ファッションにおけるサステナブルな取り組みを紹介

ファッションにおけるサステナブルな取り組みを紹介

  • 2021/05/18 (火)
  • 2022/04/21 (木)

現在、多くの企業がサステナブルな取り組みを行っており、ファッション業界でもサステナブルが注目されています。

そこで今回は、サステナブルファッションやブランドの取り組みについて紹介します。この機会に、ファッションにおけるサステナブルな取り組みに目を向けてみましょう。

関連記事
「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材

SDGsやサステナブルなど、環境への意識が高まるなか、「アップサイクル」で作られた衣服への注目度が増しています。アップサイクルで作られた衣服は、環境に配慮した商品であるだけでなく、個性的なデザインが生まれやすいのも特徴。「環境」と「おしゃ[…]

「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材

関連記事
デサントのサステナビリティ(持続可能性)を考慮した取り組み「RE: DESCENTE」が始動。持続可能なモノ創りに挑戦。

デサントジャパン株式会社は「持続可能なモノ創りへの挑戦」として、『デサント』ブランドにおいてサステナビリティを考慮した取り組み「RE: DESCENTE (リ:デサント)」を開始。自然由来の素材を最大限に利用した製品「RE: DESCEN[…]

サステナブルファッションとは?

サステナブルファッションとは?

サステナブルファッションは直訳すると、「持続可能なファッション」という意味です。

一般的にサステナブルとは、自然環境や社会に配慮した行動、維持に役立つ開発などを指すときに使われる言葉です。

また、環境に配慮するだけのものではなく、業務に従事する労働者の安全や雇用などにも配慮することが大切だと考えられています。

つまり、サステナブルファッションとは、ファッションにおいて生産・販売・消費に渡るすべてのプロセス(環境・社会・経済など)が最大限に配慮された取り組みを指しています。

ファッションにおいてサステナブルが注目される理由

ファッションにおいてサステナブルが注目される理由

ファッションにおいてサステナブルが注目され始めたきっかけは、世界中で深刻化している環境破壊問題が背景にあります。

ファッション業界はこれまでファストファッションの流行等によって、大量生産・大量消費が基本となっていました。

しかし、衣類を作るうえで生じる汚染水や温室効果ガスは、地球環境に大きな影響を与えるだけではなく、大量の在庫廃棄は自然への配慮が欠けていると指摘されるようになったのです。

さらに、ファッションに使う毛皮をとるために動物を殺処分することや、発展途上国の労働者に低賃金で働かせることなども問題視されるようになりました。

そこで、2019年の主要7ヶ国会議にて、ファッション業界における深刻な問題改善・環境の負担を減らすことを目的としたファッション協定が発表されたことで、ファッションブランド企業は、次々とサステナブルファッションの取り組みに注目し始めました。

サステナブルファッションの基本的な考え方

サステナブルファッションの基本的な考え方

続いては、サステナブルファッションの基本的な考え方を紹介します。サステナブルファッションの基本を理解し、この機会にサステナブルファッションに取り組んでいきましょう。

オーガニック素材

サステナブルファッションの基本的な考え方の1つとして、オーガニック素材を取り入れることが挙げられます。

オーガニック素材とは、農薬や化学薬剤を使わずに栽培された天然コットン(オーガニックコットン)など、地球環境や生産者、着用者の健康に配慮された素材を指しています。

また、オーガニック素材の生産は、生産者の雇用環境にも配慮されており、環境および社会に優しい製品となっています。

アニマルフリー

ファッション業界では、サステナブルファッションの考え方として、アニマルフリー素材を用いることを提案しています。

ファッションで用いられる動物性素材には、毛皮・レザー・フェザー・ウールなどがありますが、その多くは動物を殺処分して利用されていることから問題視されるようになりました。

