カットソーとは?Tシャツやブラウスとの違いも解説
#カットソー

カットソーとは?Tシャツやブラウスとの違いも解説

ファッション用語として当たり前に使ったり、耳にしたりする「カットソー」という言葉ですが、どのようなものを指すのかを問われると分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カットソーとはどのようなものを指し、Tシャツやブラウス、ワイシャツとどんな違いがあるのかについて詳しく解説します。

関連記事
“楽チン”と“おしゃれ見え”が同時に叶う!スポーツブランドの「ワンマイルウェア」がとんでもなく万能です

長引くおうち時間や日々変化する状況に、何かとストレスを感じやすい今。「せめて身に着けるものにはこだわって、毎日をご機嫌に過ごしたいな」なんて思っていました。そんなときに出会ったのがルコックスポルティフの「リラックスセットアップ」。おう[…]

“楽チン”と“オシャレ見え”が同時に叶う!スポーツブランドの「ワンマイルウェア」がとんでもなく万能です

カットソーとは?

カットソーとは?

カットソーという言葉は、「Cut(裁断)」と「Sewn(縫製)」が組み合わさった造語です。そもそも生地は主に「編物」と「織物」の2種類に分けられます。このうち、編物の生地を裁断して縫製したアイテムをカットソーと言います。

編物と織物の違い

ここからは、編物と織物の特徴と違いについてもう少し詳しく見ていきましょう。

編物の特徴

まず編物とは、1本の糸でループ(編み目)を作り、そのループをつなげて作り上げます。編物は肌触りが良く、伸縮性や通気性に優れ、シワになりにくいという特長があります。

そしてこの生地を裁断して縫い合わすことでカットソーになります。カットソーに該当する主なアイテムは、襟付きシャツであるポロシャツや、厚手の生地で裁縫されるスウェット、袖がなく下着としても使われるタンクトップなどです。

ちなみにカットソーという言葉は、和製英語のため英語圏では使えません。

織物の特徴

織物は、縦糸と横糸を交差させて作ります。縦糸と横糸が交差しているため、一般的に伸縮しにくいという特徴があります。この織物生地を使って作られるのが、ブラウスやワイシャツなどです。

これらのアイテムは、織物の特徴である、ハリがあって型崩れしにくいメリットと、シワになりやすいというデメリットを持ち合わせています。

カットソーとTシャツの違い

カットソーとTシャツの違い

では、カットソーとTシャツは何が違うのでしょうか。カットソーは編物であることが分かりましたが、Tシャツは編物、織物どちらのカテゴリーに入るのでしょうか。

今まで何気なく着ていたTシャツについて、詳しく見ていきましょう。

Tシャツの定義

Tシャツは主に襟の付いていない、丸首の編物のことを言います。服を平らに広げたときにアルファベットの「T」の文字に見えるため、「Tシャツ」と呼ばれます。

Tシャツの起源は、第1次世界大戦時にヨーロッパ諸国の海軍で着られていた綿のアンダーウェアをアメリカ海兵が真似して作ったシャツとされています。

当時は肌着として着られていましたが、1950年代頃からTシャツをトップスとして着る人が増え、トップスターやロックミュージシャンがこぞって着用したことで、一気にトップスとして定着しました。

そんなTシャツは、クルーネック・Vネック・Uネック・ボートネックなどの「襟ぐり」、半袖・5分袖・7分袖・長袖などの「袖」、レギュラーフィット・タイトフィットなどの「サイズ」を変えることで、さまざまなスタイルが楽しめます。

また、生地の厚さや素材が変わることで、普段着から下着用シャツ、スポーツなどに合うウェアとなります。

Tシャツはカットソーの1種

紹介したようにTシャツは編物生地を裁断し、縫製して作られるアイテムです。つまり、Tシャツはカットソーの1種なのです。ただし、アパレルブランドによっては、Tシャツとカットソーの区別を曖昧にして表現することがあります。

カットソーに該当しない服とは?

カットソーに該当しない服とは?

前述した通り、カットソーに当てはまるファッションアイテムは数多くあります。

では、カットソーに該当しない服にはどのようなものがあるのでしょうか。ここからはカットソーに該当しない代表的なアイテムを紹介します。

ブラウス

カットソーとブラウスはどちらも上半身のアイテムという意味では同じですが、ブラウスは基本的に1枚だけで着られるように作られた子どもや女性用の上着です。

裁断した生地を縫い合わせて作るという意味ではカットソーと同じですが、前述したように使われる生地が織物のため、カットソーではありません。

そんなブラウスは、麻や綿、ポリエステル、シルク、レーヨンなど、さまざまな素材が使われ、素材によって風合いが異なります。

さらに、襟の有無やボタンの位置などの細かな定義がないため、さまざまなデザインのブラウスが存在します。そのため、ブラウスを選ぶ際はTPOに合わせるようにしましょう。

ワイシャツ

ワイシャツはジャケットの下に着る、前開きの上着のことで、立ち上がった襟とカフス、前立てが付いているシャツのことを言います。ワイシャツという言い方は、「白いドレスシャツ」を意味する「White Shirt」が訛ったもので、明治時代頃から日本で使われている和製英語です。

ちなみに欧米ではワイシャツのことを「シャツ」または「ドレスシャツ」と言います。そして、ワイシャツもブラウス同様に織物生地をカットして作られたもので、カットソーではありません。

