屋外でおすすめの暑さ対策グッズまとめ!夏は熱中症に気を付けよう

屋外でおすすめの暑さ対策グッズまとめ!夏は熱中症に気を付けよう

  • 2021/07/13 (火)
  • 2022/08/05 (金)

日増しに暑さが辛くなってくる夏の時期。屋外に出るときは「直射日光で日焼けや熱中症が心配」「汗をかいてジメジメするのが嫌」など、夏の暑さ対策には毎年悩まされますよね。

そこで今回は、夏の暑さ対策のポイントや、夏に身に着けたい暑さ対策グッズをまとめて紹介!

スポーツやアウトドアにはもちろん、炎天下となる屋外での移動やスポーツ観戦にも使えるデイリーアイテムを中心にお届けします。

屋外で暑さ対策なしは危険!熱中症の基礎知識

屋外で暑さ対策なしは危険!熱中症の基礎知識

暑さ対策はただ暑さをしのぐだけでなく、熱中症対策としても重要な取り組みです。
まずは、熱中症とはどんな状態なのかや、症状について理解しておきましょう。

熱中症とは?

熱中症とは、「高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態」を指します。

人は体温が上がると、汗をかくことや空気中に熱を逃がすことで体温を調整しています。

しかし、気温や湿度が高く、風通しが悪い環境で、長時間過ごしたり激しい運動をしたりすると、体がどんどん熱くなり大量の汗をかいて体の水分や塩分が減少していきます。

水分や塩分が減少することにより体内の血液の流れが悪くなると、汗をかくことや熱を逃すことがうまくできなくなり、体に熱がこもってしまうのです。

どんな人が発症しやすい?

気温が高い・風が弱いといった環境的な要因、長時間屋外にいる・激しい運動をするといった行動的な要因のほかに、体の状態も発症のしやすさに関係があります。

例えば、寝不足の場合や発熱がある場合、二日酔い・下痢を起こしていて脱水状態にある場合などには、熱中症になりやすい傾向があるようです。

さらに、乳幼児や高齢者など体温調節機能が弱い人、普段からあまり運動をしていない人、暑さに慣れていない人なども熱中症を引き起こしやすいと言われています。

外出する際に暑さ対策をすることは大切ですが、体調が優れない場合には無理をしないことも頭に入れておきましょう。

熱中症の主な症状

軽度の熱中症の症状には、めまい・立ちくらみ・生あくび・大量の発汗・筋肉痛・筋肉のこむら返りなどが挙げられます。

症状が進むと、頭痛・嘔吐・倦怠感・判断力低下・集中力低下・虚脱感などが現れ始めます。

こういった症状が見られる場合は、風通しの良い場所や涼しい場所へ移動したり、衣服をゆるめて体を冷却したり、水分補給をしたりといった応急処置が必要です。

応急処置をしても症状の改善が見られないときは、医療機関の受診をおすすめします。

また、熱中症の疑いがある人を見かけた場合、自力で水分補給ができていない、応答がおかしいときには救急車を呼びましょう。

今日からできる屋外での暑さ対策を紹介!

今日からできる屋外での暑さ対策を紹介!

