アメカジ愛用者が30代メンズに伝える、おしゃれに着こなすコツとオススメコーデ集

アメカジ愛用者が30代メンズに伝える、おしゃれに着こなすコツとおすすめコーデ集

  • 2022/02/18 (金)
  • 2022/03/15 (火)

時代を超えた普遍的スタイルの一つであるアメカジ。老若男女に愛されるこのアメカジを30代男性が今おしゃれに着こなすには?

上品すぎず、カジュアルすぎない大人のメンズアメカジスタイルをペンギン バイ マンシングウェアのマーチャンダイザーである小森優敏さんがレクチャーします。

そもそもアメカジとは?

アメカジとは、アメリカン・カジュアルの略語。

トラッドスタイル、ワークスタイル、ミリタリースタイル、サーフスタイル、ウエスタンスタイル、カレッジスタイルといったアメリカならではのファッションの総称であり、フォーマルとは対極に位置するリラックスしたスタイルのこと。

ポロシャツ、デニムパンツやスウェットシャツ、さらにはチノパンなど、誰もが当たり前のように身に着けているウェアは、まさにアメカジの象徴的アイテムです。

このアメカジという言葉、実は和製英語なのです。つまり、日本人というフィルターを通し、アメリカ的なファッションをこう呼んでいます。

アメリカのファッションが日本で最初に注目を集め始めたのは、1960年代。アメリカ東部にある名門8大学の総称「アイビー・リーグ」のファッションを基にしたアイビー・ルックが日本で流行しました。

日本にはないアメリカならではのそのコーディネートは、当時の若者にとても新鮮に映りました。

その後、1970年代にはアメリカの反戦運動から生まれたヒッピースタイル、1980年代後半にはアメリカンカジュアルウェアに身を包んだ渋カジがブーム、そして1990年代に入るとヴィンテージデニムやスニーカーのブームが巻き起こったことで、アメカジは日本のファッションにおいて確固たる地位を築いたのです。

スタイリング指南はこの人

伝説の販売員 コモリ
ペンギン バイ マンシングウェア マーチャンダイザー
小森優敏さん

カジュアルの企画からブランド、ショップとのコラボレーションなどを担当。自身も大のアメカジ・ラバー。「普段着ている洋服って実は原点はアメカジスタイルの要素が満載なんです。昔はジャストサイズで着るのが主流でしたが、今はサイズ感を変えたりストリート要素を入れたりと、独自のオリジナルスタイルを作り上げることができるNEWアメカジスタイルをぜひ楽しんでもらいたいですね。」

 

着こなしテクニックを伝授!小技を効かせた、春夏アメカジメンズコーデ8選

ここからは定番のアメカジアイテムをセンス良く見せる着こなしテクニックと春夏コーディネートのポイントを伝授します。

ゆったりシルエットで定番アメカジメンズコーデをアップデート

「ポロシャツは、ジャストサイズよりも少しゆったりめのサイズを選ぶのが、今のアメカジファッション。

カーキ色のポロシャツとベージュのジャケットでトーンを合わせ、パンツのスラックスとローファーでフォーマルさを出しつつも、ワイドシルエットで遊び心を忘れずに今っぽさを表現しています。」

アメリカ製60年代ラグランスリーブポロシャツを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
アメリカ製60年代ラグランスリーブポロシャツ
サマーウールワイドパンツ
他、小森/スタイリスト私物

アメリカ製60年代ラグランスリーブポロシャツを使ったコーディネート

「ジャケットを脱いだときに、チラッと見える左胸のペンギンがアクセント。ポロシャツの王道感をトレンドのファッションに落とし込むと、いつもとはまた違った雰囲気に仕上がります。」

上品&ラフの進化系アメカジコーデ

「スイングトップにデニムパンツを合わせた、いわゆるアメカジの王道コーデです。着丈の短いスイングトップからのぞくTシャツのラフさと、ローファーの上品さが絶妙なバランスです。

ポイントはジャケットから出るTシャツの裾の長さ。短すぎず、長すぎずの5cmくらいが理想的ですね。短すぎるとカチッとしすぎ、長すぎるとラフになりすぎるのでご注意ください。

