#テニスウェア

テニスウェアの襟付きシャツは機能性とデザイン性で選ぼう!

テニスウェアには襟付きのものがたくさんあります。
今回は、襟付きのテニスウェアにチャレンジする際、どのような点に気をつければ良いのかを考えていきます。おすすめのブランドにも触れますので、ぜひ参考にしてください。

テニスウェアのトップスは普段着のポロシャツでも良い?


テニスをプレーする際は、トップスは普段使いのポロシャツでも構いません。テニスは紳士淑女のスポーツともいわれていますので、きちんとした、清潔感のある着こなしを心がけるようにしましょう。

一般的なポロシャツで練習しても問題ありませんが、テニスは全身を激しく動かすスポーツです。ものによっては体が動かしにくかったり、汗がなかなか乾かず不快に感じる可能性もあります。

テニスウェアは襟付きシャツが人気!Tシャツとの違いは?

テニスウェアにはいろいろな種類がありますが、なかでも襟付きのウェアが人気です。

Tシャツタイプはテニス以外のスポーツでも活用でき、カジュアルに着こなしたい方に向きいています。
襟付きのテニスウェアは、ファッションにこだわりたい方に人気です。襟があるだけでウェアの印象もがらっと変わりますので、ぜひ一度試してみてください。

見た目のおしゃれ度

襟付きのテニスウェアは、まず見た目のおしゃれ度が違います。周囲にきちんとした印象を与え、清潔感や大人の余裕を演出できるでしょう。

ロングパンツやハーフパンツ、ショートパンツ、スコートなど、あらゆるボトムスとの相性も良く、カジュアルときちんと感のバランスを取りやすいというメリットもあります。

公式試合では服装規定も

公式試合では、テニスウェアにも詳細な規定があります。テニスにふさわしくないTシャツやランニングシャツ、ジーンズなどでは試合に挑めません。

テニスウェアにはITF(国際テニス連盟)・JTA(日本テニス協会)の服装規定適応商品というものがあり、公式試合で着用することができます。商品のタグや通販サイトに記載していますが心配であれば、販売店のスタッフや大会運営に確認すると良いでしょう。

なお、半袖のTシャツでも、ゲーム用のシャツであれば問題ありません。

テニスウェアの襟付きシャツはどう選ぶ?

le coq sportif (ルコックスポルティフ)・半袖ポロシャツ・パンツ

襟付きのテニスウェアを選ぶ際のポイントを解説します。デザインはもちろん、機能面も優れた使いやすいテニスウェアを選びましょう。

動きやすく機能性の高いもの

テニスは激しく体を動かすスポーツのため、動きやすさや機能性は必ずチェックしておきたいポイントです。
テニスウェアは通気性や伸縮性が良いもの、吸汗速乾機能を備えたものなど、機能性が高い商品が多くあります。襟付きシャツを選ぶ際も、ぜひ注目しましょう。

好みのデザインでモチベーションを上げる

襟付きシャツはおしゃれなものが多いです。
自分の好みのデザインのテニスウェアはモチベーションアップにつながります。おしゃれなテニスウェアに身を包めば、気持ちが引き締まり、より集中してテニスを楽しめるでしょう。

上下セットで着回す

テニスウェアは上下セットの商品もたくさんあります。襟付きシャツとハーフパンツ、またはロングパンツのセットアップを購入すれば、それだけですぐにコーディネートが完成します。

セットアップはデザインに統一性があるので、コーディネートを考えるのが苦手な方にもおすすめです。上下別々で着回せば、コーディネートの幅も広がるでしょう。

試合用のゲームシャツも必要

テニスの公式大会の出場する際には、規定に則ったテニスウェアを着用しなければなりません。
ITF、またはJTAのルールブックに記載されているルールを守ったテニスウェアが必要です。
ロゴの数や大きさなどが細かく指定されていますので、これに準ずるテニスウェアを選びましょう。

男性は襟付きシャツやゲーム用のシャツとパンツ、女性は襟付きシャツやゲーム用シャツ、スコート、ショーツ、またはワンピースという決まりがあります。

さらに帽子やサンバイザー、リストバンドなどの小物にも細かい規定がありますので、大会直前に慌てないよう、ルールを確認しておいてください。

店頭はもちろんネットショップでも、公式大会で着用できるかどうかがきちんと明記されているテニスウェアはたくさんあります。不安な方は問い合わせて確認しましょう。

季節に合わせたコーディネートで

襟付きシャツは、季節に合わせたコーディネートができる点も魅力です。例えば冬は、長袖のインナーと合わせて重ね着をしてみましょう。

パーカーなどのカジュアルなアウターを羽織っていても、襟付きシャツならきっちりした印象はそのままにおしゃれを楽しめます。女性の場合、袖のないテニスウェアでも襟付きのものを選べばカジュアルになりすぎず、夏場などの暑い時期も快適にプレーできるでしょう。