では、実際にどんな暑さ対策が有効なのか、具体的なポイントを5つお伝えします。

暑さ対策ポイント①通気性が良い&接触冷感機能があるアイテムを身に着ける

夏に身に着けるアイテムは「通気性」と「接触冷感」をポイントに選びましょう。

一般的なウェアのなかには空気が通りにくく、熱がこもりやすいものもあります。通気性の良い生地であれば熱を放出しやすく、汗や蒸れを軽減してくれるでしょう。

また、肌に触れるとひんやりとした冷たさを感じる「接触冷感機能」があると、暑い日でも冷感を得やすくなります。

暑さ対策ポイント②帽子や日傘で直射日光を避ける

暑さを軽減するためには、夏の強い日差しを直接浴びないことも大切です。帽子や日傘で日差しを避けることで、体感温度を下げることができます。

また、暑さ以外にも気を付けたいのが、太陽の光に含まれている紫外線。紫外線を多く浴びてしまうと、日焼けだけでなく肌のシワやたるみの原因になることもあります。

特に夏は紫外線が強いので、日焼け止めを塗るだけでなく「UVケア機能」が搭載されたウェアやアイテムがおすすめです。

「UPF30」や「UPF50」などの表示を確認して、シーンに適したアイテムを選ぶようにしましょう。

暑さ対策ポイント③太い血管の近くや「AVA血管」を冷やす

屋外スタジアムなど炎天下でスポーツ観戦をするときなどは、「クーリング」を行うのも対策の一つ。

例えば、ネッククーラーやポータブル扇風機、保冷剤などで首や脇、脚の付け根といった太い血管が通る部位を冷やすと血液の温度が上がりにくくなり、火照った体を効率良く冷やすことができます。

また、体温を調整する「AVA血管」を、快適な温度と言われる12℃で冷やすことで、深部体温(体の内部の温度)を下げることが可能に。

AVA血管は、手のひらや足の裏、耳、まぶたなど、皮膚が薄い体の末端にあります。

暑さによる深部体温の上昇を抑制することで、体の表面温度や汗の量が抑えられるなど、快適に過ごせる効果が期待できます。

暑さ対策ポイント④水分だけでなく塩分補給で内側からケアする

暑さ対策や熱中症対策には、水分補給を思い浮かべる人は多いかもしれませんが、ただ水を飲むだけではNG。
大量に汗をかくと体内の塩分も失われていくので、塩分補給もしっかりと行いましょう。

経口補水液を飲む

経口補水液は、水分・塩分・糖分がバランス良く含まれていることで、効率良く水と電解質(特にナトリウム)の吸収ができるようになっています。

通常の水分補給ならスポーツドリンクで十分ですが、軽度から中等度の脱水症状があるときには経口補水液が適しています。

タブレットや塩飴を食べる

タブレットや塩飴は、手軽に塩分やミネラルが摂取できるのでおすすめ。スポーツドリンクではなく水やお茶で水分補給をしている人は、ぜひ取り入れてみてください。ただし、塩分の摂りすぎには注意しましょう。

栄養のある食事を摂る

汗をかいたときは水分や塩分の補給も大切ですが、暑さを乗り切るためには栄養を摂ることも重要。

例えば、トマトやきゅうりといった夏野菜、うなぎ、梅干し、レモンなどが夏におすすめの食材だと言われています。たんぱく質やビタミン類、ミネラルやクエン酸などをバランス良く摂りましょう。

暑さ対策ポイント⑤地表面の高温化を防ぐ

地面からの熱も、暑さを感じる原因の一つ。

打ち水をすることで、水が蒸発するときに周りの熱を奪う「気化熱」の作用で、地面の温度を下げる効果が期待できます。

日中の日差しが強いときは、水がすぐに乾いてしまい効果が持続しない場合があるので、朝夕、または日陰に行うと涼しさが持続しやすいです。

屋外でのスポーツ観戦に最適!おすすめの暑さ対策グッズ

暑さ対策おすすめグッズまとめ

中央 アンブロ 冷シリーズ クーリンググローブ(UUAPJD00):3,960円(税込)
アンブロ 冷シリーズ クーリングアームカバー(UUAPJX02):2,860円(税込)
アンブロ 冷シリーズ ネッククーラー(UUAPJK02):2,860円(税込)
デサント TEKION3Dクーリングフェイスガード(DAT9103):4,950円(税込)
デサント コアクーラーアームカバー(DAT9101):4,950円(税込)

夏はスポーツやレジャーなど屋外で活動することが多く、近年ではさまざまな暑さ対策を施したウェアやアイテムが活用されています。

スポーツブランドならではの日常使いもできるアイテムがあるので、快適な夏を過ごすために参考にしてみてください。

ヒートリリースクーリングキャップとコアクーラー

暑さ対策をして歩いている男性

デサント ヒートリリースクーリングキャップ(DMATJC10):5,390円(税込)
デサント コアクーラー(DAT9000):3,960円(税込)

通勤・通学もそうですが、夏の移動時は汗をかいたりマスクを着けるのが辛くなったりしますよね。特にマスクの内側は熱がこもりやすく、熱中症の危険性も高まってしまいます。

