テニスウェアの常識を変えるロングパンツが登場!実際に履いてプレーした選手が語る、アドバンテージパンツが一歩先を行く理由
#le coq sportif (ルコックスポルティフ)

テニスウェアの常識を変えるロングパンツが登場!実際にはいてプレーした選手が語る、アドバンテージパンツが一歩先を行く理由

テニスウェアと言えば、男子はショートパンツで女子はスコート——。

そんな既成概念を打ち破る、テニスをプレーするためのロングパンツが誕生した。
新たなスタイルを築くウェアは、その名も“アドバンテージパンツ”。

果たしてこのロングパンツの、どこが既存のウェアの一歩先を行くのか? 

それらを実証するためにも、男女ともに実業団最高峰の日本リーグに属し、女性チームは昨年準優勝した名門・明治安田生命のテニスチームの精鋭たちに、実際にはいてプレーしていただいた。

彼・彼女たちが感じた、アドバンテージパンツのアドバンテージたる所以とは?

さらには、ウェアへのこだわりや「選ぶ楽しみ」についても、商品の開発に携わったルコックスポルティフのマーチャンダイザー・渡邊麻美氏も交えて、語り尽くしてもらった。

足立真美さん/米原実令さん/田村迅さん/德本翔さん/野田哲平さん

写真左から:足立真美さん/米原実令さん/田村迅さん/德本翔さん/野田哲平さん

男女で異なる“ロングパンツ”の捉え方

ウェアで自己表現できるのも、個人競技のテニスの魅力。ファッション性に機能性、そして対戦相手への意思表示も!?選手のみなさんがプレーするときのスタイルや、ウェアを選ぶ際のポイントをまずは伺った。

野田:普段テニスをするときの格好は、今くらいの時期ですと、上がTシャツで下が短パン。試合前は、その上に長袖、長ズボンのジャージをはきますが、ウォームアップの途中でジャージは脱いで、試合のときは半袖・短パンになると思います。動くと身体が温まるので、ジャージは上下とも脱ぐ感じになると思います。

徳本:上着もロングパンツも、ファスナーが付いていると脱ぎ着がしやすくて良いですね。学生の頃は、見栄えを気にして若干派手目なのを着てましたが、社会人になってからは、どちらかというと機能性のほうを重視します。デザインは、シンプルなものを選ぶようになりました。

米原:私はウェアを選ぶのが好きなので、デザイン性も重視します。もちろん機能性は大切ですが、色も自分に似合うものを考えつつ…写真に納まったときをイメージしたりします。スコートも今はいろんなデザインや長さがありますし、寒いときはロングスパッツをはくことも多いですね。

足立:私は正直、あまり色などは気にしなくて。デザインとしては、シンプルなのが好きです。色も、単独で見た印象より、上下が合わせやすいもの…着回しが効くものを選ぶことが多いです。1度、全身青色のウェアを着て、脱いでも脱いでも青という、マトリョーシカみたいなことをネタでやりましたが(笑)。

米原:あれは笑った!

足立:頻繁に脱ぎ着するのは苦ではないので、インナーの上に半袖や薄手のシャツを着て、冬ならその上にジャージを着ることもあります。上着はかぶるタイプだと面倒なので、ファスナーやボタンが付いているものが良いと思います。あと日焼けが気になるので、最近は長袖、長いスパッツをはくことも多いです。

米原:そこ、すごく大切ですね。私も社会人になってからは、すごく日焼け気にします。

渡邊:男性は、ロングパンツをはいてテニスをすることはないんですか?

野田:あまりないですね。テニススタイルの風潮で、短パンというイメージがあるので。それに長ズボンのまま試合をすると、対戦相手に、「本気出してないんじゃないか、余裕あるんだな」と思われてしまうと思うんです。ですから礼儀ではないですが、「本気出しているぞ!」という姿勢を見せるというのもあります。

徳本:それがすべてですね!相手への礼儀です(笑)。

プレーして感じた、アドバンテージパンツの魅力とは

対戦相手への「礼儀」もあり、ロングパンツをはくことは少ないという男性陣。
対して女性陣は日焼け対策もあり、足全体を覆うことへの抵抗感はない模様。

そんな選手のみなさんが、アドバンテージパンツを体験し覚えた驚きの数々とは…?

