沼選手は新潟県と地方を拠点に活動しています。それぞれの地域で活動する良さについて伺いました。そして、お互いを[…]

川本武史×水沼尚輝対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編
関連記事
【GetNaviの語らせて!】アリーナ「ビーチサイドライフスタイル」沼!リラックスウェアで日常に旅を採り入れる

突然ですが、GetNaviチームでは、2021年の夏は日常生活に「旅」を採り入れることが大事だと考えています。その理由は、ワクチンが行き渡るまで自由な外出もままならない生活が続くなかで、非日常の要素を日常に採り入れていくことが、日々の生活を[…]

【GetNaviの語らせて!】アリーナ「ビーチサイドライフスタイル」沼!リラックスウェアで日常に旅を採り入れる
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編

4月の日本選手権の100mバタフライでワンツーフィニッシュを飾った水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)と川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)。準決勝では51秒00の日本タイ記録を樹立した川本選手に軍配が上がり、決勝では自分のレースに徹した水[…]

競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編
関連記事
競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

環境の変化は、時として人を大きく成長させてくれるトリガーになります。大本里佳選手(ANAイトマン)も、大学進学を機に地元の京都から東京に練習環境を移したことで、選手として大きく飛躍されました。練習内容も大きく変わり、さまざまな練習道具も活[…]

競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」
関連記事
競泳 入江陵介 選手インタビュー「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」

15年もの長い間、日本代表として世界と戦い続けている入江陵介選手(イトマン東進)。今年の4月に行われた第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技でも、50m、100m、200m背泳ぎで3冠を達成しました。100m背泳ぎでは8年連続10回目の[…]

競泳 入江陵介 選手インタビュー「諦めない力を身に付けることが夢を叶える力になる」

自分の体型・サイズにあったスイムウェア(水着)を選ぼう


今回は体型がカバーできるスイムウェアについて紹介しました。手軽に始められて、カロリーの消費量も多いアクアエクササイズは引き締まった体を作るのにぴったりです。一方で体型の悩みから、水着姿になることをためらう方も少なくないでしょう。

しかし、今は体型をカバーできるうえ、運動の際にも大きくサポートしてくれる水着が多数販売されています。これからアクアエクササイズを始める方は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にして、自分に合ったスイムウェアを選んでみてください。

スイムウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。