襟付きシャツは人気テニスウェアブランドで選ぼう


テニスウェアの人気ブランド、ルコックスポルティフについて紹介します。襟付きシャツも多く登場しており、ハイセンスなアイテムがそろいます。

おしゃれなテニスウェアがほしい方は、ぜひルコックスポルティフをチェックしてください。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)とは

ルコックスポルティフは、フランス生まれのスポーツウェアブランドです。テニスウェアのほかにも、さまざまなスポーツウェアをデザインしています。
いずれも、独特のカラーリングで、遊び心を感じさせつつシックで落ち着いた印象を与えてくれます。

こだわりのおしゃれを楽しみたい若い方から、地味と派手の加減を気にする年配の方まで、幅広く使えるアイテムがそろっています。

メンズ襟付きシャツのおすすめコーデ

ルコックスポルティフの襟付きシャツとロングパンツのコーディネートは、全体的にモノトーンでまとめているのに軽やかな印象です。
ペイズリー柄を取り入れたポロシャツは、カジュアルにもクラシックにも着こなせるでしょう。

きれいなシルエットを叶えてくれるパンツは、テニスに適した設計です。激しい走りやしゃがむ、跳ぶなどの動きにもしっかり対応してくれます。

試合用ゲームウェアのおすすめコーデ

ルコックスポルティフからは、試合用ゲームウェアも多数登場しています。テニスの試合用の規定はロゴのサイズなどが厳しく決められているので、ITFまたはJTAの公認アイテムかどうかをきちんと確認しましょう。

ルコックスポルティフのゲーム用の襟付きシャツは、シンプルすぎず、胸元のラインやカラーリングで遊び心を感じさせるものが多いです。

モノトーンや、ルコックスポルティフらしいトリコロールを取り入れたものをぜひチェックしてください。
白のシンプルなゲーム用パンツは細部にこだわって作られており、快適な動きをサポートしてくれます。

レディーステニスウェアもle coq sportif(ルコックスポルティフ)で

ルコックスポルティフは、レディースのテニスウェアも豊富にそろっています。

例えばワンピースタイプは、カジュアルなデザインからクラシックなデザインまでさまざまです。
ストライプの半袖タイプのワンピースは、年齢や好みを問わず、多くの方が取り入れやすいでしょう。

ゲーム用のシンプルなシャツも、気持ちが明るくなるような、華やかなカラーリングやプリントの商品がそろっています。

ショートパンツやロングパンツ、スコートとボトムスのラインナップも豊富です。
ロングパンツは足をきれいに見せるだけでなく、快適な動きをサポートしてくれます。寒い季節や足を出したくない方におすすめです。

テニスに関するおすすめ記事


「アドバンテージパンツ」について、商品の開発に携わったルコックスポルティフの渡邊麻美氏と、国内最大級のテニス専門店ウインザーラケットショップスタッフの福田なつみ氏にお話を伺いました。
関連記事

脚にフィットするスマートなシルエットにこだわり、従来シリーズ以上に“テニスに特化”した機能性を深く追求したパンツ。ルコックスポルティフのテニス専用パンツ「アドバンテージパンツ」が2020年8月にデビューしました。今回は「アドバンテージパ[…]

ルコックスポルティフの渡邊氏とウインザーラケットショップ・バイヤーの福田氏

「国際大会」への思いについて、日比野菜緒選手にお話を伺いました。
関連記事

2013年に18歳でプロ転向して以来、トップテニスプレイヤーとして世界で活躍する日比野菜緒選手。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国際大会の延期・中止が相次ぐなど、スポーツ界はかつて経験したことのない事態に直面しています。日比野選手はこ[…]


機能性の高い人気ブランドのテニスウェアで清潔感あるおしゃれを

テニスウェアの襟付きシャツについて、選び方やメリットを紹介しました。
清潔感やきちんと感を演出できるのが、襟付きシャツの特徴です。コーディネートに悩んだら、ぜひ取り入れてみてください。

ルコックスポルティフなど、多くのテニスウェアブランドから襟付きシャツが登場しています。スポーツ向けの動きやすく快適な襟付きシャツを選び、ファッションもプレーも楽しみましょう。

テニスウェアに関するおすすめ記事はこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」をテーマにしたライフスタイルマガジンです。身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。