#Marmot(マーモット)

ゴアテックスって何がすごいの? 素材の原料や意外と知らない種類と選び方まで、日本ゴア社に聞きました!

防水素材と言えば?スポーツやアウトドア好きなら1番に名前が挙がるのが「ゴアテックス」ではないでしょうか。もはや、防水アイテムの代名詞。しかし、一体それが何からできていてどういう構造なのか、また、ウェアを買おうとしたときに何をどんな風に選べば良いのか迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。

ゴアテックス素材が水を防ぐ仕組みや、シーンに合わせたゴアテックス ウェアの選び方について、日本ゴア社の小木曽晃子氏と、アメリカ生まれのアウトドアブランドマーモットのSP担当者の齋藤淳氏にお話を伺いました。

今回紹介する商品はこちら!

メンズ

【GORE-TEX】・Comodo Jacket / コモドジャケット(20FW)
pickup item

Marmot (マーモット)

Marmot (マーモット)【GORE-TEX】Comodo Jacket / コモドジャケット(20FW)

¥ 27,500(税込)

レディース

Marmot (マーモット)・【GORE-TEX】W's Comodo Jacket / ウィメンズコモドジャケット
pickup item

Marmot (マーモット)

【GORE-TEX】W's Comodo Jacket / ウィメンズコモドジャケット

¥27,500(税込)

――防水素材と言えば「ゴアテックス」をイメージする人が多いと思うのですが、そもそもゴアテックス ファブリクスとはどういう素材なのでしょうか。

小木曽:ゴアテックス ファブリクスはアメリカで生まれた防水耐久性・透湿性・防風性を兼ね備えた素材で、アウターや靴などに採用されています。

ゴアテックス ファブリクスは、ゴアテックス メンブレンという内部に微細な孔(あな)を無数にもつ膜のような素材に表地や裏地を貼り合わせたものです。表地と裏地との組み合わせでさまざまな生地を作ることができます。

ゴアテックスメンブレン

――そのゴアテックス メンブレンというのは、何からできているのでしょうか?

小木曽:天然鉱石のホタル石を原料にした、ePTFEというフッ素樹脂からできています。フッ素樹脂を薄い膜状に加工してゴアテックス メンブレンが作られます。

ホタル石

――水を通さないのに蒸れない「防水透湿」という機能はどういう構造でしょうか。

小木曽:ゴアテックス メンブレンの孔は、水滴が通過できないほど小さく、水蒸気の分子よりは大きいのです。それによって、ゴアテックス ウェアは、メンブレンが雨などの水の侵入を防ぐと同時に、汗による水蒸気を放出するため蒸れにくく快適な環境を維持することができます。

実験

齋藤:やはりアウトドアの環境では汗をかいたときに蒸気を逃がさないと汗冷えに繋がることもあります。ただ防水するだけでなく、透湿性もウェアとしてはとても大事なことだと思います。防風性もありますよね。

小木曽:風というのは、空気の流れの“かたまり”が体に当たって風や風による寒さを感じるのですが、ゴアテックス メンブレンは立体的なくもの巣のような構造になっているので、風が散ることで体に当たる風を防ぐという仕組みです。ゴアテックス メンブレンに使われているフッ素樹脂の素材は他分野にも応用されていてファブリクスだけでなくスマートフォンの防水フィルムなどの工業での利用や医療の分野にも使用されています。

ゴアテックスブレンの顕微鏡写真

齋藤:マーモットで初めて使われたのは実はウェアではなく、シュラフだと言われています!レインウェアだけでなく、帽子などのアイテムにもゴアテックス ファブリクスを採用しています。

――ゴアテックス ファブリクスの構造には種類があるんでしょうか。

小木曽:最も主流なタイプは3層(3レイヤー)です。ゴアテックス ウェアの生地は、先ほども説明したように、ゴアテックス メンブレンに生地を貼り合わせて作られています。この組み合わせによって、幾つものファブリクスの種類を作ることができます。ゴアテックス ウェアには大きく分けて3つのクラスがあります。