夏の移動時は、通気性の良い帽子や蒸れにくいマスクなど、暑さ対策をしながら日常使いのできるアイテムを選んでみると良いでしょう。

デサントの「ヒートリリースクーリングキャップ」は、内側に空間を作るための立体テープが施され、運動時に発生する熱や蒸れを軽減。UVケア機能もあるため、夏の日差し対策として移動時にも活躍してくれます。

屋外を長時間移動する場合は、暑さ対策としてクーリングを行うことも大切です。移動中は、体温を調整する特殊な血管の「AVA血管」のある手のひらを冷やしておくと良いでしょう。

デサントの「コアクーラー」は適温蓄冷材を固定する仕様ですが、着用していても手は動かしやすく、メッシュ素材なので蒸れず快適に使えます。小さくコンパクトなので、移動後はカバンに収納して持ち歩きましょう。

 

デサント サンシェードキャップを水に濡らしている様子

デサント サンシェードキャップ(DMARJC21):4,290円(税込)

こちらの「サンシェードキャップ」は、水に濡れると冷たくなり、ひんやり感が持続する、夏にぴったりの涼感のあるアイテムです。ひんやりとした着け心地で、暑さを和らげてくれるでしょう。

また、サンシェード付きのため、暑さ対策とUV対策が可能です。ひさしの部分をくり抜きメッシュ素材を使用することで、通気性に加えて軽量化も実現。日常使いはもちろん、スポーツ時も快適に使用できます。

 

デサントゴルフ クーリングキャップをかぶる男性

デサントゴルフ クーリングキャップ(DGBPJC08):6,490円(税込)

高い通気性や、高い遮熱性にこだわるなら、デサントゴルフの「クーリングキャップ」もおすすめ。素材に遮熱性の高い「Nanofront(ナノフロント)」を採用した、高通気・高遮熱性を併せ持つ機能性アイテムです。

一般的なキャップとの違いは、ひさしが開いており、キャップの内側に風が入る仕様に。この構造によって蒸れを軽減し、蒸し暑い夏の移動時やゴルフシーンを快適にしてくれます。

ネッククーラーとペットボトルホルダー&保冷ポーチ

マンシングウェア ネッククーラーを使用する男性

マンシングウェア ネッククーラー(MGBPJK90):3,190円(税込)

また夏の外出時には、簡単に装備できるネッククーラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。しかし、暑さ対策と言っても、普段着やスポーツウェアに合うアイテムのほうが使いやすいですよね。

マンシングウェアの「ネッククーラー」は、水に濡らすだけで清涼感が得られる「ベルオアシス」の素材を使用。シンプルなデザインでどんなコーディネートにも合わせやすいので、夏の外出時の必需品と言えます。

 

ネッククーラーを水に濡らしている様子

マンシングウェア ペットボトルホルダー(MQBRJX01):2,530円(税込)

暑さ対策には水分補給も欠かせません。保冷保温機能のあるマンシングウェアの「ペットボトルホルダー」は、500mlのペットボトル1本が収納可能。

これに入れて持ち歩けば、水滴がほかの荷物を濡らす心配もありません。付属のフックでカバンなどにぶら下げるなど、こまめに水分をとることもできます。

 

ルコックスポルティフ(ゴルフ)の保冷ポーチを持っている男性と女性

ルコックスポルティフ(ゴルフ) 保冷ポーチ(QQBPJA41):5,830円(税込)

ルコックスポルティフ(ゴルフ)の「保冷ポーチ」もポリエステルメッシュ素材と合成皮革(PU加工)を組み合わせた、保冷保温機能のある二層式ポーチです。

ロゴプリントを入れたスポーティーなデザインで、ペットボトルを2本収納できる大きさ。飲み物はもちろん、大きさによっては弁当を持ち運ぶのにも使えますよ。

アームカバーとフェイスガード

屋外でスポーツ観戦する人々

左 アンブロ 冷シリーズ クーリンググローブ(UUAPJD00):3,960円(税込)
アンブロ 冷シリーズ クーリングアームカバー(UUAPJX02):2,860円(税込)
アンブロ 冷シリーズ ネッククーラー(UUAPJK02):2,860円(税込)
右 ルコックスポルティフ クールタッチシリーズ クーリングネックシェード(QMARJK07):2,530円(税込)
ルコックスポルティフ クールタッチシリーズ クーリングアームカバー(QMCRJD06):2,750円(税込)

