夏のゴルフウェアはインナーで快適に!インナーの選び方やおすすめインナー紹介

  • 2020/09/10 (木)
  • 2022/03/18 (金)

夏の炎天下でのプレーが避けられないゴルフは、ラウンドを敬遠してしまうゴルファーもいます。
そこで、普段何気なく着用していたゴルフウェアをこの機会に見直してみるのはいかがでしょうか。

特に地肌に触れる面積が大きいインナーは、夏に着るのは暑そうに思われるかもしれません。

ところがスポーツ用機能性インナーは快適な着心地をサポートしてくれる、優秀なアイテムです。この記事ではインナーの基礎知識から、何を基準にすれば良いのかという選び方までを解説します。

夏のゴルフウェアにはスポーツ用機能性インナーが必須!

スポーツ用機能性インナーには着用するだけで快適に過ごせる、さまざまな機能が備わっています。夏にゴルフをプレーするにあたって、どのような機能が重要になるのか見てみましょう。

汗でウェアが張り付く不快感の軽減

汗をかくことが避けられないこの季節は、ゴルフウェアが身体に張り付いてベタベタした感触がいつまでも続くといった不快感に悩むことも多いでしょう。そこで、汗を吸水し素早く乾かす吸汗速乾性の機能を持ったインナーを着用することで、その不快感を軽減させることができます。

素材にも着目してみましょう。一般的な綿100%素材は乾きにくいので避け、吸汗速乾性の機能をもったポリエステル、などの素材が使われているインナーを選びましょう。

UVカット機能で紫外線対策

ゴルフは長時間、屋外で行うスポーツのため、紫外線に晒される時間も長くなります。服を着ていても紫外線を肌まで通してしまうため、UVカット機能のあるウェアを着用することは非常に重要です。

紫外線対策により力を入れたい場合は、長袖のインナーを着用することがおすすめです。肌の露出を極力抑えて、直射日光を受けすぎないようにすることが大切です。

熱を逃がして暑さ対策

紫外線をカットしても、衣服の中に熱がこもってしまっては不快感が収まることはありません。そこで、通気性が良いインナーがおすすめです。

夏用のインナーはメッシュ生地などに代表される、通気性が良く熱を放出しやすい素材が多く使用されています。

インナー選びで重要な機能性とは?

ここでは、スポーツ用機能性インナーに搭載されているさまざまな機能を紹介します。夏にぴったりなインナーをどのように探せば良いのか、ぜひ参考にしてください。

通気性

通気性とは、その名の通り空気を通す性質のことを指します。生地の表面に穴が空いているメッシュ生地は、通気性の良い素材の代表格です。また、通気性の良いウェアは衣服内の熱を放出しやすいため、衣服内の蒸れを軽減します。

吸汗速乾性

夏のプレーで回避したいのは汗による不快感です。その不快感を少しでも軽減させるには吸汗速乾性の機能を持ったインナーを選びましょう。汗を吸収して素早く乾燥させてくれることで着心地が軽やかになるだけでなく、汗冷えによる身体の冷えを軽減することができます。

接触冷感

夏用のスポーツウェアで吸汗速乾性とともに多く搭載されているのが、接触冷感です。肌が生地に触れると身体の熱が生地へと移動して涼しく感じる、という仕組みになっています。そのため、肌に触れたときのひんやりとした感触が心地よく、暑さから少しでも解放されたい、爽快感を重視する人におすすめの機能です。

UVカット機能

UVカットは紫外線から地肌を守る効果があり、夏には必携したい機能の一つです。

どの程度UVカットの効果があるかというのは商品ごとに異なりますが、「UPF」という数値が記載されている場合、その数値が大きければ大きいほど効果が高くなります。

コンプレッション機能

「コンプレッション」とは「圧縮」という意味で、スポーツ用機能性インナーにたびたび使用されている機能です。インナーを着用したときに身体に圧がかかり、サポートしてくれる効果があります。

具体的には「筋肉の無駄な動きやブレを軽減」「身体への負荷を軽減」など、さまざまな機能が備わっています。コンプレッション機能を最大限に活かすには、身体にフィットするサイズを選ぶことが重要です。キツすぎても緩すぎても機能性を発揮できず快適さが損なわれてしまうことがあるので、自分に合うサイズを事前にしっかり確認しましょう。

動きやすさ

ゴルフは身体をひねる動作など、体全体を使うスポーツのため動きやすさも重視したいところです。

いくら夏のラウンドで動きやすさ以外の機能性を重視したインナーを選んでも、プレーに影響があっては元も子もありません。コンプレッション機能があるものなど伸縮性の良い素材のものはタイトな着用感のものが多いですから、サイズ選びは慎重に行いましょう。