アドバンテージパンツをはいてプレーする選手たち

野田:けっこう汗っかきなのですが、長時間プレーした後も肌触りがさらさらで、そこがすごく好きですね。発汗性が良いのかなと思います。

徳本:私は、ビニールっぽい素材だとシャカシャカするのが気になるんです。でもこのパンツは、それがなかった。あとは、先端部がスリムなのも好きです。足と布の間に空間があると、動いたときに布が肌に当たり、それがストレスに感じることがあるんです。でもこのパンツは、足が包まれているような安心感がありました。

米原:言わんとしていることは分かる!(笑)

田村:私も、シャカシャカするのが嫌なんです。これまでダボっとした長ズボンにしか出会ってこなかったので、今日は新鮮でした。実際にはいてプレーしても動きやすかったので、忘れがたいひとときになりました。

足立:私は長ズボンをはいたとき、裾の長さが一番気になるんです。長いと引きずりそうで嫌だし、でも短すぎると、ツンツルテンでかっこ悪いし(笑)。その点、このパンツは私的にはちょうど良い長さですし、動いても、裾が上がってくることがなかったのも良かったです。

あと、ボールが入れやすい。3個…頑張れば4個入ると思うので、いちいちボールを取りに行かなくて良いのが嬉しいですね。ストレッチ性の素材でポケットが作られていて、伸びるのが良いのかなと思います。大きなポケットは、ボールを1個しか入れていないと中で動くのが気になりますが、これは伸びるので、ボールの数が変わっても違和感がないです。

アドバンテージパンツのポケット

田村:確かに、ボールをポケットに入れていても気にならない。それが一番大きいですね。深すぎないし浅すぎない。しっかりボールが入るし、取り出しやすいです。

渡邊:ポケットは、今回のこだわりなんです。左右のポケットが内側でつながっているので、ボールを取り出すときに裏地が出てこないようになっているんです。

一同:あー!だから取り出しやすいんだ!

渡邊:あとはポケットにマチが付いているので、ボールが入れやすく、でも飛び出しにくくなっています。

一同:なるほど!確かに。

渡邊:良いリアクション、ありがとうございます。

ポケットに隠された製作者のこだわりに、驚きを覚えた選手のみなさん。
さらには機能性、そしてデザインへの一工夫にも驚嘆の声が。

アドバンテージパンツと選手たち

足立:素材自体が伸びるからなのか、動いても布が引っかかる感じがないのも良いです。長いパンツは、リターンのときに腰を落として構えると、太腿の辺りがつっぱるので手で布を引っ張ることが多いんです。でもこのパンツは、その必要がなかったです。

米原:確かに。スコートでもつっぱると感じることがあるけれど、これはなかったね。長いパンツは重いし動きにくいという印象があったんですが、純粋に動きやすかったです。特に開脚したときに、動きが制限される感じが全然なかったので。あとはデザインで、ここ(ストレッチ素材部分)を広げると、色が変わるんですよ!ストレッチしていたときに気付いたんです。動いたときにピンク色になるので、それはすごくかわいいなと思いました。

渡邊:それも、この商品のこだわりの1つなんです。伸びるニット素材と、軽い布帛素材の両方を組み合わせることで、柔軟性と軽量性の両立を実現しているんです。股下にもストレッチ素材を入れているので、より足が開きやすいようにしています。180度足を開いて、ボールに追いつく! 

足立:その性能を生かすには、足を180度開ける柔軟性が必要になりますね。

一同:間違いない(笑)。

渡邊:米原さんがおっしゃっていた、ストレッチしたときに色が変わるのも工夫しました。

田村:私も、色が変わるのはすごく良いなと思ったんです。トレーニング後で足がパンと張っているときは、布が伸びて色が見えるんじゃないかなと。そうすれば、自分で身体の変化や仕上がりに気付くこともあるだろうし、そういう楽しみ方もできるかもしれないです。