夏は屋外でスポーツ観戦を楽しむ機会も増えますよね。試合は長時間行われることが多いので、熱中症対策はもちろん、暑さ対策やUV対策も大切です。

「アンブロ 冷シリーズ」は接触冷感素材を使用した、夏に使えるアイテムが豊富。濡らす・軽く絞る・振るの簡単な3ステップで、ひんやりと冷たい肌触りが感じられます。

「クーリンググローブ」は滑り止め加工によるグリップ力があり、素材には強度やUV機能のある「コーデュラナイロン糸」を使用。暑さ対策だけでなく、さまざまな作業時に使えます。

クーリングアームカバー」と「ネッククーラー」は、ワンポイントにアンブロのロゴが付いたシンプルなデザイン。普段着やスポーツウェアなど、さまざまなスタイルに合わせることができます。

また、ルコックスポルティフの「クールタッチシリーズ」も接触冷感素材を使用しており、心地良い涼しさが感じられるとろみのある素材が特長で、オールシーズンの着用が可能。

「クーリングアームカバー」は、ジョギングやウォーキングなど屋外での運動時だけでなく、スポーツ観戦時のUV対策としてもおすすめです。ワンポイントにルコックスポルティフのロゴが付いたシンプルなデザインなので、シーンを選ばずに使えます。

アンブロ ネッククーラーを使う男性

先ほど紹介したアンブロ 冷シリーズの「ネッククーラー」は、水に濡らすとひんやりと冷たい接触冷感素材を使用したアイテム。

暑さ対策には首元を冷やすのが効果的なので、屋外で活動するときは濡らしておくと快適に過ごせるでしょう。

 

屋外でスポーツ観戦する人々

中央左 デサント アスレティック マスク(DMAQJX00S):2,200円(税込)
デサント コアクーラーアームカバー(DAT9101):4,950円(税込)
中央 デサント TEKION3Dクーリングフェイスガード(DAT9103):4,950円(税込)
中央右 アンブロ 冷シリーズ ネッククーラー(UUAPJK02):2,860円(税込)
デサント コアクーラー(DAT9000):3,960円(税込)

暑い夏のスポーツ観戦時も、新型コロナウイルス感染症予防のためにマスクを着ける必要があります。長時間屋外にいると、息苦しさや蒸れが気になりますよね。

デサント アスレティック マスク」は、運動時や夏の暑い日にも快適に着用できるよう、立体構造や通気口を作ることで息苦しさと蒸れを抑制。

また、デサント独自で開発した「Coolist D-Tec(クーリストディーテック)」の素材を使用することで、汗を素早く拡散気化させ、マスクの内側を涼しく爽やかに保ってくれます。

さらに、マスク紐の長さが調整できるアジャスター付きで、自分に合った着け心地でストレスなく過ごすことができるでしょう。

暑さ対策やUV対策には、「コアクーラーアームカバー」や「適温3Dクーリングフェイスガード」の活用がおすすめ。2021年7月にデサントとシャープが共同開発した「コアクーラー」の第2弾シリーズとして新たに登場し、さらに機能性がパワーアップしています。

UV(UPF50+)ケア仕様のアームカバーは直射日光から肌をカバーし、3D設計でフィット感があるので、動いてもずり落ちてくる心配はありません。

フェイスガードは両頬にポケットを搭載しており、適温蓄冷材を入れて使うことで、AVA血管のある顔を効果的に冷却でき、暑さ対策にもぴったり。

立体的な構造にすることで呼吸がしやすく、耳にかけられるのでマスクの代わりとして飛沫エチケットにも活用できます。夏のレジャーやスポーツ観戦など、長時間屋外で活動する場合に着用すると良いでしょう。

先に紹介したアンブロ 冷シリーズ「ネッククーラー」やデサント「コアクーラー」は、スポーツ観戦時にも活用することができます。

接触冷感素材やUV機能のあるアイテムを選んだり、体を冷やして深部体温を下げるなど、暑さ対策をしながら楽しみましょう。

ゴルフウェアブランドの傘もおすすめ!