セーター

セーターはニット素材を使って、1本の糸でループを作りながら編まれたものです。つまりカットソーと同じ編物生地ではありますが、セーターは織物生地をカットせずに全体を編んで作るため、カットソーではありません。

ただし、なかにはニット生地(素材)を裁断して縫製したカットソーに近いアイテムがあり、場合によってはこれらを「ニットソー」と呼ぶことがあります。

ニットには羊の毛から作られるウールニット、カシミヤヤギの毛から作られるカシミヤニット、アクリルやレーヨンを使用した化学繊維のニットなど、種類が豊富にあり、希少価値が高いニットほど高額なセーターとなります。

カットソー選びにおすすめのブランド

カットソー選びにおすすめのブランド

カットソーはインナーでもそのまま1枚でも着られる、老若男女問わず人気のファッションアイテムです。そこでここからはおしゃれで機能性の高いカットソーを展開している、おすすめの5つのブランドを紹介します。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントは、スポーツを愛する全ての人に、トップアスリートとの共同開発に基づいて機能美を追求したスポーツモードを提案する、日本のスポーツブランドです。

トップアスリートからスポーツをこれから楽しもうという人々まで、幅広いスポーツシーンをサポートしています。そのため、どのアイテムも高い機能性とデザイン性を持ち合わせています。

そんなデサントには、おしゃれで高機能なカットソー(Tシャツ、ポロシャツ、スウェットなど)がたくさんあります。

アイテムによってはユニセックスのため、カップルや家族でおそろいを使うこともできます。

le coq sportif(ルコックスポルティフ)

ルコックスポルティフ ロゴ

かわいらしいニワトリのマークとトリコロールデザインでお馴染みのルコックスポルティフは、絶妙な色使いと高いデザイン性を兼ね備えた、フランス発祥の人気スポーツブランドです。

ルコックスポルティフのカットソーは、スポーツシーンはもちろんのこと、タウンユースにも使いやすいおしゃれなデザインが多く、スポーツブランドならではの機能性も持ち合わせています。

なかにはカットソーと同じデザインのパンツが展開されているので、セットアップコーデを楽しむのもおすすめです。

umbro(アンブロ)

アンブロ ロゴ

ダブル・ダイヤモンドのロゴが目を惹くアンブロは、イギリス発祥のブランドです。

フットボールブランドとして名高く、ほかの多くのスポーツシーンでも活躍する高品質で高機能なアイテムを多く展開しています。

暑さ対策に効果的な次世代クーリング素材であるCoolistを採用したプラクティスシャツ、UVカット機能や吸汗速乾性に優れたドライTシャツなどは夏場に重宝するでしょう。

定番のロゴプリントからデザイン性のあるものまで、ラインアップも豊富です。

Marmot(マーモット)

マーモット ロゴ

アウトドアブランドとして人気を誇るマーモットは、その機能性から世界中のクライマーの信頼を集めています。

透湿性・防水性・吸汗速乾性・保温性・ストレッチ性・UVカット機能など、アウトドアを知り尽くしたブランドならではの高機能なアイテムが豊富にそろっています。

コラボアイテムも多く、バリエーションに富んだラインアップも特徴で、カットソー(Tシャツ、長袖Tシャツ)にはUVカット機能や吸汗速乾性を持たせ、さらに肌当たりの良い仕上がりになっているものもあります。

Munsingwear(マンシングウェア)

マンシングウェア ロゴ

愛らしいペンギンのロゴが目を惹くマンシングウェアは、世界で初めてゴルフウェアを開発したアメリカ発祥のブランドです。

ロゴをポイントにしたかわいらしいデザインから、タウンユースにも使えるおしゃれなデザインまで豊富なアイテムを展開しています。

綿を特殊加工し、光沢を持たせたカットソーや、オーガニックコットンのカットソーなど素材にこだわったアイテムを選んでみるのもおすすめです。

カットソーに関するおすすめ記事


カットソーに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
【ファッションスナップ】スポーツコーデのシミラールック10選

ウェアの系統や色、柄、素材感などをほど良く合わせ、2人の雰囲気に自然な統一感を出す「シミラールック」。この記事では、スポーツテイストのシミラールックを、3段階の「シミラー度」に分けてご提案します。お友だちやパートナーと試してみて![…]

【ファッションスナップ】スポーツコーデのシミラールック10選
関連記事
DESCENTE DAYSに込めたビーミング的な日常

ライフスタイルを軸に日常に寄り添うファッションを提案する〈B:MING by BEAMS〉は、BEAMSの人気レーベルです。そんな〈B:MING by BEAMS〉では、スポーツブランドであるデサントが手掛ける、スポーツが身近にあるすべて[…]

DESCENTE DAYSに込めたビーミング的な日常

カットソーとは何かを知っておしゃれを楽しもう!

カットソーとは何かを知っておしゃれを楽しもう!

普段何気なく使っているファッションワード「カットソー」には、Tシャツやポロシャツ、スウェット、タンクトップなど、さまざまなファッションアイテムが含まれていました。

ぜひこの機会に今回紹介したおすすめブランドをチェックして、お気に入りのカットソーを見つけてみてはいかがでしょうか。

カットソーについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。