#DESCENTE GOLF(デサントゴルフ)

第51回デサントレディース東海クラシック大会レポート ~フォトグラファーから見た今大会~

子供の頃から日曜日といえば最もワクワクが約束された日だ。
スポーツを愛するものにとってそれは尚更である。
自らプレーする者にとっては日頃の練習の成果を発揮する日。
アスリートを応援する者にとってはお気に入りの選手、チームの勝利を願う日。
一週間に一度やってくるこの日に世界の各地で生まれるヒーロー、ヒロインをみんなが心待ちにしていた。


 
2020年、51回目を迎えたデサントレディース東海クラシックは本トーナメント史上初の無観客という形で開催されることとなった。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、選手やファンにとっては望んでいるような、望んでいないような複雑な気持ちになったことだろう。

ここ数年このトーナメントに足を運んでいるが、観客がいないためここまで静かでコース内の移動がスムーズにできた大会は無かった。

昨年は8打差を逆転するというドラマティックな展開となったため移動するのも一苦労だったことが思い出される。

だが今年はシャッター音の数秒後にやってくる歓声を待ってから動き出していたカメラマンたちの足取りも心なしか重い。選手だけでなく我々メディアにとっても観客の存在の大きさを再認識させられる大会となった。

声援がティーショットの飛距離を伸ばし、歓声がシャッターの枚数を増やす。当たり前だったことが当たり前でなくなった今、自分たちがこれから先どうあるべきか改めて考えさせられた。

大会前日の恒例だったデサント契約のプロたちが一堂に会するというイベントはできなくなった。契約プロの多さは他社と比べても圧倒的なのだが、個人競技なのに団体競技を思わせるあの一体感を味わうことは叶わなかった。

人と人が接することを無くすというニューノーマルはいろいろなものを奪っていく。代わりに、ファンから届いた応援メッセージを契約プロに贈り、大会にかける想いをカメラの前で語ってもらう企画が用意された。

カメラを回しながら選手の声に耳を傾ける。するとどの選手からもプレーできる喜びとともに契約先に対する感謝の気持ちが次々に語られた。
自らのパフォーマンスでファンを喜ばせる彼女たちにとって、現在の状況は自身の存在価値をも奪っていく。そんな状況にありながらも真っ先に感謝の気持ちを表したデサント契約のプロゴルファーたち。

華やかなゴルフウェアを着られること。それを着てトーナメントに参加できること。そして何よりも青空の下でドライバーを振れること。感謝しかない。

日曜日21時に現れた金融界のヒーローはかく言う。これまでの出会いと出来事に感謝をし、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば明るい未来が開ける、と。光に満ちた未来にするため、彼女たちはもう既に動き出している。

ゴルフ場風景

<ライター&写真 プロフィール>
フォトグラファー|今井 暖(いまい だん)

2006年からフリーランスのフォトグラファーとして活動を始める。自身がゴルフ
を始めたことがきっかけで現在は国内外のゴルフコースやトーナメントなど世界中
のゴルフシーンを中心にWEB、雑誌、広告、カタログなど多岐に渡って撮影。ダイ
ナミックな自然を相手にするゴルフというスポーツの魅力を写真はもとより、映像
の分野でも発信し続けている。

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。