ゴルフを始めるには、何からすれば良いの?ゴルフ初心者のお悩み解決!ゴルフデビューへの道

ゴルフを始めるには、何からすれば良いの?ゴルフ初心者のお悩み解決!ゴルフデビューへの道

  • 2021/09/07 (火)
  • 2022/03/23 (水)

現在のコロナ禍で、人気が上昇しているスポーツが「ゴルフ」。

緑に囲まれた中でプレーができ、3密(密閉・密集・密接)を避けられることや、食事会などの場を控える傾向にあることから、コミュニケーションを取る機会として注目が集まっています。

ゴルフ場の来場者数や関連商品の売り上げが伸び、若者が新たに始めるケースや、少し遠ざかっていたが再びクラブを握る経験者も多くなり、都市近郊の大型練習場では、普段は来場者が少ない平日でも混雑した状況が見受けられています。

今回は「ゴルフを始めたい!」と考えているが、“何から始めれば良いの?”と、悩んでいる社会人1年目の新入社員の“素朴な疑問”をゴルフ経験者の先輩社員に答えてもらいました。

さまざまなスポーツ経験がゴルフに役立つ

先輩社員と新入社員が対談している様子

先輩社員:ゴルフのイメージってどのようなもの?

女性新人社員:私はゴルフ未経験です。でも父がゴルフをしているので、年上の人が行っているイメージです。20代前半なので、少し気が引けるというか…まだ年齢的には早いのかなと思ってしまいます。

男性新人社員:クラブやウェアなど、何にどれくらいの費用がかかるのかまったく分からないので、お金がかかりそうというイメージです。大学の授業でゴルフを経験したことがありますが、現在は友人にゴルフをする人がいなかったり、練習場が遠いということもあり、ゴルフに行っていません。

先輩社員:年齢や環境、お金など、若い人はゴルフを始めることについて、こういうイメージを持っているんだね。

男性新人社員:私は大学時代、サッカーやテニスを経験してきたのですが、ゴルフに活かせますか?

先輩社員:ゴルフは「体幹」が重要なスポーツ。何かスポーツをやっていた人はある程度「体幹」がしっかりしているので、上達するのが早いでしょうね。

男性新人社員:そうなんですね!それを聞いて安心しました。

先輩社員:私もサッカーをしていて、ゴルフを始めるときは「こんな長い棒を振って、小さいボールに当たるわけがない」と思っていました(笑)。でもその経験がきちんと活かされたと思います。

女性新人社員:スポーツを経験したことがない場合、ゴルフの難易度は上がりますか?

先輩社員:そんなことはないですよ。ゴルフって70~80代になっても楽しめるスポーツ。スイングの形さえある程度覚えれば、筋力が弱くなってもできるし、年齢や性別などの影響も少ない。そういう意味で、まったくスポーツをしてきていない人でも無理なくできると思いますよ。

女性新人社員:私の母も最近ゴルフを始めたので、始めやすいスポーツなんですね。

先輩社員:あとゴルフは個人競技でもあるので、スコアの目標や上達のスピードなどを自分で決められるので、そこも入りやすいポイントです。

男性社員と女性社員の写真

男性新人社員:ゴルフをしたいと思ったら、まずは何から始めれば良いのでしょうか?

先輩社員:“友人や会社などでゴルフをやっている人”や“ゴルフ経験者の先輩”を探してみるのが良いでしょうね。最初の練習場、用品を購入するときとかに経験者について来てもらえれば安心だしね。若い人からゴルフをしたいと言われれば、多くのゴルフ経験者は喜んでアドバイスしてくれるよ。

男性新人社員:どんどん声を掛けてみたいと思います(笑)。周りにゴルフをしている人がいない場合はどうすれば良いですか?

先輩社員:ゴルフはレッスン環境が充実しているので、練習場でもティーチングプロのレッスンを受けられたり、グループレッスンなどを行っているところもあり、1から技術を覚えられる。都内にはインドアのゴルフスクールも多いので、自宅や職場に近い地域で調べて体験レッスンなどを受けてみるのもおすすめですよ。

【先輩社員からのアドバイスポイント!】

  • すべてのスポーツ経験がゴルフに活かせる
  • レッスン環境が充実しているから、スポーツ未経験者でも入りやすい
  • 身近なところに練習場が。まずはゴルフを体験してみよう
  • 用意するのはグローブだけ!ゴルフ練習場には気軽に行ける!

    女性がゴルフ練習場に行く様子

    先輩社員:実際にゴルフを始めようとする場合、まず練習場からスタートするけど不安や疑問点ってあるのかな?

    女性新人社員:どのような服装で行って良いのかが分かりません。あと、用意するものはありますか?

    先輩社員:練習場は正直何でも大丈夫(笑)。体を動かしやすい服装であれば大丈夫だし、靴もスニーカーでOK。ただ、グローブだけは用意しておいたほうが良いね。素手で行うと手にマメができ怪我をしてしまう場合があるから、着用は必須かな。

    レンタルもできるけど、このご時世的にも自分のもののほうが安心できるし、価格も数千円程度で購入できるので、それだけは持っておきましょう。

    ゴルフ練習場の様子

    男性新人社員:ゴルフ練習場に行く場合、費用はどれくらいかかるのでしょうか?

