清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」
#arena(アリーナ)

清水咲子「チームは持っている力以上のことを出せる私のエネルギー」

ときに、自分が持っている力以上のパフォーマンスを発揮できる瞬間があります。

2013年に日本代表入りを果たして以来、数多くの国際大会で活躍されてきた清水咲子選手(ミキハウス)も「特に試合では、チーム力は自分の大きなエネルギーになる」と話します。

チームの結束力を高める方法やその効果、そして清水選手が考えるチーム力について、今回はじっくりとお話いただきました。

――2020年、新型コロナウイルス感染拡大もあり、理想とするようなトレーニングができないこともあったかと思います。改めて、この1年を振り返ってみていただけますか?

今振り返ると、もう1度世界と戦うための土台を作るための時間ができたと思えます。ただ、2020年も大変ではあったんですけど、実は2019年のほうが私にとっては、水泳をやってきたなかで一番辛いシーズンでした。

何をやっても上手くいかないし、試行錯誤しても前に進んでいない感じがしていましたから。水泳を辞めようとすら思った時期もありました。

苦しむ私を助けてくれたのは、今まで一緒に世界と戦ってきた仲間でした。入江陵介さん(イトマン東進)もその1人で、落ち込む私に優しい言葉をかけてくれました。仲間が私のことを気にかけてくれることで「自分は1人じゃない」と勇気をもらえました。

声をかけてくださる方もたくさんいましたし、仲間からたくさん励ましのメールをいただきました。そういうことが積み重なっていくにつれて、水泳を辞めてはいけない、というところから始まり、自分がもう1度世界と戦う準備をするために、一つひとつ、できることを積み重ていこう、と前向きに取り組めるようになっていきました。

――清水選手がチームとして戦うなかで大切にされていることはありますか?

個人的に大事にしているのは、誰に対しても同じ態度で接することですね。年齢が上だからとか下だから、ではなく、先輩にも後輩にも、同い年の友達にも同じように接することを心掛けています。

きっかけは、私が日本体育大学の3年生のときのことでした。総合優勝に向けて、4年生の先輩が「あなたたちの活躍が鍵だから」と、競技に集中する環境を率先して作ってくださったんです。それもあって、日本学生選手権ではすごく良い結果を出すことができました。

だから、私も4年生になったときには、自分が先輩からしてもらったように、下級生にも気を遣えるようになりたいと思ったんです。本当のチーム力というものは、上が下にも気を遣えるような環境でないと生まれない。それを教えてもらいました。

2020年 第96回 日本選手権水泳競技大会にて。

2020年 第96回 日本選手権水泳競技大会にて。

――素敵ですね。皆がそれぞれを信頼するから、チームとしての力を発揮できる。

世界と戦う、日本代表というチームであっても同じだと思います。それと、もう1つ大切なのは、思いや目標を共有することだと感じています。

――共有とは?

あの選手は今こういう目標があって、こういうタイムで泳ぎたいと思っているんだ、ということを知っておくことです。それを共有しているからアドバイスを送れたり、応援したり、一緒に悔しがったりできると思うんです。

やりたいこと、達成したいことを皆と共有することで、仲間のレースを見て、それが嬉しいことか悔しいことかがハッキリ分かるわけです。そうすると、その結果が自分のことのように喜んだり、悔しがったりできる。

そういう仲間の姿を見たら、もっと自分も頑張ろう、って思えますよね。それが、自分が持っている以上の力を発揮できるパワーになるんじゃないでしょうか。

リレーだったら、1泳の選手が何秒で泳ぎたいと思っているかをチームに公言したり、周りが知っておくと、良い意味での責任感も生まれます。

自分が口にした目標は何が何でも達成するんだ、という力になったり、私も負けていられないという思いになったり。他人任せではなく、自分に責任を持って戦いに行く。それがチーム力になると思うんです。

清水咲子選手

――清水選手にとって、チーム力とは何でしょうか?