インナー選びはデザインも重要

インナーは本来、衣服の内側に着用するものですから、外から見えることはありません。

しかし、夏場は紫外線や暑さ対策のために長袖のインナーを着用し、その上に半袖のゴルフウェアを着る、いわゆる「レイヤードスタイル」でプレーをするゴルファーもいます。

そのため、インナーを選ぶ際には機能性だけを考えるのではなく、その上に着用するゴルフウェアとのトータルコーディネートでカラーやデザインを絞っていくのがおすすめです。次項では長袖インナーのレイヤードスタイルでのおすすめのコーディネートを紹介します。

夏のゴルフウェアインナーの注意点

高機能なインナーを着用したレイヤードスタイルは夏のプレーを快適にしてくれます。

しかし、ゴルフ場によっては、ふさわしくないファッションとしてレイヤードスタイルでのプレーを不可としている場合もあります。
あくまでインナーは「下着」として見なされ、それを外に見せるファッションは良くないのでは、ということでマナー違反と取られてしまうケースもあります。

服装のルールはゴルフ場によってそれぞれ異なりますので、もし服装の規定に不安があれば直接ゴルフ場に問い合わせてみると良いでしょう。Webサイトがある場合は、服装について言及されている場合もありますのでチェックしておくと安心です。

ゴルフに関するおすすめ記事


ゴルフに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
ゴルフコースデビューの不安を解消!初心者向けおすすめコースとゴルフ場の予約方法

ゴルフのルールや楽しみ方を知り、ゴルフ練習場でのトレーニングを積んだら、いよいよコースデビューです。コースを回ったことがある人も、上司や先輩などに誘われて行ったことしかなく、自分で友人などを誘ってコースに回りたいときは、どのようにすれば良[…]

ゴルフコースデビューの不安を解消! 初心者向けおすすめコースとゴルフ場の予約方法
関連記事
香妻陣一朗プロと共同開発した暑さ対策にぴったりの夏用メンズゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売

2020年三井住友VISA太平洋マスターズで初優勝し、2022年の東建ホームメイトカップでツアー2勝目を果たしたプロゴルファーの香妻陣一朗プロ。その彼と共同開発したゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売されました。 […]

香妻 陣一朗プロと共同開発した 暑さ対策にぴったりの夏用メンズゴルフウェア「アイスブラストシャツ」が発売
関連記事
ゴルフ場でおすすめの「サンバイザー&キャップ」かわいくてキープ力が高いヘアアレンジ6選

春から夏にかけて強くなる日差し。ゴルフ場での日焼け対策の一つとしてサンバイザーを取り入れる人も多いかと思いますが、悩ましいのがそのヘアスタイルです。そこで、日差しを避けるサンバイザー&キャップを取り入れた、かわいくてキープ力もある簡単ヘア[…]

ゴルフ場でおすすめの「サンバイザー&キャップ」かわいくてキープ力が高いヘアアレンジ6選
関連記事
ゴルフ練習場/打ちっぱなし練習徹底解説。3段階の振り幅練習を伝授

新型コロナウイルスの流行を機に、屋外で三密を避けて楽しめるスポーツとしてゴルフの人気が高まっています。ゴルフ練習場で、若い人たちの姿を見かける機会が多くなりました。しかし、ゴルフは上達に時間がかかるスポーツでもあります。うまく打てるように[…]

ゴルフ練習場/打ちっぱなし練習徹底解説。3段階の振り幅練習を伝授
関連記事
ゴルフの基本グリップと実践練習を徹底解説!真っすぐ打つ秘訣とは?

ゴルフにおいてボールを真っすぐ打つための大事な基本でありながら、最もルーズになりやすいのがグリップ(クラブの握り方)。真っすぐ飛ばない原因がスイングだと思っていたら、実はグリップが原因だったというのはゴルフレッスンの世界ではよく聞く話です[…]

ゴルフの基本グリップと実践練習を徹底解説!真っすぐ打つ秘訣とは?

夏のゴルフウェアはインナーも重要!

屋外で長時間プレーするゴルフは、夏場は暑さのため過酷な状況に陥ることもしばしばあります。そこで、インナーをこだわって選ぶことで少しでも快適な環境を手に入れることができます。

そしてこの夏は「レイヤードスタイル」にチャレンジして、ファッションも一緒に楽しんでみませんか。自分が気に入ったおしゃれなスタイルに身を包んで、楽しいゴルフプレーを実現しましょう。

ゴルフウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。