昨今では動物性素材の使用を禁止するブランドが増え、オーガニックコットンやエコファー、ベジタリアンレザーなどで代用したファッションアイテムが増えてきています。

リユース

ファッションにおいて重要視されているリユースは、再使用を指しており、環境に優しい循環型社会(3R)の考え方の1つです。

ファッションにおけるリユースは、いらなくなったファッションアイテムはフリマアプリに出品したり、リサイクルショップで服を購入するなど、すでにあるアイテムを再使用するといったことを指しています。

リデュース

3Rの1つであるリデュースは、ゴミの削減を指しており、ファッションにおけるサステナブルな取り組みには欠かせない考え方です。

ファッションでのリデュースは、捨てるファッションアイテムを減らし、新しい服を買わない工夫をすることを指しています。例えば、服の正しい手入れ方法を身に付けて1つの服を長く着たり、長く着ることのできるアイテムを選んだりすることが当てはまります。

リサイクル

循環型社会(3R)として重要視されるリサイクルは、サステナブルファッションにおいても重要な考え方の1つです。

リサイクルとは再資源化を指しており、サステナブルファッションではペットボトルなどを再利用した服やバッグの販売・選択、いらなくなった服をバッグなどに生まれ変わらせるといった、再資源化が取り組まれています。

ファッションにおいてサステナブルな取り組みを行うブランド

ファッションにおいてサステナブルな取り組みを行うブランド

最近では幅広い企業がサステナブルな取り組みを始めており、ファッションブランドも例外ではありません。ここでは、ファッションにおいてサステナブルな取り組みを行うブランドを紹介します。

DESCENTE(デサント)

デサント ロゴ

デサントはスキーウェアやランニングウェアなど数多くのスポーツウェアを開発・販売する日本の老舗スポーツブランドです。

最先端技術を駆使して作られた高品質なデサントのウェアは、トップアスリートたちにも長く愛されています。

また、デサントのウェアは機能性が追求されているだけではなく、スタイリッシュなデザインが特徴的でウェアの見た目にこだわりたい人にもおすすめです。

DESCENTE(デサント)のサステナブルな取り組み

デサントはサステナブルな取り組みの1つである「3R」の観点から、RE: DESCENTE(リ:デサント)という新たなレーベルを立ち上げました。リ:デサントは地球環境への負荷が少なく、循環型経済の実現を目指したファッションアイテムを取り扱っています。

リ:デサントでは、リデュース(ゴミの削減)の観点から、和紙などの自然由来素材を用いた「RE: DESCENTE SEED(リ:デサントシード)」とリユース(再使用)の観点から回収した衣類を新たな製品として生まれ変わらせた「RE: DESCENTE BIRTH(リ:デサントバース)」の2つの商品カテゴリーを展開しています。

デサントは、自然由来素材を用いた製品作りや、使用後のファッションアイテムの回収によるリサイクル活動でサステナブルファッションに貢献しています。

Marmot(マーモット)

マーモット ロゴ

マーモットはアメリカ発祥のアウトドアブランドです。マーモットは多くのクライマーや探検家などとパートナーシップを結んでおり、トップクライマーたちからも絶対的な信頼を得ています。

過酷な環境条件にも耐え得る素材を用いた高いポテンシャルのあるマーモットの製品は、冬の日常使いでも好まれ、広く愛されています。

Marmot(マーモット)のサステナブルな取り組み

サステナビリティに対するマーモットの情熱は、3つの哲学によって支えられています。「People/Product/Planet」です。

サステナビリティはマーモットの日々の活動の中心にあるものです。社会的にも環境的にも優しい方法で、効果的に性能を重視したアウトドアギアやアパレルを生産するというブランドの決意でもあります。

人道的な労働条件の擁護から、二酸化炭素排出量の削減と自然保護の強化のための新たな方法の模索まで、私たちは環境への影響を最小限に抑え、従業員の幸福を促進するためにイノベーションを活用しています。

日本では、サステナブルな取り組みとして2020年10月31日から直営店3店舗(みなとみらい・大阪・愛知東郷)の店頭にて、使用済み、洗濯済みのシャツ・ジャケット・パンツといった衣料品の回収を行っています。マーモットで回収された衣料品は日本環境設計により、自動車内装材や繊維製品の原料などに再生されます。