    先輩社員:練習場にもよるけど、ボール代とプラスで入場料が必要なところがあったり、時間制の練習場もあるね。1回の練習(1~2時間程度)で、大体2,000~3,000円ぐらい掛かるかな。

    男性新人社員:クラブを準備する必要はありますか?

    先輩社員:1本500円程度でレンタルできるから、準備をしなくても大丈夫。初心者はまだクラブの良し悪しや自分に合ったクラブが分からないので、まずはレンタルがおすすめ。

    また、ゴルフをするなかで利用頻度が高くなる7番アイアンや9番アイアンなどを借りてみましょう。その後、少し慣れてきてボールに当たるようになってくれば、ドライバーを借りてみるのもOK。ドライバーはしっかり当たると気持ち良いので、ストレス発散にもなるよ。

    先輩社員と男性社員が対談している様子

    男性新人社員:仕事帰りなどでもゴルフ練習場は営業していますか?

    先輩社員:現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、営業時間を短縮しているところもあるけど、通常であれば22時頃まで開いているから、仕事終わりにも行きやすい。

    あと、朝は7時ごろからオープンしているところもあるので、出社前に行くこともできるね。「場所+ゴルフ練習場」などで調べると、インドアも含め多くの練習場で出てくるので、行きやすい場所を探してみてね。

    女性新人社員:キャディバッグも持って車で行くイメージがあったので、手ぶらに近い状態で行けるのであれば、気軽に行けそうですね。

    先輩社員:更衣室やパウダールームなどが充実している練習場もあるので、その点も安心だね。

    【先輩社員からのアドバイスポイント!】

  • 練習場には手ぶらに近い状態で、ゴルフウェアじゃなくてもOK
  • 練習場の費用は1回2,000~3,000円程度
  • 営業時間が長く仕事帰りでも行きやすい
  • グローブの次はシューズやウェアの購入がおすすめ

    真剣な表情の男性新入社員の写真

    男性新人社員:いろいろなゴルフグッズが販売していますが、何からそろえていけば良いのでしょうか?

    先輩社員:まずはグローブ。そしてその次は、シューズの購入がおすすめ。練習はスニーカーでもできるけど、実際のゴルフ場では傾斜でボールを打つときもあるから、グリップがしっかりしているゴルフ専用の靴を用意しておきましょう。

    女性新人社員:私はゴルフウェアのデザインが好きなので、まずそれから購入しようと思っていました。

    先輩社員:それもアリ。華やかなデザインのウェアはゴルフ場で映えて、テンションも上がるし、続けるモチベーションには形から入るのも大事。

    笑顔で対談している様子

    男性・女性新人社員:“ゴルフについて”疑問に思っていることを解決していただき、ありがとうございました。“料金が高い”や“年上の人が行う”という最初のイメージとは異なり、今は気軽に行えるスポーツなんですね!

    先輩社員:マナーなどはしっかりとしなければいけないスポーツだけど、業界自体も新たにゴルフ始めようとする人たちを歓迎する環境になってきているから、ハードルはとても低くなっている。友達や先輩などを誘い、早速練習場に行ってみよう。

    【先輩社員からのアドバイスポイント!】

  • グローブの次はゴルフ専用シューズ
  • デザインが華やかなゴルフウェア購入でモチベーションUP
  • ゴルフ業界も初心者を歓迎する環境に変化!
  • 関連記事
    おしゃれなゴルフウェアで人気のルコックスポルティフ ゴルフ「#New Comfort」の着回し力を調査!

    ここ数年、ゴルフウェアがおしゃれになってきたと感じている人は少なくない。とはいえ、まだまだ「ゴルフウェアはゴルフのときに着るもの」と考え、日常生活のなかで着ることに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。そこで提案したいのがルコックスポ[…]

    おしゃれなゴルフウェアで人気のルコックスポルティフ ゴルフ「#New Comfort」の着回し力を調査!

    関連記事
    【インタビュー】ゴルフのアドレスの作り方と最適なウェアを武藤俊憲プロ・安田祐香プロが伝授

    アドレス(住所)が正しくなければ、郵便物やメールは正確に届きません。ゴルフでも同様、アドレスが正しくなければ、ボールを狙った場所へ正確に運ぶことはできません。そこで今回は、武藤俊憲プロ、安田祐香プロに、ゴルフにおけるアドレスの重要性を語[…]

    【インタビュー】ゴルフのアドレスの作り方と最適なウェアを武藤俊憲プロ・安田祐香プロが伝授
    WRITER
    この記事を書いた人
    ABOUT ULLR MAG.
    ULLR MAG.とは?

    ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
    身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
    暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

    私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
    一人でも多くの人へ届けたいと考えています。