このバランスでコーディネート全体のイメージが大きく変わります。」

ロサンゼルスアパレル BOGEY Tシャツを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
ロサンゼルスアパレル BOGEY Tシャツ
スイングトップ ブルゾン
他、スタイリスト私物

ロサンゼルスアパレル BOGEY Tシャツを使ったコーディネート

「ジャケットを着ているときと脱いだときのギャップがすごく良い!誰でも簡単に取り入れられるので、おすすめです。春先ならスウェットでも良いですね!」

スポーツ×トラッドのお手本的アメカジミックスコーデ

「スウェットをシャツと合わせ、上品さとカジュアルさを上手く取り入れたスタイリングです。

スポーティーなイメージが強いハーフジップのスウェットは、インにシャツを合わせることでアイビースタイルに変化します。

ボトムスは、トップスに要素がたくさんあるので、春先は落ちついた色、夏は明るめの色がおすすめです。」

トレーニングハーフジップスウェットを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
トレーニングハーフジップスウェット
他、スタイリスト私物

トレーニングハーフジップスウェットを使ったコーディネート

「スウェットは、肩掛けもおすすめです!今回は黒縁メガネなどの小物できれいめ感を出していますが、キャップを使い、よりカジュアルな印象にするのも良いと思います。」

注目のラガーポロシャツを使用した大人のアメカジコーデ

「かっこよくも、そしてかわいくもなる変幻自在なラガーポロシャツを、細身のチノパンできれいめのアメカジに。チノパンのベージュ色が、全体の色の緩和材となり、優しい雰囲気にしてくれます。

ジャケットを選ぶポイントは、上品すぎないデザインがおすすめです。アメカジでは定番のデニムやミリタリーウェアなど、アイテムに特徴があるトップスほどパンツのシルエットで上品にガラッと変化させてくれます!」

プレーティングビッグシルエットポロシャツを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
プレーティングビッグシルエットポロシャツ
他、スタイリスト私物

プレーティングビッグシルエットポロシャツを使ったコーディネート

「デニムジャケットとラガーポロシャツの相性がとても良いのと、両者とも主役の顔を持っています。

ラガーポロシャツは、春先から夏場まで長く着ていけるので1枚持っていると便利です。デニムジャケットの裾から見えるシャツの雰囲気がラガーポロシャツならではのカジュアル見えがイイ感じです。」

ストリート的アメカジコーデの好例

「今風に言うと、アメカジストリートですね。スタジャンに合わせるヘッドウェアで遊びを♪

キャップだと幼く見えがちになるので、あえてバケットハットでスパイスを。インナーには清潔感と上品さを兼備したワンポイントの白Tシャツをチョイス。

合わせやすさナンバーワンの白Tシャツは、トップスとパンツのカラートーンが近ければ近いほどベスト!グレーなどもおすすめですが、白のはっきりとした色味は取り入れやすいです。」

ビッグシルエットTシャツを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
ビッグシルエットTシャツ
バケットハット
他、スタイリスト私物

ビッグシルエットTシャツを使ったコーディネート

「Tシャツ1枚になったときに、存在感を発揮するバケットハットがポイント。大人カジュアルな遊びを取り入れ、どこか上品に見える雰囲気がおすすめです!」

アメカジ定番アイテムコーデは、サイジングで差を付ける

「ミリタリートレーニングをイメージした、ザ・アメカジスタイル。スウェットにスポーツパンツと一見普通に見える組み合わせも、サイズバランスを調整することで、雰囲気抜群のスポーツミックスコーデに早変わり♪

少しオーバーサイズのスウェットトップスには、ストレートシルエットよりも少しふんわりしたサイズ感のパンツをチョイス。

大きすぎるとストリート色が強くなるのでジャストサイズよりワンサイズぐらい大きくが丁度良いかと思います!」

ロサンゼルスアパレル G.M スウェットを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
ロサンゼルスアパレル G.M スウェット
トレーニングパンツ
トレーニングナイロンショーツ
ピートベースボールキャップ
他、スタイリスト私物

ロサンゼルスアパレル G.M スウェットを使ったコーディネート

「スウェットには左胸に刺繍と背中にプリントが入っているので、1枚だけで様になります。

小物なしでも雰囲気が良いので、自由に遊ぶスタイリングが良いですね!個人的には、ショートパンツのときはハットがおすすめです♪」

スポーティーなメンズコーデに、上品なシャツをプラス

「スポーツウェア素材のアウターを普段着として着るコツは、合わせるアイテムとサイズバランスに尽きます!

