ルコックスポルティフとNANGAのロゴ

【ルコックスポルティフ×NANGA】商品開発への想いが詰まったコラボダウンの魅力とは

  • 2020/12/18 (金)
  • 2022/03/11 (金)

寝袋やダウンで有名なNANGAとルコックスポルティフ(ゴルフ)(以下ルコックゴルフ)とのコラボレーションが実現。NANGA独自のダウン素材を用いて、ゴルファー向けの様々な機能を盛り込んだ特製ウェアが誕生しました。

商品の発売にあわせ、NANGAの生産管理を担当されている山田まい氏と、ルコックゴルフのデザイナーである藤井俊輔氏、同企画担当の加藤源太郎氏の対談が実現。「ダウンの暖かさ×ゴルフの動き」を両立したデザインのポイント、両ブランドが抱えるものづくりへの想い、そしてコラボレーションの裏話までをたっぷりお届けします。

「保温力」を追求するNANGAのこだわり

歴史の深いフランスではなく、スペインの羽毛を選んだ理由

インタビューに答えるNANGAの山田氏

NANGAの山田さん。

藤井:NANGAといえば、特にダウンシュラフやダウンジャケットが人気で、アウトドア好き、ファッション好きにとって憧れのブランドです。当然、僕自身もダウンを愛用させていただいています(笑)。以前、NANGAの横田社長とお話しした際、一番の武器は「保温力」と伺ったのですが、どのような工夫をされているのでしょうか。

山田:NANGAというブランドは、もともと寝袋の開発から始まりました。寝袋は、冬場の登山など使用シーンによって人の命に関わるものです。そのため、「保温力」を損なうことがないよう、「羽毛」にとてもこだわっているんです。

具体的には、羽毛のクオリティを追求するため、社長自らが海外に赴き、現地で品質を確かめて工場と契約をしています。現在はスペインの契約工場で2回洗った羽毛を仕入れ、国内でもう1回洗って綺麗にし、そこから商品に使用する羽毛を選別していますね。これにより、他社に負けないダウンの膨らみや暖かさをご提供できているんです。

ダウンを利用した寝袋

藤井:なるほど!現地に足を運ぶからこそ素材の良さを見極められる、と。確か、NANGAは特注の羽毛を使っていらっしゃるんですよね。

山田:そうなんです。ほかのダウンブランドも使用しているフレンチダックダウンは、歴史があり良質なダウンとして有名ですが、NANGAでは強いこだわりからスペインのダウンを採用しています。フランスに比べてスペインのダウンの歴史は浅いですが、歴史が浅いからこそ、最新の機材がどんどん投入されているんです。それにより、洗練された質の良いダウンが作られているんです。

藤井:もう1点コラボを検討するなかで素晴らしいと思ったのが、NANGAのダウンは日本の環境を考慮して作られていますよね。日本のように雨の気候が多いと、雨に濡れた際に羽毛が水分を含んで偏りが出る。そうすると膨らみが保てず、保温力が落ちてしまう。そのため、羽毛にはっ水加工することで防いでいるとお聞きしました。

山田:それも「保温力」に対するこだわりの1つです。UDD(ウルトラ・ドライ・ダウン)という商品で、羽毛が水に浮くくらいのはっ水加工を施しているため、水の濡れに強いダウンができます。

羽毛だけにとどまらない生地へのこだわり

オーロラテックスを利用したダウンジャケット

加藤:今回のコラボ商品には、ダウンのほかにも「オーロラテックス」という生地を使用させていただきました。こちらも相当こだわっていらっしゃいますよね。

山田:この生地も、寝袋を作るときに「お客様がどんなものを求めているか」を考えて生み出したものです。開発当時、防水透湿かつ薄くて軽い生地がなかったため、生地をどうコーティングするかなど、生地屋さんと話をしながら試行錯誤して作りました。

藤井:オーロラテックスのすごいところは、薄くてやわらかいのに強度があることだと思います。ダウンの保温性を高めるためには、生地はやわらかく膨らみを持たせ、羽毛をつぶさないようにすることが必要ですよね。

山田:その通りです。ちなみに現在も、オーロラテックスを基に進化させた、軽くて薄い生地の開発を続けています。保温性を高めるために寝袋の構造にもこだわった、なるべく羽毛を潰さないような独自の構造が特徴です。創業からずっと「お客様に喜んでもらえる商品を届けたい」という想いで、ものづくりをしていますね。

NANGAとルコックゴルフの想いが重なる商品づくり

NANGAのものづくりへの想いに共感してスタートしたコラボ

左:ルコックゴルフMD加藤、右:ルコックゴルフデザイナー藤井

左:ルコックゴルフMD加藤、右:ルコックゴルフデザイナー藤井。

藤井:今回、NANGAとコラボしたいと思ったきっかけは、「創業時から磨き上げてきた寝袋のノウハウを活かしてダウンを作っている」というストーリーにとても共感したからなんです。