  • 3層タイプ
  • メンブレンの両側に生地を貼ったもの(表生地+ゴアテックス メンブレン+裏生地)。
    用途や製品によって異なるが非常に丈夫で、裏生地があるので肌触りが良い。

    3層タイプ

  • 2層タイプ
  • メンブレンに表生地を貼ったもので、裏地は貼り合わせず独立している(表生地+メンブレン)。
    3層よりも1枚生地(裏地)が少ないために柔らかく、動きやすく透湿性を重視したもの。
    裏地は離れているため、その中にインサレーションを入れるタイプもある。空気の層ができるため保温性を高めることや、メッシュなどの裏地を組み合わせることも可能。

    2層タイプ

  • ゴアテックス パックライト© プロダクトテクノロジー
  • メンブレンに表生地を貼り、裏地をつけず、裏面にコーティングを施したもの(表生地+メンブレン+コーティング)。
    軽量でコンパクトに折りたためる携行性もあり、透湿性が高い。

    コーティング

    齋藤:マーモットでは、それぞれの種類を採用したウェアを展開しています。アクティビティやシーンに合わせて自分に合ったものを選んでいただくと良いと思います。

    マーモットジャケットについて話す齋藤氏

    一言に「防水ウェア」と言っても、ただ水を防ぐだけでなくゴアテックス メンブレンそのものに透湿性や防風性という優れた機能があり、さらに、ゴア社がメンブレンにあらゆる表地や裏地を貼り合わせてさまざまな生地を製造しています。その後メーカーが使用するさまざまなシーンの用途に適したゴアテックス ファブリクスを選択し、高機能なウェアができ上がっているのです。

    ウェア選びでは、もちろん見た目も大事。でもそれ以上に、ウェアそれぞれの用途を理解することでより快適にアクティビティを楽しむことができるはず!

    <プロフィール>

    小木曽 晃子
    日本ゴア株式会社
    ファブリクス・ディビジョン ゴアテックス ブランド PR

    齋藤 淳
    デサントジャパン株式会社
    第1部門 アウトドア営業部 アウトドアMD課

    関連記事
    【GetNaviの語らせて!】う、腕が上がりにくい…!「腕動きづらいあるある」を解決するジャケットの魅力を漫画でお届け!

    まだ肌寒い春前、平日の通勤や休日のお出かけには暖かいジャケットが欠かせません。しかしアウトドア用途でも使えるジャケットと言うと、耐久性を上げてしっかりと作られている分、ふとしたときに腕が上げづらかったり、腕を上げても裾がずり上がってしまい[…]

    【GetNaiの語らせて!】う、腕が上がりにくい…!「腕動きづらいあるある」を解決するジャケットの魅力を漫画でお届け!

    関連記事
    【GetNaviの語らせて!】アウトドアブランド「マーモット」を理解する10の用語とヒストリー。そして注目の「ホライズンジャケット」レビュー

    マーモットはアメリカ生まれのアウトドアブランドです。1974年にスタートしたマーモットは、「生還するためのプロダクト」をメッセージとして掲げていたときもあり、極限の環境でも耐えられる高い性能を誇る製品を世に送り出してきました。というと、「[…]

    マーモット 水沢ダウン

    関連記事
    【GetNaviの語らせて!】冬の自転車通勤にはマーモット「スパイアージャケット」がマストバイ

    コロナ禍による3密を避けるため、公共交通機関を使わずに自転車通勤をするビジネスマンが増えています。同様に、1人でも行え、密にならないアクティビティとして、自転車で軽く周辺を散策するポタリングが注目されています。そんななか、自転車通勤やポタ[…]

    GetNavi web編集部副編集長・尾島信一
    WRITER
    この記事を書いた人
    ABOUT ULLR MAG.
    ULLR MAG.とは?

    ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
    身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
    暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

    私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
    一人でも多くの人へ届けたいと考えています。