スウェットパンツのコーディネートにはシャツがマスト。カジュアルや上品としての雰囲気があるシャツは、上下スポーツウェアの要素があるときには上品としての役割に変わるのでおすすめです。

今回はスニーカーを合わせていますが、ローファーに変えるだけでも雰囲気がガラッと変わります!」

ソロテックストレーニングジャケットを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
ソロテックストレーニングジャケット
トレーニングスウェットパンツ
トレーニングナイロンショーツ
他、スタイリスト私物

ソロテックストレーニングジャケットを使ったコーディネート

「ジャケットのジップを開けたときと、閉めたときで、雰囲気もガラッと変わります。

ミリタリートレーニングウェアをベースにデザインされたジャケットは、スポーツウェア素材のアイテムを普段着へ取り入れる難しいイメージをなくしてくれていますね。」

ワークスタイルにはオーバーサイズのポロシャツが◎

「これぞ王道の組み合わせ。オーバーオールにはTシャツかスウェットを合わせがちですが、オーバーサイズのポロシャツを合わせるのもすごくかわいいです♪

きちっと感のあるポロシャツとワークウェアって、実は相性が良いんです。バケットハットを組み合わせてワークブーツで、コテコテのアメカジスタイリングに挑戦してみても良いかもです♪

“お、意外とイイじゃん”てなりますよ!」

ビッグシルエットポロシャツを使ったコーディネート

モデル身長180cm/着用サイズLサイズ
ビッグシルエットポロシャツ
バケットハット
他、小森/スタイリスト私物

ビッグシルエットポロシャツを使ったコーディネート

「ワークウェアとストリート感をミックスした雰囲気に。バケットハットは今季注目のアイテムなので必需品♪

オーバーオールの片方の肩ひもを垂らしたり、ベルトを腰に巻いて垂らしたりアレンジするだけで、一味違うポロシャツの表現ができるのでぜひ試してみてください!」

定番のアメカジアイテムを自分流のアレンジで楽しんで!

ポロシャツ、ハリントンジャケット(スイングトップ)、スウェット、オーバーオール…。

何十年も前から存在するスタンダードなアイテムですが、組み合わせるアイテムやサイジングによって、今までにない新鮮なコーディネートに仕上がります。

フォーマルファッションのようなルールもなく、自由にスタイリングを楽しめるのもアメカジの魅力であり、醍醐味。さぁ、この春は、自分だけのアメカジスタイルを楽しんでください!

関連記事
ちょっと待て…マンシングウェアの「アメカジ」が本気すぎて言葉を失った

目次1 デサントが「アメカジ」を扱っていると聞いた2 スポーツブランドのアメカジってどうなの?3 ゴルフウェアならではの機能美4 そんなに良いものなら着てみたい5 さらにトラッドなコー[…]

ちょっと待て…マンシングウェアの「アメカジ」が本気すぎて言葉を失った

関連記事
今こそ、こんなアイテムが必要だった!「マンシングウェア×ビームス プラス」コラボレーションポロシャツ誕生秘話

1955年に世界初のゴルフウェアブランドとして誕生したマンシングウェア。ブランドの矜恃が詰まった“MADE IN USA”ポロシャツに、今年もまたビームス プラス別注デザインが登場しました。 アメリカンカルチャーが花開いた60〜80年代に[…]

今こそ、こんなアイテムが必要だった!「ビームス プラス×マンシングウェア」コラボレーションポロシャツ誕生秘話
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。