自分が持っている力以上のことを出せるようになる、1つのアイテムですね。チームがあることで、どうしても自分1人ではできなかったことができることもある。特に試合のときには、自分のエネルギーになるものだと思っています。

――チーム力を高める方法の1つとして、チームウェアがあると思います。清水選手は、チームウェアの思い出はありますか?

日本体育大学に入学して、チームウェアに袖を通したとき、すごく新鮮な気持ちになりました。これから日体大の一員として戦うんだ、って。

日本代表ウェアを着たときも、同じように気持ちがギュッと引き締まりました。代表チームに入ったときは、そこに日本人として世界と戦うんだ、という責任感も生まれました。

清水咲子選手

――自分が頑張る源になりますよね。

そうですね。思い入れも強くなりますし、一生心に残るものになるのではないでしょうか。高校時代のウェアとか、大学のウェアは今も大事にとってありますし、今着ているミキハウスのウェアも、一生捨てられないと思うのでとても大事にしています。

以前着ていたウエアを見ると、当時のことが一気に思い出されますよね。あんなことがあった、こんなことがあった、って。青春時代にワープするというか。

だからこそ、チームウェアを作るということは、水泳を楽しむ、競技を楽しむ1つのアイテムになると思います。

清水咲子選手のバックパック

バックパックにはファンからもらったというキーホルダーが付いている。

――水着やキャップ、ゴーグルもチームでそろうと楽しいですよね。水着やゴーグル、キャップなどのギアを選ぶとき、何を大切にされていますか?

まずはフィーリングですね。水着は着た瞬間の肌触りとか柔らかさとか、ファーストインプレッションで感じた直感を信じるようにしています。そこで自分に合う、と思ったら、すぐに決めちゃいます。私、全然悩まないんです。

ゴーグルは普段の練習と視界が変わらないようにすることですね。視界が変わると泳ぎも変わってしまいます。着けたときの感触もそうですけど、見え方が変わらないことを大事に選んでいます。

泳ぐ清水咲子選手

――ありがとうございます。さて、いよいよ新しい2021年シーズンがスタートします。まずは今シーズンの目標を聞かせてください。

長く語らず。まずは日本代表入りを決めて、国際大会で過去最高の結果を残すことです。私の水泳人生も、これから先がさらに長く続くか、というとそうではなく、集大成に向かっていると思います。

だからこそ、最後の瞬間、自分が水泳をやっていて良かったと思えるように、1日1日を大事にして、練習も充実したものにしていきたい。そして、最高の舞台を迎えたときに、最高の結果を残したいと思っています。

空を見上げる清水咲子選手

――最後に、清水選手の将来の夢を聞かせてください。

私の水泳人生を振り返ると、良い経験しかありませんでした。清水咲子という人間の8割くらいは、水泳をしていたから作り上げられたものです。私が水泳を通して得た人生においての知識や考え方を、今度は後進に伝えたいという思いもあります。

ほかには、自分がそうしてもらったように、選手たちのサポートをするような仕事もしたいな、とも思っています。

私がこれからのジュニア選手たちに何を残せるか、何を伝えられるか。それを考えるためにも、まずは今年、水泳人生最大の目標を達成したいと思います!

――清水選手、ありがとうございました。これからも応援しています!

チームウェアをそろえるには?

アリーナでは、ご希望のアイテム・カラー・サイズを選んで、チーム名やチームのマークを入れたオリジナルチームウェアをオーダーいただけます。

実際にウェアを見てから決めたい、という方のために、もちろんオンラインだけでなく、アリーナショップでも、同様の取り組みをしております。お気軽に店頭へお問い合わせくださいませ。

<プロフィール>

清水咲子選手プロフィール写真

清水 咲子
ミキハウス 所属

栃木県出身1992年4月20日生まれ。専門種目は個人メドレーながら、バタフライも平泳ぎもこなす。2014年に400m個人メドレーで日本選手権初優勝。リオ五輪では400m個人メドレーの予選で日本新記録を樹立(当時)して決勝に進み8位入賞を果たす。

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。