水泳の消費カロリーが知りたい!ダイエット効果の高い泳ぎ方はどれ?

水泳の消費カロリーが知りたい!ダイエット効果の高い泳ぎ方はどれ?

  • 2021/11/29 (月)
  • 2022/03/30 (水)

ダイエット目的で水泳を始めるとき、どれくらいのカロリーが消費できるのか、泳ぎ方によって消費カロリーは変わるのかなど、気になるという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、消費カロリーの計算方法や泳ぎ方による消費カロリーの違い、水泳のダイエット効果について紹介します。

水泳でダイエットを始める人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事
女性必見!“腹筋職人”が伝授する自宅トレ入門講座
週2回の筋トレでダイエット&ボディメイクを目指す!

コロナ禍による外出自粛要請や、テレワークの推奨、今夏の酷暑などが原因で、運動不足を感じているという人は多いかもしれません。しかし、心身の健康維持のためにも、適度な運動は習慣にしておきたいところ。そこで、“腹筋職人”の異名を持つ、アリーナ[…]

ツイストV字シットアップの姿勢

関連記事
腰痛・肩こり解消!6つのおすすめストレッチをドクターストレッチ(Dr.stretch)が伝授

全国160店舗以上を展開する、ストレッチ専門店「ドクターストレッチ(Dr.stretch)」。体の不調の原因を抱えた深い層の筋肉までアプローチできる、独自のストレッチ技術で数々の体の悩みを解決しています。トレーナーたちは95%がスポーツ経[…]

腰痛・肩こり解消!6つのおすすめストレッチをドクターストレッチ(Dr.stretch)が伝授

水泳の消費カロリーを計算する方法は?

水泳の消費カロリーを計算する方法は?

まずは、水泳の消費カロリーを計算する方法について紹介します。

水泳の運動強度METs(メッツ)値

消費カロリーを計算するうえで、「METs(メッツ)」という単位が出てきます。

METsは運動強度を表す単位で、安静時を1としたときと比べて何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示しています。

運動時間が同じ場合、消費カロリーはMETs値が高いほうが多くなります。
水泳の運動強度METsは、以下の通り泳ぎ方やスピードによって異なります。

泳ぎ方METs(メッツ)
背泳ぎ7.0
クロール(ゆっくり)8.0
平泳ぎ10.0
クロール11.0
バタフライ11.0

(出典:身体活動・運動の単位,厚生労働省)

水泳の消費カロリーが分かる計算式

水泳による消費カロリーは、METsを使用し計算します。消費カロリーの計算式は、以下の通りです。

消費カロリー(kcal)= METs(メッツ)×体重(kg)×運動時間(h) ×1.05

例えば、ゆっくりのクロール(METs8.0)で1時間泳いだ場合の消費カロリーは、以下の通りです。

体重消費カロリー
50kg420kcal
55kg462kcal
60kg504kcal
65kg546kcal

カロリー消費以外に水泳で得られるダイエット効果とは?

カロリー消費以外に水泳で得られるダイエット効果とは?

水泳には、カロリーを消費できる以外にもさまざまなダイエット効果があります。

シェイプアップ効果

水泳は全身の筋肉を使う運動です。体全体を動かして泳ぐことでカロリーを消費できるほか、全身の筋肉をバランス良く鍛えることができ、シェイプアップ効果が期待できます。

血行促進効果

全身の筋肉量がアップすると、血行促進効果が期待できます。血液の流れが良くなることで新陳代謝もアップし、痩せやすい体づくりにもつながります。

脂肪燃焼効果

筋肉量がアップすると、基礎代謝も上がると言われています。

基礎代謝が上がると効率良く脂肪を燃焼できるため、水泳でも効率良くカロリー消費ができるほか、日常生活のなかで消費できるカロリー量もアップします。

消費カロリーやダイエット効果は泳ぎ方によって変わる?

消費カロリーやダイエット効果は泳ぎ方によって変わる?