渡邊:実は色の変化には、パフォーマンスを視覚的に認識できるようにする狙いもあります。ストレッチ素材は関節部に用いられているので、「伸びてるよ!」と色で訴えるようにしているんです(笑)。太腿も、力が入ったときにグッと太くなると思うので、そのような部分にもストレッチ素材を配置しています。

アドバンテージパンツをはいてプレー・ストレッチする選手たち

いきなりハードルを上げる必要なし!自分らしい格好でコートに立とう

プレーヤーがウェアに求める機能やデザインは、人によって異なり、まさに好みは十人十色。
そんな選手のみなさんに、最後に一般プレーヤーたちへのアドバイスや、テニスウェアへの提言を伺った。

野田:これからテニスを始めようという方は、いきなり半袖・短パンになる必要は全然ないと思います。身体を冷やすのも良くないし、心地良い格好が良いと思います。

徳本:私は、今日は短パンをはいて、その上にアドバンテージパンツをはいてます。お尻まわりは余裕があるので、全然違和感はないですね。

米原:私はさっきも言ったように、テニスウェアを選ぶのが好きなので、もっとカラーバリエーションなどが多ければ良いなとも思います。私服でも着られるようなウェアが、もっともっと増えて欲しいなとも思うんです。そうすれば一般の人も手に取って、「これでテニスができるなら、やりたいな」と思うのかなと思います。

足立:私もテニスウェアを選ぶときは、普段も着られることも念頭に入れています。ただゴルフウェアに比べると、テニスはまだバリエーションが少ないので、もっと多いと良いなと思います。

渡邊:貴重なフィードバックの数々、ありがとうございました!

明治安田生命のテニスチームの選手

<選手実績>

田村 迅:平成30年度インカレ複ベスト4
野田 哲平:平成26年度新進複準優勝/平成27年度夏関複ベスト4
德本 翔:第91回関東オープン単準優勝
足立 真美:平成28年全米大学室内選手権複優勝/第34回日本リーグ優秀選手賞受賞
米原 実令:第92・94回全日本選手権複優勝/第34回日本リーグ優秀選手賞受賞

<プロフィール>

ルコックスポルティフ・アリーナマーケティング部門 ルコックスポルティフマーケティング部
アパレルカテゴリーマーケティング課 商品企画担当 
渡邊 麻美

内田 暁

国内外のテニス大会を中心に取材・執筆活動を続けるフリーランス・ライター。著書に、錦織圭の幼少期からの足跡を追ったノンフィクション『錦織圭 リターン・ゲーム』(学研出版)や、神経科学者との共著『勝てる脳、負ける脳』(集英社)がある。

関連記事
プレイヤーの“利便性”とシルエットを突き詰めた「アドバンテージパンツ」。ルコックスポルティフが新たに打ち出したテニスウェアをショップスタッフはどう見るのか?

脚にフィットするスマートなシルエットにこだわり、従来シリーズ以上に“テニスに特化”した機能性を深く追求したパンツ。ルコックスポルティフのテニス専用パンツ「アドバンテージパンツ」が2020年8月にデビューしました。今回は「アドバンテージパ[…]

ルコックスポルティフの渡邊氏とウインザーラケットショップ・バイヤーの福田氏

関連記事
「ALLIE」のカネボウ化粧品に聞く、スポーツ時の日焼け止めの塗り方

夏は日差しが強くなり、屋外でスポーツやレジャーを楽しむ際など、日焼け止めを利用する機会が多くなる季節。今回は、高い日焼け止め効果で人気のサンスクリーンブランド「ALLIE(アリィー)」を提供するカネボウ化粧品さん監修のもと、スポーツ時の正[…]

「ALLIE」のカネボウ化粧品に聞く、スポーツ時の日焼け止めの塗り方

関連記事
【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~<br>MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散

コロナ渦により自宅で過ごすことが多くなった今、健康にもダイエットにも必要なのは分かっているけど、なかなか始められない運動。時間もないし、お金をかけるのも…と躊躇している人も多いはず。そんな人にオススメなのが、自宅で簡単にできる「HIITト[…]

【エクササイズ中級者向け】1日5分の部分痩せ~背中美人編~ MITTNESSの「HIITトレーニング」で楽しくストレス発散
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。