Munsingwear(マンシングウェア)

マンシングウェア ロゴ

マンシングウェアは、世界初のゴルフウェアブランドとしてアメリカで誕生したブランドです。

マンシングウェアのアイテムはペンギンマークが象徴的で、デザイン性と機能性を追求したゴルフコレクションのほか、定番のワンポイントポロシャツなど普段使いでも活躍するアイテムも広く展開しています。

Munsingwear(マンシングウェア)のサステナブルな取り組み

マンシングウェアでは、ペンギンを絶滅危機から守るためにSAVE THE PENGUINキャンペーンに取り組んでいます。

SAVE THE PENGUINでは、地球温暖化や環境悪化を抑制することを目的としており、環境保全活動を行うNGO団体WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)とのコラボレーションアイテムを販売し、売上金の一部を地球環境保全に活用する取り組みを行っています。

また、SAVE THE PENGUINのコラボレーションアイテムではオーガニックコットンや自然染色を使用したサステナブルファッションの商品となっています。

サステナブルに関するおすすめ記事


サステナブルに関するおすすめ記事を以下にまとめました。
関連記事
「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材

SDGsやサステナブルなど、環境への意識が高まるなか、「アップサイクル」で作られた衣服への注目度が増しています。アップサイクルで作られた衣服は、環境に配慮した商品であるだけでなく、個性的なデザインが生まれやすいのも特徴。「環境」と「おしゃ[…]

「アップサイクル」の服でおしゃれに環境に優しく!製造現場に密着取材
関連記事
“サーキュラーエコノミー”とは?循環型社会に向けて、デサントゴルフが行う商品開発

ファッション業界でも多くの企業がサステナブルな取り組みを行っているなか、従来のリニアエコノミーから、再生と利益創造の循環を生む新しい成長戦略“サーキュラーエコノミー”が注目されています。地球環境の破壊による気候変動や資源の枯渇などの問題に[…]

"サーキュラーエコノミー"とは?循環型社会に向けて、デサントゴルフが行う商品開発
関連記事
サンシャイン水族館と考えた、人とペンギンの幸せな関係性

4月25日の「世界ペンギンデー」は、ペンギンへの理解と保護の大切さを学ぶ大切な1日です。この日に向けて取り組みを行っている、サンシャイン水族館飼育スタッフの與倉氏とペンギンがトレードマークのゴルフウェアブランドマンシングウェアの小林氏に、[…]

サンシャイン水族館と考えた、人とペンギンの幸せな関係性
関連記事
エコバッグに変形するベストが登場!ファッション性も利便性も兼ね備えたアイテムに興奮が止まらない【GetNaviの語らせて!】

2020年7月からレジ袋の有料化がスタートし、エコバッグは買い物になくてはならないアイテムになりました。外出の帰りにスーパーやコンビニで買い物をする予定ならエコバッグを持って外に出ますが、そうでないときはエコバッグを忘れがち。ふと買い物を[…]

エコバッグに変形するベストが登場!ファッション性も利便性も兼ね備えたアイテムに興奮が止まらない【GetNaviの語らせて!】
関連記事
サステナブルなゴルフウェアが登場!デサントゴルフの「Re BirEarth」を紹介

2020年に立ち上がった「RE: DESCENTE」をはじめ、地球環境の負荷を減らすサステナブルに取り組む『デサント』ブランド。2021年に入り自然への配慮、エコに対する意識がより高まるなか、デサントゴルフはこの春夏「Re BirEarth[…]

サステナブルなゴルフウェアが登場!デサントゴルフの「Re BirEarth」を紹介

サステナブルファッションの取り組みを知ろう!

サステナブルファッションの取り組みを知ろう!

サステナブルファッションは、私たちの生活にも取り入れやすい取り組みの1つです。この機会にさまざまなブランドが行っているサステナブルファッションを知って、毎日の生活に取り入れてみましょう。

サステナブルについて詳しくはこちら

WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。