ルコックスポルティフ(ゴルフ)の傘をさす女性

ルコックスポルティフ(ゴルフ) アンブレラ(QQBRJX00):8,690円(税込)
ルコックスポルティフ(ゴルフ) 日よけ付きキャップ(QGCRJC07):4,730円(税込)
ルコックスポルティフ(ゴルフ) アームカバー(QGCRJD50):2,750円(税込)

夏用のゴルフウェアやアイテムは普段使いできるデザインのものも多く、暑さ対策をしながらスポーツスタイルを楽しむことができます。

ルコックスポルティフのロゴがプリントされた「」は、晴雨兼用でUVカット機能付き。持ち手部分には柔らかいスポンジを使用し、軽量で持ち運びも便利なので、レジャーやスポーツ観戦でも日よけや突然の雨に対応できます。

また、ポリエステル素材を使用した涼しげな「マーキングキャップ」は、日よけが付いていて夏にぴったりのアイテムです。

夏のゴルフの必需品とも言える「UVアームカバー」は、ルコックスポルティフのロゴプリントが特長。シンプルなデザインなのでさまざまなシーンで活用でき、日差しから肌をカバーしてくれます。

夏の屋外は暑さ対策が必須!高機能アイテムを身に着けて乗り切ろう

夏は暑さや熱中症、日焼けなどの対策をきちんと行うことが大切です。

特に炎天下の移動やスポーツ観戦など、長時間屋外で過ごす場合は、接触冷感機能やUV対策が施されたアイテムを選ぶのが効果的と言えます。

最近では、スポーツブランドのアイテムでも普段使いしやすいものが増えているので、シーンに合わせてぜひ活用してみてくださいね。

関連記事
春夏におすすめの“進化形”ランニングウェア?特殊なデザインでウェア内を換気し、ランナーの涼しさを生む

突然ですが、夏場に暑さを感じたとき、Tシャツの生地をつまんでパタパタとあおぐと涼しさを感じるはず。きっと、誰もがやったことのある行為ではないでしょうか。これは、Tシャツの中にたまった暑い空気を換気することで涼しさを感じていると言えます。[…]

春夏におすすめの“進化形”ランニングウェア?特殊なデザインでウェア内を換気し、ランナーの涼しさを生む

関連記事
熱中症予防対策実証事業にて、手のひらを冷やすことの有用性が実証!子どもを暑さから守るために知っておきたい深部体温のプレクーリングとは

夏になると、子どものスポーツや運動、遊びといったシーンで心配になるのが熱中症。熱中症対策は水分を摂る、適度に休む、涼む、といったことがよく知られていますよね。でも、ほかにも良い予防対策があるとしたら知りたいところです。そこで今回、「子ど[…]

熱中症予防対策実証事業にて、手のひらを冷やすことの有用性が実証!子どもを暑さから守るために知っておきたい深部体温のプレクーリングとは

関連記事
【子どもが泣き止む!?】手のひらを冷却する“新”暑さ対策グッズが女性にも支持される理由とは?

昨年大ヒットしたデサントの「コアクーラー」は、手のひらを冷やすという新発想の暑さ対策グッズ。スポーツ前後の使用を想定した商品でありながら、日常生活にも取り入れられることから好評を得ています。デイリーユーザーのなかでは、特に子育て世代の女性[…]

【子どもが泣き止む!?】手のひらを冷却する“新”暑さ対策グッズが女性にも支持される理由とは?

関連記事
【GetNaviの語らせて!】本当にムレない?バックパックに一家言どころか十家言ある編集部員がデサント「エアロストリームバックパック」を使い倒す

スーツやセットアップにバックパックを合わせる「リュック通勤」が当たり前になっていますが、春以降、特に梅雨や夏のシーズンに向けて気になるのが「背中のムレ感」ではないでしょうか。バックパックを選ぶ基準と言えば、収納性やデザイン、耐久性などがあ[…]

【GetNaviの語らせて!】本当にムレない?バックパックに一家言どこか十家言ある編集部員がデサント「エアロストリームバックパック」を使い倒す
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.(ウルマグ)とは?

ULLR MAG.(ウルマグ)は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。