前述の通り、水泳の運動強度METsは泳ぎ方やスピードによって異なるため、消費カロリーも変わってきます。

泳ぎ方別のMETsを基に、体重60kgの人が1時間泳いだ場合の消費カロリーを以下にまとめました。

泳ぎ方消費カロリー
背泳ぎ441kcal
ゆっくりクロール504kcal
平泳ぎ630kcal
バタフライ693kcal
速いクロール693kcal

このように、泳ぎ方が変わることで同じ時間でも消費カロリーを増やすことができるため、ダイエット効果が期待できるでしょう。

しかし、カロリー消費を増やそうといきなり難しい泳ぎ方や運動時間を長くとってしまうと、体に負担がかかり続かなくなってしまうこともあります。

まずは、無理のない泳ぎ方を選んだり、体調によって運動時間を変えたりして習慣化していくのがおすすめです。

水中ウォーキングの消費カロリー・ダイエット効果

泳ぎが得意でない人は、プールで水中ウォーキングをすることでダイエット効果が期待できるためおすすめです。

水中ウォーキングの運動強度は4.5METsあり、体重60kgの人が1時間水中ウォーキングを行った場合、283.5kcalを消費することができます。

消費カロリーだけを見れば水泳よりも少ないですが、水中ウォーキングは全身の筋肉を使用し、水泳よりも続けやすいというメリットがあります。

水中ウォーキングなら初心者でも長く取り組みやすいため、脂肪燃焼効果も期待できるでしょう。

水泳や水中ウォーキングにおすすめのスイムウェアブランド

水泳や水中ウォーキングにおすすめのスイムウェアブランド

水泳や水中ウォーキングでダイエットを目指すなら、継続することが大切です。

水泳を長く続けていくためにも、快適な着心地を維持できる機能性やモチベーションが上がるデザイン性に注目し、お気に入りのスイムウェアや小物をそろえてみてはいかがでしょうか。

ここからは、水泳や水中ウォーキングにおすすめのスイムウェアブランドを紹介します。

arena(アリーナ)

アリーナ ロゴ

アリーナは、フランスで生まれた世界的なスイムウェアブランドです。

日本のアスリートに限らず、世界各国のアスリートが愛用していることで知られています。

アリーナでは、スイムウェアをはじめ、ゴーグルやキャップなどさまざまなアイテムを取り扱っており、幅広い世代に愛されています。

デザイン性に富んだアイテムが多く、カラー展開も豊富なためお気に入りアイテムを見つけられるでしょう。

水泳に関するおすすめ記事


水泳に関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】

水泳のゴーグル選びに迷ったことはありませんか?自分にフィットしているかどうか自信がない、レンズは何色を選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。また、デザインが豊富なゴーグルは、シリーズごとにさまざまな機能を持ち合わせて[…]

水泳ゴーグルの正しい選び方とは?フィットする着け方やお手入れ方法も解説【スイミング初心者必見!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手 対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編

日本のバタフライを牽引する川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)と水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)の2人。川本選手は愛知県、水沼選手は新潟県と地方を拠点に活動しています。それぞれの地域で活動する良さについて伺いました。そして、お互いを[…]

川本武史×水沼尚輝対談「お互いがお互いを成長させてくれる存在」後編
関連記事
ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】

突然ですが、GetNaviチームでは、2021年の夏は日常生活に「旅」を採り入れることが大事だと考えています。その理由は、ワクチンが行き渡るまで自由な外出もままならない生活が続くなかで、非日常の要素を日常に採り入れていくことが、日々の生活を[…]

ステイホームをリラックスウェアで過ごす!夏におすすめのTシャツ&ショートパンツ【GetNaviの語らせて!】
関連記事
競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編

4月の日本選手権の100mバタフライでワンツーフィニッシュを飾った水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)と川本武史選手(トヨタ自動車株式会社)。準決勝では51秒00の日本タイ記録を樹立した川本選手に軍配が上がり、決勝では自分のレースに徹した水[…]

競泳 川本武史 選手×水沼尚輝 選手対談「自分を信じて取り組めば結果はついてくる」前編
関連記事
競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

環境の変化は、時として人を大きく成長させてくれるトリガーになります。大本里佳選手(ANAイトマン)も、大学進学を機に地元の京都から東京に練習環境を移したことで、選手として大きく飛躍されました。練習内容も大きく変わり、さまざまな練習道具も活[…]

競泳 大本里佳 選手インタビュー「悔いが残らないように今できることを全力で取り組む」

水泳はダイエットに効果的!無理のない泳ぎ方でカロリー消費しよう

水泳はダイエットに効果的!無理のない泳ぎ方でカロリー消費しよう

ダイエット目的で水泳を始めるときは、泳ぎ方別の運動強度と消費カロリーの計算方法を把握しておくことでより効果が得やすくなります。

また、ゆっくりな動きであっても、30分以上続けることで脂肪燃焼効果が期待できるので、初心者や泳ぎに自信がないという人は水中ウォーキングから始めてみるのもおすすめです。

今回紹介したブランドのスイムウェアは水泳を快適に楽しめる機能性が備わっているだけでなく、デザイン性にも優れているので、ぜひチェックしてみてください。

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。