そして、「お客様に良いものを届けたい」という想いがこもったものづくりは、ルコックゴルフにも通じるなと感じました。私たちは、「ゴルフをプレーする人にとって最適なウェアを届けたい」という想いを持って商品をデザインしています。今回、ゴルフウェアとしてプレーダウンを作ろうと考えたときに、NANGAと一緒にものづくりが出来たら、きっと良いものができると思ったんです。

le coq sportif GOLF (ルコックスポルティフ ゴルフ)・15DナイロンリップNANGAコラボダウン

山田:実は、コラボのお話をいただいたときに工場のキャパシティの問題があって、お受けして良いのか迷っていた部分もありました(笑)。ですが、私たちは今まで、アウトドアやタウンユースのダウンしか手掛けてこなかったこともあり、新しくゴルフウェアに挑戦する良い機会だと思い、コラボさせていただくことにしました。

実際、ルコックゴルフとのコラボはとても勉強になりました。スポーツウェアならではの特徴だと思いますが、生地の強度や規格にとても厳しいですね。また、企画の段階から商品のディテールまでを詳しく考えられていて、ゴルファーのために様々な工夫をしていらっしゃることを、身を持って知ることができました。

藤井:当初は社内でそんなことになっていたんですね!無事にコラボしていただけて良かったです(笑)。

今回のデザインでは、NANGA独自素材の保温力を活かし、それを阻害せずにゴルフウェアに落とし込むことが一番のポイントでした。保温力を保つために膨らみを維持したい、しかしゴルフのスイングを邪魔してもいけない…。真逆の要素を組み合わせているような感じで、デザインにとても苦労しました。

NANGAの皆さんに保温のノウハウをお教えいただきながら、ゴルフの動きの邪魔になってしまう部分のダウンをそぎ落としていく作業になりましたね。

le coq sportif GOLF (ルコックスポルティフ ゴルフ)・15DナイロンリップNANGAコラボインナーダウン

山田:普段、私たちがダウンを作るときとは全く異なるパターンなどがあって新鮮でした。「どうしてこんな形にするのか?」と思うところも、必ず理由があって、「こう作ったらこう動けるようになる」という検証をされているんですね。

加藤:今回はコラボということで、ゴルフシーン以外でも着用できるように「カジュアルだけどスポーティ」に見えるようこだりました。

藤井:オーロラテックスの良さを活かすために、ストレッチ性があり、防風機能を持ち合わせた「ストームフリース」という素材を組み合わせました。ゴルフのスイングから解析して、この2つの素材を上手く組み合わせてカッティングを入れたり、パターンを工夫することで動きやすさを追求しています。

両ブランドの良いところを結集したコンセプトモデルが誕生

インタビューに答えるNANGAの山田氏

山田:デザインにこだわっていただいたことで、今回のコラボでは、NANGAのダウンの保温性を維持し、ゴルフで着用してもプレーの邪魔をしないという、お互いの良いところを結集したコンセプトモデルが完成したと思います。

アウトドアとゴルフ、その両方を楽しんでいる人はもちろん、片方だけに関心がある人にも、それぞれのブランドの良いところが伝われば良いなと思っています。また、見た目のデザインを気に入って購入いただいた場合にも、実際に着てみて「機能もすごく良かった」と思っていただけたらとても嬉しいです。

le coq sportif GOLF (ルコックスポルティフ ゴルフ)・オーロラテックスNANGAコラボダウン・オーロラテックスNANGAコラボダウンパンツ

加藤:ありがとうございます。ルコックゴルフのファンの皆さまに、NANGAの素晴らしさを知っていただける良いウェアができたと実感しています。腕を通してもらえれば、NANGAの寝袋の良さが伝わってくるようなウェアです。寝袋に包まれている感覚があって、上下のウェアを着ればそのまま寝れちゃうかもしれませんね(笑)。

NANGAとルコックゴルフ、両ブランドのものづくりへの想いが詰まっていますので、より多くの皆さまに着用していただきたいと思います。

関連記事
「RIJOUME」のMDとデザイナーが提案する、大人のためのゴルフウェアとは

2020年春夏よりスタートしたルコックスポルティフ(ゴルフ)(以下ルコックゴルフ)の新ライン「RIJOUME(リジューム)」。秋冬シーズンの展開を前に対談したのは、同ラインのMD(マーチャンダイザー)加藤源太郎(かとうげんたろう)氏(写真[…]

関連記事
ルコックスポルティフがイラストレーター中川貴雄氏とコラボ、POPな浮世絵パロディデザインを発売中

le coq sportif(ルコックスポルティフ)ブランドのゴルフコレクションにおいて、イラストレーター中川貴雄氏とのコラボレーション商品が発売中です。2020年春夏のコンセプトは「LOVE JAPAN」。今回のシリーズでは中川氏のPO[…]

関連記事
大人のアスリートゴルフスタイル「RIJOUME」、モナコな気分

本物志向の大人へ提案するスタイリッシュなアスリートスタイルが、2020年春夏にスタートしたルコックスポルティフ ゴルフの新ライン「RIJOUME(リジューム)」です。池田エライザさんをビジュアルに起用してかっこいい女性のイメージを強く印[…]

大人のアスリートゴルフスタイル「RIJOUME」、モナコな気分
WRITER
この記事を書いた人
ABOUT ULLR MAG.
ULLR MAG.とは?

ULLR MAG.は、「カラダから心をデザインする、ライフスタイルマガジン」です。
身体を動かすと気分が良い、夢中になれる趣味やスポーツがある、おしゃれをすると心が弾む。
暮らしの中で大切にしたい瞬間は誰にでもあります。

私たちはそんな日々のちょっとした喜びを、
一人でも多くの人へ届けたいと考えています。